バリアフリーデザイン研究会http://www.barrier-free.jp/の連絡版

バリアフリーデザイン研究会事務局 問合せ先 ファクシミリ:096-371-8119

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東北・関東大震災と原発事故汚染による高齢者や障害者の二次災害

2011年03月31日 | Weblog
避難所での生活は、困難を極めている。

高齢者は、避難所で次々に死亡している。

病院や高齢者・障害者福祉施設は、放射能汚染でスタッフが避難したり、物資の補給がなく、必要な食料の不足、温度低下、薬の枯渇などで破綻寸前だ。

しかも、適切な情報もない。
コメント

バリ研、東北被災地への義援金

2011年03月29日 | Weblog
今月23日に役員会を行いました。

東北被災地への義援金を当会からも50000円出すことを決定し、28日に郵便局から日赤へ寄付をさせていただきました。皆様へは事後承諾となりましたが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  前田優子  PRECE DECOR
コメント

宮川さんから、下記のようなメールが来ております

2011年03月26日 | Weblog
旅のよろこび社の宮川さんから、下記のようなメールが来ております。どなたか
いらっしゃいませんか?

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  前田優子  PRECE DECOR
 
----- Original Message -----
From: "旅のよろこび 宮川和夫" <miyagawa@tabinoyorokobi.com>
To: <Undisclosed-Recipient:;>
Sent: Friday, March 25, 2011 8:04 PM
Subject: 旅のよろこびの宮川です。


> 広島市内にお知り合い、いらっしゃいませんか。 宮島島内、平坦な道ですが
、車椅子を押していただける方がいらっしゃったら、助かりまして・・・。 ト
イレ介助の必要はありません。 年齢・性別・経験は問いません。 2名~3名
> 4月3日(日曜日)広島駅10時30集合17時解散。 交通費、昼食代負担
します。 全然みつからなくても大丈夫は大丈夫なのですが、一人でもみつかれ
ばより快適なツアーになるもので・・・。 お知り合いがいらっしゃる方は、聞
いてみていただいてよろしいでしょうか・・・。
コメント

大震災の義援金の領収書掲載

2011年03月23日 | Weblog
3月19日の九州新幹線全線開業シンポジウムの最初に「今回の東日本大震災の犠牲者」に全員(約30人)で黙とうし、義援金箱に募金を呼びかけました。

結果、(参加者合計で)1万円が集められ、義援金窓口に届けました。

下記に寄付金の領収証を掲載します。

コメント

原発事故と情報のバリアフリー

2011年03月21日 | Weblog
原発事故!情報が錯綜!!国民は何を信じればいいのか!!!

下記に広瀬氏の警告とその北村氏の修正を転載します。



広瀬隆 「福島原発事故-メディア報道のあり方-」

        「ニュースの深層」朝日ニュースター 3月17日(木)20:00~ 放送
         
                   インタビュアー:葉千栄(東海大学教授)、前田真里

葉さん:多くの国民が今日、空中からの放水と地上からの散水を見ましたが、この手段は効果がありますか?

広瀬さん:原子炉の崩壊熱のグラフを見てください。電気出力で100万キロワットの原発の場合です。グラフはずっと下がっていきます。対数グラフで分かりにくいのですが、一日たっても1万キロワットあるのです。1万キロワットというのは、それだけで発電所ができるほどの大きな熱量です。これはどんなに低くなっても、半永久的に出るのです。水で冷やすということは、水を循環させて熱を奪っていかなければ意味がないのです。水をかけても意味がないのです。何が大事かと言うと、たった一つ、電源だけです。電源が回復しないのに水をかけても、焼け石に水なのです。

葉さん:電源回復させる理由は? つまりシステムを作動させるため?

広瀬さん:そうです、要するにこの事故はどこから始まったかというと、津波でオイルタンクなどが流れて、発電機などがみんな水をかぶった、そこにあったのです。そこを直さない限り、この事故は原理的に収束できないのです。

葉さん:今日の夕方になって、東北電力から高圧送電線を現場にひこうとしていますね?

広瀬さん:それで少し希望を持ちました。しかし悲観的になるのは、原発はこの図(テレビで使われるような原子炉の略図)のようなものではないからです。こんなものはポンチ絵です。これ(実際の原子炉下部の写真)は原子炉のお釜の下の部分です。これが原子炉のお尻なんです。見てください。ずっと制御棒とか配線とか配管が、山のようにあるのです。テレビでえせ学者が出てきて簡単に言っていますが、あの人たちは何も知らないのです、大学教授たちは。技術者だけが知っているのです。そこに水をぶちこんできたわけでしょ。こんなに山のような配管が目まぐるしく走っているのです。我々にはわからないくらい、滅茶苦茶に複雑な構造を持っているのです。もう一週間になりますが、その間にそこに水をぶっかけたりしてきました。それも塩水でしょう? お釜に塩水を入れて高温にしたらどうなると思います? 塩ができちゃうでしょ? 塩があったら、それがみんなこういうバルブなどに入って固着しちゃうでしょ。動かないでしょう。そういうことがあらゆるところで起こっているのです。だから、簡単に考えちゃいけない。ただ電源をつないだからこれから水がぐるぐる回る、というふうには私には思えないのです。普通のエンジニアの人だったら想像すればたぶんわかると思うのですが。とてつもない滅茶苦茶な状態になっているところに、今ヘリコプターで水をまいたりするということを本当にやって、あの人たちに見通しがあるならいいですが、私には少なくともわからないです。

葉さん:3号機と4号機の使用済み核燃料のプールをいっぱいにするには、1300トンの水が必要です。午前中30トン。あとは自衛隊の車5台で30トンを放水しますが、まず足りないし、それを継続しなければならない。したがってこのような放水は現状を変えることができないですね?

