映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

リミット

2010年11月21日 | 洋画(10年)
 予告編で見て面白そうだと思い、『リミット』を見に渋谷シネセゾンに行ってきました。

(1)物語は、イラクでトラック運転手をしていたポール・コンロイが、テロリストに誘拐されて、棺の中に押し込められ、砂漠に埋められたのですが、その棺の中でコンロイが目を覚ますところから始まります。
 といって、映像は一度もその外に出ることはなく、そこから終わりまで90分間、すべてこの棺の中のシーンなのです(「ワン・シチュエーション・スリラー」というようです)。
 ごく短い時間だけ携帯電話の画像に登場する女性はいますが、あくまでも登場人物はポール・コンロイただ一人。従ってキャストといっても、そのポール・コンロイに扮するライアン・レイノルズだけで、残りは声のみの登場です。
 こんな極端な設定の映画ですから、単調で退屈するかと思いきや、そこは様々の手を使って観客の興味をつないでいくので、90分間飽きることはありません。

 全体的な状況としては、誘拐犯の方は、コンロイを棺に閉じ込めておくことによって、逃亡を防ぐだけでなく、指示に従わないと砂の中に埋めてしまうという脅しをかけることができます。というのも、棺の中で確保されている空気の量には限りがあり、コンロイの方も悠長にしてはいられませんから。
 それに、室内に監禁する場合と比べて、砂の中に埋められた棺の中には、外界の物音がほとんど侵入してきませんから、おのずと誘拐犯の命令に集中することになってしまいます。

 より個別的な点では、誘拐犯は、棺の中に、携帯電話、ジッポーライター、ナイフ、ウイスキーの入った小さな容器、鉛筆、懐中電灯といった必要最小限のものを置いています。
 要するに、これらのものを駆使して、誘拐犯の要求を関係者に伝え、一定の時間までにそれを実現させろ、ということでしょう。
 そこで、コンロイはアチコチに電話をかけまくりますが、肝心の彼の妻はズット外出中だっりして、なかなか思うように行きません。
 一体全体、彼はうまく救出されるのでしょうか、……。

 なかなかうまい設定で、最後まで息が吐けません。
 ただ、これだけ同じ状況を長く見せられているとイロイロな疑問が浮かんできてしまいます(誰しも考えることに過ぎませんが)。
・携帯電話が十分通じる深さのところに埋められているわけで(数十センチとされています)、だとしたらナイフを使って棺の一部を壊して(粗末な板で作られた箱に過ぎなさそうですから)、そこを梃子にしてなんとか地上に脱出出来ないものでしょうか?
・特に、途中で、蛇が棺の中に入り込んできますが、コンロイはそれを外に追い払うことだけに夢中になってしまうところ、蛇が逃げ出した穴の先は、狭いにしても脱出口になるのではないでしょうか(蛇は自由に地上と行き来をしているはずでしょうから)?

 そして一番分からないのは、ラストのシーンです(ここからはネタバレになってしまいますのでご注意下さい)。
 携帯電話から発信される電波によって、コンロイの位置がアメリカの救出班の方で確認され、埋められている附近が空爆されます。
 ただ、その衝撃によって棺の一部が壊され、ドンドン砂が上から落ちてきて、コンロイは砂に埋まっていきます。
 こに、救出班から「今助ける」との連絡が入り、砂にかなり埋まってしまっているコンロイも、期待に胸をふくらませます。
 ですが、突然、「間違えた、マーク・ホワイトの棺だった、すまない」との連絡がコンロイに入って、それでおしまいなのです。

 クマネズミは、最初は、一大悲劇を見せられたという気分になり、その衝撃で声も出ませんでした。なにしろ、あれだけ棺の中で格闘したにもかかわらず、結局は生き埋めになってしまうのですから。
 また、クマネズミは、最初は、この映画は、人質救出のための訓練状況を描いたもので、最後になれば、“すべて訓練だった”という種明かしがなされるのでは、とタカを括っていました。
 ですから、コンロイが砂に埋まっていくのを見ていながら、酷く戸惑ってしまいました。

