バリアフリーデザイン研究会http://www.barrier-free.jp/の連絡版

バリアフリーデザイン研究会事務局 問合せ先 ファクシミリ:096-371-8119

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

まちむら応縁倶楽部のエコツアー

2011年05月28日 | Weblog

--------------------------------------------------------------------------------
エコツアー
「諸塚でやま学校しよう!」
--------------------------------------------------------------------------------
諸塚のニュータイプ体験型観光
まちむら応縁倶楽部のエコツアー

 築130年以上の古民家を現代風にアレンジした諸塚型体験型交流施設・森の古民家で開講するエコツアー「諸塚でやま学校しよう!」。

 "やま学校"は、学校に行ったフリして山で遊ぶことで、昔は皆?経験していた様です。

好評の、お茶摘み、田植え、そばまきなど四季折々の森の体験講座と、山菜、そば打ち、手前みそ仕込みと山の幸の食体験、そして村内各集落を回り、祭りや文化や人に触れる「やま学校特別講座」と盛りだくさんです。やま学校のベテラン名教授?の指導のもと、楽しい森の体験に汗を流し、村人と語り、山の幸を生かした料理に舌鼓を打つ。懐かしい五右衛門風呂に入り、朝は、小鳥のさえずりで目を覚まし、かまどで炊いたご飯をいただく。

前人未踏の通算100回超えを達成して、次の150回、200回に向けて内容もますます充実しています。さあみなさん、集落の元気なおじちゃん、おばちゃんに会えるやま学校に行こう!

 1泊2日の定期ツアーと、好きな体験を希望の時間にできる体験メニューを用意した予約制フリープランも充実してます!





「諸塚でやま学校しよう!」定例コース 平成23年度カリュキラム
回 日程 森の体験 食の体験 やま学校
特別講座 宿泊 やま学校日記
104 5月7~8日 みんなで山茶摘み 伝統の手揉みで釜茶つくり 竹林で学ぼう!里山管理講座 やましぎの杜
105 6月11~12日 古代米の田植え 梅干しと梅酒の仕込み 悟りの境地発見!山寺の座禅講座 へいだの里
106 7月29~31日 川遊び・源流散策 天然ウナギ捕り 森遊び名人!速攻火熾し・安全ナイフ講習 諸塚山
渓流の里
クワガタ捕り 森のおやつ
バームクーヘン 豪快!ドラム缶風呂
107 9月3~4日 秋の風物・ そば蒔き あくまきづくり 清流を満喫!カヌー講座 やましぎの杜
108 10月1~2日 古代米の稲刈り 秋の味覚
山菜の極意 手づくり!竹炭焼き講座 へいだの里
109 11月26~27日 地そばの脱穀 簡単!
10割そば打ち 伝統を知る!正月講座 やましぎの杜
110 1月28~29日 夜神楽鑑賞 田舎味噌仕込み 猟師の山歩き講座 藤屋

コメント

諸塚村産直住宅の供給: 実績物件リスト 225棟(平成22.3.31現在)

2011年05月28日 | Weblog
諸塚村産直住宅の供給: 実績物件リスト 225棟(平成22.3.31現在)
--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
実績物件紹介
--------------------------------------------------------------------------------

 我々の産直住宅は、九州地域限定の自然派の家づくりを目指しています。無駄なエネルギーを使わない節約型で、地球にも人にも優しい九州の家づくりが目標です。現代の経済システムに乗ったものではありませんので、大規模なことや、大量供給はできませんが、材の生産者と家の建主さんがお互い見える体制システムを創ろうとしています。生産者が市場価格だけで一喜一憂するのでなく、家づくりの現場の意見を聞き、どういう材がどういう値段で必要なのかが解る仕組みにしたいのです。
 そうすれば需要にあった物を適正な価格で生産する生産者の原点に戻れます。当然建主さんには自分の家にあった優良な素材が確実に手に入る大きなメリットがあります。生産者と建主の方との幸せな縁がそこに生まれます。

実績物件リスト 225棟(平成22.3.31現在)
                 諸塚村産直住宅の供給MAP  NEW !

