バンザイの社長のブログ

海外ボランティアやワーホリ、留学に関する最新情報&バンザイ・インターナショナルのカウンセラー(社長)の日記。

小学校のオヤジの会で借りている畑で畑仕事

2010年04月29日 18時19分13秒 | 子育て・家族・環境
今日は、小学校のオヤジの会で借りている畑で畑仕事をしました。

農協で購入してきたキュウリやトマト、ナス、ピーマン、そしてスイカの苗を植えました。枝豆やインゲンの種も蒔きました。

子供たちやお母さんも参加して、皆でワイワイ楽しく畑仕事をしてました。

夏の収穫の時は、畑の脇でバーベキューをしながらビールで一杯やる予定です。

その日を楽しみに草むしりに励みます。

PS.
子供たちがいると、いつものクセで野草の説明をしてしまいます。ほらカタバミでこすると10円玉がきれいになるよ。ハルジオンは茎の中が空洞でしょ。・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《春の人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. タイ:山岳民族支援ボランティア
4. オーストラリア:環境保全ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア

◎お勧めの北欧プログラム
デンマークの市の観光局でオフィスのインターンシップ
北欧の手芸学校で手芸を学ぶ!!
デンマークのワーキング・ホリデー・プログラム
デンマークの福祉を学ぶことができる学校

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム
海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

アメリカの大学に留学中の方からインターンシップ参加用の書類が届く

2010年04月27日 12時28分33秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
アメリカの大学に留学中の方からサンフランシスコの赤十字や難民支援団体でインターンシップをしたいという申込がきます。

ちょうど大学のタームが終了する次期でもありますので、この時期に問い合わせがあります。

先程、NGOに提出する英文の書類を見て、英語もさることながら内容の素晴らしさに感動してしまいました。

国際情勢(International affairs)を学ぶために高校生のときに一人でアメリカへ渡ったそうです。

現在、アメリカ人でも入学するのが難しい優秀な大学で、アメリカ人に混じって学ばれています。

海外ボランティアやインターンシップに参加する学生の中には彼女のような若者が結構います。

自分の学生時代では考えられないような凄い学生たちもたくさんいます。

頑張れ!
東京から応援しています。

※写真は、アメリカの大学に留学されていた人が赤十字でインターンシップをしていた時のものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《春の人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. タイ:山岳民族支援ボランティア
4. オーストラリア:環境保全ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

インターシップ&キャリア・ディベロップメント・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

アメリカの障害者施設でボランティア活動をしてきた女性からの感想

2010年04月27日 11時02分09秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
アメリカの障害者施設でボランティアをしていた女性から帰国後すぐにEメールが届きました。

彼女は、日本でも身体障害者療護施設で作業療法士として働いている専門家です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご無沙汰してます。
ボランティアは大満足です。

勉強になったのはもちろんですが、
自分自身が楽しんで参加できたのがとてもよかったと思います。
クレイエントの方だけでなくスタッフともかなり打ち解けました。

本当にありがとうございました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日、サンフランシスコのスタッフからボランティア活動をしていた時の様子や施設が彼女のために開催してくれたお別れ会の状況を聞きました。

彼女は、施設で人気があり、ボランティア・スタッフとして大活躍していたそうで、お別れ会には、たくさんの障がい者の方々そして、スタッフが参加して、別れを悲しんでくれたそうです。

彼女との別れが余りにも悲しくて、お別れ会に参加することができなかった障がい者の方がいたそうです。

ボランティア活動の中で、肉じゃがやトン汁などの日本食を作ったそうで、皆さんに大変喜ばれたそうです。

日本人は、細かいところまで気がつくので、障がい者やスタッフの方々から大変に喜ばれます。

ソーシャルワーカーの責任者の方が「This is great program !」と現地スタッフに言ったそうです。もっと日本人のボランティアを連れてきて欲しいそうです。

ボランティア・プログラムに参加した方から「行って良かった」というメールをいただくのが、この仕事をしていて一番嬉しいことです。ありがとうございます。

少しでも1人でもグローバルな感覚を持った人を育てたいというのが私とサンフランシスコのスタッフの気持ちです。

アメリカでの経験を活かして、頑張ってください!