広瀬さん:原理的にいうと、できないんです。非常に健全な状態であっても、熱をギリギリでいつも常にコントロールできて安全が保たれるのですから。内部がめちゃくちゃで、残っている50人の運転員の方々のことを、涙が出るくらいに思います。たぶん被ばく量は大変な被ばくで、たぶん死ぬだろうということを覚悟してあそこにいらっしゃるわけです。あの人たちがだいたいもつのかどうか。肉体も。たぶんそんなところまできてる。あのテレビで解説している学者たち、「お前たちそんなことを言うんだったらその現地へ行ってやれ!」と私は言いたい。本当に、あんなでたらめばかり言って、ただ安心させようとか、パニックを抑えようとか。いま日本人は、本当に正しいパニックを起こさなければならないんです。これは本当に危ないところに来ています。もし私が総理大臣だったら、もうここまできたらチェルノブイリの原子炉の爆発でソ連がやったように、最終的に石棺と言って、セメントで固めるしかないんじゃないかということをふと思うと、日本中のセメント会社すべてを動員して、空からまくような体制を指令した方がいいと思うのです。それは、最悪のことを想定してやっていかないと。なぜかというと、福島には第一原発と第二原発に6基と4基で10基の原発があるのです。1基の原子炉が最後に最悪の事態になったら、もちろんそこにいる人、職員の人たちはそこにいられなくて退避するか倒れてしまうか、どちらかしかないわけでしょう。もし1基がいくとしたら、第一なら残りの5基も時間の問題なのです。さっきのグラフの熱をとれないサイクルに入りますから。どういう順序でいくかわからないけど、少なくとも6基全部だめになるのです。そしたら福島第二もおそらくあの距離だったらダメになるでしょう。そこに職員はいられないんじゃないかと私は想像します。最悪のことを話しているようですが、確率としてはそんなに低い確率じゃないんです、全世界が見てるのはそこなんです。日本だけが隠しているだけであって。実際には、お分かりと思いますが、福島第一原発6基のうちの4基が全部危機にきているのです。そのうちのどれか1基で電気が動いて水がうまくいっても、他の3基がダメになるかもしれないでしょう。4基とも危機に来てますから、4基とも100%うまくいくということは、私はどうしても、言いたくはないのですが、考えると悲観的になるのです。そうすると、ともかく日本の国民すべてを救うためには、放出される放射能を最小限にするようなことを、何とか考えておくべきだ。水をまくというような、焼け石に水のことをやるのではなく、それを考えるべきではないでしょうか。なぜそういうことを考えるかと言うと、原子炉が6基すべていくということは、ここまできたら、非常に高い確率であり得ることですから。みなさん台風の通過速度をご存じと思いますが、大体1週間で通り過ぎますね。要するに、風速2メートルのそよ風でいきますと、5日間で日本中全部が放射能に包まれるのです。20キロ、30キロ、100キロの話じゃないんです。もちろん東京も、大阪も。それくらいの速いスピードで放射能の雲が包むのです。ただしそれは天候次第で、どういう汚染分布になるかわかりません。風向きがほとんど太平洋に向かって吹いてくれればいいですが、そうではない。たとえば15日、おとといは東京に向かいましたね。あのようになるわけです。それはわからないのです。そして雨が降るか、雪が降るか。それが降り積もると全部汚染してきます。つまり、最後は日本人が求めるのは水と食べ物ですから。水と野菜が汚染されてしまったら、私たちはどうしようもないわけでしょう、逃げようがないのです。だからその量を最低限に抑えることを、今から少なくともしなくては。私が言っていることが間違っているならいいんですよ。水をかけても意味がないとは言いません。私にはわかりませんから。しかし映像を見ている限りは、ほとんど意味がないと思いますね。

葉さん:初期段階の行動、手段の問題点は、一番最初に、今日やっている高圧線を敷地の中に真っ先に敷くべきだったのにやらなかったこと?

広瀬さん:これは電源がなくなって始まった事故ですから、必要なのは電源回復だけなのです。最初から。だから、私は悔しいと思うのは、この福島の原子炉を作ってきたのは日立と東芝なのですから、その技術者を結集するしかないのです。東京電力は、運転員だから知らないのです。ましてや保安院は何も知らない。私に言わせればバカ集団です。何も知らないんです。政治家はもっとひどい。無知な人間たちが議論してもダメなのです。できれば日立と東芝の技術者が。この福島原発は特に古い炉ですから、68歳である私の世代よりもっと上の人たちが設計したのです。とっくにその人たちはリタイアして現場にはいません。しかし少なくともこの原子炉をどうしたらいいかということを考えられる人は何人かいるのです。私の親友で田中三彦さんなど優れた人が、以前から危ないと言っているのです。そういう人たちの知恵を結集するしかないのです。官邸でどんな議論をしたって駄目なのです。

前田さん:参議院の院内集会で元東芝の設計者の後藤さんが説明されましたね。たくさんの議員が来ていました。

広瀬さん:菅首相もど素人です。悪いけどもちろん政治家にわかるわけがないのです。しかし少なくともスリーマイル島の事故が起こった時の、アメリカのジミー・カーターの行動と比較しても、日本の方がひどいです。なってないです。枝野も傲慢な態度で「大丈夫、大丈夫、万が一」なんて言っていて、結局こうなったでしょう。こんなことは最初から予測できていたことです。少なくとも私のような門外漢でもわかったのですから。どうやったら電源回復できるか、そこだけにあるのに、ここまで持ってきた責任は重大です。

葉さん:一連の話の中で、レベルの低いミスの連続です。例えばおととい、ポンプに油を入れ忘れて止まってしまって冷却水の注入ができなくなった。昨日は発電所と東電本社の専用回線を間違って切ってしまって8時間も現場のデータを送ることができなくなって、衛星電話で口頭で伝えた。世界中のメディアが報道しています。日本らしくないとみんな言ってますが?