度 NO 名称 所在 設計 施工
9 1 MS 邸 熊本市 白木力建築設計室 (合)三友工務店
2 HM 邸 熊本県阿蘇町 白木力建築設計室 ㈲小椋住宅
10 3 SH 邸 熊本市 白木力建築設計室 ㈱富坂建設
4 SS 邸 熊本市 べん設計 (合)三友工務店
5 ST 邸 宮崎県都城市 柴 設計 ㈱桜木組
6 MT 邸 福岡県小郡市 MIKI PLAN (直納入)
7 KR 邸 宮崎県国富町 - ㈲内山建設
8 MR 邸 宮崎県綾町 しんみ設計室 ㈱西尾組
9 TH 邸 熊本県松橋町 白木力建築設計室 環境リフォーム研究所
11 10 T医院 長崎県諫早市 MIKI PLAN 大誠技建
11 K 山荘 広島県三原市 住宅デザイン研究所 (直納入)
12 S 邸 広島市 住宅デザイン研究所 ㈱ハウジング丸二
13 K菓子店 宮崎県都城市 自然計画 ㈱下森建装
14 TT 邸 熊本県八代市 白木力建築設計室 ㈲エスティーホーム
15 KI 邸 熊本市 白木力建築設計室 (合)三友工務店
16 HK 邸 宮崎県高鍋町 創建・設計事務所 増田工務店㈱
17 KH 邸 宮崎市 柴 設計 ㈲今村建設
18 YM 邸 宮崎市 柴 設計 ㈲今村建設
19 SM 邸 鹿児島市 建築工房・自然木 直営
12 20 TN 邸 熊本市 白木力建築設計室 ㈱立山建設
21 SH 邸 福岡県中間市 (有)コア企画 ㈲コア企画
22 TN 邸 熊本市 ㈲小椋住宅
23 KT 邸 福岡県田主丸町 土公建築・環境設計室 福岡中小建設業協組
24 FS 邸 熊本県七城町 自然計画 ㈲小椋住宅
25 KS 邸 鹿児島市 奥平工務店
26 K写真館 鹿児島市 建築工房・自然木 直営
27 FR 邸 宮崎県日向市 小出設計 甲斐安則
28 TK 邸 熊本市 小川建築設計 (合)三友工務店
29 KH 邸 鹿児島市 建築工房・自然木 直営
30 KF 邸 大野城市 土公建築・環境設計室 ㈱梅野工務店
31 KN 邸 熊本市 白木力建築設計室 ㈱富坂建設
32 YGH 熊本県玉名市 熊本家づくりの会 ㈱岩下建設
33 HY 邸 宮崎市 (有)谷口建築研究所 ㈲谷口建築研究所
13 NO 名称 所在 設計 施工
34 KI 邸 熊本県八代市 白木力、平川義隆 ㈲小椋住宅
35 YM邸 鹿児島市 建築工房・自然木 直営
36 JH邸 鹿児島県伊集院町 建築工房・自然木 直営
37 NT邸 宮崎市 - 川畑工業
38 SK邸 宮崎市 松竹建築設計事務所 直営
39 YO邸 宮崎市 (有)谷口建築研究所 ㈲谷口建築研究所
40 ST邸 鹿児島県串木野市 建築工房・自然木 直営
41 KA邸 福岡市 土公建築・環境設計室 ㈱梅野工務店
42 SM邸 鹿児島県伊集院町 建築工房・自然木 直営
14 43 G邸 宮崎市 松竹建築設計事務所 大建工業㈱
44 Y邸 熊本市 一級建築士事務所
自然計画 ㈱立山建設
45 K邸 宮崎県日向市 柴 設計 ㈱協栄
46 S邸 熊本市 JunkoSUETAKE
Architect ㈱立山建設
47 G邸 熊本市 白木力建築設計室 ㈱富坂建設
48 M邸 熊本県八代市 白木力建築設計室 三ツ矢建設㈱
49 H邸 宮崎県川南町 柴 設計 ㈱協栄
50 T邸 鹿児島県鹿屋市 建築工房・自然木 小島工務店㈱
51 M邸 鹿児島市 建築工房・自然木 直営
52 O邸 鹿児島市 建築工房・自然木 直営
53 U邸 福岡県久山町 柴 設計 ㈱永利建設
54 U邸 宮崎県高鍋町 柴 設計 ㈱協栄
55 N邸 熊本県竜北町 一級建築士事務所
自然計画 ㈱三友工務店
15 56 YGH 熊本県玉名市 白木力+平川義隆 -
57 O邸 鹿児島県
出水市 建築工房・自然木 ―
58 E邸 福岡県
大野城市 ワイズスタジオ リバイス・シャク
59 U邸 福岡県志免町 ワイズスタジオ ㈲建創
60 I 邸 熊本県阿蘇町 小川建築設計
・自然計画 ㈱三友工務店
61 M邸 宮崎市 アーキテクト3 大建工業㈱
62 T邸 鹿児島市 建築工房・自然木
63 K邸 宮崎県日向市 ㈱協栄
64 N邸 熊本市 ㈲小椋住宅
65 M邸 宮崎県綾町 柴 設計 ㈱桜木組
66 Y邸 宮崎県延岡市 柴 設計 ㈱協栄
67 授産施設H 福岡県桂川町 土公建築・環境設計室 林田住宅建設㈱
68 O邸 福岡県大牟田市 一級建築士事務所
自然計画 ㈱立山建設
69 M邸 大分県竹田市 ㈱松本組
70 N邸 福岡市 ㈱梅野工務店
16 NO 名称 所在 設計 施工
71 O邸 福岡市 土公建築・環境設計室 ㈱梅野工務店
72 I 邸 佐賀県三根町 自然計画 ―
73 H邸 熊本市 白木力+平川義隆 ㈱三友工務店
74 S邸 鹿児島市 建築工房・自然木 ―
75 Y邸 鹿児島市 建築工房・自然木 坂口サン建築
76 O邸 宮崎市 柴 設計 ㈱川越工務店
77 O邸 宮崎市 柴 設計 ㈱川越工務店
78 K邸 鹿児島市 建築工房・自然木 ―
79 S邸 宮崎県東郷町 柴 設計 ㈱協栄
80 T邸 長崎県長与町 一級建築士事務所
自然計画 東川住宅
81 M邸 鹿児島市 建築工房・自然木 ―
82 H邸 熊本県菊池市 山下建築店
83 H邸 熊本市 ゆうぼく人 ㈲小椋住宅
84 B店舗 宮崎市 アーキテクト3 丸宮建設
85 K邸 福岡市 ㈱梅野工務店
17 86 T邸 宮崎県国富町 柴設計 ㈱渡部工務店
87 K邸 佐賀市 住工房プラスα
88 U邸 宮崎市 柴設計 ㈱桜木組
89 Y邸 福岡市 マルスプランニング濱田 ㈱梅野工務店
90 Comhaus
(woodpackage) 長崎県大村市 コムハウス
・プランニング ㈲公方建設
91 K邸 宮崎県佐土原町 郡司工務店
92 YT邸 熊本市 白木力建築設計室 ㈲小椋住宅
93 MT邸 熊本県宇城市 白木力建築設計室 ㈲小椋住宅
94 N邸 長崎県大村市 小川建築設計事務所 ㈲奥山建設
95 M邸 熊本市 白木力建築設計室 ㈱立山建設
96 H邸 福岡市 土公建築・環境設計室 ㈱梅野工務店
97 N邸 宮崎県都城市 柴設計 ㈱桜木組
98 Y邸 鹿児島市 建築工房・自然木  
99 B邸 佐賀県鳥栖市 西村工務店
100 Y保育園 宮崎県高鍋町 土公建築・環境設計室 ㈲甲斐工務店
101 Y邸 宮崎市 ㈲谷口工務店
102 On邸 福岡市 土公建築・環境設計室 ㈱梅野工務店
103 Oi邸 福岡市 梅野建築設計事務所 ㈱梅野工務店
104 H邸 宮崎市 柴設計 ㈱野崎組
105 M保育園 宮崎市 好設計 第一工業㈱
18 NO 名称 所在 設計 施工
106 K邸 熊本市 (FSC森林認証住宅) ㈲小椋住宅
107 H邸 熊本市 平川義隆建築設計事務所 (株)三友工務店
108 O作業所
K庵 熊本県西原村 (FSC森林認証住宅) ㈲小椋住宅
109 N邸 熊本県益城町 (FSC森林認証住宅) ㈲小椋住宅
110 G邸 熊本市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
111 T邸 宮崎県高鍋町 ― ㈱山口鉄工建設
112 希望のまち「木楽」 熊本県合志市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
113 K邸 熊本県合志市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
114 H邸 鹿児島市 建築工房・自然木 ―
115 F邸 熊本市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
116 I 邸 宮崎市 ― ㈱渡部工務店
117 Y邸 鹿児島県姶良町 建築工房・自然木 ―
118 A邸 熊本市 (FSC森林認証住宅) ㈲小椋住宅
119 O別荘 長崎県大村市 ― ㈲ラウンドワーク
120 H邸 宮崎市 柴 設計 (有)今村建設
121 T邸 宮崎市 柴 設計 (有)今村建設
122 D邸 熊本市 小川建築設計事務所 ㈱三友工務店
123 M邸 宮崎市 松竹建築設計事務所 ―
124 M邸 長崎県大村市 マグノリア ―
125 O邸 熊本県西原村 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
126 W邸 熊本県南小国町 (FSC森林認証住宅) ㈲小椋住宅
127 A邸 宮崎市 柴 設計 ㈱西尾組
128 S邸 宮崎市 柴 設計 ㈱西尾組
129 Y邸 福岡県小郡市 土公建築・環境設計室 ㈲夢木香
130 H邸 鹿児島県枕崎市 建築工房・自然木 ―
131 T邸 鹿児島県出水市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
132 N邸 宮崎市 松竹建築設計事務所 ㈱西尾組
133 Y邸 鹿児島市 建築工房・自然木 ―
134 K邸 日向市 ―  宇藤建築
19 135 M邸 宮崎市 ㈱ごとう計画・設計事務所 上田工業㈱
136 M音楽教室 宮崎県門川町 KI建築設計事務所 東建築
137 H邸 熊本市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
138 M邸 熊本市 小川建築設計事務所 ㈱三友工務店
139 K邸 鹿児島市 建築工房・自然木 -
140 O邸 鹿児島市 建築工房・自然木 -
141 K邸 宮崎県高鍋町 柴設計 ㈱宇田津工務店
142 K邸 宮崎県日向市 小田設計 ㈱経つ工務店
143 S邸 福岡市 土公建築・環境設計室 ㈱梅野工務店
144 T邸 宮崎市 柴設計 ㈱川越工務店
145 H邸 宮崎市 - 中村建築
146 T邸Ⅱ 宮崎県高鍋町 - ㈱山口鉄工建設
147 U邸 宮崎県延岡市 柴設計 ㈱宇田津工務店
148 M邸 福岡市 土公建築・環境設計室 ㈱梅野工務店
149 K邸 宮崎市 - ㈲岩下建設
150 W邸 熊本市 小川建築設計事務所 宮本建設㈱
151 T邸 熊本市 - ㈱三友工務店
152 S邸 熊本県八代市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
153 H邸 熊本市 白木力建築設計室 ㈱富坂建設
154 Y邸 熊本市 - ㈱三友工務店
155 S邸 熊本市 松下生活研究所 ㈲小椋住宅
156 A邸 鹿児島市 建築工房・自然木 -
157 S邸 鹿児島市 建築工房・自然木 -
158 I 邸 熊本市 - ㈱三友工務店
159 I 邸 鹿児島市 建築工房・自然木 -
160 M邸 鹿児島県霧島市 建築工房・自然木 -
161 M邸 宮崎市 柴設計 小園工務店
162 K邸 熊本県山都町 松下生活研究所 ㈲小椋住宅
163 N邸 宮崎県国富町 松竹建築設計事務所 ㈱渡部工務店
164 N邸 熊本県菊池市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
165 M邸 熊本市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
20 166 D邸 熊本市 (FSC森林認証住宅) ㈲小椋住宅
167 ちゃぶ台 熊本県玉名市 松下生活研究所 ㈲小椋住宅
168 S邸 宮崎市 谷口建築研究所 ㈲谷口工務店
169 U邸 熊本市 - ㈱三友工務店
170 Y邸 福岡県志摩町 - 黄檗建築
171 N直売所 鹿児島県
南さつま市 - 原薗商店
172 O邸 熊本市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
173 T邸 鹿児島市 建築工房・自然木 -
174 H邸 熊本市 土公建築・環境設計室 ㈲夢木香
175 I 邸 鹿児島県霧島市 柴設計 ㈲今村建設
176 T邸 熊本県八代市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
177 H邸 鹿児島市 建築工房・自然木 -
178 T邸 福岡県宗像市 - 黄檗建築
179 S邸 熊本市 小川建築設計事務所 宮本建設㈱
180 H邸 宮崎県美郷町 柴設計 ㈱協栄
181 M邸 宮崎県門川町 柴設計 藤田建築
182 T邸 宮崎県新富町 - 中村建築
183 T邸 鹿児島市 建築工房・自然木 -
184 K邸 宮崎県美郷町 柴設計 ㈲金丸建設
185 T商事支社 熊本市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
186 O邸 熊本県合志市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
187 Y邸 鹿児島県姶良町 建築工房・自然木 -
188 授産施設H 福岡県桂川町 - 林田住宅建設㈱
189 S邸 宮崎市 柴設計 ㈱桜木組
190 K邸 宮崎市 - ㈱ハウスアート宮崎
191 E邸 大分県竹田市 (FSC森林認証住宅) 松下生活研究所
192 K大施設 福岡市 - ㈱博栄建設
193 B邸 宮崎市 - グローバルビレッジ綾
194 K邸 熊本県合志市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
195 店舗H 福岡市 (FSC森林認証住宅) 松下生活研究所
21 196 H邸 宮崎県延岡市 柴設計 ㈱加行建設
197 N邸 熊本県合志市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
198 I 邸 熊本市 - ㈱三友工務店
199 Y邸 福岡市 土公建築・環境設計室 ㈱梅野工務店
200 M邸 熊本市 (FSC森林認証住宅) 松下生活研究所
201 U邸 宮崎市 柴設計 ㈲藤田建築
202 H邸 宮崎市 - ㈱中村家
203 N邸 熊本市 - ㈱三友工務店
204 Y邸 鹿児島市 建築工房・自然木 -
205 I 邸 熊本市 - 宮本建設㈱
206 Y邸 熊本市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
207 T邸 阿蘇市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
208 K邸 熊本市 (FSC森林認証住宅) ㈲小椋住宅
209 M邸 鹿児島市 建築工房・自然木 -
210 A邸 宮崎市 - アートハウスM
211 N邸 熊本県玉名市 アトリエN -
212 宮崎モデル
ハウス 宮崎市 - ㈲谷口工務店
213 H邸 宮崎県高鍋町 - ㈱粋の家
214 M邸 宮崎県門川町 - ㈲藤田建築
215 日向モデル
ハウス 宮崎県日向市 - ㈱協栄
216 K邸 宮崎市 松竹建築設計事務所 ㈱渡部工務店
217 O邸 宮崎県日向市 - ㈱粋の家
218 T邸 鹿児島市 建築工房・自然木 -
219 山の神C 熊本市 (FSC森林認証住宅) 松下生活研究所
220 山の神C 熊本市 (FSC森林認証住宅) 松下生活研究所
221 山の神C 熊本市 (FSC森林認証住宅) ㈲小椋住宅
222 山の神C 熊本市 (FSC森林認証住宅) ㈲小椋住宅
223 山の神C 熊本市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
224 山の神C 熊本市 (FSC森林認証住宅) ㈱ミズタホーム
225 K邸 宮崎県延岡市 - ㈱協栄
22 現在供給中







