バンザイの社長のブログ

海外ボランティアやワーホリ、留学に関する最新情報&バンザイ・インターナショナルのカウンセラー(社長)の日記。

東京農大で社会人向けの授業を受講しました

2018年11月30日 10時20分16秒 | 子育て・家族・環境

東京農業大学で社会人向けの授業を11月中に2日間受講しました。
授業を聞いていて、1年間、畑で野菜を栽培して、上手くいかなかった理由がよく分かりました。
一部のほうれん草のとう立ちは、街灯の明かりが原因だということが分かりました。
冬場はトンネル栽培をした方が保温作用があるのかと思ったら、夜風に当たらないのでトンネルをした方が地表の温度が下がるということが分かったことも新しい発見でした。
長年研究を続けてきた教授の話はとても参考になりました。ありがとうございます。

畑の土の分析もしてもらい自分の畑の土の状況も分かりました。思っていた通り窒素などの肥料が足りませんでした。畑は酸性かと思っていたのですが、PH7.4のアルカリでした。苦土石灰を蒔きすぎたのかもしれません。土の状況を把握することの重要性も知りました。

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 仲間と湖畔で焚火 | トップ | 自分で育てた野菜を収穫・料... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

子育て・家族・環境」カテゴリの最新記事