日本の若者たちへ
もっと自信を持てください。日本人は駄目だと思っている人も多いと思いますが、そんなことはないです。胸を張って世界に出て行ってください。海外には日本人の能力を欲している人たちもいます。彼女のような体験をしてくれると嬉しくて涙が出そうです。

アメリカの障害者施設でボランティア

   
※写真は、別の方が海外の障害者施設でのボランティア活動に参加したときのものです。現在、彼は、国立大学の付属の特別支援学校(養護学校)の先生として活躍しています。

=============================
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《春の人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. タイ:山岳民族支援ボランティア
4. オーストラリア:環境保全ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

インターシップ&キャリア・ディベロップメント・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

家の中でもできる子どもの環境教育

2010年04月26日 13時30分01秒 | 子育て・家族・環境
今朝も多摩川の河川敷を走りました。

今は春なので、花がたくさん咲いています。

帰りの道を歩きながら、カラスノエンドウやヤエムグラ、ハルジオン、シロツメクサなどを取って家に持ち帰り、テーブルの上にある花瓶にさしています。

娘も学校から帰る途中に色々な草を持ってきてその花瓶にさしています。



時々、娘にその花瓶に生けてある草花について話をしています。

家の中でも自然観察をすることができます。


昨日の環境教育の時、ベテランのスタッフがカマキリの卵を見つけてきた親子に、「卵があった高さはどのくらい」と聞いてました。
「少し高いところにあった」と子どもが答えたら、
「今年は雨が多いからカマキリはいつもよりも高いところに巣を作ったんだよ」と説明してました。



年配の東京環境学習リーダーは、昔の人が持っていた知恵をたくさん持っています。年配のリーダーが子どもたちに話している内容を聞いて、私もいつも勉強させてもらっています。

「シロツメクサはね。江戸時代にヨーロッパからガラス器を運ぶ時にガラスが割れない様にガラスの間に詰めて日本に来たんです。だから「爪草」ではなく「詰め草」と書くんだよ・・・」

昨日の親子の自然観察会の時、このフレーズを使わせていただきました。先日、年配の方に教えてもらったことなのですが、お母さんには感心されるし、子どもたちからは先生と呼ばれました。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《春の人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. タイ:山岳民族支援ボランティア
4. オーストラリア:環境保全ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア

◎お勧めの北欧プログラム
デンマークの市の観光局でオフィスのインターンシップ
北欧の手芸学校で手芸を学ぶ!!
デンマークのワーキング・ホリデー・プログラム
デンマークの福祉を学ぶことができる学校

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム
海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

環境教育のボランティア活動を親子で行う

2010年04月25日 16時08分28秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
親子で環境教育のボランティア活動をしました。

エコアップ探検隊春編 多摩川の春を食べよう!

“エコアップ探検隊”は、世田谷区役所の環境計画課の方々と環境学習リーダーなどが運営・企画しています。


▲春の暖かい日差しを浴びながら二子玉川駅の近くから多摩川の上流を自然観察ゲームなどをしながら探検しました。


▲約40名が2班に分かれて、20名ずつで自然観察。


▲自然界にないものを探すゲーム(虫のオモチャや人工的なものが置いてあって、自然界にない物を探しリーダに発見した物の数を伝えます。虫が自然に合わせてカモフラージュしていることも説明します。子供のほうが正解率か高いです)


▲カントウタンポポの群生地を観察。西洋タンポポとの違いを見つける。


▲自然観察ビンゴゲームにある項目を自然観察しながら探す。


▲ツリーハウスで子供たちが遊ぶ。

最後は、区民会館でヨモギで作ったヨモギ団子を食べて、カブト虫の幼虫をもらって終わりです。

参加費が200円なので、世田谷区の環境教育の人気プログラムになっています。

夏編は、夜の等々力渓谷の探検です。
夜、懐中電灯を持って、等々力渓谷にセミの羽化と白いレースのようなカラスウリの花が暗闇の中で神秘的な光を放つ様子を見に行きます。
100名定員なのですが、昨年は300名以上の応募があり、抽選になりました。
夏編は探検隊長として、頑張ります!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《春の人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. タイ:山岳民族支援ボランティア
4. オーストラリア:環境保全ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア

◎お勧めの北欧プログラム
デンマークの市の観光局でオフィスのインターンシップ
北欧の手芸学校で手芸を学ぶ!!
デンマークのワーキング・ホリデー・プログラム
デンマークの福祉を学ぶことができる学校

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム
海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

デンマークのワーキングホリデーが増えている

2010年04月22日 12時12分52秒 | ワーキングホリデー
デンマークの大使館の方々と当社の山中がミーティングをしてきました。

ワーキングホリデーで渡航する人が昨年の2倍くらいに増えているそうです。

素晴らしい!