--------------------------------------------------------------------------------

  

諸塚村産直住宅推進室
( 諸塚村企画課内)
TEL 0982-65-1116

E-Mail:mkikaku@morotsuka.jp
コメント

報道(転載)原発推進政策に批判相次ぐ 参院委で小出京大助教ら

2011年05月28日 | Weblog
報道(転載)
(1) 原発推進政策に批判相次ぐ 参院委で小出京大助教ら
2011/05/23 20:04 【共同通信】
ーーーーー
 東京電力福島第1原発事故を受け、参院行政監視委員会は23日、小出裕章・京都大原子炉実験所助教や、石橋克彦・神戸大名誉教授(地震学)ら4人を参考人として招き、原子力行政について討議した。参考人からは「破局的事故の可能性を無視してきた」(小出氏)など、これまでの原発推進政策を批判する意見が相次いだ。
 小出氏は、今回の事故対応で「政府は一貫して事故を過小評価し、楽観的な見通しで行動した」とし、放射性物質の拡散予測など情報公開の遅れも批判。また、国が「核燃料サイクル」の柱と位置付けてきた高速増殖炉の例を挙げ、当初1980年代とされた実用化のめどが立たないのに、関係機関の間で責任の所在が明確でないとした。
 石橋氏は、地球の全地震の約10%が日本に集中しており、「原発建設に適さない場所である」と強調。原子力安全委員会と経済産業省原子力安全・保安院が「原発擁護機関になっている」とし、安全性の審査が骨抜きになっていると指摘した。
 ソフトバンクの孫正義社長は、太陽光など再生可能エネルギーの活用を提言。元原子力プラント設計技術者の後藤政志・芝浦工大非常勤講師も「完璧な事故対策の模索より、新たな分野へのエネルギーシフトの方が容易」と、脱原発を訴えた。
ーーーーー
(2) エネルギー政策の転換を 参院委で識者が脱原発訴え
(中日新聞 2011年5月23日 23時24分)
ーーーーー
 石橋克彦神戸大名誉教授や孫正義ソフトバンク社長ら「脱原発」を主張する識者4人が23日、参院の行政監視委員会に参考人として出席し、国のエネルギー政策の転換などを訴えた。
 委員から、津波対策後に再開を目指す中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の耐震性を問われた石橋氏は「大丈夫なんて全く言えない。浜岡は、地雷原でカーニバルをやっているようなもの」と再開に強く反対。浜岡1号機が運転を開始した1976年から「東海地震」の可能性を指摘しており「地盤の隆起で敷地がでこぼこになる可能性がある。海水の取水管や防波壁が壊れて役に立たないかも」と強調した。
 100億円の義援・支援金を寄付するほか、全国各地に太陽光発電所の建設を計画する孫社長は「国内の休耕田と耕作放棄地の2割に太陽光発電を設置すれば、原発50基分をまかなえる。今は農地転用の規制で不許可となるが、仮設置を認めたらどうか」と政策転換を促した。
 京都大原子炉実験所の小出裕章助教は「高速増殖炉は68年に計画が持ち上がって以来、10年ごとに目標が先延ばしにされ、いまだ実現していない。永遠にたどり着けないであろう施策に、すでに1兆円を投じた責任を誰も取らない」と原子力行政の行き詰まりを指摘した。
 福井県選出の委員からは「原発銀座」と言われる同県の現状への質問も。石橋氏は「若狭湾は地震の活動帯。海底活断層がたくさん見つかっており、大津波の可能性はある。非常に危険なのは間違いない」と話した。
ーーーーー

--------------------------------------------------------------------------------

小出先生部分の文字おこし
(1) 小出裕章氏の話「参議院行政監視委員会」(テキストお越し)
(2) 小出裕章参考人の全身全霊をかけた凄まじい原発批判…引き出しが多くわかりやすすぎる!文字おこし・参議院行政監視委員会

