奇想庵@goo

Sports, Games, News and Entertainments

9月29日(土)のつぶやき

2018年09月30日 07時01分03秒 | Twitter
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 9月28日(金)のつぶやき | トップ | 9月30日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (名無し)
2018-10-01 18:12:45
台風、そちらは大丈夫でしたでしょうか。
前回の被害の件もあり、気になっていました。

>イベ

嫁艦一隻を貫き通してるのは凄いと思います。
なんか途中で経験値の加算されないのが辛くなって、カットイン艦のお手軽増加なんかを見越してケッコン艦が気付いたら三ページ目まで。
偶になんだこのハーレム艦隊はとラノベ状況の母港に自問しますけど(苦笑)。

今回の資源消費は、自分ところは概ねクリアだけだと7万燃料弾薬、3万ボーキ、掘りで以下略です(汗)

>属性

学閥内のしがらみの話を聞いた時に似たことを感じたのですけど、そういうのに近いのもあるのかもしれませんね>悪いものと思う「しかない」
奇天様が仰ってた話で言えば属人性のそれに近いと思うのですけど、「あの人が言っていた」という「あの人」という属性そのものがフレームを作っていくことで、界隈のようなものが形成されてしまって、話題をまとめる(テレビに出る)インテリ層も界隈に乗るしかないみたいなのとか。
もちろんこれは個々人の、市井のそれの話ですけど、信じやすい環境や、その情報を提供する側の環境に「届けやすい言葉」と、「届けるべき言葉」として定着してしまっている悪役像があるのかなと。
医療は金の為に人間を食い物にする、という空気が生まれればその見方が普通に浸透する、とか。
個人経営の経営かつかつの場所ではその経営環境からやれる事が限られてしまう=ネガティヴな印象に繋がる事はままありますけど、それをテレビやメディアで拡大されるといつの間にかそうなるのか、というのは不思議ではありました。
どこからそういう流れになるんだろう、とは思ってたのですけど、週刊誌からというのは正直言って驚きですね。
タブロイドかどうか知りませんけど、まだそんな影響力あるんだ、と。

こういうのだと福島の話もあるし、「反原発」ブームに乗っかった無数の俗説なんかも生まれてる感もあります。
ただ福島の人だけ風評被害を延々と被ってるようなのとか。
誰かが説得できるようなものでもなく、そもそも説得するべき話かと言われると違っていて、単に「こうなっちゃってるんだよな」という。
あれこれの陰謀論までこの手の話に介在する事もあって、正直カオスになってたりするなあと思ったりします。
流石に週刊誌でそこまでヨタは飛ばさないでしょうけど、ほぼ確信犯的にそうした層へのアピールをする雑誌は見たことがありますし。

個々人にとってはシステムは利用するもの(インフラとしてそれをベースに生活を作る)であって、その有益さをどう捉えて行くかが民意の在り方なんですが、個人にとっての有益さは見え辛いものなのかもしれませんね。
「~という人(職業)は~という属性を持つ(持つはず)」という思い込みは、ある意味シンプルなのかもしれません。
自分の信念を支持する論文はネットから誰でも探し出せる、という話のメジャー版ではあるのかなと。
というよりこっちが本家かもしれませんが。

ここらは可視化されてる問題の極端さをあげつらってしまうことで、全体として「均した」時の、俯瞰した意見が見え辛くなっているのかな、と思ったりします。
こうした人はこういう人である筈だ、という。

なんというか、キュレーター的なシステムをメディアが採用して、「全体の意見を均した」ものを取り上げるようなシステムができれば思想的な分断の過剰も、こうしたメディアに対する反応の平坦化(する事で、伝聞的な派生の抑制)もできそうなんじゃ、と思うのですけど。
ただ、これが個々人がメディアから受け取った情報を「個人として」解釈してしまう構造ならどうにもならないですけどね。
もうちょっと言えばメディアがどんな事でも話題優先でない掘り下げをバンバンやれば違いそうなんですけども(NHKとか要点纏めるのは上手いですけど、あんまり視聴率に繋がってないので難しいのかも)。

>記号

この規制は初耳でした。
というか、セーラー服(not制服)なんでしょうか。
これ、「制服は抑圧的か否か」みたいな話をJ・ヒースか誰かも確か書いてた憶えがあって、似たような結論を別の話から出してました。
それは規制という話ではなくて、「制服は抑圧の為に終始する形で社会は捉えない」という話でしたけど。
表現上目に付くものは表現上選択されたものなので、そういうの規制していったら選択肢なくなるなあ、とは思いますけど。
「ポップで使いやすいもの」として制服は機能してますしね。
メジャー所で言うとポカリのCMとか。
軍国主義の名残の云々、みたいな話をこないだ見て驚きましたけど、かつてそういう見方があったとしても、恐らく論点はそんな地点から遠く離れた場所まで来てると思います。
まあそれがエロ漫画だとすると、それはそれで別の意味で驚きますけど。
Unknown (名無し)
2018-10-01 18:24:40
>エロ漫画だとすると
書いてから該当tweet見に行ったら普通のマンガだったみたいですいません(イラスト載せられて詳細書かれてました、汗)
タイトルがエロマンガ表現史だったのでてっきり(苦笑)
いや、以前に気になってた本ではあったんですけどもw

というか、「制服を使うな」的な話なのではなく、「それを用いた性的(と思われる表現を行うな)」に近いんですね。
ちょっと目から鱗というか、驚きました。
紹介されてる程度の表現だとYA誌手前のマンガ雑誌系の作品でも普通にある感じだったので。
最近の話かと思ったんですけど、こういうのは徐々に変化してきたのかもしれませんね。

コメントを投稿

Twitter」カテゴリの最新記事