バンザイの社長のブログ

海外ボランティアやワーホリ、留学に関する最新情報&バンザイ・インターナショナルのカウンセラー(社長)の日記。

アメリカの老人ホームでボランティア

2008年02月29日 15時28分50秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
日本で理学療法士をしている方がアメリカの老人ホームで、現在、ボランティア活動をしています。

理学療法士さんや作業療法士さん、看護師さんなど、専門家の方でインターンシップ&ボランティア・プログラムに参加する人がたくさんいます。

送られてきた写真を見て、アメリカに行って、だいぶ表情が柔らかくなったような気がします。
出発前は、いろいろと心配されていたのですが、渡航前よりも幸せそうな表情に見えます。
良かった!


アメリカの老人ホームでボランティア
問い合わせ
コメント

アメリカの赤十字でインターンシップ

2008年02月26日 22時05分51秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
春休みを利用して、アメリカの赤十字でインターンシップをしている学生さんからメールが届きました。

======================
サンフランシスコの赤十字でインターンシップ
こんにちは。
だいぶ時差ボケもなくなり、この土地に慣れ親しんできました。
赤十字のスタッフの方々はとても親切で、親しみやすい職場です。
当初不安に思っていた英語での会話は特にに苦労することなくみなさんと仲良くやっています。
今、自分が手がけているプロジェクトは、日系の年配の方々向けの災害対策の重要性を啓発するためのパンフレットを日本語訳することです。
自分がここにいるまでの間、自分がやれることを最大限手を尽くしてやりたいと思います。
出来ればパンフレットのレイアウトも手がけたいものです。
残り少ない期間ですがこのサンフランシスコで頑張りたいと思います。
======================

春休みインターンシップ企画
アメリカの赤十字でプロジェクトチーム結成。
一緒に活動する方を募集しています。


アメリカのインターンシップ

問い合わせ

コメント

まじめに考える人が浮いてしまう

2008年02月23日 19時36分44秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
アメリカでインターンシップに参加した方々はサンフランシスコで交流会をしてます。

現地スタッフが声をかけインターンシップの参加者が集まります。

日本にいるとき、真面目に考えたり、真剣に話をすると浮いてしまいますが、サンフランシスコで交流会に参加する人は、皆さん、前向きな考えの方ばかりなので、議論したり、情報交換ができるので、お互いにとても刺激になりますという話をよく聞きます。

日本では、真面目に考えたり、議論をすると浮いてしまいますが、海外ではそういう人の方が普通です。何も意見がなければ、授業に参加しなくていいと言われます。

カウンセリングに来るお客さんも物事・人生を真面目に考えたり、議論をすると浮いてしまうし、少数派なので、辛いですという方がよくいます。

何も考えないで生活する人も必要ですが、これからの日本にとって、少数派の物事・人生を真面目に考えたり、議論をする人たちも必要だと思います。

ワーキングホリデーや留学のカウンセリングは、人生相談に乗ることが多いので、人生に行き詰ったら、人生相談に来てください。

少数派の学生さん頑張ってください!


アメリカのインターンシップ

問い合わせ
コメント

30万人のワーキング・ホリデー

2008年02月20日 19時19分32秒 | ワーキングホリデー
今までに30万人の方がワーキング・ホリデーを経験しています。

海外でNO.1のシェフやデザイナーなった人。
日本で参議院議員や区議会議員なった人。
医者になった人。
日本や海外で会社を経営している人。
大使館や政府観光局で働いている人。
旅行会社やホテルで働いている人。
渡航国の方と結婚して、海外で生活している人。
オーストラリアの大学院の博士課程で勉強している女性。
など

昨日のワーキング・ホリデー体験者の集まりで、私が10年くらい前まで担当していたガイドブック・「地球の歩き方のワーキング・ホリデー編」に掲載されていた私の体験談を読んでワーキング・ホリデーへ行きましたと言っていた方がいました。

久々に私の体験談を読んでいただいた方に会いました。その方からワーキング・ホリデーへ行って良かったですと言っていただいたので、本当に嬉しかったです。

ワーキング・ホリデー経験者が30万人以上いるということが凄いです。

青森市や福島市、宮崎市、那覇市などの人口と同じくらいの人がワーキング・ホリデーで海外に行ってます。

「30万人のワーキング・ホリデー」という本を出版できないかと出版社の方と話をしています。

ワーキングホリデーとは
問い合わせ
コメント (1)

タイの山岳民族支援をしているNGOのスタッフより

2008年02月05日 18時39分19秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
タイの山岳民族支援をしているNGOの日本人スタッフから近況報告が届きました。

タイの4月は夏季にあたります。
毎日暑い日が続く、4月の中旬にタイの旧正月があります。
この正月をタイではソンクラーンと呼び、正月中、水を掛け合い今年1年の厄除けと幸運を祈ります。

この時期に参加された方は、タイの正月の祭に参加することができますよ。

タイの山岳民族の人たちは、いつもニコニコしていて、あたたかくボランティアの方々を迎え入れてくれます。

タイの山岳民族支援ボランティア
問い合わせ


コメント

海外の大学に留学している人からの申込

2008年02月02日 16時54分02秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
アメリカやイギリスの大学に留学している人から当社のインターンシップ(ボランティア)・プログラムの申込が来ます。

海外の大学に留学しているのに、
日常英語ができるのに、なぜ!?
日本の会社に手続きを依頼するのか?と不思議に思っていました。

海外の大学は、勉強が忙しいので、
自分で手続くをする時間や労力を考えると、
プロに手続きを任せて、その時間を他のことに有効に使うということもあるみたいです。

インターンシップで成果を挙げ(単位を取ったり)、次の段階にスキルアップする。
お金を少し払ってでも、時間を効率よく使い、次の段階にステップアップさせる。
その結果として、よりよい就職先が見つかり、インターンシップで使った費用は簡単に取り戻せる。

先を見て、今、何をしたら良いのかを考え、時間とお金を効率よく使っている印象を受けました。

目的をはっきりと持っているので、NGO・福祉施設の方から評価されるだけの結果も残します。

(今の若い者は、・・・という人がいますが、凄い人は凄いです。私の学生時代の学生は、真ん中が多く、ドングリの背比べだったように感じます。今は、行動力や能力がある人には、チャンスが広がっているように感じます)。

自分で語学学校を手続きすることや安い学校、安い航空券、安いプログラム、1日の生活費をどれだけ安くするかなどにこだわって、
海外に滞在中に何をするのか?、何のために海外に行くのか?など、
肝心なことが抜け落ちている人も結構いるように感じます。

帰国後、採用面接で、「海外に滞在中に何をしてきましたか?」と聞かれると思います。
「・・・」をして来ましたと言えるようにしておいた方がいいと思います。
コメント