バンザイの社長のブログ

海外ボランティアやワーホリ、留学に関する最新情報&バンザイ・インターナショナルのカウンセラー(社長)の日記。

週末、仲間たちと田んぼで苗代への種を蒔き

2013年04月27日 19時20分04秒 | 週末農業
週末、仲間たちと一緒に千葉県の田んぼへ行って、苗代への種を蒔きました。


仲間は、IT企業やTV関係の人たちが多いので、皆さん、農業が好きみたいですが、仕事のストレス発散も兼ねてお米作りをしてるみたいです。

自分の田んぼを持っている“田んぼガール”も一人います。この田んぼで、お米の作り方を学びながら自分の田んぼでも農作業をしてるそうです。


昼飯の後、田んぼで昼寝をしました。
春の優しい日差しの中、ヒバリの鳴き声を聞きながらの昼寝は気持ち良かったです!

PS.
先日、娘が通っている小学校へ行って、校長先生や副校長先生と「田植え」についてお話をしてきました。
子供たち約30人を招待して、千葉の田んぼで田植えをすることになりました。田んぼの仲間たちも子供たちが田植えに参加してくれることを喜んでいます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


海外ボランティア・プログラム

《夏休みの人気順位》
1.アメリカ:赤十字インターンシップ
2.カナダ:赤十字インターンシップ
3.アメリカ:難民支援団体で子供たちの遊び相手・交流
4.タイ:山岳民族支援ボランティア
5.カナダ:幼稚園・保育園ボランティア
コメント

オーストラリアの国際交流が切っ掛けで、突然、息子が勉強するようになった

2013年04月26日 16時56分23秒 | 留学/学校
春休みを利用して、高校生の息子が友人が主催するオーストラリアの柔道交流に参加しました。

大学生を含む男女8名で、オーストラリアのシドニーとキャンベラに滞在して、ホームステイしながらオーストラリア人と柔道を通じた国際交流をしてきました。

息子は、何度か海外へ行ってことはあるのですが、今までは親と一緒でしたので、今回初めて、一人で海外へ行ってオーストラリアの人たちと交流をしてきました。

帰国後、突然、勉強をするようになりました。
高校3年生なので、勉強する当たり前なのですが、中学生時代は勉強をせずに友達とバンドを結成して、バンド活動に熱中していて勉強はほとんどしてませんでした。

男の子だから、必要に迫られれば勉強をするだろうと思っていたので、勉強しろとは言いませんでしたので、そのまま高校2年生の春休みまで来てしまいました。そんな息子がオーストラリアの柔道交流が切っ掛けになり、猛勉強するようになりました。オーストラリアの体験はとても楽しかったみたいです。

今まで、仕事でたくさんの若い人たちを海外へ送りだしてきました。
短期間でも海外体験が切っ掛けになったり(新しい気付きがあり)、帰国後、海外留学に挑戦したり、積極的に就活をしたり、生き方が前向きになったり、日本を外から見ることで今まで気づかなかった日本の良さを発見したりと、色々と変化が出る様子を見てきました。

以前、海外インターンシップ・プログラムに参加した大学院生は、社会に出るのが不安で大学院へ進学したのですが、海外でボランティア活動をしたことで、早く社会に出たいという気持ちになり、帰国後の就活がとても旨くいきましたと言ってました。この方のように海外体験が1つの切っ掛けになり、プラス思考に変わる人も多いです。

その人によって、時期や期間は異なるのですいが、良いタイミングで一人で海外へ行くと、プラスの変化が現れることが多いです。

息子の場合は、高校2年生の春休みがちょうど良いタイミングだったと思います。

将来へ繋がるイメージが出来ると、やる気も出るようになります。
息子は、シドニーではNSW州立大学の道場で柔道をしてきました。私と一緒に柔道をしたオーストラリア人の柔道仲間が現在NSW州立大学の監督をしています。
息子の場合は、日本の大学へ進学してからオーストラリアの大学へ留学。オーストラリアで仲間と柔道をするという流れがイメージできたのだと思います。

私の時代は、自分と向き合って、失敗を重ねながら自分のイメージを現実のものにしてきましたが、息子たちの時代は、学校でも家庭でも至れり尽くせりの環境で育ってきているので、周りの大人がある程度、将来へ繋がるイメージ作りに協力しなければ、自立することが難しいのかもしれませんね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

海外で大学教授をしている友人と飲みました

2013年04月16日 17時03分57秒 | 子育て・家族・環境
カナダのブリティシュ・コロンビア大学や香港大学で経済学などを教えている大学教授の友人と彼が相談役をしている企業のラウンジで飲みました。カナダの現地スタッフと大学生も一緒に4人で東京の夜景を眺めながら飲みながら話をしてました。


海外の大学の授業は、席は前から埋まるし、質問も多い。質問するために何時間でも並んで待っていると言ってました。2年前、カナダで会った時も図書館へ行くと午後10時、11時頃でも学生が勉強していて空席がないことが良くあると言ってました。

