お寺の奥さんの幸せな暮らし

自分も他人もみんな幸せな暮らしを目指してます。
自分の体験や本や人から教えてもらったりした幸せになるタネを紹介します。

男女の脳はちがう、あきらめましょう

2018年05月21日 | 人間関係
相手にわかってもらいたいと思っても
そもそも男の人と女の人の脳は違うんです。

「何も言わなくても察して欲しい」と願っても無理です。
たとえ、言ってもそれを本当に理解してるのかもあやしいですよ。
あきらめましょう。

夫婦がうまくやっていくには、期待しないのが一番。

以前、お寺の勉強会で講師のお坊さんが笑いながらそう言ったのを思い出します。

それ以来、SORAは基本、夫にも他人にも期待しなくなりました
おかげで「してくれない」というような余計なストレスがなくなりましたよ。

期待してないから、してもらうと感謝の気持ちか生まれます。

自分の心に余裕があるときは、
文句を言われても聞き流し、共感し、
しかも感謝の言葉を投げかけるという高等技術もできるようになりましたよ。

たとえば「僕ばっかり大変だ」という言葉には、
「そうだね。大変だね。あなたってすごい!」
もしくは
「あなたのおかげで楽させてもらってます。ありがとう!」

本当は「私だって・・・」と言いたいんですが、ぐっと抑えてね・・・

でも、疲れて余裕がないとつい言っちゃって口論になるんですよね。
けんかすると嫌な気分がずっと続くので
身体によくないです。

いつも心に余裕を持つために
がんばりすぎに注意して、
毎日楽しく暮らすようにしてます!

全ては自分のため・・・ですよ。


ジャンル:
暮らし
この記事についてブログを書く
« 完ぺき主義じゃないですか? | トップ | 自分は守られている自覚 »

人間関係」カテゴリの最新記事