お寺の奥さんの幸せな暮らし

自分も他人もみんな幸せな暮らしを目指してます。
自分の体験や本や人から教えてもらったりした幸せになるタネを紹介します。

「〇〇さえあれば幸せ」では幸せになれない

2020年01月20日 | 幸せになる方法
幸せになりたいなら
「〇〇さえあれば幸せなのに…」なんて考えるのはやめましょう。

幸せな出来事の数と幸せかどうかは関係ありませんよ。

幸せかどうかは、できごとそのものよりその人の考え方や性格です。

幸せな人はどんな状況でも幸せです。
不幸な人はどんなに与えられても不幸です。

幸せな人は、不幸な出来事の中に幸せなものを見つけられる人です。


負けたけど悔しさがやる気のエネルギーになった・・・
病気になったけど家族のきずなが深くなった・・・
離婚したけどやりたいことができるとか・・・

「〇〇さえばあれば・・・」という、
その考え方を変えることが
幸せになる道です。

たとえば、あなたの欲しいもの全てとあなたの健康な体を交換したいと言われて、
あなたは交換しますか?

お金があっても病気なら嫌でしょう?

「〇〇さえあれば」って考えなくても、
私たちはすでにたくさんのものを持っています。

「〇〇さえあれば幸せなのに・・・」と考えるのはやめましょう 





大寒にしてはあまり寒くない朝

2020年01月20日 | 暮らし
今日は大寒とは思えない暖かい朝でした。

大寒(だいかん)とは二十四節気の1つで、
古代中国で作られた暦で
日本では平安時代から使われています。

大寒は暦では最後の節気で「最も寒い時期」を意味します。
節分の日が大寒の最終日になります。

ちょっと季節のズレを感じるのは中国で作られたからのようですね。

それにしてもこの暖冬は、異常気象です。

寒いのは苦手ですが
初めて雪が降らない冬になりそうな予感に
自然環境に影響がでないか少し不安になります。

平穏無事な年になりますように・・・