バンザイの社長のブログ

海外ボランティアやワーホリ、留学に関する最新情報&バンザイ・インターナショナルのカウンセラー(社長)の日記。

環境教育のボランティア活動をリタイヤされた方々と一緒に行う

2011年04月30日 18時23分30秒 | 子育て・家族・環境
親子向けの環境教育のボランティア活動(エコアップ探検隊)を行っています。

先日、本番前の下見をしました。

二子玉川から多摩川の河川敷を上流に歩きながら、野草や野鳥、昆虫などについてお互いに持っている知識や情報を出し合いながら、本番の準備をしました。


皆さんボランティア・スタッフですが、東京都環境学習リーダーや世田谷環境学習会のメンバーなので、知識も豊富で、いつも下見の時に勉強させてもらってます。

今回の下見のメンバーは、現役組は私1人で、他の皆さんはリタイヤしている人たちでした。

リタイヤ組といっても知識や経験が豊富で私よりも能力の高い方が多いです。

ボランティア活動を積極的に行っている人は、やはり現役時代もビジネス社会で活躍されていた人が多いです。

リタイヤされた方々は、時間もあるし、体力もあるし、お金も持っているので、もっともっと社会貢献をしてもらいたいですね!!

そんな訳で、私の役割は、リタイヤ組が苦手なホームページの作成やEメールでの受付などが多くなります。

仕事中に作業を行うことが多いです。仕事の時間の2割くらいは社会貢献に使っても良いと思っているのですが、今週は、2割を超えるくらい忙しかったです。

俺は、まだ現役なんだぞ。と言いたいのですが、皆さんとても良い方々なので、頼まれるとやってしまいます。

下見の後、オジサンたちは必ず飲むので、今回、久々に飲み会に参加、昼間からファミレスで一緒に飲みました。ビールをジョッキで何倍か飲んだ後、ワインを3本くらい空けました。一番若い私が最初に参ってしまいました。

皆さん病気持ちで薬を飲んでいるという割には何でこんなに強いのか?と聞いたら、「仲間とお酒を飲むのが楽しみで生きている。この楽しみがなくなったら・・・」と言ってました。

伊豆に山小屋(隠れ家)を持っているそうで、山の山菜を採ったり、川魚を釣ったりして、夜は山菜や魚を酒の肴にして仲間と飲んでいるそうです。今度、時があるときに来なさいと誘われました。

以前、多摩川の河川敷で春の野草を採って、天ぷらにして飲みながら食べたことがありました。レンゲ草やタンポポなども美味しいです。その辺に生えている草の多くが食べることができるということも教えてもらいました。

リタイヤ組の方々は、人生の楽しみ方も良く知っているので、私も時々その輪に入れてもらっています。


エコアップ探検隊は、身近な自然を利用した親子向けの環境教育です。東京都環境学習リーダーと世田谷区の環境課が協働で10年以上前に始めたのもです。
現在、春・夏・秋・冬の年4回行っています。



5/1は、春編・多摩川の春を食べよう!というテーマで、二子玉川から多摩川を探検します。
お陰さまで人気があり、定員一杯で締め切りました。

エコアップ探検隊夏編は、8/6、夜の等々力渓谷を探検します。セミの羽化と、日没すると咲く不思議な花を探します! カブト虫も見つかるかも!?


エコアップ探検隊について
エコアップ探検隊とは、世田谷在住の東京都環境学習リーダーや世田谷環境学習会が主体となって、実施している環境学習事業です。対象は小中学生とその保護者で、体験型プログラムをとおして身近な環境を知り、私たちが今何をすべきかを考えることを目的として、平成10年度から季節ごとに、年4回開催しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. カナダ:幼児教育ボランティア
4. タイ:山岳民族支援ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

小学校のおやじの会の畑で苗を植える

2011年04月29日 15時26分31秒 | 子育て・家族・環境
先程、小学校のおやじの会の畑で、4月から入会された方も加わり、子供たちと一緒にキュウリやナス、トマト、枝豆、インゲン、ひまわりの苗や種を蒔きました。


暖かくて気持ちが良かったです。

途中、小学校の学校運営委員の方が来られて、学校の先生と保護者のコミュニケーションをはかり、子供たちのためにより良い環境を作りたいので、協力して欲しいとい言われました。