現在は、世界的な経済学者になっているみたいで、カナダを拠点にして世界各国で忙しく仕事をしています。

カナダへ行く時はお子さんの小学校の手配などをサポートさせてもらいました。彼とは、子供の保育園時代に育児をお互いに協力しながら乗り越えてきたイクメン仲間です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


海外ボランティア・プログラム
コメント

エコアップ探検隊・春編「多摩川を春探しのビンゴゲームや野草の観察をしながら探検」参加者募集

2013年04月15日 17時13分05秒 | 子育て・家族・環境
小中学生とその保護者を対象にした環境教育のボランティア活動(エコアップ探検隊)を行ってます。

エコアップ探検隊・春編の参加者を募集しています。

春の暖かい日差しを浴びながら、二子玉川から宇奈根公園周辺まで多摩川を探検します。
二子玉川は再開発されて、モダンな街になってますが、駅から数分のところには多摩川が流れていて、魚や野鳥がたくさんいます。
身近な自然を観察をしながら、多摩川の春を五感で味わい親子で探検します。





私もボランティア・スタッフとして参加します。
10種類くらいの野鳥や植物を知っているだけでも、親子で公園や河川敷など散歩することが楽しくなりますので、ぜひ、親子でご参加ください。

エコアップ探検隊について
エコアップ探検隊とは、世田谷在住の東京都環境学習リーダーや世田谷環境学習会が主体となって、実施している環境学習事業です。対象は小中学生とその保護者で、体験型プログラムをとおして身近な環境を知り、私たちが今何をすべきかを考えることを目的として、平成10年度から季節ごとに、年4回開催しています。

========================
「エコアップ探検隊春編 多摩川の春を食べよう!」

春の暖かい日差しを浴びながら、二子玉川・兵庫島周辺の多摩川を春探しのビンゴゲームや野草の観察をしながら探検! ヨモギ団子もあるよ!

★エコアップ探検隊・春編(4月28日・日曜日)

日にち 平成25年4月28日(日) 雨天中止
   (多摩川の春探しビンゴゲーム・野草の観察・自然のかくれんぼゲーム・ヨモギ団子など予定)
時 間 10時~12時30分(雨天中止)
場 所 兵庫島・兵庫橋(田園都市線二子玉川駅徒歩3分)
対 象 中学生以下(小学4年生以下は保護者同伴で)
     (東京以外にお住まいの方も参加可能です)

参加費 1人300円(保険料等)
先着40人程度

主催:世田谷環境学習会
後援:世田谷区

申込方法:
ホームページからお申込ください。

========================

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


海外ボランティア・プログラム
コメント

カナダで幼稚園ボランティアに参加した人から届いた体験談

2013年04月08日 11時31分29秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
カナダで幼稚園ボランティアに参加した人(幼稚園の先生)から体験談が届きました。


▲ホームステイの家族と一緒に週末スキーへ行ったときの写真

★カナダで幼稚園ボランティア(体験談)
========================
■日本とは違うカナダの良さを感じたと同時に日本の良い点も感じることが出来た
「私は2週間の幼稚園ボランティアとホームステイを体験しました。
幼稚園のお休みの都合、ボランティアは到着の3日目からのスタートでゆっくりのスタートだったのでバンクーバーの生活に少し慣れてからのスタートでした。

私のお世話になった幼稚園は日本とも教育方針も異なり少し戸惑うことも多くありましたが先生方も優しく、楽しい2週間を過ごすことが出来ました。幼稚園では計算や世界地図を使うなど日本では小学校からは始まる教育が幼稚園で行われていたのが一番驚きました。

そして、私は基本的には見守ることが多くありましたがその分見て学ぶ時間ができ、日本とは違うカナダの良さを感じたと同時に日本の良い点も感じることが出来とても充実した時間を過ごすことが出来ました。

また、英語が話すことの出来ない私でも製作の時間など私でも出来る仕事を少しずつさせて頂き、子どもたちと直接関わる時間もありました。そして日本からおみやげを持ってきた道具を自分で紹介したり、子ども達におりがみを教える時間も頂き色々と体験させて頂くことが出来ました。

■この体験を通して学んだことを今後の保育の勉強にも活かしていきたい
英語がもっと話せたらより理解出来たのになと思うこともありますが、2週間のこの体験を通して学んだことを今後の保育の勉強にも活かしていきたいと思います。

ホームステイでは今回イースターの祝日が重なり4連休があったので普段の会話からスキーの話になりそのお休みの日に連れて行ってくれることになるほどフレンドリーなホストファミリーの方でした。

祝日に重なったことでカナダの文化にも触れる事ができ、貴重な体験をすることが出来ました。ホームステイ先でも英語が話せないため会話が辞書頼みになり戸惑うことも多くありましたが、相手の家族の方も優しく受け入れてくださり色々な場所に連れて行ってくださりとても楽しい2週間を過ごすことが出来ました。