--------------------------------------------------------------------------------

小出先生部分の要約
・原子力を進めてきた行政に対して一言申すために来た。
・私はもともと原子力こそ未来のエネルギー源だと考え、夢を抱いて、原子力工学科に入った。ただ、入ってから調べてみて、原子力が貧弱な資源だということに気づいた。
・エネルギー資源の量だが、確認埋蔵量が最も多いのは石炭。世界が使っているエネルギーを60〜70年まかなえる。究極埋蔵量の石炭がすべて使えるとしたら、800年近く分ある。天然ガスも石油もオイルシェール、タールサンドもある。これに対し、原子力の資源であるウランの量は、石油の数分の1、石炭の数十分の1に過ぎない。
・こう言うと、推進派は、それは核分裂性のウランの量だけで、我々が使うのは非核分裂性のウランをプルトニウムに変換したものだから問題ないと反論する。そして、高速増殖炉という特殊な原子炉でプルトニウムを増殖させて再処理をしつつ核燃料サイクルで回しながらエネルギー源にするとしてきた。
・この構想の中心にある日本の高速増殖炉は破綻している。政府の原子力開発利用長期計画を見ると、最初は1968年の計画で高速増殖炉は1980年代前半に実用化としていた。次の計画では1990年前後、その5年後の計画では2000年前後、その次は2010年になった。その後は、実用化ではなく2020年代に技術体系を確立したいとした。次は2030年に確立とした。その次の2000年の改訂では年度を示すことができなかった。次の2005年の改訂(原子力政策大綱)では、2050年に一基目の高速増殖炉を作るという計画になった。
・どんどん目標が逃げているのは明らか。10年経つと目標は20年先に逃げている。永遠に辿りつけない。ところがこれを作った原子力委員会やそれを支える行政は一切責任をとっていない。
・高速増殖炉の原型炉であるもんじゅだけでも1兆円以上を無駄にしてきた。現在の裁判制度では1億円の詐欺で1年の実刑という。1兆円だと何年の実刑になるのか?1万年だ。行政のなかにもんじゅの責任者が仮に100人いるとしたら一人あたり100年の実刑になる。それほどのことなのに、誰も責任をとっていない。原子力は異常な世界だと思う。
・原子力発電は膨大な放射能を取り扱う技術。広島の原爆のウランの量は800グラム。一つの原子力発電所で1年で1トンのウランを燃やす。それだけの核分裂生成物という放射性物質を作っているということ。機械である原発が故障するのは当たり前。原発を動かす人間も、誤りをおかすもの。破局的事故の可能性は常にある。原子力推進側は、想定不適当という烙印を押してそういう可能性を無視してきた。
・たとえば中部電力は、原発には多くの壁があるから大丈夫だとウェブサイトで主張している。特に第四の壁である格納容器が重要だが、これがどんな時でも放射能を閉じ込めるとしている。原子炉立地審査指針に基づいて重大事故を想定しているとはしているが、格納容器は絶対に壊れないという前提になっており、放射能が漏れるような事故を考えるのは想定不適当だとしてきた。
・ところが実際に福島でそういう事故が起きてまだ進行中。この事故に対する行政の対応は大変不適切だ。防災の原則は危険を大きめに評価して予め対策をすること。が、今回日本政府は一貫して過小評価して楽観的な見通しで行動してきた。国際事故評価尺度も、最後の最後になるまでレベル7にしなかった。避難区域も最初は万一を考えてということで半径3キロの住民を対象にした。しばらくすると10キロに拡大したが、それも「万一」と言った。その後20キロになったときも「万一のときのため」とした。
・私はパニックを防ぐ唯一の手段は、正確な情報を常に公開することだと考える。残念ながら日本の行政はそうではなく、常に情報を隠し、危機的な状況ではないと言い続けてきた。時間とお金をかけてきたSPEEDIの結果も隠して住民に知らせなかった。
・更に、誰の責任か明らかにしないまま、労働者や住民に犠牲を強制している。福島の原発労働者の被曝限度量を引き上げたり、住民の避難の基準も法律の基準とは全く違うものになっている。こんなことをしていていいのか。
・事故の本当の被害はどのくらいになるのだろうかと考えると途方にくれる。現在の法律を厳密に適用すると、福島県全域の土地を放棄するほどになる。それを避けようとすると住民の被曝限度を引き上げるしかないが、そうなると被曝が強制されることになる。
・一次産業はものすごい苦難に陥るだろう。住民は故郷を追われ、生活が崩壊する。東電が賠償するといっても、何度倒産しても足りないだろう。日本国が倒産しても贖いきれないほどの被害が出るだろう。
・ガンジーが七つの社会的罪ということを言い、それが墓の碑文として残っている。理念なき政治。労働なき富。良心なき快楽。人格なき知識。道徳なき商業。人間性なき科学。献身なき崇拝。それぞれ噛み締めてほしいと思う。

記事
o 5月25日 循環冷却の効果に疑問 小出裕章 (MBS)
o 悲劇を繰り返さないための選択 小出裕章 (朝日ジャーナル)
o 5月23日 今問われていること 小出裕章 (週刊現代)
o 5月25日 東電はよりシビアな想定を 小出裕章 (産経)
o 5月24日 政治に対する絶望のなかで 小出裕章 (MBS)
o 5月24日たかが電気のために原発なんて 小出裕章
o 5月24日 循環冷却は不可能だろう 小出裕章 (NHKラジオ)
o 5月24日 収束には向かっていない 小出裕章
o 5月23日 子どもだけは守りたい 小出裕章 (院内集会)
o 5月23日 参院行政監視委員会 小出裕章
o 5月21日 奈良女子大での講演 小出裕章
o 5月21日 3号機での水蒸気爆発の可能性 小出裕章
o 5月20日 原発からは即刻抜けられる 小出裕章 (zakzak)
o 5月19日 チェルノブイリを超える可能性は? 小出裕章 (ビデオニュース)
o 『原発のウソ』小出裕章 (扶桑社新書)
o 5月19日 重要なことを優先し集中すべき 小出裕章 (MBS)
o 小出裕章『放射能汚染の現実を超えて』復刊
o 5月18日「国会で言いたい放題言ってきます」小出裕章 (MBS)
o 5月18日 TBSみのもんたの朝ズバッ!に小出裕章氏
o 5月17日 三つのメルトダウンは未知の世界 小出裕章 (MBS)
o 5月17日 原子力村の体質は変わらない 小出裕章
o 5月16日 「想定外」が許されない機械 小出裕章 (MBS)
o NHK ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図」
o 5月16日 溶けた燃料で格納容器に穴 小出裕章
o 5月14日 人類が経験したことのない事態 小出裕章
o 4月28日 小林武史氏と小出裕章氏の対話 (エコレゾ)
o 5月13日 原発は止めていても危険 小出裕章
o 5月13日 原発「安全神話」溶融 小出裕章
o 5月12日 1号機は最悪の危機は当面回避 小出裕章
o 5月12日 メルトダウンだが最悪シナリオ回避 小出裕章 (MBS)
o 5月12日 100%損傷以外考えられない 小出裕章
o 5月12日 東電は正確なデータを (Tokyo FM) 小出裕章
o 5月12日 空焚き1号機 燃料はどこに? 小出裕章 (ビデオニュース)
o 5月12日 原子力の本当のコスト (テレ朝) 小出裕章
o 5月11日 避難はしてほしいが 小出裕章 (MBS)
o 原発なしでも停電必要なし 『女性自身』に小出裕章氏
o 5月10日 3号機300度超は異常な状態 小出裕章 (MBS)
o 5月10日 私もシニア決死隊の一人です 小出裕章
o 5月9日 ストロンチウムの危険性 小出裕章 (MBS)
o 「東京でチェルノブイリの数千倍のセシウム」?
o 5月8日未明の福島3号機の黒煙について 小出裕章
o 5月7日 子供に年間20mSvは許されるのか 小出裕章
o 『世界』2011年6月号の原子力特集に小出裕章氏
o 5月7日 「原子力村」という巨大な構造 小出裕章
o 5月6日 水棺は失敗するだろう 小出裕章
o 5月6日 浜岡だけでなく全原発を止めるべき 小出裕章 (MBS)
o 5月6日 浜岡原発停止は最初の一歩 小出裕章
o 4月18日 小出裕章氏を含む有志による政府への提言書
o 5月5日 安定化も改善もしていない 小出裕章 (MBS)
o 牛乳が飲みたい 原発 勇気ある撤退 (1988年)
o 5月4日 3号機の爆発は核爆発だったのか? 小出裕章 (MBS)
o 2010年11月 エネルギー庁主催シンポジウム 小出裕章
o 小出裕章氏の著書、論文、講演録の一覧
o 5月3日 過去の拡散予測?ふざけないでください (MBS)
o 米国の「正義」は強者の傲慢 小出裕章
o 小出裕章氏に関する外国語の記事
o gyakuによる小出裕章氏インタビュー (2007年)
o 5月2日 小佐古氏は喧嘩相手 小出裕章 (MBS)
o 放射能を噛みしめながら -原子力選択の意味を考える- (88年)
o 改めて読む 3月12日の小出裕章氏のメール その2
o 哲野イサク氏による小出裕章氏インタビュー
o 4月30日 原子力に反対する理由 (マル激) 小出裕章
o 4月29日 小出裕章氏と福島みずほ氏の対談
o 4月29日 小出裕章氏&広瀬隆氏 講演
o 4月28日 年間被曝上限50mSvの撤廃 小出裕章
o 4月17日 webDICE 有太マン氏によるインタビュー 小出裕章
o 4月27日 情報公開の約束は果たされていない 小出裕章
o 日本は先進国ではなく後退国 小出裕章 (2007年)
o 4月27日 4号機核燃料プール損傷の影響 小出裕章
o 4月26日 4号機汚染水は本当に3号機から? 小出裕章
o 4月25日 どんな技術もやぶられる 小出裕章
o 4月25日 情報一本化のリスク 小出裕章
o 小出裕章氏と推進派との直接対話 (平成17年)
o 4月23日 東電は生データ開示を 小出裕章
o 4月13日 FMわぃわぃインタビュー 小出裕章
o 4月23日 楽観視できる状況ではない 小出裕章
o 4月23日 今何をすることが必要か 小出裕章
o 兵站不足とアレバ請け負いの意味
o 4月21日 クロル38検出は間違いと言うが 小出裕章
o 浜岡原発は津波に耐えられるか 小出裕章
o 週刊新潮(4/28号) 危惧される最悪のシナリオ 小出裕章
o Actio 5月号に小出裕章氏インタビュー
o 4月20日 こどもたちに被曝を強いる政府 小出裕章
o 4月20日 TBSみのもんたの朝ズバッ!に小出裕章氏
o 4月19日 燃料の溶融は部分的と推測 小出裕章
o 4月19日 工程表通りにいかない二つの理由 小出裕章
o 4月19日 原子力なくても火力と水力でまかなえる
o 4月18日 東電の甘い見通し 小出裕章
o 4
コメント

