お寺の奥さんの幸せな暮らし

自分も他人もみんな幸せな暮らしを目指してます。
自分の体験や本や人から教えてもらったりした幸せになるタネを紹介します。

がまんしてつきあわない

2020年02月10日 | 人間関係
「会うと気分が暗くなる」
「話が合わない」
「会った後、どっと疲れる」
なんていう相手は、
あなたの運気を悪くする人です。

相性が悪い人とは、
たとえ自分に好意的な人でも
少し距離を置いたほうが精神的に楽。

自分の直感や気持ちを信じましょう。
嫌な予感は当たります。
我慢してつきあっているとだんだん運気も下がります。

どうしても関係を断てない場合は、
会う回数や時間を減らしましょう。

会っている時は、自分の時間をあげるつもりで話を聞いてあげましょう。
善行と思えば、相手との時間も意味あることになります。

自分の心を高める修行だと・・・
自分をほめるネタがひとつ増えたと思えば嫌な気分も変わります。

人と関わらずに生きることはできないけど
わざわざ自分の心を傷つける必要はありません。

今日もいい日だったと思える一日を送りましょう。

たとえ、いい日じゃなくても
「そんな日を生きた自分ってすごい」って思えば
少しはいい日になるんじゃないでしょうか?

事実は、変えられなくても
自分のとらえ方次第で
いい事か悪いことかが決まるんですよね 

がまんしてつきあわないようにしましょう