4月におやじの会の代表になったとたんに学校の色々な関係の方々から、Eメールや電話が多くなりました。
5月だけでも会議や打ち合わせが4つくらい連絡が来ています。仕事の時間の2割は社会貢献のために使うと決めいているのですが、それでは足りなくなりそうなので、優先順位を付けるために前の会長さんたちから話を聞きながら畑仕事をしてました。

人間関係も学校も同じで、先生と保護者のコミュニケーションが足りないので、ことがスムーズに流れないのだと思います。打ち合わせが平日の昼間というのも我々お父さんたちが参加できない理由でもありますので、たまには土曜日の授業の後に開催するのも1つの方法だと思います。

保護者も社会の一員として、協力できる範囲で学校に貢献する気持ちを持つことも大切だと思います。


20代の頃、オーストラリアに住んでいたとき、仕事だけでなく、家事をこなし、ボランティア活動(社会貢献)をしている大人を多く見かけました。

子どもの頃から、仕事人間のおやじの姿を見ていたので、男は仕事だけしていれば良いと思っていたので、オーストラリア人のお父さんたちを見てカルチャーショックを受けたのを覚えています。

その時、仕事・家庭・社会貢献の3つができて初めて大人の社会人なんだなと感じました。オーストラリア人は、事あるごとにビールを飲んで騒いで、人生を楽しんでいるのも印象に残っています。

若い時に、いろいろな国を旅して、様々な人たちの生き方や人生の楽しみ方を見れたのが、今でも良かったなと思っています。

海外を旅して感じたことは「海外では頼れるのは自分だけ、でも、自分一人では生きていけない」ということでした。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《春の人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. タイ:山岳民族支援ボランティア
4. オーストラリア:環境保全ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

サンフランシスコの赤十字でインターンシップ活動をしている大学生が救急法を講習

2011年04月28日 11時46分46秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
サンフランシスコの赤十字でインターンシップ活動をしている大学生がファースト・エイド(救急法)の講習を受けています。



赤十字のオフィスの中でアメリカ人のスタッフから英語で救急法の実践講習を受講します。
海外の国際的なNGOのオフィスで万が一の時にも役立つ講習が受けることができるので、インターンシップ中に行われる救急法の講習は評判が良いです。



サンフランシスコのスタッフのNさんが赤十字のオフィスでインターンシップの活動についての説明をしています。



最近、就活や将来のことなど、人生相談を受けることが多いと言ってます。
Nさんも20代の時、日本からアメリカの大学に留学した経験を持っているので、お姉さん的な存在で人生相談をしやすいのかもしれません。

自分自身の軸がなくて悩んでいる人が多いと言ってました。
自分が何ができるのか?
自分は何をしたいのか?


アメリカでは当たり前のことですが、就職面接で自己アピールをします。
自分はこのようなことができるだから、私を採用したら、会社にこれだけのメリットがある・・・。

日本の場合、有名大学へ入学することが目標で、大学に入学までは余計なことを考えず・悩まずに受験勉強をします。
大学に入ってから、自分は何をしたいのか?何ができるのか?を考えだす。

アメリカの場合は、ペーパーテストだけで評価されないので、ボランティア活動などの社会貢献の実績、そして、自己表現力も身に付けて置かなければならないので、自分は何ができて、自分が何をしたいのか?分かっている学生が多いです。

アメリカが正しいとは思わないですが、現在のようなグローバルな社会では、若者が日本でしか通用しない価値観にとらわれていてはまずと思います。・・・

日本の若者たちのために我々が何ができるかを考え、プログラム内容の変更や新しい企画を考えましょう。・・・

いつもスカイプを利用して、アメリカと日本を繋いでこのような話をしています。

PS.
妻が高校生の息子に「夏休みは、学校が主催する海外研修に参加しなさい。とにかく海外へ出なさい」と言ってますが、・・・です。
企業でマーケティングの仕事を長年しているので、日本の大企業がどのような状況なのかを良く分かっているのだと思います。
妻の会社(日本の某メーカー)の日本での売り上げは、1、2割りだそうです。
利益の2割のために日本語の案内を作るのは企業として不利益なので、将来、英語に変わるかもしれないと言ってました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. カナダ:幼児教育ボランティア
4. タイ:山岳民族支援ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

カナダの有給インターシップ

2011年04月27日 17時44分20秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
カナダのリゾート地のホテルやレストランで給料をもらいながらインターシップをすることができます。