原発問題の緊急シンポが開かれます

2011年05月28日 | Weblog
こんにちは、大畑です。
原発問題の緊急シンポが開かれます。たいへん内容の濃い
シンポ似なると思います。ぜひご参加下さいませ。

特に「内部被曝」については日本で一番詳しい琉球大学の
矢ヶ克馬先生が報告されます。マスコミではこれまで
正確に取り上げてこなかった分野ではないかと思います。

-----------------
テーマ:「福島原発事故にミナマタの教訓をどう生かすか」

福島原発事故による放射性物質の放出は、政府と電力会社が一体として推進してき
た原発政策を根本から問い直すものとなっています。
地域住民や原発労働者の安全対策は十分か。野菜や魚の摂取規制はどうあるべき
か。風評被害を含む損害に対し誰がいかなる責任を負うべきか。
国とチッソが一体として引き起こした水俣病を経験した私たちは、福島の原発事故
に対し、どのように教訓を生かすことができるのでしょうか。
水俣病や原爆症と向き合ってきた学者や医師、マスコミ関係者と一緒に考えましょう。
福島原発事故にミナマタの教訓をどう生かすか」のテーマで、熊本では次の通りシ
ンポジウムを致します。よろしくお願い申し上げます

(連絡先は、たんぽぽ法律事務所 寺内大介事務局長です。096-352-2523)。

日 時 2011年7月2日13:30開場(17:00まで)
参加無料・・どなたでも参加できます。

報告者 原田正純(元熊本学園大教授)

矢ヶ克馬(琉球大学名誉教授)

牟田喜雄(平和クリニック院長)

高岡滋(神経内科リハビリテーション協立クリニック院長)

山口和也(熊本日日新聞論説委員・編集委員)

主催/原爆症認定訴訟熊本弁護団
共催/水俣病不知火患者会、ノーモア・ミナマタ訴訟弁護団

会 場 熊本学園大学427号(4号館2階)
※駐車場はご利用になれませんので、ご注意ください。

●JR鹿児島本線 熊本駅より
 車利用:約15分
 熊本都市バス株式会社(旧市営バス本山車庫路線)利用:
  ・第一環状線(駅2:大学病院回り)
    バス停「大江渡鹿(おおえとろく)」下車徒歩約5分
  ・中央環状線(駅3:大学病院回り)
    バス停「学園大前」下車すぐ

●交通センターより
 車利用:約15分
 熊本都市バス株式会社利用:
  ・子飼渡瀬線(こかいわたるぜせん)
  ・大江城西線(おおえじょうせいせん)
   バス停「学園大前」下車すぐ

 市営バス利用:
  ・渡鹿長嶺線(とろくながみねせん)
   バス停「大江渡鹿」下車徒歩約5分

 産交バス利用:
  ・NTT病院経由

  ・託麻原本通り経由

   バス停「大江渡鹿(おおえとろく)」下車徒歩約5分


●熊本市電
 電停「味噌天神(みそてんじん)」より徒歩約15分

●JR豊肥本線 水前寺駅(すいぜんじえき)より
 同駅北口より徒歩:約10分

 同駅北口より熊本都市バス株式会社利用:
 ・大江城西線(おおえじょうせいせん)

   バス停「学園大前」下車すぐ

●九州自動車熊本インターより
 車利用:約15分

●熊本空港より
 車利用:約40分
 空港バス利用:

 バス停「味噌天神」下車(料金:大人630円)徒歩約15分

google地図↓
http://maps.google.com/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%E7%86%8A%E6%9C%AC%E7%9C%8C%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%B8%82+%E5%A4%A7%E6%B1%9F2-5-1&aq=&sll=32.804167,130.72842&sspn=1.606752,2.721863&ie=UTF8&hq=&hnear=%E6%97%A5%E6%9C%AC,+%E7%86%8A%E6%9C%AC%E7%9C%8C%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%B8%82%E5%A4%A7%E6%B1%9F%EF%BC%92%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%95%E2%88%92%EF%BC%91&ll=32.803653,130.726275&spn=0.025106,0.042529&z=15

-----------------------------
大畑靖夫 lancl70@1km.jp
コメント

「6.11脱原発100万人アクション」

2011年05月28日 | Weblog
3月11日から3カ月に当たる来る6月11日に、以下のように熊本でもパレードとライブを
開催することになりました。

あの大震災と原発事故から3カ月にもなりますが、
まだ、原発と放射能に対する、私たちの不安は払拭されるどころかますます増大しています。
福島の子どもたちへの被爆上限が、年間20倍の20ミリシーベルトに引き上げられるなど
子どもの未来を奪う、政策を私たちは許すわけにはいかないと思っていたところ、
今日のニュースでは父母の抗議に答え1ミリシーベルトに引き下げられたようです。
声を上げることの大事さを福島のお母さん方から
私たちは、学びました。
今こそ、日本全国で声を上げる時だと思っています。

現在、「6.11脱原発100万人アクション」ということで、日本全国、東京や関西、福岡等で、同時開催予定で
準備が進められています。

後2週間ちょっとで、6月11日がきます。
あまり時間がありませんが、初めての方や学生さん、若いお母さん、お父さん
子どもたちの参加を大いに歓迎いたします。
夕方は、高橋公園にて若者たちによるライブもあります。

3月11日の東北大地震とそれに続く、福島の原子力発電の事故以来、私どもの世界は
一変しました。3.11以前と以後では、優先順序や価値観さえ変えられた思いがします。
ご多忙とは思いますが、今は、日本が変われるかどうかの大きな転換点だと思いますので、
ぜひ、どこかにご参加いただきますようお願いいたします。

友人、知人、子どもさん、お孫さんたちにお知らせくださり、沢山の方に参加いただければと思います。
集会、パレード、ライブのすべてに参加することができなくても全くかまいません。
途中からでも、途中リタイアでもOKです。
無理のない範囲で、参加できる部分だけで、”さよなら原発”の意思表示をして頂ければと思います。

尚、「初めてのデモ」「脱原発ポスター展 」(WEB上)
とが、とても参考になると思いますので、ご覧下さい。

また、若者用フライヤーもできていますので、
そちらが必要な方はお知らせください。
また、紙のチラシがいると言う方へは、送付いたしますので、
お知らせください。(イラストがいくつかバージョンがあります。)

もうすぐ、チラシ・フライヤー、HPにもUPされると思います。
HPはただ今、準備中です。
以下、転送大歓迎です。
==================================================

6.11脱原発100万人アクション IN 熊本
さよなら原発! 子どもを守ろう!

