傘がない

2008-10-21 14:12:54 | ダイアリー
~テレビでは我が国の将来の問題を、誰かが深刻な顔をして喋っている~これは今よりもう35年以上前の井上陽水さんの名曲「傘がない」の一節です。「いつか来た道」じゃないですが、このところ夜に帰宅してつけるテレビのニュース番組は、年金問題 医療問題 そして世界的金融危機の経済問題などの話題であふれています。どの問題も~誰かが深刻な顔をして喋っている~です。あ~あ年末がだんだん押し迫ってきてこんなニュースばっかじゃつまんないし世の中暗くなっちゃいます。だけど、ごく普通の一般人にとってどう転んでも「どないこないしてもあきまへん」というのが現実です。

そんな中、先日の四国新聞におもしろい記事が出ていました。この景気後退(リセッション)必死の中での生活防衛策が紹介されていました。

  ・旅行より散歩へ、ぜいたく品は買わない
  ・労働力をもっと物作りの現場に
  ・不動産の購入は控える
  ・使わない、無駄をしない、投資をしない、大きな借金をしない
  ・「いかに人生を楽しむか」への発送転換

今降っている雨なら傘がなくても何とかなりますが、これ以上の「どしゃぶりの雨の中で」になっちゃえば、傘があっても濡れちゃいます。どしゃぶりにならないように願うしかないですネ。ところで最近、井上陽水さんあまりマスコミに露出していませんが、お元気なんでしょうか?「お元気ですか?」のCMが懐かしい今日コノゴロです。

月刊誌「GOETHE」11月号

2008-10-20 14:08:30 | デンタルプラザ
少しご紹介が遅れたのですが、男性向けビジネス誌「GOETHE(ゲーテ)」11月号(幻冬舎刊)に歯科の記事があります。「24時間仕事バカ!」は歯が命というタイトルの特集記事です。~息が臭い、歯が黄色い・・・仕事にかまげて、歯はおろそか。そして結局歯で悩む。歯に自信が持てれば人生が変わる。最新の治療法やお役立ちグッズを大特集。~こういう副題がついています。興味のある方はご覧になって下さい。

芸能人と仕事バカだけが歯が命じゃないですヨ。生きていく以上、全ての人は歯が命なんです。食べれなければ、生命の維持が出来ません。人間以外の動物は歯を失えばその個体の命も失われます。自然界で人間だけが歯を無くしたり、歯が悪くても不満足でも生活出来うるのです。

皆さん、生活の質向上のためにも、食事に何らかの支障をきたしているなら、「こんなもんじゃろか」なんて思わずに、是非一度ご来院下さい。ヨロシクデス。

マイセン干支フィギュリン

2008-10-19 21:25:09 | カルチャー
好天でした。少し汗ばむような陽気の一日で今日に限っていえば、年末なんてまだ先の話ってな感じです。ただ来年用のグッズはカレンダー、スケジュール手帳などお店の店頭に並んでいます。この時期にいつも購入しているのが、マイセン干支フィギュリンです。マイセンはご存知と思いますが、旧東ドイツ地域にある世界的に有名な国立マイセン磁器製作所をいい、フィギュリンは陶磁器人形のことです。

マイセンが1997(平成9年)より日本向けに干支フィギュリンを製作し販売を開始しました。その年1月三越高松店の世界の陶磁器フェアーの催しで、マイセンの作った干支「丑」のフィギュリンが限定販売されていました。たまたまこれを見つけて買ったのがこの干支シリーズを集めだした始まりです。一番厳しかったのは二番目「寅」のときでした。三越での販売は無いものと思い込んでしまい、買い逃していたのですが、通信販売のソニーファミリークラブが限定で販売していることを送られてきたカタログで知り速攻で購入しました。以後10月か遅くても11月には翌年の干支のフィギュリンを買うことにしています。

こつこつ1997(平成9年)より収集を開始して12年、去年の秋にマイセン造
形作家ペーター・シュトラングの作によるコレクションが完成しました。写真はそのコレクションです。今年より新しいマイセン干支フィギュリンのシリーズがスタートです。今回は女性作家シルヴィア・クリューデの作になります。今年より第二クールの始まりです。今年がスタートですのでご興味のある方は是非三越高松店に問い合わせてみて下さい。ヨロシクデス。

