バンザイの社長のブログ

海外ボランティアやワーホリ、留学に関する最新情報&バンザイ・インターナショナルのカウンセラー(社長)の日記。

環境教育のボランティア活動に参加(エコアップ探検隊)

2011年10月30日 18時17分03秒 | 子育て・家族・環境
年に4回(春夏秋冬)、身近な自然を利用した環境教育(エコアップ探検隊)を小中学生とその保護者の方々を対象に東京都環境学習リーダーと世田谷環境学習会の仲間たちと行っています。

今回は、秋編なので木の実(どんぐりやムクロジ、カエデの種など)を観察したり、木の実を使っての工作をしたりしました。



まずは、カエデの種を観察します。その種の形や飛び方などを観察。

歩きながら、何故、冬になると松の木にワラの腹巻き(こも巻き)をするのか?など、身近にあるものを観察・説明します。

歩きながら取ったカエデの種などの種を公園にあるやぐらの受けから飛ばします。



そして、ムクロジの木を観察して、ムクロジの実を水が半分入ったペットボトルの中に入れて振ります。そうすると、泡立ってきます。


ムクロジは、昔は石鹸とっして使用されていました。種は、お正月の羽根付きの羽根の玉や数珠として使われてます。
現在でもエコ石鹸として販売している会社もあります。

部屋に戻って、拾ったドングリを利用して、どんぐり笛やドングリ人形、どんぐりコマなどの工作をしました。





身近な自然で親子で十分楽しむことができます。

エコアップ探検隊は、世田谷環境学習会や東京環境学習リーダーが運営・企画しています。

次回のエコアップ探検隊冬編は、1/29(日)を予定しています。
世田谷区の区報に掲載されます。

毎回、小学生の娘と一緒に参加していますが、今回は、友達との約束を優先されてしまいました。
親の手から離れていくのは、寂しいですが、それだけ成長したのでしょう!?

仕事の合間を縫って、無理せずにボランティア活動をしたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気順位》
1.アメリカ:赤十字インターンシップ
2.アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3.タイ:山岳民族支援ボランティア
4.アメリカ:障害者施設でボランティア
5.カナダ:赤十字インターンシップ
6.オーストラリア:環境保全ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

児童館のイベントにフランクフルト屋を出店

2011年10月29日 17時21分39秒 | 子育て・家族・環境
今週も先週に続いて、別の地域の児童館のイベントに小学校のお父さんたちでフランクフルト屋を出店しました。



10月は小学校や児童館のイベントが多くて、毎週、子供たちのために小学校のお父さんたちと一緒にボランティア活動を頑張っています。

今月は手打ちうどんやたこ焼き屋、フランクフルト屋さんなど、毎週、小学校や児童館で屋台を出してました。

10月は、仕事よりもイベントの方が忙しいです。
少し疲れもありますが、子供たちの笑顔を見ていると、本当にそれだけで、幸せになります。

明日は、エコアップ探検隊(環境教育)で親子を対象にした秋の自然観察会を予定しています。

10月は、決算月でもあるので、経理(数字)処理の面では忙しいのですが、ボランティア活動は自分にとって、人生のビタミン剤のようなものなので、できる範囲内でボランティア活動を続けていきたいと思います。

お陰さまで、会社は黒字になりそうです。
消費することも社会貢献になるので、新しいくパソコンやi-Phone(仕事用)などを購入させていただきました。
感謝です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気順位》
1.アメリカ:赤十字インターンシップ
2.アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3.タイ:山岳民族支援ボランティア
4.アメリカ:障害者施設でボランティア
5.カナダ:赤十字インターンシップ
6.オーストラリア:環境保全ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

児童館のイベントにたこ焼き屋を出店

2011年10月23日 21時11分16秒 | 子育て・家族・環境
地域の児童館のイベントに小学校のお父さんたちでたこ焼き屋を出店しました。



海外出張の前にインターネットで注文しておいたたこ焼き1,000個のセットを持参して、児童館へ行きました。

お父さんたちと一緒にひたすらたこ焼きを焼きました。

現役のお父さんたちでは人手が足りないので、校長先生や副校長先生、OBにもお手伝いしていただきながらたこ焼きを焼きました。

たこ焼きしか見てないので、イベントのことは分かりません。

海外出張の前日は、小学校のイベントで校長先生と一緒に手打ちうどんを作り、帰国後に児童館でたこ焼き屋、来週も別の児童館でフランクフルトの模擬店を出店します。

日曜日は、エコアップ探検隊(環境教育)で親子を対象にした秋の自然観察会を予定しています。

地域社会に貢献をしたいと思っているので、ボランティア活動はしたいのですが、ちょっとやり過ぎかなと感じています。

小学校のおやじの会の代表をしているので、毎週のようにイベントがありますが、お父さんたちが集まらずに大変です。

何で、日本のお父さんたちは、学校や地域に貢献をしようとしないのかな!?と思うのですが、仕事が忙しくて余裕がないのかな!?

