バリアフリーデザイン研究会http://www.barrier-free.jp/の連絡版

バリアフリーデザイン研究会事務局 問合せ先 ファクシミリ:096-371-8119

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今月19日NHKクローズアップ現代でナルセペダルが放映

2010年10月07日 | Weblog
10月19日(火曜日)に変更しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 下記のボランチア募集がきて... | トップ | 10月23日(土)九州看護福祉... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
19日にNHKでワンペダルが放送(クローズアップ現代) (NHK)
2010-10-15 11:13:26
19日にNHKでワンペダルが放送(クローズアップ現代)


日記 / 2010年10月15日 11時05分07秒



各位
最近、ブレーキペダルを踏むつもりでアクセルペダルを踏み込むことによる暴走事故が増加しています。
高齢運転者がこれにより加害者になることも増加しています。
現在、このような暴走事故をなくすために、NPO法人でワンペダルの普及を進めています「ワンペダル(ナルセペダル)」に関する内容が、今月19日にNHKのクローズアップ現代で19:30から放送されます。
このペダルは、従来のアクセルとブレーキの2ペダルでなく、ワンペダル(ブレーキ)と足元のレバー(アクセル)の構造です。
すなわち、アクセルとブレーキのペダルを踏み間違うリスクをほぼ解消します。ワンペダルですので、アクセルからブレーキペダルへの移行時間をなくし、約0.5秒短縮できます。
これで、従来の2ペダルに比べ時速40キロで約5から6mほど手前で静止する可能性を持っています。
詳しくは、下記のアドレスにアクセス下さい。
加齢による身体機能低下や障害のある方の運転事故防止に貢献できる可能性があります。ご覧いただければ幸いです。
http://blog.goo.ne.jp/npoansinuntensienc
naruse pedal をGOOGLEで検索いただければ国外での反響もわかります。

ちなみに、私もワンペダルを愛用しています。
事故にならずに済んだこともあります。
最初は、マツダのMS8、次にトヨタのプリウスです。熊本を中心に150人くらいが付けています。
長い人は、20年ほどになります。 
実は、操作は簡単なんです!!!
見過ごされてきた踏み間違い事故(仮題) (見過ごされてきた踏み間違い事故(仮題))
2010-10-15 11:21:28
見過ごされてきた踏み間違い事故(仮題)

(NO.2951)


 
 8月、米運輸省は、トヨタ車の急加速問題について、多くが「ドライバーのペダルの踏み間違い」だったと示唆する中間報告を出した。アクセルとブレーキの踏み間違い事故は、日本でも年間およそ7000件、幅広い年齢層で起きている。交通心理学の研究者たちは、このところ、事故の原因を「車の構造」と「人間の心理」から検証、ペダルの配置が操作ミスを誘発しているとの報告を出している。AT車が普及した頃から事故は続いてきたものの、メーカーは車の構造に踏み込む対策をとれずにいた。こうした中、地方の自動車整備工場などで、事故を防ぐための独自の装置の開発が始まっている。番組では「単なるミス」と放置されてきた事故が、実は、人の心理に深く関わっていることを明らかにするとともに、問題解決への課題を探る。


畑村 洋太郎さん(工学院大学教授) 畑村創造工学研究所 NHKサイトを離れます
県立劇場となりのケーキ屋で (丸山 力)
2010-11-09 02:24:21
番組をみることができませんでしたが
以前にかいたもので失礼します

よく熊本県立劇場となりのケーキ屋のテラスにいると
後ろ向きで駐車しようとするクルマにびっくりさせられます
それもドライバーの顔が見えなくて不安です
排ガスもかけられます

どうして自動車だけがあいも変わらず2つのペダルを
踏み分けるしかないのでしょうか

自動車以外の加速/減速はどうでしょう  
  車いすはひとつのレバーを引く/戻す
  自転車はペダルを踏む/レバーを引く
  バイクはグリップを回す/レバーを引く・ペダルを踏む
  鉄道はひとつのレバーを引く/押す
  船もひとつのレバーを前進/逆転(ブレーキではない)
    飛行機はブレーキをかけると落ちます

つまり加速/減速は相反するモードか
関連しないモードを使って操作し間違えないように
しています

いつまで自動車は2つのペダルにこだわるのでしょうね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事