バンザイの社長のブログ

海外ボランティアやワーホリ、留学に関する最新情報&バンザイ・インターナショナルのカウンセラー(社長)の日記。

カナダのNGOインターンシップに参加した20才の女子大生の体験談

2013年11月12日 11時54分02秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
カナダでNGO(赤十字)のインターンシップに参加した20才の女子大生から体験談が届きました。

NGOでインターンシップ4週間+午後:語学学校で英会話の勉強

★体験談
========================
毎日が新しい発見と成長を感じる日々でした

私は4週間、バンクーバーのオフィスでインターンシップ、語学学校でSPEAKINGのクラスを受けていました。

本当に毎日が充実していて時間があっという間に過ぎてしまいました。毎日が新しい発見と成長を感じる日々で皆さんに1日1日全て話したいくらいです。(笑)
インターンシップ先にはすでに現地のボランティアの方々がいて、自分から積極的に動いていかないとやれることはありませんでした。現地の人には私が日本から来た学生とは知らないので、容赦ない速さで話す英語に最初は圧倒されました。

最後には電話対応もうまくできるようになった
1番難しかったのは電話対応でした。しかし、日に日に仕事ができるようになっていくのを感じ、最後には電話対応もうまくできるようになりました。対応した現地の人に感謝されるたびに幸せな気持ちになれました。またインターン先の方々が優しく、サポートしてくれたお陰で貴重な体験をさせていただくことができました。

午後は、語学学校で1クラス・90分の授業を受ける
午後からの学校は1クラスだけの受講でしたが、幸いにも日本人があまりいないクラスに配属されたくさんの国籍の方々と一緒に英語を勉強しました。ここでも、積極的に話していかないとまわりにかき消されるくらい活発的なクラスだったのでたくさん話をして違う文化を学ぶ事が出来て面白かったです。

そして何より、バンクーバーで出会った人達がみんな優しい人達で、ここで得た出会いは私の宝物です。よくクラスメイトやルームメイトがいろいろなイベントに誘ってくれて、そこでさらに交流の輪が広がり、毎日が新しい出会いの連発でした。そんな仲良くなった彼らとお別れをするのが本当に辛いです。短い期間でも、「また絶対会おう!」とか「帰らないで!」と言われた時は嬉しかったです。

1番感じた事は何事も積極的に動かなければ何も得られないということです
たくさんの素晴らしい経験を出会いを与えてくれたバンクーバーでの4週間でしたが、1番感じた事は何事も積極的に動かなければ何も得られないということです。インターンや学校でも、自分が日本人だからと周りに甘えていても何も始まらないし、無駄に時間だけが流れてしまいます。

私は4週間という短い時間だったので後悔しないためにやれることは全部する!と思い毎日積極的に色々なことに参加し、様々な人と交流しました。おかげで、water fight、ゾンビパレード、conversation party、selena gomezのコンサート、ロッキーマウンテンツアーなど日本では体験する事ができないことがたくさんできました。

この4週間を経て、英語や内面的に成長を感じ、カナダのことが大好きになりました!この素晴らしい経験を与えてくれた親や現地サポートスタッフの皆さん、お世話になったホストファミリー、学校の方々、カナダでであった全ての人に感謝したいです。
みなさんもぜひ、バンクーバーで素敵な日々を過ごしてみてください!
========================

「行って良かった」というメールをいただくのが、この仕事をしていて一番嬉しいことです。体験談を書いていただきまして、ありがとうございました。

「1番感じた事は何事も積極的に動かなければ何も得られないということです」・・・その通りです。自分で体験して分かったことは、今後の人生で必ず生きてきます。素晴らしい!!

カナダでの体験を活かして、日本でも大学の勉強や就活頑張ってください!!


詳しくは、カナダのNGO(赤十字)インターンシップをご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気順位/海外ボランティア》
1.アメリカ:赤十字でオフィスワーク(NGOで活動)
2.アメリカ:難民支援団体で子供たちの遊び相手・交流(NGOで活動)
3.カナダ:赤十字でオフィスワーク(NGOで活動) 
4.タイ:山岳民族支援ボランティア(NGOで活動)
5.カナダ:幼稚園・保育園ボランティア 
コメント