リゾート地にあるホテルやレストランで給料をもらいながら働くことができる有給のインターシップです。


カナダ人や世界各国から来ているワーキング・ホリデーの人たちと一緒に仕事しながら交流。完全英語環境の中で給料をもらいながら働くことができます。

英語環境の中で働きながら実践的な英語を学びたいという人にピッタリのプログラムです。

バンクーバーで行われる準備研修で電話面接の練習やカナダで働くために必要な英語・知識の短期集中トレーニングを受けます。

その後、実際にホテルやレストランの電話面接を受けます。
面接に合格、リゾート地にあるホテルやレストランなどで働きます。

・給料&生活費ついて
1日6~8時間、週5~6日間働いた場合、1ヶ月の給料は税金を引かれた手取り金額で、約$1,000前後です。
1ヶ月の寮費と食費は$450~$550くらいです。
今までの参加者した方々は1ヶ月で稼げる賃金で生活費はまかなえています。
都市部(バンクーバーなど)のようにお金を使うところがなく、お小遣いとして使うのは、パブで飲んだり、アクティビティに参加したりする程度です。
皆さん、1か月で$400~500は貯金しています。


・インターンシップの期間について
インターンシップの期間は通常6ヶ月です。
派遣先のホテルとお客様のスケジュールを考えて多少前後する場合はあります。
今までで一番短かった人は4ヶ月半、長い方で9ヶ月間でした。


・職種について
職種の多くの方がハウスキーパーやキッチンスタッフなどになります。

なお、英会話が上級レベルで経験がある人はフロントやベルボーイなどの職に就くことも可能です。

このプログラムはスキルアップというよりは、お金を稼ぎながらカナダ人と一緒に働き英語力の向上、カナダ文化に理解を深めることが第一目的となります。


カナダの有給インターシップ・プログラムをご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. カナダ:幼児教育ボランティア
4. タイ:山岳民族支援ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

ボランティア活動を通じて、子供たちを育てる

2011年04月19日 18時07分02秒 | 子育て・家族・環境
親子向けの環境教育のボランティア活動(エコアップ探検隊)を行っています。


エコアップ探検隊は、身近な自然を利用した親子向けの環境教育です。東京都環境学習リーダーと世田谷区の環境課が協働で10年以上前に始めたのもです。
現在、春・夏・秋・冬の年4回行っています。



5/1は、春編・多摩川の春を食べよう!というテーマで、二子玉川から多摩川を探検します。
お陰さまで人気があり、定員一杯で締め切りました。

★チビッ子リーダーを養成する
環境学習リーダーたちは、リタイヤしたベテランの人が多く、植物や昆虫、魚などとても詳しいのですが、若いリーダーを育てなければ続かないので、小学生の子供たちをチビッ子リーダーとして育てることを考えています。

以前、何名か小学生のリーダーがいたのですが、今回、復活を目指して、娘と友達にチビッ子リーダーになってもらって、プログラムの企画や運営に携わってもらい、子どもたちに責任を持たせて、積極的に行動してもらおうと考えています。娘は、保育園の時から私と一緒に参加しているので、チビッ子リーダーのつもりでいるので頑張ってもらうつもりです。



★フィンランドの教育を参考にして
以前、当社で世界一の教育といわてれいるフィンランドの教育についてのセミナーを開催したとき、フィンランド語を教えていたフィンランド人の先生が「フィンランドでは、社会の一員を育てるための教育をするので、考える力を伸ばす教育に重点を置いている」

「小学校5年生になってすぐに、小学校6年生の修学旅行の準備を始め、1年かけて自分たちで修学旅行の資金を貯める計画を立て、3ヶ月に1回くらいのペースで、ディスコパーティーをしたり、家から物を持ってきてバザーをしたりして、1人・約2万円を貯め4泊の修学旅行(ラップランドでスキー)へ行った」と言ってました。


日本のように受験や塾はないけど、学力は世界のトップレベルです。

そんな訳で、私も環境教育のボランティア活動を通じて、子供たちを社会の一員として扱い、考える力を伸ばす教育をしようと考えています。

エコアップ探検隊は、事業種分けの対象になってしまい、世田谷区の環境課の事業ではなくなり、共催という形になりました。
区役所が行っていた受付なども自分たちで行わなければならなくなり、継続・開催が危ぶまれたのですが、みんなで協力してホームページ開設やペーパーレスのFAXなどを利用して、以前よりも良い形で生まれ変わりました。

私もホームページの作成・変更やペーパーレスのFAXなどで仕事中も受付けを手伝っています。

追い込まれると燃えてくる性格なので、皆と一緒に頑張って再生することができて、とても嬉しいです。ボランティア活動が終わった後、仲間と飲む酒は美味しいでしょうね。

東日本大地震が起きて、日本のためにも頑張りたいという気持ちが強くなってきました。頑張りましょう!