 ただ、暫くすると、「マーク・ホワイト」で誰だっけと思い直し、そう言えば、最初の頃、FBIが救出したことのある人質の名前として言われていたのではなかったか、と思い出します。
 そうだとすれば、何でこんなところにその名前が飛び出すのでしょうか?
救出班は、別の場所に埋められていた別の人物の棺を開けたということなのでしょうか?
 ですが、コンロイの携帯電話の電波から場所が特定されたとしたら、場所のズレはそれほどあるとは思えないところです(最新の技術では、数メートルの誤差では?)。
 また、マーク・ホワイトは既に救出されて大学に通っていることになっていたはずです。あるいは、その情報は、コンロイを勇気づけるために、電話口の担当者がでまかせをいったのでしょうか?
 あるいはそうかもしれません。人質で救出された者のことをそのような符号で言っていたのかも知れません(今回も、救出班が救った人なのですから、マーク・ホワイトなのでしょう)。
 ただ、別の場所で別の人物が救出されたとしても、コンロイはどうして砂に埋まっていくのでしょうか?誰かが掘り出そうとしているからこそ、棺が次第に壊れていくのではないでしょうか?
 仮に、そうではないとしても、地下数十センチのところに埋められているだけで、そして棺が半ば壊れかかっているのであれば、コンロイは自力で脱出できるのではないでしょうか?

 意表を突くシチュエーションで、それだけで十分に見応えがある作品だとは思うものの、細部にヤヤ難点があるのではと思ったところです(一体、彼は助かったのでしょうか、ダメだったのでしょうか?)。

(2)受ける印象が、『フローズン』となんとなく似ているのではと思いました。
 一方は、ストップしてしまったスキーリフトの上、他方は砂の中に埋められた棺の中と、非常に厳しい状況に置かれ(「ワン・シチュエーション」!)、そこからの脱出も、一方は地上15メートルの高さと狼の群れのために、他方は周りが砂で取り囲まれているために、それぞれ酷く困難なわけです。
 ただ、一方は、さらに携帯電話をロッカーに置いてきてしまい使えない状況ですが、他方はむしろ使えるようにそばに置いてあるという具合。とはいえ、これは誘拐犯の要求を伝達させるためのものであり、実際に自分の救出に使おうとすると、相手側がいなかったり、相手側がコンロイが置かれている状況をなかなか理解してくれなかったり、とうまくいきません。最後のシーンを見ると、むしろなかった方が良かったかもしれません。
 なお、『フローズン』と比べて思いついたのは、コンロイの場合、トイレの問題はどうなったのかという点です。ただ、今回の映画の場合、登場人物は一人の男性だけですが、他方の『フローズン』では女性が一人混じっていましたから、この問題がクローズアップされたのかもしれません!

 あるいは、『ソウ(SAW)』と比べてもいいかもしれません。
 主人公が置かれているのは、今回の映画では棺の中ですし、『ソウ』では密閉された浴室なのですから(それも、足首に鎖を嵌められて動ける範囲が限られているという状況を見れば、棺の中とほぼ同じでしょう)、「ワン・シチュエーション」という点からすると同じかもしれません。
 なにより、誘拐犯の過酷な要求にうまく答えられないと、置かれた状況から脱出できないのですから、両作品は類似していると言えるでしょう。
(それに、『リミット』では、コンロイが指を切り落としますが、『ソウ』でも、浴室に置かれた男の一人が足を切断します)
 ただ、『リミット』では、登場人物がコンロイ一人なのに対し、『ソウ』の方では、拉致された2人だけでなく、浴室には誘拐犯とか病院の雑役係なども登場するのです。もちろん、『リミット』でも、携帯電話の声を通して様々な人物が登場するものの、やはり画面には一人の男しか映っていないという点が重要なのではと思います。
 加えて、『リミット』では終始棺の中の映像しか映し出されませんが、『ソウ』の方では、拉致に至るまでの経緯などが詳細に映像で描き出されます(アマンダが拉致されて、首枷を外すために残虐なことまでしてしまう場面など)。
 結局のところ、両者を比べる意味はあまりないのではという気がします。