入国検査の時、言葉ができなくてトラブルケースが多く、問題になっているそうです。

デンマークは、他の英語圏のワーキングホリデーと違って、生活していくためのハードルが高いので、英語やデンマーク語は、ある程度は話せるようになってから渡航した方が良いです。

初期のころのワーキングホリデー・メーカーと現在のワーキングホリデー・メーカーと比べた場合、精神年齢(自立心)にかなりの違いがあります。

本人の責任というよりも社会の影響なので仕方がないと思います。

私自身も父親の時代と比べたら、5才以上精神年齢が幼いと思います。

多分、私の父の世代の20才が私の世代の25才、現在の30才位の精神年齢になるのではないかと感じています。

なので、私が25才でワーキングホリデー行った時のイメージで話をすると、現在の30才の方とちょうど話が合います。

ワーキングホリデー1期生(30年前)の宮崎さんは、18才の時、自分ですべて用意をして旅立ったそうです。現地へ行って、周りには日本人がいない状況で、現地の人たちと交流しながら、住居や仕事を探したそうです。

宮崎さんの渡航時の年齢が18才ですから、5才プラスすると、大学を卒業した23才の男性になります。

デンマークへワーキングホリデーで行っている当社のお客さんを見ていると、社会人の経験を数年積んだ25~30才の人が多いです。

30才くらいの方が現地で上手くいっているように感じます。

北欧の社会を見て色々と感じて欲しいです。
ドンドン行ってもらいたいです。

ワーキングホリデーOBとして応援します!

PS.
初期の頃のワーキングホリデーOBたちを見ていると、現在の大変な時代・状況を楽しんでいるようにも見えます。初期の頃のワーキングホリデーたちは、タフですね。自立すると人生が楽しくなるんでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


◎お勧めの北欧プログラム
デンマークの市の観光局でオフィスのインターンシップ
北欧の手芸学校で手芸を学ぶ!!
デンマークのワーキング・ホリデー・プログラム
デンマークの福祉を学ぶことができる学校

《春の人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. タイ:山岳民族支援ボランティア
4. オーストラリア:環境保全ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア

1、2週間のお勧めボランティア・プログラム
海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

海外ボランティアがひきこもり解決の切っ掛けに

2010年04月20日 18時21分28秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
仕事の合間に「ひきこもり」について、インターネットで調べていたら、「なぜ日本の若者はひきこもるのか?」というタイトルの朝日新聞の記事を見かけました。

読んでいると、「中学2年からひきこもり始めた。・・・。21歳の時、宮西教授のやっているグアテマラへの海外ボランティアに参加したことが転機となった」とひきこもりを解決した方がインタビューに答えてました。

海外ボランティアがひきこもり解決の切っ掛けにもなるんですね。素晴らしいです。

記事の中に「社会が成熟するにつれて若者が未熟化するのは先進社会で必然的な現象だ。・・・ひきこもりは日本と韓国で突出している。日韓に共通する社会文化的背景は、母子密着型の家族形態や儒教文化圏、つまり親孝行を美徳とする同居文化だ。ドロップアウトした若者は、ホームレス化せずに家の中にひきこもる。・・・」と書いてありました。

「社会が成熟するにつれて若者が未熟化するのは先進社会で必然的な現象だ」なるほど勉強になりました。

私が子供の時は、小学校4年生くらいから母親と一緒に歩いているところを友達に見られたら、翌日、学校で馬鹿にされるので、母親とは一緒に歩かなかったのですが、息子にそのことを話したら理解できないみたいでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《春の人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. タイ:山岳民族支援ボランティア
4. オーストラリア:環境保全ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア


1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

インターシップ&キャリア・ディベロップメント・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

海外ボランティアに参加するのは、大学2年生が多い

2010年04月19日 17時36分36秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
夏休みの問い合わせが増えてきました。

昨年よりも早いような気がします。

一番人気は、アメリカの国際的なNGOでのインターンシップです。

アメリカの国際的なNGOでのインターンシップに参加する人たちは、有名大学の学生さんが多いです。特に大学2年生が多いです。

2年生の時に海外ボランティアやインタ-ンシップをして、3年生の就活に備える人が多いからなのかも知れません。

海外ボランティア&インターンシップに参加した学生同士が就活の情報交換をしているようです。

日本人の学生は、時間も守るし、真面目に活動する人が多いので、赤十字や難民支援団体では、日本人の学生はとても優秀だと思われています。

ある学生が「出発前、アメリカ人は頭が良いというイメージがあったが、直接会って話してみると優秀な人もいれば、そうでない人もいる。日本人にもアメリカ人にはない優れている部分があるということが分かった。少し自信がついた」と言ってました。

「行かなければ分からなかったことが多かった」という感想が多いです。

実体験が人を成長させると思います。特に若い人は、1つの切っ掛けから、一気に伸びる人がいます。今までに何人もそのような人を見てきました。

実際の体験が少ないから自信が持てないのだと思います。失敗を恐れずにドンドン挑戦してみてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《春の人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. タイ:山岳民族支援ボランティア
4. オーストラリア:環境保全ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア


1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

インターシップ&キャリア・ディベロップメント・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント

デンマークへワーキングホリデーで行く方の個別相談を行いました

2010年04月17日 18時09分42秒 | ワーキングホリデー
デンマークへワーキングホリデーで行かれる方が来ました。

ワーキングホリデービザやデンマークでの生活(住居やアルバイトなど)、そして、インターナショナル・ピープルズ・カレッジについての話をしました。

デンマークの場合は、住居を探すのが大変なので、まずは、寮のある学校からワーキングホリデーをスタートした方が良いです。

先日、北欧セミナーでインターナショナル・ピープルズ・カレッジ(IPC)で学生アドバイザーをしていたSATOMIさんが学校についてお話をしていただきました。

インターナショナル・ピープルズ・カレッジ(IPC)について
IPCには、北米やヨーロッパ、アフリカ、アジアなど世界各国から学生が集まってきています。
日本人は、北欧でデザインを学びたい人が多いのですが、他の国から来る人は、NGOや国際的な機関で働きたいという人が多いそうです。
年齢は、日本人は20代・30代、デンマーク人は18・19才、ヨーロッパ系は22才前後、アフリカ系は、年齢が少し高いそうです。
授業は、デンマーク語&文化、写真、音楽、演劇、国際政治、陶芸、芸術コースなどがあり、週に28時間以上の授業を選択します。
第一次世界大戦の後、世界中から若い人たちが集まれば世界が平和になるだろうということを基本理念としてIPCが設立されたそうです。

5月14日のセミナーも、インターナショナル・ピープルズ・カレッジで学生アドバイザーをしていた元ワーキングホリデー・メーカーのSATOMIさんにお話をしていただく予定です。

北欧留学&デンマークのワーキングホリデー・セミナー
日時 5月14日(金)18:30~20:00
場所 神楽坂オフィス

詳しくは、北欧留学&デンマークのワーキングホリデー・セミナー


PS.
今日、デンマークへワーキングホリデーで出発予定だった方が火山噴火の影響でフライトがキャンセルになってしまいました。朝、成田空港にいるお客様から電話がありました。残念です。
20年以上この仕事をしていますが、火山噴火の影響で飛行機が飛ばなかったのは初めてです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

デンマークのワーキング・ホリデー支援プログラム
PIC/インターナショナル・ピープルズ・カレッジ
■日程&料金 (2010年)
8月11日~12月14日・・18週間:約42万円(24,300DKK)
8月11日~10月5日・・・8週間:約25万円(14,600DKK)
10月6日~12月14日・・10週間:約29万円(16,750DKK)

■日程&料金 (2011年)
1月6日~6月22日・・24週間:約53万円(30,600DKK)
1月6日~3月16日・・10週間:約30万円(17,250DKK)
3月31日~6月22日・・12週間:約36万円(20,700DKK)

◎お勧めの北欧プログラム
デンマークの市の観光局でオフィスのインターンシップ
北欧の手芸学校で手芸を学ぶ!!
デンマークのワーキング・ホリデー・プログラム
デンマークの福祉を学ぶことができる学校
コメント

モンテソーリ教育を行っているアメリカの幼稚園でボランティアしたい方が来ました

2010年04月16日 20時59分23秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
モンテソーリ教育を行っているアメリカの幼稚園でボランティアをしたい方が来られました。

日本のモンテソーリ教育を行っている幼稚園で先生をしている方でした。

モンテソーリ教育について、私の方がお客さんからたくさん教えていただきました。ありがとうございました。

お話を聞いていて、幼児期の教育がいかに大切かが分かりました。

日本にもモンテソーリ教育を行っている幼稚園はたくさんあるそうですが、小学生になったら普通の小学校に入学することになるそうです。

アメリカは、小学校⇒中学校⇒高校⇒大学まで、モンテソーリ教育を受けることができるので素晴らしいと言ってました。

サンフランシスコでモンテソーリ教育を行っている園について
1978年に創設された園で、マリア・モンテソーリの思想・教授法に沿った指導を行っています。現在は3才から6才児までの約60名の子供たちが教育を受けています。
モンテソーリ教育に興味ある人は、是非、この園でボランティア活動をしてみてください。

アメリカの幼児教育ボランティア

※写真は、モンテソーリ教育を行っているアメリカの幼稚園でボランティアをしていた方です。この方も帰国後、日本で先生をしています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《春の人気順位》
1. アメリカ:赤十字インターンシップ
2. アメリカ:難民支援団体インターンシップ
3. タイ:山岳民族支援ボランティア
4. オーストラリア:環境保全ボランティア
5. アメリカ:幼児教育ボランティア・ボランティア


1、2週間のお勧めボランティア・プログラム

インターシップ&キャリア・ディベロップメント・プログラム

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント