映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

わたし出すわ

2009年11月15日 | 邦画(09年)
 「わたし出すわ」を恵比寿ガーデンシネマで見ました。

 予告編を見て大変面白い着眼点だなと思い、また「カムイ外伝」で好演した小雪の主演作でもあるというので、映画館に出かけてきました。

 劇場に入るまでは、森田芳光監督の作品であり、かつ小雪が主演なのですから大勢観客が集まって見やすい座席が確保できるだろうかと心配したのですが、あにはからんや入りは全然よくありません。事前の映画評論家の評価が芳しくないことも影響しているのでしょうか?

 「映画ジャッジ」の評論家諸氏は、それほど酷い評価をしていませんが、それでも、福本次郎氏は、「物語自体があまりにも茫洋としていて、教訓めいたことも説教臭さもない代わりに、何が言いたいのかもよくわからなかった」との相変わらずの論評で50点、前田有一氏は、「通常の「常識」では到底理解できぬ人々が出てくる」などとして55点、小梶勝男氏は、派手な喜劇にはせず、淡々とドラマを描きたいという監督の狙いは分かるが、ただ主人公と友人たちが函館の町をうろうろとして、延々と話をしているだけのような印象で、どうも乗れなかった」としながら68点、そして、渡まち子氏は「地味な服装で、ちっとも幸福そうに見えない摩耶が一人でしりとりをする場面が印象的。そんな寂しげな彼女に、最後に訪れる奇跡には、人生に必要な信念や希望が感じられ、幸せの意味が少し分かった気がしてくる」として70点、といったところです。

 さて、この作品は、予告編からすると、大儲けした女性が「お金を配る」という非常に面白いアイデアに基づいた映画と思わせ、実際に見たらそれがどんなに大きく膨らんでスリリングな展開をするのだろう、単に「お金を配る」行為を描いたに過ぎない映画ではないのではないか、別途のテーマが現れてくるのではないか、と随分期待を持たせます。

 ですが、見終わってみると、ヒロインの摩耶が「お金を配る」様子を描いただけの映画で、全般的に常識的なことしか提示されてはいないのではないか、と思えてきます。
 級友の女性が一人殺されるという事件は起きますが、その犯人もすぐに捕まってしまいますし、また市電の運転手の一家も崩壊しますが、運転手自身は、市電を研究するために摩耶のお金を使って外国に出かけてしまいます。
 他の級友も、受け取ったお金をそれぞれのやり方で使い、全体として、至極淡々と何事もなかったように映画は進行し続けます。最後は、小雪の母親が、小雪の「しりとり」遊びの甲斐もあって劇的な回復を見せるというハッピーエンドとなっているのですからなおさらです。

 ただ、実のところ私の方は、別の観点からこの映画を見てみようとも考えていました。
 ほかでもありません、「わたし出すわ」というタイトルがとても奇妙なのです。いまどき「」という終助詞(文末詞)を使う女性など、ごく限られるのではないでしょうか(通勤電車の中で聞こえてくる女子高生同士の会話では、なんと「俺」などが使われています!)? 
 いったいなぜこんな古めかしい「女ことば」を麗々しく映画タイトルに使ったのかという疑問を、映画を見ながら解こうとしてみました。

 実際に映画を見ますと、こうした「女ことば」が使われるのは、やはり1、2回ほどで、主演の小雪は、お金を渡すときに「これ上げるよ」などと言いますし、級友の小池栄子などは、むしろ「お主……だな」などと男同様の口のきき方をしています。
 とはいえ、残念ながら最後までこの謎を解くことは出来ず、未解決のまま残ってしまいました(注)。

 ですが、そのままにしておくのも癪ですから、この際開き直って考えようとしたら、あるいはこの映画は、全体で“はぐらかし”を狙っているのでは、とも思えてきました。
 映画のタイトルからは優しい日本的な女性が出てくるのではと思わせながら、実際は投機で大儲けしたとみられる女性が主役ですし、にもかかわらず、その女性・摩耶の住まいは実に質素で服装もこの上ないほど地味です。また、その摩耶に小雪が扮するのですからさぞや美しく撮るのだろうと思いきや、なんとも抑制気味に映し出されます。さらに、お金にそんなに困っていない級友に大金を投げ与えるとどうなるか、という抜群のアイデアを出発点としながらも、風船が萎んだような面白みのないラストにわざわざ持っていくとか(級友の研究者は破天荒な研究を放棄してしまいます)、あるいは同じ場所で同じ時期にゴールドバーの投げ込みが行われて(級友・小池栄子の仕業とされます)、摩耶の行為が水を差されるとか、どれを取り上げても話はまっすぐ直線的に進まず、意図的に折り曲げられてしまっているように思えます。

 こんなところから、もう一度この映画を見て捉えなおしたら、また面白いのではないのか、と思っているところです。


(注)ここらあたりのことについては、水本光美・北九州市立大学教授によるTVドラマについての論考が、あるいは参考になるのではと思われます。
 その論考では、あらまし次のように述べられています。
 「現在の30代末以前の若い女性は、従来の女性文末詞を使用しない」が、「テレビドラマの中では、今なお若い女性たちに従来の女性文末詞を使用させる傾向が強」い。こうした事情をみると、「現在、30 代から40代前半頃の比較的若い世代の脚本家が、女性文末詞を若い登場人物に使用させるとき、「女性は女性言葉を話した方が好ましい」というジェンダーフィルターが内在しているとの疑いが出てくる」。
 同じような事情は映画にも見い出すことができて、「ジェンダーフィルター」という概念もあるいは適用できるのではないか、とも考えられます。