石清尾八幡宮秋季大祭

2008-10-18 20:47:30 | ダイアリー
好天の一日でした。午前中にお祭が始まる合図の打ち上げ花火の音が轟いていました。石清尾八幡宮の秋季大祭は以前10月14日15日の両日開催されていましたが、少し前より10月の第三土日に変更になりました。子供が小さかった頃当時医院のあった浜ノ町よりひんやりとした夜道を歩いてお参りしたものです。あの当時のことを思い出しながら仕事を終えた後、夕方お参りしました。この石清尾さんの秋祭りが終わると、いよいよ秋も深まり紅葉の季節を迎えます。

霜月11月も近くなり、来年用のいろいろなグッズが出てくる今日コノゴロです。マイセン干支フィギュリン 瀬戸内寂聴さんの「寂聴日めくり暦」 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館のカレンダーなどいつも定番で当医院に飾ったり使用したりしていますのでこれ等の商品を順次購入していきます。このブログにも紹介していきますのでヨロシクデス。


神無月

2008-10-17 13:59:33 | ダイアリー
10月のことを昔は神無月と呼んでいました。これはよろずの神様が10月になると島根県出雲地方に集まり、その土地の神様がいなくなるから「神無月」というそうです。出雲地方では逆に神様が集まるため10月のことを「神在月」と呼ぶそうです。夏のお祭は人間様のお祭ですが、秋のお祭は農作物の収穫などを感謝する神様のお祭です。

この讃岐路でも各地よりお祭の便りが届いています。琴平町の金刀比羅宮例大祭も終わり、明日あさっては地元宮脇町の石清尾八幡宮の秋季大祭です。今日は曇天ですが、明日のお天気よければいいですネ。

初代新幹線「0系」

2008-10-16 14:11:28 | 鉄道
昨日の四国新聞の記事によりますと、JR西日本は初代新幹線「0系」のうち大阪環状線JR弁天町駅に併設の「交通科学博物館」に展示している4両を「鉄道記念物」に指定したそうです。現在「0系」はJR西日本管内で大阪以西の山陽新幹線区間でブルーではなくグリーン帯の車体で「こだま」として運用されていますが、この11月末に引退するそうです。夢の超特急といわれた「0系」は親しみを込めて「だんごばな」の愛称でも呼ばれています。今の主力の精悍なイメージの「700系」などにはないノスタルジックなものを「0系」は持っていると思います。「0系」が博物館でしか見れなくなるのはいつものことながら残念です。

この「0系」ですが、この四国にも展示車両があります。予讃線JR伊予西条駅隣接の「四国鉄道文化館」です。去年11月にオープンした施設で、DF50形ディーゼル機関車とともに「0系」新幹線先頭車両が展示されています。「0系」新幹線電車は車両一両のなかほどを切断されれいて運転席前側部分が展示されています。また、この「四国鉄道文化館」には旧国鉄時代に使用した「愛称板」「種別板」「行先板」などの鉄道廃品や硬券切符なども展示されています。ご興味のある方は是非行ってみて下さい。ヨロシクデス。

勝ち点1 W杯アジア最終予選第二戦 あ~あ

2008-10-15 22:54:45 | スポーツ
あ~あ。何で?今夜のホームでの初戦 日本代表はウズベキスタンにまさかの1-1の引き分け。仕事の関係でテレビ観戦は後半途中からになりましたが、日本代表が得点を取る雰囲気無かったですネ。日本の得点シーンは早いクロスより生まれましたが、私がテレビを観出してからは相手の守備陣が対応しにくい早いクロスを入れるシーンは無かったです。体格のいい選手が引いて人間の壁を作って守備しているのに、守りやすいような攻撃をしていたのでは得点を取る確率は低くなります。何を意図して試合をしているのか分かりませんでした。相手の嫌がる攻め方をして欲しかった。試合会場の埼玉スタジアムは試合終了後、日本代表が負けたような雰囲気でしたネ。日本と同じグループのオーストラリアが調子良く勝ち点を伸ばしていますので、このホームでの引き分けは本当に痛いです。出るのはただため息です。あ~あ。

