Bark Yellows(バークイエロース)

学生時代に結成、今年50年目の4人組。American Folk SongのCoverをやってます。

55 Days at Peking(北京の55日) 

2016年04月01日 | Song(F・G・H・I・J)

 北京の55日 予告編

1963年に製作・公開された上映時間160分の米国映画です。清朝末期に義和団の乱Tが起こり、首都北京に義和団が押し寄せて、外国人居留区が包囲されて11か国の居留民が籠城して55日間を戦った物語を描いています。主演はチャールトン・ハストン、伊丹十三も出演しました。この排外運動である義和団の乱は清の植民地化を一層進めました。事件後,中国 東北部地方をめぐって日露の対立は深まり、日露戦争が勃発しました。

この映画の主題歌”55 Days At Peking”(北京の55日)を歌ったのが、The Brothers Fourです。1963年シングルをリリース、大ヒットしました。曲のイントロ部の「ボム-ボム-ボム」はよく口づさみました。また、出だしの歌詞の「The year was 1900」で義和団の乱の年号を覚えました。日本上映に合わせ日本でも克美しげるのCoverシングルがリリースされました。何と、B面は同じ時期に放送が開始された「エイト・マン」が入っています。確か、番組の提供は「のりたま」の丸美屋だったと思います。

The Brothers Four

55 Days at Peking - Brothers Four
[chorus]
Bom-bom-bom-bom-bom-bom
Bom-bom-bom-bom-bom-bom
Bom-bom, bom-bom-bom
Bom-bom-bom-bom-bom-bom-bom

The year was Nineteen-Hundred
T'is worth remembering
The men who lived through
Fifty-five days at Peking

T'was called the Boxer Insurrection
A bloody, Oriental war
Against all nations
Of the Diplomatic Corps

The flags of France and Britain
How they fluttered in the breeze
The Italian and the Russian
And the flag of the Japanese

Then came the sound of bugles
The rolling drums of fury
And the streets of Peking
Were as empty as a tomb 
[chorus]

The Empress of all China
Gave the signal to begin
Let the foreign devils
Be driven from Peking

They stormed the French Ligation
They attacked with shot and shell
And they came in blood red blouses
Screaming "Sha Shou" as they fell

The drums have long been muffled
The bugles cease to ring
But through the ages
You can hear them echoing

Bom-bom-bom-bom-bom-bom
Bom-bom-bom-bom-bom-bom
Bom-bom, bom-bom-bom
Fifty-five days at Peking
Bom-bom-bom-bom-bom-bom
Bom-bom-bom-bom-bom-bom
Bom-bom, bom-bom-bom
Fifty-five days at Peking
Bom-bom-bom-bom-bom-bom
Bom-bom-bom.........FADE[コーラス]

ボム-ボム-ボム-ボム-ボム-ボム
ボム-ボム-ボム-ボム-ボム-ボム
ボム-ボムボム-ボム-ボム                                  ボム-ボム-ボム-ボム-ボム-ボム-ボム

年は1900年
覚えておく価値がある
その男が生き抜いた
北京の55日

それは義和団の乱と呼ばれる
血生臭い、東洋の戦争
すべての国公使に
対するものだ

フランスとイギリスの旗
それらはどれほど、風にたなびいただろうか
イタリア、ロシア
そして、日本の旗も

その後、ラッパ、怒りのローリングドラム
の音が鳴り響いた
そして、北京の街は
墓地のように人通りが無くなった
[コーラス]

清王朝の皇后は
宣戦を布告した
外国の悪魔達を北京から
追い出させようと

彼らはフランスの使節団を襲撃した
彼らは弾丸で攻撃した
そして、彼らが倒れると血のように赤い軍服を着て
「sha shou」と大声で叫びながらやって来た

ドラムの音はずっと小さくなったままだった
ラッパは鳴りやむ
しかし、長い年月を経ても
あなたはそれらが反響するのを聞くことができる

ボム-ボム-ボム-ボム-ボム-ボム
ボム-ボム-ボム-ボム-ボム-ボム
ボム-ボムボム-ボム-ボム                              北京の55日

ボム-ボム-ボム-ボム-ボム-ボム
ボム-ボム-ボム-ボム-ボム-ボム
ボム-ボムボム-ボム-ボム                             北京の55日                                       
ボム-ボム-ボム-ボム-ボム-ボム                                       ボム-ボム
......... FADE

エイトマンの歌 克美しげる

 

 

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« Walk Right In  | トップ | Children Go Where I Send Th... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Song(F・G・H・I・J)」カテゴリの最新記事