自分ひとりであったら行くことの出来なかった場所でもホームステイをしていたからこそ過ごせた日々であったと思います。ホストマザーの方も毎日お昼にランチを作ってくださったり色々と気遣ってくださったおかげで日々の生活も案心して過ごすことが出来ました。

出発する前は不安が多くあったホームスティも、終わりを迎えてとても楽しい日々を過ごすことができ支えてくだっさたホストファミリーの方々に感謝しています。」

========================

「行って良かった」というメールをいただくのが、この仕事をしていて一番嬉しいことです。ご連絡、ありがとうございます。

現在、日本の幼稚園で働き、夜は専門学校で保育士の勉強をしている方です。出発前に私がボランティア活動をしている「親子を対象とした環境教育」にも勉強のためにボランティアで参加されました。若い人がボランティアの経験を切っ掛けに伸びていく様子を見るのが本当に嬉しいです。

皆の兄貴(先輩)のつもりで仕事をしてきましたが、いつの間にか皆さんのご両親の年代になってしまいました。大きな会社に所属していたときと違って、お客さん一人ひとりと接することができるので、若い人たちが海外での体験を活かして次のステップに上がっていく姿を見ることができて、本当に嬉しいです。

カナダでの体験を活かして、日本の幼児教育の現場でも頑張ってください!!

詳しくは、カナダの幼稚園ボランティアをご覧ください。


▲ホームステイの家族と一緒に週末スキーへ行ったときの写真


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気順位》
1.アメリカ:赤十字インターンシップ
2.カナダ:赤十字インターンシップ
3.アメリカ:難民支援団体で子供たちの遊び相手・交流
4.タイ:山岳民族支援ボランティア
5.カナダ:幼稚園・保育園ボランティア
6.オーストラリア:幼稚園・保育園ボランティア


コメント

週末、畑でBBQ & 田んぼで米作り

2013年04月07日 12時18分09秒 | 週末農業
誕生日の日、朝から仲間たちと一緒に千葉県の田んぼで農作業をしてました。



田んぼでヒバリのさえずりを聞きながら、竹の子をおかずにおにぎりを食べてました。雨が降ってきたので、お昼過ぎに作業を切り上げて、野菜を買って帰宅しました。

家に帰ると、娘が誕生日のケーキとカードを用意して待ってました。
カードには、
「いつも笑ってくれて、ありがとう。
いつも話してくれて、ありがとう。
いつも遊んでくれて、ありがとう。

・・を愛してくれて、ありがとう。
パパは・・の自慢のパパです。・・・」と書いてありました。

0才から保育ママさんや保育園へ送り迎えなど育児は大変だったけど、娘からのメッセージでその苦労も吹っ飛びますね。
現在、イクメンをしている皆さんも仕事と育児の両立で寝る時間もなく大変だと思いますが、頑張ってください!苦労が報われる日が来ますよ。


日曜日は、仲間たちと世田谷の畑でBBQをしました。昼真から飲みすぎて、帰るのが大変でした。
酒を飲みながら話してみると、私と同じワーキングホリデーでオーストラリアに住んでいた人やヨーロッパ、アジアなど、多くの人たちが海外生活の体験者でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


海外ボランティア・プログラム
コメント

オーストラリアで幼稚園ボランティアに参加した人から届いた体験談

2013年04月04日 15時55分58秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
春休みを利用して、オーストラリアで幼稚園ボランティアに参加した人から体験談が届きました。

★オーストラリアで幼稚園ボランティア(体験談)
◎子供たちと仲良くなれた
「初めての海外で、一人で行くので不安があったけど、途中で一緒になった2人の方がすごくいいんで、一緒に行動できたことが良かった。
また、スタッフの方も皆さん気さくでかわいくて、色々と話しかけてくれたり、シドニーについて教えてくださってとても心強かった。本当に感謝という感じです。

幼稚園でもたった2週間というのが残念でならない。子供たちと仲良くなれたと思う。一度、私がランチでベジタリアンの子の食事を間違えて配ってしまったことがあって(大丈夫だったけど)、申し訳なかったなと思った。文化の違いをそこで感じた。
今回のプログラムは、本当に素晴らしい人たちとの出会いがあったと思います。」


オーストラリアの幼稚園ボランティアの体験を活かして、日本でも頑張ってください!

詳しくは、オーストラリアの幼稚園ボランティアをご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気順位》
1.アメリカ:赤十字インターンシップ
2.カナダ:赤十字インターンシップ
3.アメリカ:難民支援団体で子供たちの遊び相手・交流
4.タイ:山岳民族支援ボランティア
5.カナダ:幼稚園・保育園ボランティア
6.オーストラリア:幼稚園・保育園ボランティア
コメント