(3)前田有一氏は、「おそろしいほどに強烈かつ斬新な映画である。これほどに制限された舞台設定で、おもしろい映画を作る、おもしろい脚本を作るというだけでも大変なことなのに、そこに2010年の今、世界に公開するにふさわしい時代性豊かな社会派のテーマを盛り込んである。こんな離れ業ができる脚本家、映画監督がいったい世界中に何人いるだろう」として98点もの高得点を、
 渡まち子氏も、「究極の一人芝居で描く生き埋め脱出劇だが、緊張感が持続して、まったく退屈しない」、「何より、たった一人で過酷な環境の中で演じきったライアン・レイノルズの熱演が光った。ついでに、映画館にいながらにして閉所の息苦しさを味わえるという、困った面白さも」として80点の高得点を、
それぞれ与えています。



★★★☆☆



象のロケット:リミット

コメント (4)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« 隠された日記 | トップ | ゴッホについて若干のこと »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 (ビリー)
2010-11-28 10:51:02
(ネタバレのコメントなので注意)

はじめまして。
面白かったですね。

分かる範囲でお答えしますが、まず携帯の電波から場所を特定するという件は、クローン携帯だったため失敗しました。
場所が分かったといったのは、捕らえたシーア派のメンバーが「アメリカ人を埋めた場所を知っている」と吐いたためであって、それをコンロイの場所だと早とちりしてしまったわけですね。
ちなみにFBIではなくて国務省の対テロ担当で。

電話から「マークホワイトの箱だった」といわれたときは大変衝撃的でしたが、これは人質救出に成功した例がほとんどないことを示していると僕は解釈しています。
名前を言えば信用するといわれた担当者が救出者の名前を言えずに困り、比較的最近拉致され、名前・年齢・出身地・大学などを細かく把握しているマークの名を出したのではないでしょうか。
マークは符号とかではなく、亡くなっていると思います。
コンロイが大学に電話するなどしてマークの生存を確認しようとしなかったことに少し違和感がありましたが、まさかこんなオチとは思いませんでした。

あと、砂浜に埋まった経験がある人なら分かると思いますが、砂は重いものです。
10~20センチならともかく、50センチとかになれば自力での脱出は厳しいでしょう。
黙って埋まるよりは試せばいいのにと思いましたが。

棺が次第に壊れていく描写、ありましたっけ?
砂の重みですかね。
お礼 (クマネズミ)
2010-11-29 07:22:25
ビリーさん、大変貴重なコメントをいただき、心から感謝申し上げます。
携帯電話が「クローン携帯」であること、「マーク・ホワイト」が亡くなった拉致被害者と考えられること、砂の重さのこと、などなど目から鱗の情報ばかりです。
こうした明快な解説をいただくと、こちらのもやもやも一気に吹き飛んでしまいます。ありがとうございました。
なお、できましたら、ビリーさんのブログのURLをご教示願えればと思います。
Unknown (ふじき78)
2011-06-06 01:15:22
> あくまでも登場人物は
> ポール・コンロイただ一人。

あの蛇。
あの蛇に「キミとボク」みたいな素敵な声優を付けましょう。
坂本真綾って? (クマネズミ)
2011-06-06 06:21:52
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
ただ、出生地の大館に住んだことがあるので『ハチ公物語』は見ましたが、犬とか猫などが活躍する動物物語は出来るだけ敬遠しているところです(同じように、子役がメインの映画も見たいとは思いません)。それで、「あの蛇に「キミとボク」みたいな素敵な声優を付けましょう」と言われても、「キミとボク」みたいな素敵な声優とはいったい誰なのか、それに「あの蛇」は何なのか(坂本真綾に適したメス蛇なのか等々)と、困惑してしまいます。とはいえむしろ、白戸次郎に扮するカイを担当する「北大路欣也」でも充て、導きの蛇として、コンロイを地獄から脱出させた方がいいのかもしれませんが!