エコアップ探検隊夏編は、8/6、夜の等々力渓谷を探検します。セミの羽化と、日没すると咲く不思議な花を探します! カブト虫も見つかるかも!?


エコアップ探検隊について
エコアップ探検隊とは、世田谷在住の東京都環境学習リーダーや世田谷環境学習会が主体となって、実施している環境学習事業です。対象は小中学生とその保護者で、体験型プログラムをとおして身近な環境を知り、私たちが今何をすべきかを考えることを目的として、平成10年度から季節ごとに、年4回開催しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《春の人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. タイ:山岳民族支援ボランティア
4. オーストラリア:環境保全ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

夏休みの海外ボランティアの申込が増えてきた

2011年04月18日 20時07分52秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
夏休みの海外ボランティアの申込が増えてきました。
年々スタートが早くなっています。




赤十字インターンシップなどに参加したい大学生は1年くらい前から、2年生の夏休みに参加する予定を立てて、アルバイトでお金を貯めるなどの準備している人が多いです。

今年は春休み中に東日本大地震が起きたので、3月中の渡航をキャンセルする人が出るのではと覚悟していたのですが、大学生は誰もキャンセルせずに全員出発しました。

現地スタッフに何故キャンセルしなかったのか?を聞いてもらいました。
「学生さんは、主催する側の海外ボランティア企画自体がキャンセルにならないかと心配していたそうで、自分からキャンセルするつもりはなかった」そうです。

大学生は、4年間という期間と休みが限られているので、行ける時(例えば、2年生の春・夏休み)に参加しないと海外渡航ができなくなってしまうので、キャンセルはしないみたいです。

ちなみに、社会人は、今年でなくても来年でも良いので、3月下旬の出発をキャンセルした人がいました。

PS.
アメリカやカナダを希望している人で
8月7日(日)出発を希望される方が多いのですが、この日は航空券の料金が高く、予約も取りずらいので1、2週間前後にずらした方が良いです。
8月14日(日)出発の方が料金が安く、予約が取りやすいです。


《春休みの人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. タイ:山岳民族支援ボランティア
4.アメリカ:障害者施設でボランティア
5.オーストラリア:環境保全ボランティア
6.カナダ:幼児教育ボランティア

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

ボランティア活動は無理せずにやってください

2011年04月15日 14時03分43秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
ライフワークとして、ボランティア活動を20年以上続けています。



現在は、無理をせずにボランティア活動をしているので、家族に迷惑をかけることはないのですが、若い頃は使命感に燃えていて、NGOに所属して活動したり、東京都環境学習リーダーとして子供たちの環境教育のボランティアしたりしてました。

毎日、電話やEメールで連絡を取り合い、毎週末は子どもたちの環境教育のボランティア活動をしてました。

息子が2、3才の頃、ボランティア活動に行く前、妻に迷惑をかけたくないので、朝、洗濯や朝食を用意してからボランティア活動に出かけてました。
ある時、妻から涙ながらに「他人の子供とばかり遊んでないで、自分の子供とも遊んでよ。何が社会貢献よ・・・」と言われて、我に返った。

環境問題に取り組んでいたはずが、家庭環境問題を引き起こしてしまったことに気づきました。

ボランティア活動の内容を息子の小学校のサッカーチームのコーチをしたり、息子を連れて参加できる環境教育のボランティア活動に切り替えました。

ボランティア活動をしている方は、無理せずにやってください。

自分が溺れてしまっては、溺れる人を助けることができなくなりますので、余裕がある時に余裕を持ってボランティア活動をしてください。


当社の海外ボランティア・プログラムに参加する方も無理せずにやってください。
子どもたちや障害を持った方を助けてあげるんだなどと、力まずに。日本からボランティアに来てくれるだけでも感謝していますので、周りの状況を見て・考えて、そして、楽しみながら焦らずにボランティア活動をしてください。