ワーキングホリデーで海外で住んでいた時、“仕事をして、家族との時間を大切に、社会貢献をする”というのがその国の大人の男(社会人)のイメージでした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気順位》
1.アメリカ:赤十字インターンシップ
2.アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3.タイ:山岳民族支援ボランティア
4.アメリカ:障害者施設でボランティア
5.カナダ:赤十字インターンシップ
6.オーストラリア:環境保全ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カナダ出張3日目(赤十字・幼稚園・老人ホームを訪問)

2011年10月19日 15時19分38秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
海外ボランティアをするNGOや施設(赤十字・幼稚園・老人ホーム)を訪問・視察しました。



インターンシップ先で一番人気がある赤十字のオフィスを訪問しました。
カナダ人のスタッフとボランティアの方が3名いました。
2人は、韓国からきている留学生でした。



▲カウンターで接客


▲データー入力作業


▲電話の応対

日本人のボランティアの評判は、どこの施設でもとても良かったです。

時間を守るのこるや仕事が丁寧で細かいところまで気がつく、責任感があるというとモンテソーリ幼稚園の園長先生や老人ホームのスタッフが言ってました。

赤十字でも日本人の働きぶりは、認められていました。

あまり褒めるので、何か要望はありませんかと聞いてみましたが、特にないとのことでした。


個人的な意見ですが、日本人の場合は、もっと自分に自信を持った方がいいと思います。自信を持ってボランティアをすれば、世界中どこへ行っても歓迎されると思います。


話を聞いていて、1つ気になったのは、日本人の場合は、電話に出た時に“英語のできる人に代わって”と言われると、落ち込んでしまい、電話に出ることをためらってしまうそうです。

ちなみに、他の国のボランティアは電話に出たとき、電話の相手から“英語のできる人に代わって”と言われても、あまり気にしないでまた電話に出るそうです。

国民性もあると思いますが、1度や2度の失敗なんか気にする必要はないので、スタッフから電話に出るなと言われるまでは挑戦したら良いと思います。



▲現地スタッフと一緒に飲茶のランチ


▲夕方、現地スタッフと一緒にバーで地ビールの飲み比べ

東京にいる時よりも、海外に出たときの方が生き生きしているのが自分でも良く分かります。
何とか海外に仕事を作って、海外にいる時間を増やしていきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気順位》
1.アメリカ:赤十字インターンシップ
2.アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3.タイ:山岳民族支援ボランティア
4.アメリカ:障害者施設でボランティア
5.カナダ:赤十字インターンシップ
6.オーストラリア:環境保全ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カナダ出張2日目(大学を訪問・視察)

2011年10月18日 14時46分35秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
ブリティッシュコロンビア大学とランガラ・カレッジを訪問・視察しました。



友人がブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)の客員教授なったので、大学の様子やバンクーバーでの生活について聞きたくて、訪問しました。

ブリティッシュ・コロンビア大学は、1908年に設立され、学部生約4万人、大学院生約1万人が学ぶ西部 カナダ最大の名門大学というだけあって、キャンパスが広いです。町のようです。
構内に日本庭園や植物園などもありました。

2時間くらい構内を案内してくれたのですが、1/4しか見ることができませんでした。

彼が「日本の大学生とは、勉強する時間(量)が違う。夜中の12時に図書館へ行ったら、学生がたくさん勉強していて、空いている席を探すのが大変だった。大学の勉強以外に1日6時間以上は勉強している。講義室も前から席が埋まっていくし、質問が多い。教える側も大変だけど緊張感があっていい。・・・」と言ってました。

日本の大学でも教授をしていたので、日本との違いを感じると言ってました。

夜、バンクーバーの居酒屋で飲みながら、色々な話をしました。
国際通貨基金(IMF)の仕事をしたり、日本の大手企業の顧問も数社しているそうで、いろいろと興味深い話を聞くことができました。

「彼が顧問をしている会社でも海外の大学に留学している学生を積極的に採用しているそうで、海外の大学の大学院に留学する前に2年後の入社内定を大手企業からもらっている教え子もいる」と言ってました。