6月11日は、福島原発震災から3ヶ月。 福島原発事故は収束の見通しは立たず、放射能の放出は続いています。

原子力発電は自然も人間も傷つけ、子どもたちの未来・地球の未来を奪います。浜岡原発だけでなく、地震国日本に原発はいりません。



今こそ、脱原発&自然エネルギーへの転換の時。全国の人々と、“原発いらない”と

声をあげましょう!デモは初めてという方大歓迎! 老いも若きも赤ちゃんも! 

シンボルカラーは黄色かな?        

場所: 白川公園 

2011年6月11日(土) 午後2時集合 (少雨決行)

2:00  バイバイ原発ひろば (塗り絵、シャボン玉遊び、署名集めなどフリータイム)

2:20  集会スタート:リレートーク  :プラカードや垂れ幕に自分の今の思いを書いて持参ください。

3:00  パレード:白川公園~国道3号線~電車通り~下通り~新市街~電車通り~高橋公園 (途中リタイア可)

4:00 高橋公園で若者たちのライブ(雨天中止)裏面参照

6・11脱原発100万人アクション in 熊本呼びかけ人 (裏面記載:現在57名)

連絡先:(ひろば)永尾096-389-9810勝連096-227-8715金津096-323-3171
bye.genpatsu-kuma@s5.kcn-tv.ne.jp

(パレード)二見090―6421―9270 (ライブ) 孫 090-2084-1111
lon-japan@ezweb.ne.jp  HP http://www.byebyegenpatsu.com

以下裏面============================


6.11(土)午後4時すぎ 場所:高橋公園(熊本城須戸口門近・坪井川沿い緑地)





さよなら原発くまもと呼びかけ人:順不動・敬称略

勝連夕子、金津紀代(九条の会)、永尾佳代、二見孝一、宮川経範、川本正道、牛嶋武良子(婦人有権者同盟)、佐々明生、藤本和子、藤本智子(全日本年金者組合)藤本恵子(九条)田中信幸、宮北隆志(環境ネットワークくまもと)、田中之浩(九条)、四宮千絵、戸田敏(九条)、中嶋啓子、松島赫子(平和と人権フォーラム)、畠田ミツ子、俵恭子、赤木光代、坊林由紀子、江藤圭子、宮嵜荘子、正岡やよい、廣島正、石田博文、山田リウ子、堤 静雄、ソノダノア、孫光祥(あそびのくに)、實取義博、奥畑卓也、宮原未怜、亀光秀健、守田富男、澤田佳子、山部洋史、宮川めぐみ、清水谷舞、奥田龍彦、メルヘン内藤、吉田俊朗、黒田勝、豊田義信、坂本康夫(消費税をなくす会)、三枝喬之、川本信子(年金)、桑波田範ニ(年金)、三島美枝(生活者ネット・熊本)桑原安男(九条)、中山高光(原爆被爆者団体)、中山真弓(九条)山内延子(同)、重永幸子(同)、篠田トシ子(同)、中島眞一郎(原発なしで暮らしたい・熊本)

(現在57名)今後は賛同者を募集します。  



オープンマイク:

 ■ライブ出演(同不順)■

モリノコエ“正木チコ

+OtoRavi”(うたとギターとウクレレ)

九州ジェンベクラブ(アフリカンドラム)

中田博 with friends(ジャズ)

風太郎(ブルース弾き語り)

川原一紗と藤川潤司(うたとピアノと民族楽器)

Chasin'Dragon(うたとギター)

Coby(弾き語り)

MOUTHPEACE(ラップ)

Orion(ギター)




HP http://www.byebyegenpatsu.com
連絡先《ライブ》 孫 090-2084-1111 lon-japan@ezweb.ne.jp

コメント

朝日ニュースター  ワンペダルがテレビ放送5月28日22時から

2011年05月28日 | Weblog
朝日ニュースター  ワンペダルがテレビ放送5月28日22時から
通信衛星(CS)等を利用して24時間放送しており、全国各地のケーブルテレビ局やスカパー!(256ch)、
スカパー!e2(352ch)などを通じて 有料視聴することが出来ます。視聴世帯数は、全国で約570万世帯(2011年4月現在)でご覧いただいており、さらに増え続けています。番組には国内外のジャーナリストや政治家ら多くのスペシャリストが出演し、ストレートな討論が好評を得ています。また、平日夕方には政官財の重要会見を十分な時間を充てて放送する「速報!!記者会見」があります。番組として放送するほか、記者会見の内容をテキスト化し、同日中にEメールで送信する有料サービスもあります。朝日グループのジャーナリズムTV『朝日ニュースター』にご期待ください。
http://asahi-newstar.com/web/49_yamaguchi/?cat=18
山口教授の“白熱経済ゼミ教室“にようこそ!
何かと難しいと言われる“経済”を「明るく 楽しく わかりやすく」解説する番組。
大人はもちろんのこと、明日を担う若者も議論に参加!
さらに、たくましく生き抜き、日本経済の活性化を支える中小企業の旗手を紹介。
今回の放送
5月28日(土)よる10時放送「アメリカ経済のホントの姿は?」
第1部 激論「ニッポンの経済の明日 アメリカ経済のホントの姿は?」
第2部 挑戦する中小企業 自動車業界のジョーシキを覆す!

2008年の“リーマンショック”後のアメリカ経済は、いまどうなっているのか。金融緩和政策によって成長を見せている、という声がある一方で、最近の経済指標などによると、低成長が長期化するという、見方もある。企業経営者は、景気の見通しについて慎重で、雇用も増えない、賃金も上がらない、だから、家計の消費も伸びない、と見る向きもある。そうした中での、企業決算は良好な内容を示している。アメリカ経済はホントのところどうなっているのだろうか。今回はアメリカ経済のホント姿を検証していく。

第2部では、自動車業界のジョーシキを覆したい、とアクセルとブレーキを一体化した九州の中小企業を紹介する。そのペタルの開発のきっかけは“踏み間違い”をなくすためだった。

<出演者>
司 会    野村 真季(テレビ朝日アナウンサー)
総合解説  山口 義行(立教大学教授)
アシスタント 柳田のぞみ(スモールサン[中小企業サポートネットワーク}
ゲスト    倉都 康行(金融アナリスト) 第1部
        鳴瀬 益幸(ナルセ機材代表取締役) 第2部
        櫻井 浩昭(人材育成プロデュサー)  第2部

 スタッフルームより
山口教授の著書です。

バブル・リレー―21世紀型世界恐慌をもたらしたもの
posted with amazlet at 11.04.05
岩波書店
売り上げランキング: 286677
Amazon.co.jp で詳細を見る
コメント

転載です。(原発問題)

2011年05月27日 | Weblog
こんにちは、大畑です。
原発問題の緊急シンポが開かれます。たいへん内容の濃い
シンポ似なると思います。ぜひご参加下さいませ。

