バンザイの社長のブログ

海外ボランティアやワーホリ、留学に関する最新情報&バンザイ・インターナショナルのカウンセラー(社長)の日記。

USAの老人ホームと日本の老人ホームの違い

2007年04月27日 11時48分48秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
昨日、サンフランシスコのコーディネーターに電話で、日本からボランティアで参加している日本の老人ホームで働いていた介護福祉士など専門家の方々が日本とアメリカの違いをどのように言っているのか聞いてみました。

日本⇒
高齢者を子ども扱いするケースが良くある。みんなで一緒にやることが多い。細かいところまで気を使った介護。雰囲気が少し暗い。

アメリカ⇒
ひとりの大人(個人)として扱っている。それぞれの生き方や個を尊重する。アクティビティでやりたくないことは参加しなくてもいい。老人ホームを自分の家のように好きなように生活してかまわない。雰囲気が明るい。また、施設や部屋の作りも違う。

ボランティアを開始する前に老人虐待(ぎゃくたい)のビデオを見せられます。
ビデオで虐待の具体例が紹介されるそうです。例えば、介護福祉士が担当している高齢者の郵便物や請求書などを渡さなかったり、お金を振り込む作業を怠った場合なども高齢者の虐待になります。

アメリカ人の職員が虐待をしていることがわかれば、ボランティアの方でもレポートをする権利があるそうです。

さすがアメリカ!日本人も学ぶところがたくさんありそうですね。

私がアメリカの老人ホームを訪問したとき、「これからの高齢者(ベビーブーマー/団塊の世代)は、今までの高齢者と違い、行動的な高齢者が増えてきます。その対応をしなければならないので、大学でその研究が進められていますが、その対応が遅れています」と専門家の方が言っていたのが印象に残っています。そのとき、日本のことを言っているのかと思いましたが、アメリカも同じ状況みたいです。

★コーディネーターからのワンポイント・アドバイス
ボランティアの方は、高齢者の方と一緒にアクティビティを楽しんでください。それが一番高齢者や施設のためになります。高齢者の介護は、プロの介護福祉士が受け持ちます。高齢者が倒れたときなどは、ボランティアの方は、介護福祉士を呼びに行くことが役割になります。

アメリカ老人ホームのインターンシップ
問い合わせ
コメント

歯ブラシ300本の寄付

2007年04月17日 19時52分24秒 | 海外ボランティア&インターンシップ
看護師がベトナムにあるストリートチルドレン保護施設で子供たちのために歯磨きや洗顔、洗髪など衛生について授業を行うことになり、その時に使用する歯ブラシを300本の歯ブラシを当社で購入しました。

郵送すると検品の際に無くなってしまうケースがあるので、参加者にご持参をお願いしました。

歯ブラシ300本はかなりの量があるので、4月からボランティア活動に参加する4名の中に男性の方がお1人いましたので、その方にも150本持参をお願いしました。

当社が購入⇒参加者が歯ブラシ300本を運ぶ⇒看護師さんが衛生についての授業を行うという流れで、1つの新しい企画・授業がストリートチルドレン保護施設に生まれました。

渡航する参加者の方とすでにボランティア活動をしている参加者と協力して、ストリートチルドレンの保護施設のために新しい企画・授業を1つ作ることができました。現地での活動報告が楽しみです。
コメント

保育園の畑仕事を手伝ってから出社&カナダの花粉症

2007年04月14日 14時55分22秒 | 留学/学校
午前中、畑仕事を出社。
娘が通っている保育園が借りている畑に先生や保護者が集まって、土をひっくり返して、腐葉土と石灰をまいて畝を作る作業をしました。

先生やお父さん、お母さん、お爺ちゃん、子供たち20人くらいで、ワイワイやったので面白かったです。トカゲがいたので捕まえて、子供たちに見せたら怖がって逃げて行ってしまった。

小松菜⇒菜の花!?
小松菜が大きくなると、菜の花が咲くと子供たちに説明したら、先生やお父さん、お母さんから「え~それ本当!?」と聞き返されました。ほとんどの大人がそのことを知りませんでした。千葉の田舎育ちの自分にとっては、普通のことなので、みんなが知らないことに驚きました。今は、千葉にもコイダメはないんだろうな。さすがに世田谷区では見たことがありません。

★カナダの花粉症事情
カナダの語学学校の日本人スタッフから下記のようなメールが届きました。
カナダにも花粉症はありますよ。
生徒で鼻が詰まって発音が良くできないと悩んでいる生徒がいました。
バンクーバーの木々もそろそろ芽吹くころで、今週の日曜日には、バンクーバーのマラソン大会(Vancouver San)が開催されます。生徒も参加します!ちなみに、私は、応援のみで参加です。
コメント

カナダの語学学校のスタッフと昼食

2007年04月12日 18時57分02秒 | 留学/学校
今日は、カナダの語学学校のスタッフと昼食をしました。

カナダには、当たりが最低4億円というLOTOがあるそうで、よく買っていると言ってました。

学校は、バンクーバーにあるVICという人気校。日本人の割合を制限しているので、締め切りがあります。現在、入学できるのは、5月7日(月)以降です。

発音を矯正する授業が人気で、発音矯正クラスだけで6クラスあるそうです。12週間かけて、アルファベットの発音訓練をして、英語を発音できる筋肉から作っていくそうです。(バットの素振りができない人に野球をやらせても、変な野球になってしまうのと同じで、英語もプロの指導者が発音の仕方・基礎を教えると、綺麗な英語が話せるようになるそうです)

話を聞いて、自分も授業を受けてみたいなという気になりました。

PS.
昨日は、ニュージーランドから語学学校の校長先生が来ました。親子留学のコースで、10才以上であれば、子ども1人で小学校に留学できるプログラムがありました。台湾や韓国から結構たくさんの子供たちが来ているそうです。

家に帰ったら、息子が英語の勉強をしているがよく分からないと言っていたので、ニュージーランドの小学校に留学したら、すぐにできるようになるから行って来いと言ったら黙ってしまいました。

息子が5才のときニュージーランドの保育園、1年生のときにオーストラリアの小学校に1週間ずつ体験入学させたことがありました。期間が短かったので、英語の面では、まったく効果がありませんでした。短期の親子留学は、親は楽しいかもしれませんが、子供は何ともいえません。私の場合は、息子と2人で行ったので、送迎・炊事・洗濯・仕事などで大変でした。今となっては良い思い出です。
コメント