広瀬さん:電力会社には、事故の対処能力はないのです。メーカーの技術者にしかない。それから、少なくとも日本の電機メーカー、家電を含めて、発電機の製造は世界一の技術を持っているのです。なぜ最初に発電機を運ぶとか、対策を取らなかったのか、それができなかったのか、それも技術者つきで。機械だけじゃだめなのです。配電盤のことなどすべてわかる人も行かないと。どうしてそれができなかったのかということは、すべての日本の原発の欠陥を証明しています。

葉さん:毎日各自治体が放射線を測定しています。発表された放射線の値を見る限り、上がってはいるけれどもまだ健康に被害はない、と民放テレビ各社で言っています。胃のレントゲンと比較したり、もっと線量が上がったらCTと比較したりしています。実際はどうですか?

広瀬さん:これは、たとえばおとといです。福島第一周辺で400ミリシーベルト/時、1時間ですよ。これが測定されて枝野が初めて、健康に影響があると言いましたけれども、意味が全部伝わっていないのです。すべての報道機関が悪いと思います。人間の一般の生活で私たちが受けている放射線、宇宙からも放射線を受けますよ、なんてくだらないことを言っていますけれども、あれはすべて1ミリシーベルト/年なのです。一年間に365日があって、24時間でしょう。365×24を、みなさん電卓を持っていたら計算してください。8760です。それを掛けるのです。こちらは/時ですから。ということは、通常の350万倍ですよ。何で大丈夫ですか? これを報道した機関がありましたか? 言っていないでしょ。しかも彼らは、一瞬で抜けるCTスキャンなどを比較していますが、そんな問題じゃないのです。放射性物質が出ているから、放射線が出ているのです。それを体の中に取り込むと体内被曝が怖いのです。テレビに出ている御用学者たちが何を言っていますか? 遠くへ行くと距離の二乗に反比例すると。逆のことを私は言いたい。体内被曝というのは放射性物質が体に入ることです。どうなりますか? 要するに1mのところに放射性物質があって、吸い込んで体の中に入ってピタッとくっついたら、ミクロン単位になるのです。それは、1mは1000ミリ、1ミクロンは1000分の1ミリでしょう。1000×1000の二乗になるのです。距離の二乗に反比例するというのはそういうことなのです。だから、被ばく量が一兆倍になるのです。一粒の小さなものを吸い込んでも怖いのです。

葉さん:ですから、CTやレントゲンと比較しても意味がないのですね。放射性物質を吸ってしまうからですね?

広瀬さん:そうです。放射性物質は、体に入ったらどこに何が入るかは分かっています。怖いのは女性、特に妊娠している女性や幼い子どもです。いま報道されているのはヨウ素とセシウムですが、それは一部であって、きちんとした検出器で測っているわけではないのです。あれはモニタリングといって、空間線量を測っているだけ。機械は何も食べないんですよ。放射性物質の量とは関係ないんですよ。空間線量だけでそんな単純に・・・。私が原子力に反対する活動のきっかけになったのは、医療関係の仕事をしていて、外国の文献にそのことがきちんと書いてあって、それで気づいたのです。1970年代です。日本の医師たちはそのことにすっかり言葉を濁しています。

葉さん:放射線の被害と放射性物質の被害は別なのですね?

広瀬さん:福島原発の放射線がこのスタジオまでどれだけ飛んでいますか? と言われたら、そんなものはないのです。でも放射性物質は空を飛んできているのです。炉心溶融が始まったら、原子炉の中にあるヨウ素などという物質はすぐにガスになります。上が抜けてしまっているから、隙間があってどんどん出ているはずなのです。

葉さん:それを測定する方法は?

広瀬さん:ある新聞記者から聞いたところによると、今東京電力は、モニタリングすらできない状態なのです。ただ、ときどき行って測っている、それを枝野がしゃべっているだけです。定常的に測っていません。コンスタントに見ていかなければならない。それも、何が出ていて、どれだけ出ているかを測らなければならない。それは、かなり高度な分析機を持っていないとできないのです。そんなことはモニタリングポストではできないのです。空間線量を測ったって駄目なのです。車で行ってちょっと測って、高かった、低かった、そんな話ではないのです。今、どんな放射性物質が出ているか、それがどこに飛んで行っているか、そういうことは、今の体制ではおそらく現在できないです。

葉さん:そういう物質が日本各地に飛んで体内被曝を起こす可能性がある。なのに別のものを別の形で測っているのでしょうか?

広瀬さん:別の形で言いましょう。双葉厚生病院で、ヘリコプターで避難する人たちが屋上で被曝したというのでびっくりして距離を測ったら、3.4キロでした。ちょうどその時、フォトジャーナリストの広河隆一さんが電話をかけてきてくれて、ちょうどそこで「大変だ、1000マイクロシーベルトのカウンターが振り切れてしまった」というのです。原発でじゃないですよ。枝野が言っているのは、原発の話です。原発じゃなくてここで針が振り切れているのです。放射性物質は間違いなく行っています。だから今、福島県内の人は大変な状態なんです。住民がパニックだと言っていますが、パニックですよ。当然です。私は、被曝している子どもたちの放射線量を測っている写真をニューヨークタイムズで見ました。私は、この写真を日本の全部の新聞に出せと思います。どうしてこの写真をニューヨークタイムズで見なければならないのかと、悲しくなりますよ。

葉さん:今回のメディアの日本の報道についてどう思いますか?

