遠隔専門ヒーラー ハスノのあれこれ日報

日記とか、育児とか、胡散臭い話も書きますよ!

フェイスブックでやっている「後ろの方鑑定」についての話 2018年版

2018年09月19日 | 胡散臭い話

去年人気となった後ろの方鑑定ですが、今年もやることにして現在も受付中です。
 
私がどういう風に後ろの方を見ているのかということについて、みなさん興味があると思いますので、そのことについて書きます。
 
先ず見えているかいないかということで言えば、「視覚としては見えてないし、イメージとしても見えていない」です。
 
私は「言葉」で情報を受け取るタイプなので、イメージにしろ何にしろ映像としては感知していません。
 
どういう状態で受け取っているかというと、ここからは激しく胡散臭いので信じない人は信じないでOKです。大ぼら吹いてやがるこのタコ助とでも思っておいて下さい。私が感じない系の人間ならそう思いますんでw
 
先ずお写真を見る前に、目を閉じてうちのハイヤーセルフさんと、依頼主さんのハイヤーセルフさんに「よろしくお願いします」と挨拶します。
その後集中します。
厳密には集中しながら脱力していきます。
自分のフィールド(オーラみたいな、肉体よりひとまわり大きな領域と思って下さい)から、依頼主さんのフィールドに入るんですが、今はこのサポートにうちの<彩(さい)のドラゴン>である<三日月>を使っています。
<三日月>というのは、私が作り出したヒーリングエネルギー(ドラゴンの概念によってつくられている)なのですが、外見が刀剣乱舞の三日月宗近の姿をしています。
これは私がその外見情報を上書きしたんです。趣味全開ですねw 
この<三日月>が、私と向かい合って立ち、私の両手を引いて、依頼主さんのフィールド内に引き入れてくれます。
入った瞬間に色を感じるので、その色を感じたら目を開けて依頼主さんのお写真を見ます。
そこから情報が降りてくるので、どんどん書いていきます。
私が最初に「〇〇の衣装か光をまとった」と書いている〇〇のところが、私が最初に感じ取る色なんです。
 
色を感じとれれば、あとは情報がどんどんやって来るのでどんどん書いていきます。
私が書いているのは、受け取ったままを書いているんです。
で、書いてたものはどんどん頭の中(記憶)から消えていきます。
書き終わってから読みかえしますが、私はこのとき受け取っていたときの状態を覚えていないんです。
私はたまに自分を「あっちさん(見えない方々)にとって便利な出力ツール」と言うのはこれが原因です。
 
私は立場上見せてもらっているので、見えないこともあります。
後ろの方が知らせない方がいいと判断していれば、私に情報を渡してくれませんから、私はなーーんにも感じとることができないんです。
これまで数名いらっしゃいました。
これはこれで、後ろの方の存在を依頼主さんにお知らせできるわけですが。
 
ざっとまあ、こんな感じで見ております。
 
物凄くお待たせすると思いますが、受け付けしておりますw
https://www.facebook.com/yui.hasuno.3/posts/1892239660869269 
 
ご感想のいくつかを貼っておきます。

 

ご感想
そのいち そのに そのさん  

 

見えなかった事例。
https://www.facebook.com/gdpdsm/posts/1865222543558658


★☆★☆★

フォローはお気軽に(場合はよってはブロックしちゃいますけども) フェイスブック

ハスノのプロフィール

お問い合わせ

 

オリジナルヒーリング蓮の風
http://blog.goo.ne.jp/hasunokaze

 

ランキングが上がると、遠隔ヒーリングの便利さを多くの方へ知ってもらえるので、ポチっとよろしく!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« モラハラについての私の見解 | トップ |   

コメントを投稿

胡散臭い話」カテゴリの最新記事