阪神タイガースの岡田監督は最大13ゲーム差を巨人に逆転され2位に終わった責任をとり辞意を表明しましたが、サッカー日本代表の岡田監督はこの先どうするのでしょう?次の11月にあるアウェーでのカタール戦が日本にとって最終予選前半戦の正念場になります。カタールに歴代日本代表はまだ一度も勝利したことが無いのです。救世主としてガマモト監督に登場していただきましょうか?ハイ。冗談デス。

四国デンタルショーINサンポート

2008-10-14 13:54:51 | デンタルプラザ
10/13(月)開催された四国地区歯科医学大会に付随して「四国デンタルショー」が10/1210/13両日開催されました。私は私用で10/13の日に見学できないため、10/12(日)にデンタルショーに行って来ました。デンタルショーというのは歯科用材料 器具 機器 専門書などの総合展示会のことです。四国地区歯科医学大会は各県持ち回りですので、四年に一度香川県で開催されます。四国デンタルショーも同様です。ただ、香川県歯科医師会独自で開催の歯科医学大会にも年に一度ですがデンタルショーがあります。ですので今年は香川県歯科医師会主催で2回デンタルショーが開催されたことになります。

今回のデンタルショーの会場ですが、サンポート高松であったのですが、会場がやや小さく少々物足りないものとなりました。デンタルショーはそれでも新しい材料や器具の発見の場でもあります。これが楽しくて凝りもせずよく行きます。ハイ。

今年はデンタルショーによく行っています。4月に近畿デンタルショー(京セラドーム)5月に九州デンタルショー(マリンメッセ福岡)玉井歯科商店という歯科用品全般を扱う歯科関連業界では大手の会社主催の 玉井デンタルショー(サンメッセ香川)そして今回です。あとの仕上げは来月11月これまた四年に一度開催される日本歯科医師会主催の日本歯科医学総会に付随の日本デンタルショー(パシフィコ横浜)でしょうか。

三代目 その3 使用可

2008-10-13 23:56:12 | 歯科医療
先週の日曜日に装着した私の装置ですが、今日で丸一週間を経過しました。当初の予想通り筋肉痛も固形物を咀嚼時の歯痛も消失しました。三度の食事にも使用しています。当医院では私が装着したような装置の実績もかなり臨床的に積んできています。「下顎運動を診る」という基本方針の中で装置は応用編になります。義歯やかみ合わせの治療にもこの基本はそのまま生かせます。義歯やかみ合わせでお困りの方は是非ご来院下さい。

連絡船うどん

2008-10-12 16:32:27 | 鉄道
本日の朝日新聞香川県版に宇高連絡船「阿波丸」の記事が出ていました。JR四国主催のインドネシアに連絡船を訪ねてのツアーの記事でした。今年6月末ツアーはあったようです。4隻あった連絡船の内3隻がインドネシアで活躍していて、その内の「阿波丸」を今回のツアーは訪ねたようです。「阿波丸」はフェリーに改造されているようです。記事に出ていました。

朝日新聞のこの記事で書かれていますが、連絡船にはデッキに讃岐うどんの出店のような一角がありました。高校時代を高松で過ごし今は福岡にいる友人も、連絡船のデッキで食べた讃岐うどんが懐かしいとこの5月に会った時に語ってくれました。寒風の中デッキで身を震わせながら食べたうどんがなぜか妙に美味しかったです。特に宇野からの下り便でよく食べました。やはり四国そして香川を身近に感じる食べ物だったからでしょう。

連絡船デッキの讃岐うどんを今は食べることは出来ませんが、高松駅ホームの一角に「あの懐かしの連絡船うどん」というカウンター席のあるお店があります。駅の構内に入らなくても外からもそのお店を利用できます。連絡船デッキのうどんが懐
かしい人は是非立ち寄ってみて下さい。立ち食いした方が当時らしくていいかもです。ハイ。