バンコクから愛を込めないで(タイの政・経・社会編)

プチニート中の「バンコク愚連隊」がタイの事象以外にも世界(含む日本)の経済なども含めて誰もがわかり易いように書いてます♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

(タイの政治経済社会) 今週号はまた販売自粛!エコノミストは王制の毒薬なのか??

2009年04月17日 20時55分47秒 | タイの政治経済社会
「タイの地元新聞を読む」によれば「The Economist」誌が4月18日号を「また」タイ国内販売自粛にしたそうです。また、ってのは前例があるんですけどね。


前例の時も旧「バンコクより愛を込めないで」で取り上げたんですが、その時の記事が下のエントリーです。


  英字紙「エコノミスト」販売自粛?こりゃ完璧にまずいわ…


この時はメインに引っかかったのは「不敬罪」への批判だったと思うんですが、内容のなかには「王妃様の民主主義市民連合=PAD援助」なんかも活字化していました。
今回はどんな内容やら…


あとで読んでみますね。たぶん、大本のイギリスのサイトにはアップされていると思うんで。



ではまた
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« (東の隅の相似形) 番外的... | トップ | (タイの政治経済社会) 反... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイの政治経済社会」カテゴリの最新記事