午後、ランガラ・カレッジを訪問を訪問して、日本人の学校スタッフとお話をした後、構内を案内をしていただきました。

ランガラ・カレッジは、語学コースを持っていて、大学進学を目指す人たちが学んでいました。

カナダの大学と日本の大学では授講の仕方が違うので、カナダの大学の授業について行けるようにエッセイの書き方やディスカッションの仕方、プレゼンテーション、ノートの取り方などを学ぶコース(step1~8)があります。

3年時からブリティッシュ・コロンビア大学などの有名大学に編入して学士号を取得する学生が多いそうです。
ブリティッシュ・コロンビア大学にも毎年、3,500人くらいが編入しているそうです。

ホームステイ代も入れて年間230万円くらいなので、仕送りをして日本の大学に通っているの学生と同じくいだと思います。

息子や娘には海外の大学に進学してくれないかと考えているので、治安が良いカナダの大学はとても好印象でした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気順位》
1.アメリカ:赤十字インターンシップ
2.アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3.タイ:山岳民族支援ボランティア
4.アメリカ:障害者施設でボランティア
5.カナダ:赤十字インターンシップ
6.オーストラリア:環境保全ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カナダ出張初日(海で泳いでいる人がいた)

2011年10月17日 14時41分59秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
バンクーバーに到着しました。



同じ飛行機に修学旅行でカナダへ行く高校生たちがたくさん登場してました。

入国検査を受けるとき隣に先生がいたので話を聞きました。
東京の私立高校だそうです。

先生が「今は、海外の修学旅行でないと希望者が集まらないです。バンクーバーからカナディアンロッキーのバンフへ行く。この贅沢さが生徒たちには分かってないんですよね。・・・」
自分の修学旅行は京都でした。羨ましいです。


私の前に並んでいた人は、ワーキングホリデーへカナダに入国する方でした。



空港にバンクーバーのスタッフが車で迎えに来てくれてました。
彼の車でダウンタウンへ行き海が見えるレストランで食事をした後、山と海を眺めながらビーチを歩いて昼寝をしながらホテルへ戻りました。
空気が爽やかで気持ちが良かったです。

途中、海で泳いでいる若者というよりも中年の男性3人に会いました。
東京の冬のような気候で海水浴をする人がいるのもカナダに来たのかな!?と感じました。

予想最高気温は、気温13℃でした。




明日は、カナダの大学で教授をしている友人のところに訪問して、夜は一杯やる予定です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気順位》
1.アメリカ:赤十字インターンシップ
2.アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3.タイ:山岳民族支援ボランティア
4.アメリカ:障害者施設でボランティア
5.カナダ:赤十字インターンシップ
6.オーストラリア:環境保全ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これからカナダへ出張します

2011年10月16日 10時40分07秒 | 子育て・家族・環境
昨日、小学校のイベントで、先生たちと一緒にうどん作りをしました。

出来上がったうどんを試食しました。

うどんに腰があって、美味しかったです。
やっぱり手作りは違いますね。
先生とお父さんたちの気持ちが入ってました。


妻がiPhone 4Sを買うのに付き合って、家電屋さんの携帯ショップへ行きました。
すごい人気ですね。

私は、AUの03を使っているのですが、今日から出張するカナダでは使用できないので成田空港で別の携帯を借りすのですが、iPhoneは海外でも使用できるので羨ましいです。

そんな訳で、今から成田へ行き、バンクバーへ向かいます。

海外ボランティアの受入をしていただいている赤十字や幼稚園・保育園(モンテソーリなど)、老人ホーム、語学学校などを訪問、そして、カナダ・デスクのスタッフと打合を予定です。

また、友人がカナダのUBCという大学で教授をしているので、最初に大学を訪問して、夜は一杯やる予定です。
カナダの大学の様子や息子さんの学校の様子、カナダの生活などについて飲みながら聞こうと思っています。

高校生の息子にも海外の大学へ進学して欲しいと思っているのですが、UBCはカナダ人でも入学するのが難しい名門の大学なので、UBCは難しいでしょうね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気順位》
1.アメリカ:赤十字インターンシップ
2.アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3.タイ:山岳民族支援ボランティア
4.アメリカ:障害者施設でボランティア
5.カナダ:赤十字インターンシップ
6.オーストラリア:環境保全ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海外ボランティア体験談(アメリカの赤十字インターンシップ)

2011年10月11日 17時23分24秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
夏休みを利用して、アメリカの赤十字でボランティア活動をしていた学生さんの体験談を現地スタッフが送ってくれました。

赤十字インターンシップの体験談
日本とアメリカのNGOの違いを知ることと海外にも地震対策を広めたいというのが参加理由です

 「 今回応募させていただいたのは日本とアメリカのNGOの違いを知ること、そして私の被災地でのボランティアの経験から、海外にも地震対策を広めたいという思いがあり、参加しました。