広瀬さん:一番批判したいのはNHKの科学文化部の某です。ただちに健康に影響は出ないと。ただちにってどういうことなのかと、なぜ誰も追及しませんか? 1ヶ月後ですか、1年後ですか? 冗談じゃない。ガンなんていうものは、何年たったって出る可能性がある。わからないでしょう。人によってみな違うのです。特に危ないのは幼い子どもたちです。とうとう私の孫の高校生が、外国に行くと言い出しました。「だって俺、黙って死ぬのは嫌だから」って。正しいでしょう。だけど事実を知ったら、今そういう状態なんです。だから、軽々しく言ってほしくないんです。大丈夫であるだなんて。そういうことを言ってはいけないんです。「危ないんだ」と言わなければ。少なくとも、こういう事故が起こったらアメリカでもドイツでも、こんなマスコミはない。危険だから逃げなさい、ということをきちんとやりますよ。日本は、テレビをつけても、何も起こっていないようじゃありませんか。信じられないです。

葉さん:放射線量だけでは不十分だけれど、それでもテレビの各チャンネルで、せめて各地域の放射線の測定値を報じるべきでは? それは第何グループなどという停電の話よりはるかにそっちの方を流すべきでは?

広瀬さん:私もびっくりしましたが、おととい東京が汚染することについて、ドイツ人が解析した現在の福島の放射能雲のシュミレーション動画がインターネットで出ていました。ガクッとしました。ドイツ人はすでに解析しているのです。最初は太平洋側に流れているが、それからざっと風向きが変わって東京方向に降りてくる動画を作っているのです。それを見せるべきでしょう。日本人全部に。そんなことはできるはずでしょう。できる人がいるはずでしょう。そう思いません? これだけCGだなんだとやっている大学教授たちが、何もしていないんじゃないですか? われわれに教えてほしいんですよ、今。

葉さん:そのような真実をテレビで報道するとパニックが起きる、それが2次被害になる、東京の0.08は全く安全だ、なんて話も出てますが?

広瀬さん:いやいや、だからその数値は、放射線の空間線量のことを言っているのです。怖いのは放射性物質であってね。少なくとも、放射性物質を測定できるような人間はいるのです。東京にもいるのです。例えば原子力関係の機関があちこちにありますから。東海村などにもいますし、その人たちが、今あちこちで自分たちの持っている計器をフルに活用して、想定できるところをずっと回るべきですよ。そう思いませんか? できるだけ早く。そして、これだけの汚染が起こる可能性があるというなら、そういうことを言ってから、安全論をやってほしいんですよ。何にも資料もなしに「ただちに健康に影響が出るものではない」なんていうことをNHKがたびたびやっているでしょう。ここまできたら、あの人間たちは平気な顔してやってますけど、犯罪者ですよ。子どもたちに対して。

葉さん:この地震だけではなくて他にも震度6以上の地震が起こるかもしれないと言われていますが?

広瀬さん:みなさんは、仮に私が言っているようなことが抑えられたとしたら、ほっとするかもしれない。それは違うのです。(地震の図を示しながら)おととし8月11日に、駿河湾地震がありました。このとき浜岡の原子力発電所が直撃を受けて緊急停止をして、内部は大変な状態になりました。その時前後して、伊豆半島でも地震が起こりました。これは、私は予測していたのです。おととしの4月の時点です。地殻変動を国土地理院が調べていて、毎日どういう方向に地殻の変動が起こっているかを調べていますが、それを調べていたら4月時点で駿河湾一帯がずっと地殻変動を続けています。周りもずっと調べていたら、南長野まで動いている。そして紀伊半島を調べたら動いていなかったのです。それで私の直感としては、太平洋プレートが大変な動き方をしているな、これはあちこちで大地震が起こるのではないかなと思っていたら、9月にスマトラ沖地震が起きました。マグニチュード7.6です。兵庫県南部地震が7.3ですから。ここでバヌアツでも7.8、サモア諸島でも8.0です。太平洋プレートという世界最大のプレートが、日本の下に潜り込んでいるのです。1千キロの深さ、日本列島の長さくらいにもぐり込んでいる。そして、去年の2月にチリ沖で地震があり、ナスカプレートが動く。それが動けばオーストラリアプレートが動く。これはみな連動しているのです。だから私は、太平洋プレートが動いているから、太平洋側の原発がみな危ないと思っていました。もっと大きな地震が来るのです。なぜこんなことを言うかというと、私は怖くてたまらないのですが、おととい、静岡で地震がありました。今度の地震とおそらく連動しているのです。テレビに出てくる地震学者はみな、今回の地震と無関係だと言っていますが、それは嘘ですよ。あんな地震学者を信じてきたからこんなことになったのです。本物の地震学者は、石橋克彦さんです。私は日本に本当の地震学者はただ1人しかいないと思っています。だって地震予知連絡会なんて、何を予知してくれたんですか? 何にも予知していないでしょう? 神戸大学の石橋先生だけは、警告しているのです。(73年の周期性をもって起こってきた小田原地震=関東大震災、のグラフを見せながら)このグラフは、小田原地震と呼ばれるものです。平均73年というサイクルでぴったり来ていますが、最後は1998年で起こるはずだったのです。でも起こっていないでしょう? 前回が1923年、関東大震災ですね。小田原で起こったけど関東で被害がひどかったから、みな関東大震災として覚えています。1998年に起こっていないから、今年ですでに13年たっているのです。いま太平洋プレートがずっと下がっているでしょう。これが動いているのです。猛烈な勢いで。まだ止まってくれないのです。それが今度の地震、東北地方三陸沖地震だったのです。だからチリ沖地震と連動しているのです。地球がどういうふうに動いているか我々にはわからない。だけど動いていることは間違いないのです。

葉さん:平均73年のサイクル、でも今回はプラス13年という状況になっている?

