バンザイの社長のブログ

海外ボランティアやワーホリ、留学に関する最新情報&バンザイ・インターナショナルのカウンセラー(社長)の日記。

お客さんから育毛シャンプーをもらった

2007年12月19日 18時22分42秒 | ワーキングホリデー
お客さん(女性)から育毛シャンプーと育毛に関する本をいただきました。

髪の毛が薄い人に髪の毛が薄いと言えるところが凄い!

某発毛専門の会社にお勤めなので、私には髪の毛が薄いと言っても大丈夫と思ったのだと思います。

この方ならワーキングホリデーでオーストラリアへ行って、オーストラリア人とうまくやれると思います。

早速、入学する予定の語学学校の日本人スタッフに、「私の知り合いなので、よろしくお願いします」とEメールを送りました。

彼女のワーキングホリデーの目的は、柔道を通じてオーストラリア人と交流することです。

ホームステイ先は、埼玉県で柔道を教えている友人がシドニーの柔道仲間にお願いして手配をしています。

ワーキングホリデーとは
問い合わせ
コメント

アメリカの老人ホームは大学院を持っている

2007年12月18日 15時45分49秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
サンフランシスコの老人ホームは大学院を持っている。

当社からボランティアを派遣しているサンフランシスコの老人ホームは、大学院を持っていて、老人学を学んでいる大学生がよくインターンで老人ホームに来ています。

学生のインターンがアートセラピーや音楽療法などのアクティビティーを老人ホームで行っています。

日本から参加したボランティアの方々も一緒にアメリカの学生インターンと活動します。

アメリカの老人ホームでインターンシップ
問い合わせ
コメント

北欧の考え方に感動

2007年12月17日 20時41分15秒 | 留学/学校
北欧の大学の授業料は無料です。

国民の税金でまかなわれています。

優秀な学生を社会・国がバックアップしています。

学生は、国民の皆の税金で大学で勉強させていただいているという意識があり、社会に出たら社会貢献をするのが当たり前だと思っているそうです。

素晴らしい!

私も2人の子どもを持っている親なので、日本の教育費は高過ぎるのではと感じています。

現在の日本の状況では、子供をたくさん育てようと考える親は少ないと思います。



コメント