お寺の奥さんの幸せな暮らし

自分も他人もみんな幸せな暮らしを目指してます。
自分の体験や本や人から教えてもらったりした幸せになるタネを紹介します。

怒りを真正面から受け止めない練習

2018年04月15日 | 人間関係
怒られたら、真正面から受け止めてはいけません。
そんなことをしてると
心が折れてしまいますよ。

怒られたら神妙な顔をしつつ、
こんなに怒るのは、何かあったのかな?
そう思いながら怒りが過ぎるのを待ちましょう。

次のために反省をしてもいいですが、
多くの場合、怒る理由は、
自分のせいだけではありません。

また、怒っているときに反論するのはやめましょう。
冷静に聞ける状態ではありません。

反論したいときは、
その人が冷静で機嫌がいい時を見計らってするといいですよ。
聞いてもらいやすくなります。

決して、一緒になって怒ってはいけません。
怒って悪いことはあっても
いいことなんてひとつもありません。

怒りを正面から受け止めないために
怒られてるときは他のことを考えましょう。

大きな感情に巻き込まれないように
やりすごす方法を身につけてくださいね。

ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
« 「○○しなければ」を使うとス... | トップ | ちょっといい加減に生きてみる »

人間関係」カテゴリの最新記事