コメントを投稿

関連するみんなの記事

26 トラックバック

[リミット]~携帯不条理劇「救出を待ちながら」 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:BURIED。ロドリゴ・コルテス監督、ライアン・レイノルズ、ロバート・パターソン、ホセ・ルイス・ガルシア・ペレス、スティーヴン・トボロウスキー、サマンサ・マシス、エリク・パラディーノ。同じスペイン映画の「REC/レック」「REC/レック2」を思わせ...
リミット (あーうぃ だにぇっと)
(C) 2009 Versus Entertainment S.L. All Rights Reserved. 英題: BURIED 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2010年11月6日 配給: ギャガ
リミット(2010)◆BURIED (銅版画制作の日々)
 目覚めたら土の中 MOVX京都にて鑑賞。噂のワンシチュエ―ションムービーで...
[リミット]/ライアン・レイノルズ (カノンな日々)
ここ何年かでシチュエーション・スリラーにはすっかりハマってしまった感がありますが、今作の舞台はなんと地中に埋められた棺の中という何とも奇抜な設定でそれだけで私は興味津々、鑑賞決定にしちゃいました。棺の中という極めて限定された舞台で物語をどう動かしていく...
《 [リミット] 》 (映画 - K'z films -)
「目覚めたら土の中。」 [Official] 本作の主人公はライアン・レイノルズ演じるポール・コンロイ。舞台は"棺"の中(しかも埋葬済)。とてもクールなオープニングクレジットを明けるといきなりの暗闇です。そして、ポールはこの状況を把握しようと必死になり始めます。...
リミット (りらの感想日記♪)
【リミット】 ★★★★ 映画(61)ストーリー イラクで働くアメリカ人トラック運転手のポール・コンロイ(ライアン・レイノルズ)は、突然何者か
[リミット] (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】 で?オチは?
映画:リミット Buried 着想は面白い、がそのプロットの力を最大限に引き出して欲しい... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
目が覚めた主人公。 そして自分が棺桶の中にいることに驚愕する。 この映画は、その状況を全編にわたり、淡々と描写していく。 という粗筋をちらっとみて、「これはパス」と決め込んでいた。 別に閉所恐怖症ではないけど、よほどの筆力がないといけ...
[リミット] (LOVE Cinemas 調布)
イラクで民間企業の運転手として働いていた男が目覚めるとそこは棺の中だった…。生き埋めにされた彼が棺の中にある僅かな道具で脱出を試みるというワンシチュエーション・スリラーだ。主演は『あなたは私の婿になる』のライアン・レイノルズ。監督はデビュー2作目のロド...
[リミット] BURIED  (まてぃの徒然映画+雑記)
イラクでテロリストに襲撃されて、棺に入れられて生き埋めにされたアメリカ人トラックドライバーの一人芝居。持ち物は携帯電話とジッポ、酒、鉛筆くらい。アメリカにいる家族は留守...
[リミット] (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
公式サイト究極の一人芝居で描く生き埋め脱出劇だが、緊張感が持続して、まったく退屈しない。米国人の運転手コンロイは、土の中に埋められた箱の中で目を覚ます。そこにはライターと電池残量僅かの見知らぬ携帯電話が。ポールは思いつく限りの番号へ電話をかけて脱出を試...
「Buried」(邦題 リミット)閉所の恐怖 (ノルウェー暮らし・イン・London)
時間があったらもう1本観よう♪ということで、migちゃんとのロンドンデートの最後を飾ったのが、この映画。 ロンドンフィルムフェスティバルにも出品される異色サスペンス・ドラマ、私も注目していたのだけど、どうしても観たい!と言ったmigちゃんは、この映画で・・・...
生き埋め映画 (笑う学生の生活)
18日のことですが、映画「[リミット]」を鑑賞しました。 棺桶に生き埋めになった男 携帯、ライターしかない どうするか・・・ うー これは、息苦しい まさに 息が詰まりそうな映画体験でした ホント、棺桶の...