特に「内部被曝」については日本で一番詳しい琉球大学の
矢ヶ克馬先生が報告されます。マスコミではこれまで
正確に取り上げてこなかった分野ではないかと思います。

-----------------
テーマ:「福島原発事故にミナマタの教訓をどう生かすか」

福島原発事故による放射性物質の放出は、政府と電力会社が一体として推進してき
た原発政策を根本から問い直すものとなっています。
地域住民や原発労働者の安全対策は十分か。野菜や魚の摂取規制はどうあるべき
か。風評被害を含む損害に対し誰がいかなる責任を負うべきか。
国とチッソが一体として引き起こした水俣病を経験した私たちは、福島の原発事故
に対し、どのように教訓を生かすことができるのでしょうか。
水俣病や原爆症と向き合ってきた学者や医師、マスコミ関係者と一緒に考えましょう。
福島原発事故にミナマタの教訓をどう生かすか」のテーマで、熊本では次の通りシ
ンポジウムを致します。よろしくお願い申し上げます

(連絡先は、たんぽぽ法律事務所 寺内大介事務局長です。096-352-2523)。

日 時 2011年7月2日13:30開場(17:00まで)
参加無料・・どなたでも参加できます。

報告者 原田正純(元熊本学園大教授)

矢ヶ克馬(琉球大学名誉教授)

牟田喜雄(平和クリニック院長)

高岡滋(神経内科リハビリテーション協立クリニック院長)

山口和也(熊本日日新聞論説委員・編集委員)

主催/原爆症認定訴訟熊本弁護団
共催/水俣病不知火患者会、ノーモア・ミナマタ訴訟弁護団

会 場 熊本学園大学427号(4号館2階)
※駐車場はご利用になれませんので、ご注意ください。

●JR鹿児島本線 熊本駅より
 車利用:約15分
 熊本都市バス株式会社(旧市営バス本山車庫路線)利用:
  ・第一環状線(駅2:大学病院回り)
    バス停「大江渡鹿(おおえとろく)」下車徒歩約5分
  ・中央環状線(駅3:大学病院回り)
    バス停「学園大前」下車すぐ

●交通センターより
 車利用:約15分
 熊本都市バス株式会社利用:
  ・子飼渡瀬線(こかいわたるぜせん)
  ・大江城西線(おおえじょうせいせん)
   バス停「学園大前」下車すぐ

 市営バス利用:
  ・渡鹿長嶺線(とろくながみねせん)
   バス停「大江渡鹿」下車徒歩約5分

 産交バス利用:
  ・NTT病院経由

  ・託麻原本通り経由

   バス停「大江渡鹿(おおえとろく)」下車徒歩約5分


●熊本市電
 電停「味噌天神(みそてんじん)」より徒歩約15分

●JR豊肥本線 水前寺駅(すいぜんじえき)より
 同駅北口より徒歩:約10分

 同駅北口より熊本都市バス株式会社利用:
 ・大江城西線(おおえじょうせいせん)

   バス停「学園大前」下車すぐ

●九州自動車熊本インターより
 車利用:約15分

●熊本空港より
 車利用:約40分
 空港バス利用:

 バス停「味噌天神」下車(料金:大人630円)徒歩約15分

google地図↓
http://maps.google.com/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%E7%86%8A%E6%9C%AC%E7%9C%8C%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%B8%82+%E5%A4%A7%E6%B1%9F2-5-1&aq=&sll=32.804167,130.72842&sspn=1.606752,2.721863&ie=UTF8&hq=&hnear=%E6%97%A5%E6%9C%AC,+%E7%86%8A%E6%9C%AC%E7%9C%8C%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%B8%82%E5%A4%A7%E6%B1%9F%EF%BC%92%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%95%E2%88%92%EF%BC%91&ll=32.803653,130.726275&spn=0.025106,0.042529&z=15


-----------------------------
大畑靖夫 lancl70@1km.jp
コメント

皆さんでやさしい街が出来ましたので今回は、住まいの案内です。

2011年05月25日 | Weblog
皆さんでやさしい街が出来ましたので今回は、住まいの案内です。


興味のあられる方は時間を取っておいで下さい。

     バリアフリーデザイン研究会 小椋清市
コメント

皆さんでやさしい街が出来ましたので今回は、住まいの案内です。4

2011年05月25日 | Weblog
皆さんでやさしい街が出来ましたので今回は、住まいの案内です。


興味のあられる方は時間を取っておいで下さい。

     バリアフリーデザイン研究会 小椋清市
コメント

皆さんでやさしい街が出来ましたので今回は、住まいの案内です。3

2011年05月25日 | Weblog
皆さんでやさしい街が出来ましたので今回は、住まいの案内です。


興味のあられる方は時間を取っておいで下さい。

     バリアフリーデザイン研究会 小椋清市
コメント

皆さんでやさしい街が出来ましたので今回は、住まいの案内です。2

2011年05月25日 | Weblog
皆さんでやさしい街が出来ましたので今回は、住まいの案内です。


興味のあられる方は時間を取っておいで下さい。

     バリアフリーデザイン研究会 小椋清市
コメント

皆さんでやさしい街が出来ましたので今回は、住まいの案内です。1

2011年05月25日 | Weblog
皆さんでやさしい街が出来ましたので今回は、住まいの案内です。


興味のあられる方は時間を取っておいで下さい。

     バリアフリーデザイン研究会 小椋清市
コメント

二見@熊本です。

2011年05月24日 | Weblog
二見@熊本です。

みなさん、こんにちは~。

6月11日に原発さよなら~のパレードやりたい!と急な呼びかけにも関わらず、前回の会議には40名ほどの皆さんが集まってくれました~。

多彩な人たちが集まってくれて、会議室に人が入りきれないため急きょ、会議場所を変更するといううれしい誤算。

21時に会議が終わった後、2次会はカフェで交流会、一部の人は3次会まで、、、、と新しい交流が生まれました。


参加してくれたみなさん、どうもありがとうございました。
また、連絡くれた人もありがとう!


一人一人にメール返したい所なのですが、ゴールデンウィーク明けから休みなしの連続勤務記録更新中と言う状態にあり、こまめな連絡できてません。(今夜も会社で夜を明かし中)

ゴメンナサイ&みんなありがとう。


前回会議の簡単な報告と、次回会議の開催案内です。


結論から言うと、6月11日(土)は、午後から「原発さよなら~」のワイワイ楽しいパレードをやることになりました。

熊本市内の繁華街を、歌いながら、踊りながら、仮装したり、ベビーカー押しながら、鳴り物鳴らしながら楽しくパレードやりまーす!

パレード終点では、夕方からそのまま野外ライブになだれ込みます。(笑)


だいたいの大枠が決まったので、これから具体的な内容を決めていきます。


=============コンテンツ(概要案)
6月11日

■パート1(さよなら原発パレード)

さよなら原発広場: 14時から白川公園にて
出発前集会:    14時30分から
パレード出発:   15時
パレードコース: 白川公園→下通りアーケード街→辛島公園→電車通り市役所前→高橋公園緑地
パレード終了:   16時


■パート2(さよなら原発&震災支援チャリティー野外ライブ)

オープンマイク: 16時
 →パレード参加者で、何かしゃべりたい人はこちらでどうぞ。署名、カンパ呼びかけもここで。
ライブスタート: 16時30分
 ・震災支援チームからの現地支援報告(10分)
 ・ライブ(4組ていど?)
 →適宜、ドネーションの呼びかけ
ライブ終了: 20時30分

=============



んで、第二回目のミーティングを5月25日(水)に開催します。
お時間取れる方は、ぜひご参集くださーい。

一緒にやりたい!とか興味のある人はぜひ集まってくださいね。


会議には来れないけど、何かやりたーい!と言う人はメーリングリストを作ったので、メールでやり取りしましょう。

二見孝一 kfutami@ybb.ne.jp


遠方の方は、興味がありそうな熊本在住の友人がいらっしゃったら声掛けしてみていただけたらうれしいです。

デモのような感じではなく、楽しく柔らかな意思表示の機会にしたいと思ってます。

みんなと一緒に何か創れたらうれしいです。

心のアンテナにピピッときたら、ぜひご一緒しましょう。


ではでは、お待ちしてまーす。



■原発さよなら~ 熊本市繁華街パレードと野外ライブの話し合い

日時: 5月25日(水) 19時から

場所: 熊本県民交流館パレア 9階会議室
     水道町電停前 鶴屋の真横
地図: http://bit.ly/khDziL

内容: 6月11日(土)熊本で開催する「原発さよなら~」のパレードと野外ライブの話し合い。

参加: 興味がある方は誰でも参加できます。予約も連絡も不要です。

連絡: 何かわからないことがあったら二見まで。 09064219270


ワクワクの脱原発のムーブメントを熊本から作っていきましょう。

みんなでつながって、次の未来を創りましょう!