PS.
今朝、多摩川の河川敷を走って畑で野菜を収穫した後、4月に新設された保育園の前を通りかかったとき、知り合いの先生にお会いしました。

「私が保育園に通っていた時と比べて、お父さんの育児に違いはありますか?」と聞いたら
「保育園のイベントは、夫婦で参加する人がほとんですし、
送り迎えをするお父さんも多いですよ。
イクメンですよね。
この子のお父さんも毎日送り迎えをしています」。

「保育園だけではあまり活動ができないので、
小学校のおやじの会の代表をしているのでしたら、
保育園や小学校、地域のネットワークを作ってよ。
子どもたちのためにも地域の繋がりが必要なんです。」と言われてしまいました。

最近、地域のネットワーク作りが自分の次のボランティア・ワークかなど感じています。

ブログで、家族を大切になどと書いていますが、若いお父さんたちは、当たり前のようにやっているんですね。
失礼しました。

私の場合は、12年間、保育園へ子どもの送り迎えに行っているうちに鍛えられて、やっとイクメンになった古いタイプの父親なので、ごく自然にイクメンができるお父さんたちが羨ましいです。

今晩は、妻は会社の飲み会に参加するので、私が子供たちの夕食を作ります。
家族全員がそれぞれやりたいことをして、各自の人生を楽しむことができれば最高ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《春の人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. タイ:山岳民族支援ボランティア
4. オーストラリア:環境保全ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

考えて、すぐに行動する

2011年04月14日 08時10分48秒 | 子育て・家族・環境
先日、息子の高校の入学式に参加しました。

その時、学年主任の先生が「考えて、すぐに行動する」これがこの学年の目標ですと言ってました。

教育現場でも、今の子どもたちに一番足りないもの、社会に出て必要なものは何かということを分かっているんだなと話を聞いていて感じました。

「津波てんでんこ」という言葉のお陰で、3.11の大津波からその村のほとんどの人たちが助かったという報道をテレビで見ました。
てんでんことは、てんでばらばらの意味で、津波の際には親や兄弟にも構わずにとにかく逃げろ、そうすることで一家全滅を逃れることができる、という意味合いを持つそうです。
自分で状況を考えて、すぐに行動しろと言いうことです。

社会でも同じす。
国や会社にあまりにも頼ってしまうと、生きる力がなくなってっいきます。万が一、会社が倒産しても困らない様に常に緊張感を持って働いた方が良い仕事ができるでしょう。
若い時から「自分で考えて、すぐに行動する」癖を付けておくと、将来、日本でも海外でも活躍できると思います。


PS.
高校の入学式で、話を聞いていて思ったのは、学校が子どもたちに至れり尽くせりしてくれる。何も考えなくても先生の言われた通りにしていれば、ある程度の大学には入学できる。だから、子どもたちに考える力がなくなってしまう。それで、「考えて、すぐに行動する」が目標になるのでしょう!?

でも、高校の先生も頑張っているなと思います。海外から日本を見ると、日本の社会自体が子供たちが考えなくても生きていける社会になっていっるので、保護者も協力して、子供たちが社会に出ても困らない様に考える力が付くように育てないといけないのでしょね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《春の人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. タイ:山岳民族支援ボランティア
4. オーストラリア:環境保全ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

仕事の時間の2割を社会貢献に使ってます

2011年04月13日 22時36分07秒 | 子育て・家族・環境
毎日、仕事をしながら、環境教育を行うNPOの春のイベント申込の受付やホームページの作成など、そして、小学校のおやじの会&PTAの連絡、会員募集、イベント企画など、仕事の合間にEメールなどでやり取りしています。

仕事をしている時間の2割くらいを社会貢献のために使っている感じです

4月から、代表になる人がいないので、小学校のおやじの会の代表になってしまったのですが、校長先生から父さんの協力が必要なので、できるだけ多くのお父さんに参加して欲しいので全面的に協力しますと言われ、会員募集のチラシを作成して、入学式で勧誘のスピーチをしたり、全校生徒の保護者に配布しました。
そのお陰で、予想していた以上に多くの入会希望者が現れました。

