バンザイの社長のブログ

海外ボランティアやワーホリ、留学に関する最新情報&バンザイ・インターナショナルのカウンセラー(社長)の日記。

何で、自分はボランティア活動をするのかな!?

2009年04月24日 16時14分10秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
時々、ボランティア活動をしています。

何で、自分はボランティア活動をするのかな!?
と考えるときがあります。

私も妻も仕事と育児で忙しく、ベビーシッターさんを頼んでいたときも環境NGOでボランティア活動をしていたことがありました。

毎日、身の回りのことをこなすだけで精一杯でしたので、妻からヒンシュクをかってました。それでも、外出する前に食事の用意や掃除、洗濯をして、自分のやることをしてからボランティア活動に行ってました。

今、思えば、その時は、自己満足の世界に浸っていたと思います。家庭を崩壊させるようなボランティア活動は、良くないと今は思います(助けようとしている人が溺れてしまっては何もならない)。

戦中後の厳しい時代を生き抜いてきた父親から、ボランティア活動などしてないで、自分のことをもっと考えろ、後で自分が困るぞ・・・と言われたことがありました。

でも、今でもボランティア活動をしています。

理屈ではない部分があるのでしょう。

ボランティア活動に集まる人たちの人柄や波動で癒されでいる部分があると思います。

3月にアメリカの赤十字や難民支援団体でボランティア活動に参加している学生を取材しました。

その時、赤十字のスタッフが一緒に同行した中学生の息子に対して、空いている時間を利用して、話しかけてくれて英会話の勉強も兼ねて、いろいろな話をしてくれました。まったく、プログラムに関係ない子供に対しても優しく接してくれたことにと感動しました。

日本でもボランティア活動に参加する人たちのほとんどは、人に優しい人たちが多いです。

今度の日曜日に世田谷区の環境課の人たちと一緒に東京都環境学習リーダー(ボランティア・スタッフ)の1人として、親子を対象とした環境学習プログラム(多摩川の春を食べよう!)を行います。

このプログラムの場合は、子供たちの笑顔が最高のプレゼンであり、ボランティア活動をする理由にもなっています。

海外では、自分自身のスキルをアップさせるためにボランティア活動をしたり、楽しむために空いている時間にボランティア活動をしている人がたくさんいます。

私の場合は、ボランティア活動することで、自分自身のバランスを取っているような気がします。

「情けは人のためならず 巡り巡って己が(自分の)ため」
(人に同情することは決して他人だけを益することではない。情けを人にかけておけば、その善い報いは巡り巡って自分にくるものだ。人に親切にしておけば、必ずよい報いがある。)
という言葉がありますが、結構、当たっているかもしれませんね。


バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気ベスト3》
NO,1 アメリカ:赤十字と難民支援団体でインターンシップ  
NO.2 タイ:NGO山岳民族支援ボランティア
NO.3 オーストラリア:環境保全ボランティア

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト

コメント

アメリカのインターンシップ活動が現地新聞に掲載

2009年04月03日 15時23分47秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
春休みを利用して、アメリカの赤十字でインターンシップ活動をしていた学生さんたちの活動が北米毎日で紹介されました。

2007年、2008年にも学生さんのボランティア活動が紹介されました。

先週、出張中に現在ボランティア活動をしている学生さんにもお会いしました。
その2人も現地の情報誌から取材を受けると言ってました。

最近の学生さんは・・・とよく聞きますが、
能力が高く、やる気がある学生さんもたくさんいます。
やる気がある学生さんの割合は、今も昔も変わらないように感じます。

学生さんから学ぶこともたくさんあると現地スタッフのNさんが言ってました。
私も同感です。

今回の出張で学生さんから私もエネルギーをもらいました。

国連やJICA (国際協力機構)を希望している学生さんが何人かいました。
就職活動頑張ってください!

バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』


《人気ベスト3》
NO,1 アメリカ:赤十字と難民支援団体でインターンシップ  
NO.2 タイ:NGO山岳民族支援ボランティア
NO.3 オーストラリア:環境保全ボランティア

海外ボランティア専門サイト
留学専門サイト
ワーキングホリデー専門サイト
コメント