広瀬さん:石橋先生は、関東大震災の時にとてつもないエネルギーが開放されたから今度は少し伸びているのではないか、と言っています。これももちろん推測ですが。だけどひずみはそんなにはもたないと思います。今申し上げた地震は、それは相模湾で起こるのです。そうではなくて、相模湾の向こう側にある駿河湾。おととし動いた、そこが壊れる可能性がある。どちらかが来るのです。私はもう確信しています。これは近いうちに起こる。

葉さん:そのような確信を持っておられるなら最後に聞きたいのですが、現在他のまだ稼働してる原発はどうするべきですか?

広瀬さん:なぜ私がこの『原子炉時限爆弾』を書いたかと言うと、駿河湾には浜岡原発があるのです。今、3基あります。今回の福島がやられたのは津波です。今度は違います。揺れで壊れるのです。私は首をかけて100%と言いますが、絶対にもたないです。マグニチュード8.4が、今度は直下で起こるのです。直下ですよ。駿河湾で起こるのです。駿河湾は、下に入っているのですから、そのユーラシアプレートがぼんともちあがるんです。直接その上に原子炉が載っているのです。1~2メートル隆起するんですよ、土地が。その上に建物があって、大丈夫と思いますか?

葉さん:その話をすると、原発を止めたら経済や国民生活が大打撃を受けて被害、パニックになる。3割が原子力に依存しているから止められない、と言われますが?

広瀬さん:それはぜんぜん嘘です。なぜかというと、今までずっと、発電量のピーク時は夏の午後2時から3時。真夏ですよ、そのごく短い時間帯なのです。その年間の最高使用量は、火力と水力だけで間に合うのです。今でもです。

葉さん:今夜停電が起こるかもしれないのは、福島の原発が止まったからでは?

広瀬さん:それは関係ありません。こういう場合のために、バックアップとして大量の火力を持っています。全部大丈夫なのです。ところが今回の場合は火力も止まっているのでしょう。その火力の状況は我々にはわからないのです。しかし東京電力が本当に電力が足りないというなら、こんな季節ですから、電力は余っているのです。だからたぶん、火力にいろんなトラブルが起こって、復旧に手間取っているだけなのです。こんなものは全然大丈夫です。なぜなら、東京電力が持っている原発は、福島と柏崎で17基あるのです。これが一回こんな季節に全部止まったことがあるのです。停電になりましたか? ないでしょう? それだけのバックアップを持っているのです。今回はたまたま地震の影響で火力などに問題があって、つまり燃料の補給か、輸送の問題ではないかと推測しますが、それで補給ができない。だから火力の問題なんです。でも火力の場合は、こういう事故は起こりません。トラブルで終わるのです。それは、完全に復旧できることです。

葉さん:ドイツ政府は80年代に作った7基をとりあえず止めることにしました。中国政府も国民緊急会議で、原発の計画中止を言いました。他の国もこれを見て、根本から国のエネルギー体制をあらためて考えなおすという意思表示がありました。いずれにしても、日本のエネルギー体制は、これをきっかけにして変わることになるでしょうか?

広瀬さん:私は、それは国民の問題だと思うんですよ。国民がこの危険性をどれだけ理解するかにかかっていると思っています。しかし悲しいかな、テレビをこの1週間見ていて、まともなことをしゃべる人が1人も出ていないのです。なぜかわからない。少なくとも15年前までならこんなことはなかった。私なんかでなくてもいいのです。京都大学の小林圭二さん、小出裕章さん、慶応大学の藤田祐幸さん、原子炉設計者の田中三彦さんなど、こういう方たちが出てしゃべってくれればいいのです。そうすれば国民はどんどん事実を分かっていくのです。一人も出ないじゃないですか!

葉さん:原発の設計者が反対する理由は? 考えが変わったんですか?

広瀬さん:田中さんは、元日立の、原子炉メーカーの設計主任だった方で、福島原発の敷地内にある1基を設計された方です。自分が会社にいたとき、原子炉の圧力容器を製造しているときに日立が不正をしたことを自分で見ているんですよ。それでたまらなくなってチェルノブイリの事故の後に内部告発をしてくださった。そして柏崎原発を全部止めたいと、身を粉にして走り回ってこられて、今回も柏崎から戻ってきたところでした。今回の話をしたら、「俺は柏崎から帰ってきたところなんだよ。全部吹き飛んだなあ」と言っていました。今そんな状況なんです。作った人が、早く止めてほしいと言っているんです。それは、日本中の54基の原発がそうなんです。今日は、ほんのちょっとしかお話していないのです。本当にもう1つ怖いことを言わせてもらうと、若狭湾には、もんじゅを含めて14基の原発がある。青森県六ケ所村には、日本中の死の灰を集めています。私は怖くてしょうがない。六ヶ所村が壊れたら、日本の終わりでは済まない。チェルノブイリの何百倍の話になるのです。

[目次へもどる]



17日に朝日ニュースターで放送された『ニュースの深層』にてノンフィクション作家の広瀬隆さんが発言された内容が話題となっていますが、今回はその発言について東北大学名誉教授の北村正晴さんからのコメントをいただきましたのでご紹介いたします。このコメントはもともとは明治大学准教授の藤本由香里さんからの質問に対する答えとして書かれたものです。北村さんは番組映像を観ておらず、藤本さんが要点を整理して質問し、北村さんがそれに答える、という形になっています。尚、北村さん側にはまだ番組を観る機会がなく、仙台にある東北大学での資料閲覧もできません(被災したため)。現在一日数度のメールのやりとりのみが可能な状態です。(編集:ガジェット通信 深水英一郎)

こちらの記事を読む前に、北村さんによる解説もご一読されることをおすすめします。
・「退避すべきかとどまるべきか」放射線被ばくを深く心配されている方々へ(2011年3月17日午後時点の情報を踏まえて) - ガジェット通信
・「最悪のシナリオ」という脅しに騙されないために - ガジェット通信

北村正晴 東北大学名誉教授 プロフィール
1942年生まれ。東北大学大学院工学研究科博士課程(原子核専攻)修了。工学博士(東北大学)。研究分野はリスク評価・管理学、大規模機械システムの安全学。

●番組情報 朝日ニュースター『ニュースの深層』
3/17(木)放送分:「福島原発事故 メディア報道のあり方」
ゲスト:広瀬隆(ノンフィクション作家)
司会:葉千栄(東海大学教授)

●広瀬隆さんの発言についてのいくつかの修正

広瀬隆さんの指摘は大きな恐怖感につながる内容なので、すぐに出来る説明だけを記します。
(なお以下の記述は、藤本さんのメールへのお返事として記しています。広瀬隆さんの放映画面を直接見たわけではないので、内容認識の違いがあるかも知れませんが、あくまで知人へのお返事という趣旨であることをご理解ください。)

さて広瀬隆さんの発言についてはいくつかの修正を。まず最も簡単なことから。

その1:
/東京電力は原子炉を使っているだけだし、
テレビで解説している学者も原子炉の構造は、わかっていない。
構造を知っているのは技術者だけ。/

これは話を単純化しすぎです。昔はともかく最近はメーカー出身の大学教授が何人もいます。TVで解説していた顔の中にもそのような経歴を持った教授を複数見かけています。電力会社の作業については、メーカーの技術者も当然バックアップしていると思います。また技術者以外の専門家がなにも的確な判断ができないというわけでもありません。過去の経験知で考えることができない今回の事態については原理原則に基づいてしっかり回答を見出せる英明さが必要です。だから今なされていることがベストの方策かどうかを明確に答えるのは難しいですが、かといって的外れだとは思いません。

その2:
/海水を入れて蒸発させるということは、原子炉の底の複雑な構造(写真を見せました)にびっしりと塩が付着するということ。
・この状態で電源を回復させても、すべての原子炉が回復することは、いいたくはないが望めないのではないか。/

『すべての原子炉が回復する……』が何を意味するのか分かりませんが、『塩がびっしり付着するから熱除去が進まず危険性が大きい』という意味ならば、違うと思います。
少なくとも海水注入がなされて燃料棒の大部分が海水に浸っていれば、その海水の塩分濃度は多少高くなるとしても『びっしりと塩が付着する』(この表現はとても恐ろしさを掻き立てますね)という姿にはならないと考えます。だから海水に浸ってさえいれば冷却はできることは間違いないと思います。なお、『すべての原子炉が回復する……』が『原子炉がまた実用に供されるようになる』という意味ではないですよね。小生も海水注入した段階でもはやその原子炉は再使用困難になると考えています。

その3:
/でないと、日本国中すべての食料と水が汚染されることになる。/

これも乱暴な言い方です。「汚染」が何を意味するのかこのままでは不明です。文脈からは「摂取したらなんらかの障害が起こるレベルの汚染」を指していると読めます。仮にごく弱い「汚染」が生じたとしても、自然放射線レベルからその一桁上程度までの「汚染」なら気にすることはないと思います。
関連して、「内部被ばく」が新たな懸念になっているようです。でも経口摂取した場合はその大部分は体外に排出されます。

私は事態を楽観はしていません。でも関東地区にいる子供や孫たちを今避難させようとも思っていません。前に記したように避難という判断を否定はしませんが。
高いはしご車からの高圧注水と、外部電源の供給とは、事態の改善に確実に役立つとは考えています。そして、チェルノブイリ級の大爆発が起こるシナリオはとても考えにくいと判断しています。


※ブログニュース記者・編集者のみなさんへ:震災記事に関して相互協力を提案します。
参加サイト:ユウノマニアックス, ギズモード・ジャパン, ライフハッカー, Kotaku JAPAN,J-CASTニュース,ガジェット通信
※ガジェット通信に掲載されている災害関連の情報は必要に応じて自由に転載していただいて構いません。ただし、最新情報を参照していただくため必ず元記事へのリンクをお願いします。また、最新の情報源がある場合は必ずそちらをご参照ください。
※ガジェット通信では今回の大型地震に関する情報・動画・写真などの提供をお待ちしております。



■関連記事
「退避すべきかとどまるべきか」放射線被ばくを深く心配されている方々へ(2011年3月17日午後時点の情報を踏まえて)
福島原発事故時系列まとめ
今何ミリシーベルト?「放射能」「放射線量」「放射性物質」都道府県別ガイガーカウンターの数値などを確認できるサイトまとめ
東北地方太平洋沖地震 世界各国のメディアもトップニュース扱い



先ほど、」熊本で地震がありました。!!!!!!!!






コメント

ご協力をお願いします

2011年03月13日 | Weblog
■お願い■

本日18時以降関東の電気の備蓄が底をつくらしく、中部電力や関西電力からも送電を行うらしいです。

一人が少しの節電をするだけで、関東の方の携帯が充電を出来て情報を得たり、病院にいる方が医療機器を使えるようになり救われます!

こんなことくらいしか関西に住む私たちには、祈る以外の行動として出来ないです!

このメールをできるだけ多くの方に転送をお願い致します!

**転送元のメール**
協力できる方がいらしたら、よろしくお願いしますm(__)m

転送していただけるだけでも助かります。


どうぞご協力をお願いいたします!!