社会貢献をしたい若いお父さんが増えているのかもしれません。


若いお父さんから「教育や子育てについて先生方とお話(情報交換)をしたいので、そのような機会をおやじの会で作ってくれませんか?」というご意見もいただきました。

「防災サマーキャンプに大変興味を持っています」という意見もいただきました。
防災サマーキャンプは、世田谷区の防災課と消防署の方々に来ていただき、校庭で炊き出しや防災訓練を行います。夜、体育館に子供たちと一緒に1泊・肝試し、朝はラジオ体操を行います。

おやじの会では、地域の地主さんから畑を借りていて、週末は、皆で畑仕事をしています。
畑で収穫した野菜をその場で料理して、バーベキューや鍋を行っています。時々、学童クラブに野菜を寄付しています。 夏は学童クラブの子供たちを畑に呼んでスイカの収穫&スイカ割りを開催(大好評)。今年は落花生にも挑戦します。
昨年の実績:キュウリ、トマト、ナス、インゲン、ジャガイモ、ニンジン、バジル、レタス、スイカ、枝豆、大根、小松菜、ほうれん草、白菜、春菊、キャベツ、カリフラワー、ニンニク、玉ねぎ、ピーマン、コリヤンダー、イタリアンパセリ、アスパラなど24種類。

仕事:5割、家庭:3割、地域への社会貢献:2割くらいの気持ちでやってます。

家族や地域の人がハッピーだったら、自分の人生もハッピー!?

私の周りには、インターネットなどを使って効率よく仕事をしている人がいます。
1日3時間くらいしか働かなくても十分に生活できている人もいます。
多分、新しい働き方をしている一部の人たちは時間がたくさんあるのだと思います。


昔のように皆が必死に働かなければ、社会が成り立たない時代ではないです。
デンマークのように週に37時間(法定労働時間は週37時間)までの労働にして、皆でワークシェアをしないと仕事に就けない人が増えてしまいます。

ワークシェアをして、空いた時間で1割の人が社会貢献をすれば、社会が変わると思います。

お父さんが早く帰宅して、子どもたちと一緒に週に2、3回夕食を食べるだけでも子どもたちのコミュニケーション能力がアップして、キレる子どもも減るでしょう。

毎晩、子どもたちと一緒に夕食を食べながら、その日の出来事を話しています。妻も企業で働いていますが、6時半頃には帰宅して、晩御飯は家族揃って食べています。

小学生の娘が「お父さんの頭は、お父さんの会社と同じで、儲けが薄いね!?」などと、おやじギャグを飛ばしながら食べています。


東日本大地震が切っ掛けになり、自分にとって、家族にとって、地域社会にとって、何が大切なのかを考える人が増えているような気もします。

PS.
写真は、東京都環境学習リーダーの仲間と一緒に親子向けの環境教育のボランティア活動をしている様子です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《春の人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. タイ:山岳民族支援ボランティア
4. オーストラリア:環境保全ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

デンマークのワーキングホリデー支援プログラム

2011年04月11日 22時49分28秒 | ワーキングホリデー
デンマークのワーキングホリデー支援プログラム



この「デンマークのワーキングホリデー支援プログラム」では、まず、学校(IPC、エグモントなど)に入学して、最初の約3ヶ月間でデンマーク語や生活に慣れ、友達を作りながら、部屋や仕事を探すことをお勧めしています。

学校には寮がありますので、部屋と3食(朝昼晩)の食事が付いています。学校に行くことで、費用の節約とデンマーク語などの勉強をすることができます。

日本出発前にワーキングホリデービザの申請サポートや学校の入学手続きの代行、デンマーク語レッスンなども行います。

The International People's College(IPC)の2012の日程が発表になりました。

■日程&料金 (2012年)
1月5日~6月20日・・24週間:約52万円(30,600デンマーク・クローネ)
1月5日~3月28日・・12週間:約35万円(20,700デンマーク・クローネ)
3月29日~6月20日・・12週間:約35万円(20,700デンマーク・クローネ)

・詳しくはホームページをご覧ください。
デンマークのワーキング・ホリデー・プログラム

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◎お勧めの北欧プログラム
北欧の手芸学校で手芸を学ぶ!!
デンマークのワーキング・ホリデー・プログラム

バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《春の人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. タイ:山岳民族支援ボランティア
4. オーストラリア:環境保全ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント