バンザイの社長のブログ

海外ボランティアやワーホリ、留学に関する最新情報&バンザイ・インターナショナルのカウンセラー(社長)の日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小学校におやじの会の時に作ったビオトープがまだあった

2018年06月03日 11時23分24秒 | 子育て・家族・環境
娘が通っていた地域の小学校へおやじの会のOBの一人として、プルーで行われたヤゴ救出作戦にお手伝いに行きました。

今年は、プールに塩素を入れてしまったみたいで、あまりヤゴはいませんでしたが、子供たちは楽しんでました。


プールの近くにビオトープがありますが、7、8年前に図工の先生と一緒に穴を掘ってシートを張って作ったものです。自分が作ったものが、引き継がれて、今では魚やヤゴなど色々な生き物がいる豊かなビオトープになってました。

自分が作ったビオトープががまだあることに嬉しくなりました。生き物が好きな子供たちが集まってきて、観察しているそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バンザイ・インターナショナル
『社会貢献を仕事にする会社』




コメント   この記事についてブログを書く
« 週末、奥多摩の白丸湖でカヤック | トップ | 母親と一緒に実家の庭にある... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

子育て・家族・環境」カテゴリの最新記事