自衛隊では支援物資を受け付けています。
各県の県庁が窓口です。

まだまだ不足しているそうです。
凍える寒さの中、空腹に耐えて救助を待っておられる方が沢山いらっしゃいます

状況は、ニュースよりもさらに哀しい状況とのこと…。
現地の方は希望を持って頑張っておられます。
どうかお時間のある方、宜しくお願い致します。

募集品目とご注意頂きたいこと

・衣料、食料、電池、日用品(石鹸やティッシュなど)、ベビー用品を募集しています。
・食料は腐らないもの(レトルト、インスタント食品、栄養補助食品)など。
・特に毛布やカイロなどの暖を取れるものが助かります。
・衣料の場合はサイズごとにおまとめ頂き、分かるように明記ください。
・なるべく1つの段ボールには一種類の商品⇒仕分けの手間が減ります。
・重くなり過ぎない様に。
・「地震支援物資在中」とお書き添え下さい。

送付先

●宮城県県庁 ← 仙台あてはこちらへ
〒980-8570
仙台市青葉区本町3-8-1
[TEL]022-211-2111

●岩手県県庁
〒020-8570
盛岡市内丸10-1
[TEL]019-651-3111

●青森県県庁
〒030-8570
青森市長島1-1-1
[TEL]017-722-1111

●福島県県庁
〒960-8670
福島市杉妻町2-16
[TEL]024-521-1111

【その他全体の取組について】

防衛省 (代表)
03-5366-3111

コメント (1)

「子どもにやさしい都市の実現にむけて」開催のご案内

2011年03月11日 | Weblog
日本建築学会
会員各位

3月29日、日本学術会議主催による公開講演会が開催されます。
子どもの成育環境に関する学際的な議論を行います。
子どもに関わる学術研究あるいは社会活動をされている方々の多く
のご参加をお待ちしております。

<開催概要>

日本学術会議主催公開講演会
「子どもにやさしい都市の実現にむけて」開催のご案内
■日時:平成23年3月29日(火)13時00分~17時00分
■会場:日本学術会議 講堂
■趣旨
日本の子どもの成育環境はきわめて厳しい状況にあります。子どもの身体能力

意欲の減退、孤独感・孤立感の増大等、心身の問題と成育環境との関係につい
て、日本学術会議は2006年に課題別委員会「子どもを元気にする環境づくり戦
 略・政策検討委員会」を設置し、2007年に対外報告を公表しました。

 そこでは、以下の4つを提言しています。
 1.子どもの成育環境を空間、方法、時間、コミュニティという4つの要素と
   その関係性によって捉え学際的にその改善について検討することの必要性
 2.政策立案についての統合的組織の必要性
 3.学術分野における統合的組織の必要性
 4.国民運動として子どもにやさしい国、子どもにやさしい都市づくりの推進

 これを受け、2007年には第一、二、三部にまたがる5つの分野別委員会の合同
分科会「子どもの成育環境分科会」を設置、2008年には子どもの成育空間の課
 題と提言を公表しました。
 2011年には成育方法、成育時間に関する課題と提言を公表する予定です。

 今回のシンポジウムでは、これらの提言や分科会での議論にもとづき、子ども
 の視点に立つ「子どもにやさしい国づくり、都市づくり」の重要性を広く国民
 に喚起することを目的として、講演会とシンポジウムを開催します。
 
■プログラム(予定)【敬称略】
開会挨拶・提言の視点:
五十嵐隆(東京大学教授、日本学術会議第二部会員)
第1部 講演会:子どもの成育環境の諸問題と展望
    「成育空間について」
      仙田満(放送大学教授、日本学術会議第三部会員)
    「成育方法について」
      内田伸子(お茶の水女子大学副学長、日本学術会議第一部会員)
    「成育時間について」
      佐々木宏子(鳴門教育大学名誉教授、日本学術会議連携会員)
第2部 シンポジウム:子どもにやさしい都市の実現にむけて
    司会
     木下勇(千葉大学大学院教授、日本学術会議連携会員)
    話題提供
     小澤紀美子(東海大学教授、日本学術会議連携会員)
     五十嵐隆 (東京大学教授、日本学術会議第二部会員)
     藤原朋子 (内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付参事官
     熊谷俊人 (千葉市長)
    討論・まとめ
    
■参加費:無料
■申込
 Web(申込フォーム)によりお申込み下さい。
 URL:https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0003.html

■申込、参加に関する問い合わせ先 
 日本学術会議事務局企画課公開講演会担当
    〒106-8555東京都港区六本木7-22-34
     TEL: 03-3403-6295/FAX: 03-3403-1260


                      日本建築学会 事務局

コメント

第25回 つくる会世話人会 記録

2011年03月10日 | Weblog
第25回 つくる会世話人会 記録


2011年2月17日(木)18時30分
出席:松永、宮本、長廣、市花、松川、きょうされん2名、田嵜、井上、友村、日
隈、吉田

1、県・議会の動きについて
○事業者・一般県民への説明及び意見聴取
松川  菊池に行った。参加者37名。関係者は5~6名くらいだった。菊池の地域
振興局も協力的ではなさそうだった。裏口が出入り口で、マイクもなかった。帳
面消しの印象。
市花  球磨郡にいった。60名ほど。施設関係、教員関係だった。菊池と同じよ
うな印象。30分で説明、30分質疑。予定では90分のはずだったが、60分で終わっ
た。
日隈  上益城にいった。20名ほど。ほとんど質問もなかった。県庁にも行った
。県庁は質問がたくさんでて、時間オーバーの状況だった。
井上  県庁に行った。車いすで座りにくい机の配置だった。点字や手話の配慮
もなかった。RKKのカメラがきていた。6月議会まで撮って、特集を組まれるそ
うである。
日隈  今の時期として、内容面への注文を今からつけすぎると、逆に議会の反
発を生む可能性がある。今の時期は、内容よりも通すことを考えたほうがいい。

