Bark Yellows(バークイエロース)

学生時代に結成、今年50年目の4人組。American Folk SongのCoverをやってます。

The Boxer

2019年11月29日 | Song(P・Q・R・S・T)

Joan Baez

The King's Singers

「The Boxer」は、Simon & Garfunkelサイモン&ガーファンクル)が1969年に発表したシングルで、5月のビルボードHot 100で7位を記録し、1970年、アルバム“Bridge Over Troubled Waters.明日に架ける橋”に収録されました。動画は1981年のセントラル・パーク・コンサートでものですが、スタジオ・バージョンのみ含まれていない「失われた歌詞」と呼ばれるパートが存在します。これは、作詞の段階でもともとあった部分だと考えられ、該当箇所は歌詞「太字」のところとなります。

Bob Dylanは、1970年、アルバム”Self Portrait”、Joan Baezは、‎1980年、アルバム”Europa Tournee”、The King's Singers は、 ‎1992年、アルバム”Good Vibrations”に曲を収録しています。最後の動画は2007年の〔「Paul Simon and Friends Concert」での女性フィドル奏者、Alison Kraussアリソン・クラウス)とブルーグラス/カントリーの分野で活動しているシンガー・ソングライター、Shawn Colvinショーン・コルヴィン)とのLive映像です。
Simon & Garfunkel
The Boxer
I am just a poor boy
Though my story's seldom told
I have squandered my resistance
For a pocket full of mumbles
Such are promises 

All lies and jests
Still a man hears what he wants to hear
And disregards the rest 

When I left my home and my family
I was no more than a boy
In the company of strangers
In the quiet of the railway station
running scared 

Laying low,
seeking out the poorer quarters
Where the ragged people go
Looking for the places only they would know 
Lie la lie ...

Asking only workman's wages
I come looking for a job
But I get no offers,
Just a come-on from the whores
on Seventh Avenue 

I do declare,
there were times
when I was so lonesome
I took some comfort there 
Lie la lie ... 

Now the years are rolling by me 
They are rocking evenly
 
I am older than I once was
But younger than I'll be
That's not unusual
No, it isn't strange
After changes upon changes
We are more or less the same
After changes
we are more or less the same
Lie la lie ... 

Then I'm laying out my winter clothes
And wishing I was gone
Going home 

Where the New York City winters
aren't bleeding me
Leeding me, going home 

In the clearing stands a boxer
And a fighter by his trade
And he carries the reminders
of ev'ry glove
That layed him down or cut him 

Till he cried out
in his anger and his shame
"I am leaving, I am leaving"
But the fighter still remains
Lie la lie ...

僕はただの貧しい少年
身の上話はめったにしないけど
ポケット一杯つぶやくために
抵抗するのも無駄だよね
そうなるのがお決まりのことだよ

たくさんの嘘や冗談話
人って自分の聞きたいことだけ聞いて
あとの話は聞き流すものなんだ

家や家族にさよならしたとき
僕はまだほんの子供だった
見知らぬ人達の仲間になり
駅舎の静けさの中で
怖くて走り回っていたよ

地べたに寝転んで
貧民街を探しまわったよ
ラララ…ラララ…

日雇い労働でも稼がなきゃと
仕事を探したんだ
でも何もいい話はなかった
7番街の娼婦達が声かけてくれるだけ

正直に言っちゃうと
ものすごく淋しいときには
そこの7番街で
安らぎを得ていたんだよ
ラララ…ラララ…

僕のまわりで月日は流れ
四季は規則正しくやってくる

僕は前より年をとったけど
これからは年を取るより
きっと、若造のままだよ
それって普通のことだろ
おかしくなんかないよね
物事は変わっていくけど
多かれ少なかれ
僕らは変わらない
物事は変わっても
僕らは本質は変わらない
ラララ…ラララ…

冬服を広げたときに
帰ってしまいたいって思った
故郷に帰りたいと

故郷ならニューヨークの冬みたいに
僕からお金を絞り取ることもない
故郷へ…僕を導くんだ

空き地のリンクに立つ男
闘うボクサーが彼の職業
彼には傷跡があり
その傷跡は彼に
殴り倒し切り刻む
ボクシンググローブを思い出させる

怒りと恥辱にまみれ彼は叫び続ける
「もういやだ」
「もう辞めて故郷に帰るんだ」
でもボクサーはいまだ
闘い続けているんだ…
ラララ…ラララ… 

Bob Dylan-Recorded in Antioch 1999
Alison Krauss & Shawn Colvin

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« We're All Alone | トップ | Black Girl (In The Pines ) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (graduate888)
2019-11-29 17:43:26
とても素敵な歌ですね。ありがとうございます😆💕✨

コメントを投稿

Song(P・Q・R・S・T)」カテゴリの最新記事