日本のNGOはアメリカに比べ小さく、ここまで自立するのが難しい状況にある、それが初めに感じた事でした。

実習先である赤十字社は、活動参加者の95%がボランティアとして参加し、非政府組織として多くの寄付金や、募金などによって支えられている…それも寄付金は1千万円を渡す方もいると聞き驚きを隠せませんでした。

今回の東日本大震災により“ボランティア”という言葉が広まったのは確かだと思いますが、地震の記憶が薄れると同時に、その言葉も消えていってしまうような思いもあり、アメリカのように当たり前の世の中になるのにはまだ時間がかかると感じました。

また、アメリカはボランティアは広まっているものの、地震に対する知識が浅いということで、私たちが行った活動によって多くの方が地震について知り、対策して下さることを願っています。

そしてプログラムに関しては、1つの事を仲間と協力して進めていくのも楽しく、さらに時間にゆとりがあったので、観光も楽しむ事ができ、充実した2週間を送る事が出来ました。

最後に、素敵な仲間に出会えたこと、現地のサポーターである美月さんに出会えたこと、心から感謝します。
ありがとうございました。」


このインターンシップの経験がこの先の人生に役立つことを祈っています。
グローバルな時代なので必ず何かの役に立つと思います!


詳しくは、アメリカの赤十字のインターンシップ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気順位》
1.アメリカ:赤十字インターンシップ
2.アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3.タイ:山岳民族支援ボランティア
4.アメリカ:障害者施設でボランティア
5.カナダ:赤十字インターンシップ
6.オーストラリア:環境保全ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

畑で落花生を収穫、甘くて美味しい

2011年10月02日 18時51分05秒 | 子育て・家族・環境
落花生を収穫、甘くて美味しい!
今日は、落花生を試験的に収穫しました。

▲一緒に畑仕事をしている仲間のTさんです。半導体の研究をしている方です。

家に持ち帰り、水洗いして、お鍋に水を入れて茹でました。
お湯に3%の塩を入れて、約40分茹でて、火を止めて15分くらいそのまま放置しました(インターネットで調理の仕方を調べました)。


けっこう簡単に酒のつまみの“ゆでピーナッツ”できあがりました。

食べて、びっくり!!
美味しい!

ピーナッツが好きで、中国産よりも美味い、千葉産のピーナッツを近くのスーパーで買って食べているのですが、それ以上に美味しいです。
(千葉産の落花生も取り立てをゆでたら同じように美味しいです。千葉県出身だからホローしておきます。でも、世田谷区の畑でもこんなに美味しくできるとは思いませんでした。)


娘がさつま芋のように甘いと言ってました。
こんなにピーナッツが甘いのかと思うくらいに、取り立てのピーナッツは甘くて美味しいかったです。


仲間とピーナッツを味わう秋の会10/8(土)に開催する予定です。


10月は小学校のおやじの会のイベントが沢山あるので、打合せやその準備でバタバタしています。
今の時代は、お父さんたちも忙しいので、少人数で色々なイベントをこなさなければならないので大変ですが、社会貢献をしながら地域の知り合いも増えるので、プラスも多いです。

★地域の秋祭り参加(10/9・日)
★小学校のイベント(10/15・土)
★児童館イベント
◎森の児童館(10/23・日)模擬店でたこ焼き販売
◎等々力児童館(10/29・土)模擬店でフランクフルト販売 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気順位》
1.アメリカ:赤十字インターンシップ
2.アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3.タイ:山岳民族支援ボランティア
4.アメリカ:障害者施設でボランティア
5.カナダ:赤十字インターンシップ
6.オーストラリア:環境保全ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多摩川の花火大会へ家族で行きました

2011年10月01日 22時26分17秒 | 子育て・家族・環境
多摩川で花火大会があったので、家族で見に行きました。
花火大会といえば夏ですが、秋(10月)の花火大会もなかなか良かったです。



秋の花火大会なので人も少なくて、余裕を持って見ることがでたので、夏の花火大会よりも好印象でした。


日が暮れる前から来て、川原で仲間とバーベキューや飲み会をしている人たちも沢山いました。
私もビールを飲みながら、花火を見てました。


多摩川の河川敷は、毎朝、走っているので、夜でもどこに何があるのか分かったので、動きやすかったです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気順位》
1.アメリカ:赤十字インターンシップ
2.アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3.タイ:山岳民族支援ボランティア
4.アメリカ:障害者施設でボランティア
5.カナダ:赤十字インターンシップ
6.オーストラリア:環境保全ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加