○2月議会の予定
 質問で取り上げられるかはまだ分からない。
委員会の議題にはなっていないが、3月10日に話題に出る可能性はある。

 
2、知事との面会
 ・西岡副総室長に検討をお願いしている。
日隈  支援総室にお願いにいって検討をお願いしているが返事がない。催促を
したいと思うが、とても消極的な姿勢。
吉田  議長へのお願いだが、選挙後がいいのではと県からアドバイスをうけた

松永  議長には一度お願いに行っているので、お礼と引き継ぎのお願いに伺っ
た方がいい。
<賛成>

3、商工団体との意見交換
日隈  いきなり意見交換ではなくて、3月のフォーラムに来てもらえるようにお
願いをしてはどうだろうか。
井上  県の説明会に事業者の方々もきていたが意見はでてなかった。私たちの
フォーラムにもきてもらったほうが意見がでるのでは。
松川  6月に全国大会を行う。新町、古町の団体が障害者の団体との交流を持ち
たがっている。関係を持てば実現できるのでは。各自治体も新幹線開業にあわせ
て、人を呼び込むことに一生懸命になられている。大会は、6月3日にニュースカ
イホテルで。
松永  3月6日にビラまきをする。そのときに一緒にフォーラムのチラシも配れ
る2,000枚くらい。

4、県議会議員選挙立候補予定者まわり
 ・状況確認

5、玉名の勉強会
 2011年2月26日(土)九州看護福祉大学413教室 13時30分―15時30分
吉田  広報をお願いします。

6、啓発フォーラム
 ・広報の状況
 
日隈  商工関係には協力のお願いに行く。フィランソロピー協会、医師会、弁
護会などもどうだろうか。

・講師の中島さんには依頼済み。前泊で来られる見通し。
・内容について
 (1)開会あいさつ
障害者差別禁止条例をつくる会 代表 松永朗氏 
 (2)障害者差別禁止条例をつくる会活動報告
    つくる会事務局から。 ⇒日隈
 (3)条例素案の説明
    熊本県障がい者支援総室  ⇒依頼済み
 (4)寸劇「わかりやすい『条例のある県』」(30分)
 (5)講演「条例で輝く千葉の街~条例施行3年の実践~」(60分)
    講師:中島 展氏(千葉県健康福祉部障害福祉課 広域専門指導員)⇒
依頼済み
(6)意見交換(30分)
    応答者:中島氏、熊本県障がい者支援総室、つくる会
  ⇒つくる会からのの応答者はまた検討。田嵜さんが希望された。
(7)閉会あいさつ(5分)
    ⇒長廣さん

司会:木崎

会場係などどれくら出せるかはまたお知らせてもらいたい。

テキスト形式の添付ファイル [ スキャンして保存 ]

つくる会第26回世話人会 議題


2011年3月10日(木)18時30分

1、報告
 ○玉名勉強会報告・・・60名の参加者
 ○政党まわり・・・3月9日
 ○障害者基本法改正についての要望書・・・県選出国会議員に郵送した。
 ○2月議会では条例のことは取り上げられなかった。
 ○知事への面会は、再三要望しているが、調整中のまま。
 ○商工会、商工会議所にはフォーラム広報の協力にいった。


2、条例フォーラム
 ○講師について
・中島さんは11日の夜に来熊。11日リバーサイドホテル。12日東横イン水道町。
  ・12日夜に可能なメンバーで一緒に食事をとりたい。
 ○内容について
  ①つくる会活動報告(30分) ⇒日隈(報告部分)、野本(講義部分)
  ②県からの素案の説明(30分) ⇒本田主幹
  ③寸劇(30分) ⇒上野、松本、太田、中村、山下、吉田
     不動産、レストラン、受験での3つの事例
  ④講演(60分)
⑤意見交換(30分) ⇒県から応答者になることを断られた。つくる会からは田
嵜さん、野本。他には?
 ○参加状況について
  ・  名  他には?
 ○当日の流れについて
  ・12時集合。会場準備
⇒・椅子撤去・マイク準備・横幕貼り付け・受付準備・物販準備・駐車場看板準

⇒寸劇キャストはステージで場当たり。
  ・13時受付開始
  ・13時開会
  ・17時閉会。片付け
  ・18時解散
 ○当日スタッフについて
  ・会場10名程度(会場設営後は会場誘導係)・受付5名程度・物販2名程度
・駐車場2名程度


3、立候補者周り
  ・状況確認


4、障害者基本法改正について
  ・情報整理
  ・条例に影響が考えられる点。内容の後退が生じないためにどうするか。


5、その他




コメント

会員各位

2011年03月07日 | Weblog
各会員の皆様、春らしくなってきましたね。今日はいいお天気です。さて今日は映画のご案内です。ちょっとシリアスなテーマですが、旅行した気分になりそうな映像が見れそうです。お時間がある方はご家族でもご参加下さい。

その島は最初に沈むと言われている~ツバル、ベネチア、シシマレフ~切なく美しい3ッツの島を体感するドキュメンタリーです。チラシをPDFで添付しております。参加希望の方は直接申し込みください。尚、バリ研と仰ってください。早いもの勝ちのようですよ!


日時:平成二十三年3月27日(日)14時~17時/開場13時30分
会場:熊本市役所14回大ホール  
定員:200名(先着順)
お申込:エコパートナーくまもと事務局(市環境企画課)096-328-2427

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  前田優子  PRECE DECOR
コメント