ブログパーツ

コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« パンドラの匣 | トップ | 「夢と追憶の江戸」展 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あぶく銭の使い方を考える (あみん姉妹)
2009-11-17 01:16:02
  主演の小雪さんはタイプではありませんが、私も、話として面白そうに感じて行ってきた次第です。監督がそれなりに有名な方のようですね。
  ストーリー内容自体は、やや微妙なところがありました。この辺は、お金の捉え方、お金に対しての感覚というのが、映画受け取りの違いに出るようです。ヒロイン摩耶(小雪)さんが、むかし友情を感じた友人たちに多額のお金を配って歩くわけですが、彼女の行動契機がよく分かりません。一種の気晴らしのようでもあり、投機でボロ儲けした贖罪観念から出たようでもあり、また母親の病気回復祈念ということかもしれませんが、なぜこうした行動に出たのでしょうか。金銭配布の効果・影響をどのように感じたことが行動につながったのでしょうか。
  そこに悪意がなかったとしても、多額の金品贈与は誰に対しても良い作用だけを与えるものではありません。結果的に家庭崩壊に至る者、殺される者がでます。一種の寓話ですから、お金の受け取り手に動きの幅を持たせたのでしょうし、要は何事も当事者責任ですから、配ったほうに責任があるとは、勿論いえないことです。

  多額の金品が特効薬でもあり、毒でもあることは、いわば当たり前のことですが、その当たり前のことを確認したというくらいに留まります。そもそも、そんなに気前よく配って平気でおられるほど、大金を気楽に稼げるのでしょうか。どうも、脚本家には「お金は不浄」というマイナスの考え方への傾きが心の根底にあるのではないかとも感じたりします。だから、映画では総じて不幸な展開が描かれます。人によっては、何を描こうとしたのかという気持ちを持つ人、反感を持つ人も、当然おられると思います。
  この映画でも、友人の平場さくらを演じる小池栄子が、押さえ気味に良い演技をしているように感じます。とはいえ、映画で展開する平場さくらの行動には、冷めているようでも、やはり奇異感があります。アブク銭のようなお金なら、それを人に配ればそれでよいという考え方には、肯けないところです。お金の使い方は、それを持つ人の責任と人格の問題があるように感じるからです。お金の効用をいろいろ考えさせられるところもありますが、あまり難しく考えないで、こんなこともありかと気楽に笑いながら観るのがよいのかも知れません。
実のところ、お金の神様は微妙なこと、これありで、どうしてあの人に多額の金が集まるのかと訝しく思うことが多々あります。これは、良い金でも怪しい金でもそうであって、だから、逆に金の巡りがあまりよくない人もそれなりにいるものですから、それを自覚したら有効に使いたいものです。でも、やっぱり、まずお金よ集まってこい、ですね。
金の巡り (クマネズミ)
2009-11-17 04:18:43
 「あみん姉妹」さん、コメントありがとうございます。
 こういう「人によっては、何を描こうとしたのかという気持ちを持つ人、反感を持つ人も、当然おられると思」われる映画を作ろうとする森田監督に対しても、「わたし出すわ」と制作資金を気前よく提供する人や組織が世の中に存在するわけで、どうして「あの人に多額の金が集まるのかと訝しく思うこと」もありますが、そのことがまさに「金の巡り」の良い日本社会の成熟振りを表しているのではないでしょうか?

コメントを投稿

関連するみんなの記事

6 トラックバック

わたし出すわ (シネマDVD・映画情報館)
東京から生まれ故郷に戻ってきた山吹摩耶は、久々に高校時代の同級生たちと再会する。世界の路面電車巡りに憧れる市電の運転士、練習中にケガをしたマラソンランナー、箱庭協会の会長になりたい男の妻、養魚試験場で働く研究員――彼らの夢や希望の実現のために、彼女は次...
わたし出すわ (LOVE Cinemas 調布)
織田裕二版『椿三十郎』の森田芳光監督が1996年公開の『(ハル)』以来13年ぶりのオリジナル脚本で送るヒューマンドラマ。登場人物のお金に対する価値観や使い方を通して人間の生き方を問いかける問題作だ。主演は『ラスト・ブラッド』、『カムイ外伝』の小雪。共演...
『わたし出すわ』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
ばく大な財を築いて東京から故郷に帰ってきた山吹摩耶は、久々に高校時代の同級生たちと再会。彼らの夢や希望の実現のために、彼女は次々に「わたし、出すわ」と大金を差し出す。どのように稼いだお金なのか、友人たちは勘ぐりながらもその大金を受け取ってしまう。果たし...
わたし出すわ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。森田芳光監督、小雪、黒谷友香、井坂俊哉、山中崇、小澤征悦、小池栄子、仲村トオル。「引き出しの中のラブレター」に続いて函館ロケ。しかも内容がイマイチなことも共通している。
わたし出すわ (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
摩耶が、突然、東京から故郷に帰ってきた 彼女は高校時代の友達の”夢”や”希望”を実現しようと大金を差し出す… 独りじゃないから きっと なんとも意味深なタイ...
わたし出すわ (いやいやえん)
すみません、あえて言いませんがなんか別のものを出すのかと勘違いしてました^; 出すのはお金でした。小雪さんが次々とお金をだしていく謎の美女を演じていました。 舞台は函館。旧友達の夢や希望を叶えるためのお金を「私がそのお金、出すわ」と次々と大金をつぎ込...