リミット (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  テロらしき犯人に襲われ、気が付くとそこは地中に埋められた棺桶の中であった。そこに存在するのは、携帯電話、ライター、ボールペン、ウイスキーの小瓶、薬、ナイフ、壊れかけた懐中電灯と蛍光棒だけ…。  まるで『キル・ビル2』のユマ・サーマンと同じ状況...
「[リミット]」 (Con Gas, Sin Hielo)
テレフォンボックスは遺物として埋もれる。 「SAW」シリーズで使われているソリッドシチュエーションホラーという言葉があるが、本作もその系譜に連なる作品なのであろう。何しろ舞台を...
[リミット] (Movies 1-800)
Buried (2010年) 監督:ロドリゴ・コルテス 出演:ライアン・レイノルズ 棺に入れられ、生き埋めにされた男の命運を描くシチュエーション・スリラー。 イラクで救援物資の運送をしていたポールが目覚めると、棺の中に閉じ込められており、携帯電話、ライター、懐中電灯、...
[リミット] (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
充電切れ間近の携帯 オイルの尽きかけたライター 残り90分の酸素 目覚めたら土の中 目覚めたら箱の中。極限状態でのワンシチュエーションスリラー。 イラクで民間...
[リミット]  (いやいやえん)
閉所恐怖症になりそうです。暗くて狭くて息苦しい。 ライアン・レイノルズ主演のワンシチュエーション劇。舞台がほぼ棺の中で成り立っています。これ究極の低予算? この手の作品では、「なぜこのような目にあっているのか」「どうやって脱出するのか」「どのように助...
[リミット] (Buried) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロドリゴ・コルテス 主演 ライアン・レイノルズ 2010年 スペイン/アメリカ/フランス映画 94分 サスペンス 採点★★★ 若手監督の意欲と野心が前面に押し出された作品って、若い頃はその意欲を見るべきなのか、作品の面白さを素直に見るべきなのかよく分か...
[リミット] (銀幕大帝α)
BURIED/10年/スペイン/94分/サスペンス・スリラー/劇場公開 監督:ロドリゴ・コルテス 出演:ライアン・レイノルズ <ストーリー> イラクで民間ドライバーとして働いていたポールは、何者かに襲われ真っ暗な木箱の中で目を覚ます。状況が理解できない彼は、何....
[リミット] (だらだら無気力ブログ)
何者かにひつぎに入れられたまま地中に生き埋めにされた男が、手元にある 道具だけを頼りに脱出を試みるシチュエーション・スリラー。 新鋭監督ロドリゴ・コルテスが、ほぼ全編を通して暗闇状態でドラマを進める 大胆な演出で異色の脱出劇を構築した。 生き埋めにされる...
[リミット] (新・映画鑑賞★日記・・・)
【BURIED】 2010/11/06公開 スペイン 94分監督:ロドリゴ・コルテス出演:ライアン・レイノルズ声の出演:ロバート・パターソン、ホセ・ルイス・ガルシア・ペレス、スティーヴン・トボロウスキー、サマンサ・マシス、エリク・パラディーノ 目覚めたら土の中 イラクで....
リミット (こわいものみたさ)
『リミット』  BURIED 【製作年度】2010年 【製作国】スペイン 【監督】ロドリゴ・コルテス 【出演】ライアン・レイノルズ/スティーヴン・トボロウスキー/サマンサ・マシス 【イントロ...
映画『リミット』を観て (kintyre's Diary 新館)
10-68.リミット■原題:Buried■製作年・国:2009年、スペイン■上映時間:95分■字幕:アンゼたかし■鑑賞日:11月6日、シネセゾン(渋谷)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名) □監督・編集:ロドリゴ・コルテス□脚本:クリス・スパーリング□撮...
『[リミット]』をパルコ調布キネマで観て、ラスト唖然ふじき☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆ラスト】 話(というより演出)が秀逸。 生きたまま悪意の埋葬を受けた男が生への道を模索する為にあがく。 いやあ色々考えるものです。 だが、タイトルに偽 ...
乱暴リミット (Akira's VOICE)
「リミット」 「乱暴と待機」