-------------------------------------------------
二見孝一
E-Mail mailto:kfutami@ybb.ne.jp kfutami@q.vodafone.ne.jp
〒866-0895 熊本県八代市大村町804-1
Tel/Fax:0965-43-1051 携帯:090-6421-9270
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=460620
-------------------------------------------------
みどりの未来 http://www.greens.gr.jp/
DAYS JAPAN http://www.daysjapan.net/





コメント

2011年5月18日 県説明 パブコメに対する口頭回答(吉田速記)

2011年05月20日 | Weblog
2011年5月18日 県説明 パブコメに対する口頭回答(吉田速記)


問題① 条例の目的及び基本理念が「差別をなくすこと」から、「権利擁護」に変更されたこと
回答:生活困難の実態改善のために、権利の確保・促進が必要。条文には法令に通常用いられている擁護を使うのがルール。「権利擁護」は発達障害者基本法にも用いられている。「等しく基本的人権を享有」という権利条約の表現を盛り込んだ。


問題② 障害定義が社会モデルから後退し、対象範囲が狭められたこと
(1)「障害」の定義ではなく、「障害者」の定義をされたこと。
回答:「障害」の定義ができなかったのは法制上の問題。障害を「○○の状態」と定義すると、不利益取扱いの規定時に、『「○○の状態」のときに「○○の状態」』という同義反復になり使えない。
障害を「○○の状態」といった場合に、「障害のある人」という表現ができるのか。法令では新たに言葉をつくるのではなく、すでにある言葉を使わなくてはならない。
機能障害を前提としているので、対象範囲は狭まっていない。

(2)「機能障害」の規定がなくなったこと。
回答:「心身の機能障害」という表現で機能障害の表現をしている。

(3)「発達障害、高次脳機能障害、慢性疾患による症状」が対象となることが規定されなかったこと。
回答:改正障害者基本法に合わせた。国でも相当な議論があった上での規定なので、それにそろえた。リスト化すると逆に漏れがでるのではないか。解説書に慢性疾患などは載せるつもり。

(4)障害が社会との「相互作用」におけるものという規定をされなかったこと。
回答:機能障害だけでも制限を受けている場合があるので「相互作用」は入れなかった。国でもこの議論がされた。社会モデル的規定はしっかりしているつもり。

(5)障害を「継続的に」制限を受けている状態であると限定されたこと。

問題③ 差別の定義をされなかったこと。合理的配慮の欠如も差別であるとはされなかったこと。
回答:現行法に差別の規定がない。8分野のみを差別としていいかも疑問。
県民に義務や規制を課す場合は、具体的にしなければいけない。合理的配慮はまだ浸透していないので、条文にできない。
不利益取扱いは禁止規定として、合理的配慮は一般的な努力規定として条文に残した。

問題④ 不利益取扱いの禁止における例外規定が現状の問題を追認するもので、現状の差別的問題を解決できないこと
(1)障害に「基づいて」ではなく、障害を「理由として」行われる不利益取扱いを禁止するとされたこと。(全般)
回答:「基づいて」は法令で一般的に用いないので使えない。

(2)福祉サービス ⇒変更検討
対象となる福祉サービスを社会福祉法及び、障害者自立支援法の中の特定の事業に限定されたこと。
回答:のぞみの園は削除する方向で検討中。

(3)医療
希望しない長期間の入院の強制は禁止されたが、その他の医療の強制については禁止されなかったこと。
回答:[ア]の規定で「その他不利益な取り扱い」の規定があるので、そこでカバーできる。希望しない医療の強制は通常、想定できない。

(4)商品販売・サービス提供 ⇒変更検討
「その障害者の言動により他の者に対し提供するサービスの質が著しく損なわれるおそれがあると認められる場合」を例外規定とされたこと。
回答:「障害者の言動」については別の表現を検討中。

(5)労働者の雇用(p,4)
○「従事させようとする業務を障害者が適切に遂行することができないと認められる場合」を例外規定とされたこと。
○解雇のみを規定し、「退職を強いる」ケースについては禁止されていないこと。
回答:「退職を強いる」ケースは、どういう状態か明確でない。その原因となるのは賃金格差など不利益取扱いなので、想定する規定で対応できるのでは。

(6)教育
障害者の『能力』に応じた指導・支援を行うと規定されたこと。

(7)建物等・公共交通機関の利用
「建物や公共通機関などの構造上やむを得ない場合」は例外と規定されたこと。
回答:段差など物理的理由や建物の老朽化などを想定している。

(8)不動産の取引
「建物の構造上やむを得ないと認められる場合」は例外と規定されたこと。
回答:段差など物理的理由や建物の老朽化などを想定している。

(9)情報の提供(p,5)
[ア] 「情報の提供を求められた場合」のみに対象が限定され、「情報提供により他の者の権利利益を侵害するおそれがある場合」は例外規定にされたこと。
回答:素案の、「提供する時に拒否する」という書き方は文章的におかしい。個人情報の侵害を例外規定に想定している。

[イ] ○「障害者が選択した意思表示の方法によっては障害者の表示しようとする意思を確認することに著しい支障がある場合」は例外規定にされたこと。
○「意思の表示を受けること」自体を拒むことが禁止規定にされていること。
回答:手話が相手に通じない場合等を想定している。

(10)個別8分野以外に「その他」の定義がなされていないこと。

問題⑤ 社会的障壁の除去のための合理的な配慮に関する事案は、調整委員会や知事による解決ができないこと。
回答:あっせん、助言であっても行政行為になるので、明確な線引きが必要。合理的配慮が義務的規定ではなく、努力規定ではそれはできない。


○前文を追加する予定。前文に差別をなくす主旨を盛り込めないか検討中。

○障害者基本法と、差別禁止条例は性質が違うので、必ずしもそろえなくてもいいのでは。基本法はもともとあったし、検討委員会でもその必要はない旨の意見はあったはず。
 ⇒国で相当な議論を行われての上の基本法改正なので、それにそろえた。施策ならやりやすいが、条例は性格がちがう。

○例外規定が現状の追認にならないか。
 ⇒現状を是としているわけではないが、合理的配慮を強制できない規定なので現状追認は仕方なかった。例外規定では、過重な負担を具体化した。

○この条例は規制を求めるものではないはず
 ⇒法制的には規制的条例になる。
コメント

「大震災と津波で忘れられている市民とまち、そして復興のまちづくり」

2011年05月20日 | Weblog
会員各位

東洋大学より下記講演会のご案内です。
会員の皆様の積極的なご参加を期待しております。


***


「大震災と津波で忘れられている市民とまち、そして復興のまちづくり」

日時:2011年05月31日(火)~06月01日(水)19:00~21:00 

場所:白山キャンパス井上円了ホール

主催:東洋大学


1.話題提供のプレゼンテーション(1人各30分、合計90分)

①「被災地の子どもとその支援について
           -被災地(気仙沼市等)での人形劇の上演活動より-」

  ライフデザイン学部 生活支援学科子ども支援学専攻
                    専任講師 高橋健介(幼児教育学)


②「生活の再建とこころのケア」

  ライフデザイン学部 生活支援学科生活支援学専攻
                        教授 白石弘巳(精神医学)


③「高齢者、障がい者のくらしの再生と復興のまちづくり」

  ライフデザイン学部 人間環境デザイン学科
          非常勤講師 秋山哲男(土木工学/北星学園大学客員教授)


2.会場との質疑応答(30分)
コーディネーター ライフデザイン学部長 橋 儀平(建築学)


■対 象 一般の方、学生などご関心のある方
■お申込みは必要ありません。直接ご来場ください。
 また、途中での入退場も可能です。

■主 催 東洋大学
■お問い合わせ先 東洋大学学長室
電 話 03-3945-7676  e-mail mlgaku@toyo.jp





■このメールは送信専用アドレスから配信されています。
 ご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
コメント