塩を売って緑を買う男・バンベンの日記

塩や重曹を売りながら内モンゴル・オルドスの砂漠緑化を進めるバンベンの奮闘記。商品についてはHP(バンベンで検索)まで!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久々に小城鍋島家ten裏の畑へ

2020-04-20 | Weblog
4月20日


雨上がりの月曜日。久しぶりに鍋島家tenの裏庭にあるバンベン菜園へ。

今年は僕が小城ぱく畑に掛りっきりになるから、妻がここを管理することになっていたが、体調不良のため当分畑仕事ができない。でもずっとほったらかしにするわけにもいかないので、時間を作って農作業。

小城ぱく畑で撒いた蕎麦の種が余っていたので、ここでも撒いてみることにした。

9:30に作業スタート。まず刈払機で草を刈って、草を取り除いて、耕して、畝を作って、もう一度草を取って、慣らして、種まき、軽く土をかぶせて、水をたっぷりかけて12時過ぎに終了。

耕しているときにカブトムシの幼虫みたいなのが5,6匹出てきた。

早く発芽しないと鳥に食べられそうだが、まずは5月に白い可憐な花を見るのが楽しみだ。

後は梅雨が遅れて無事に収穫できるのを祈るのみ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水巻町立伊佐座小学校

2020-02-12 | Weblog
2月12日(水)

雨の中、車で水巻町まで。これでもかと続く出前講座。この時期僕はまるで現地集合の旅芸人。

10:10伊左座小学校に到着。しばし校長室で待機。今日のパートナーもマンダルワさん。

10:30に音楽室に移動。約50人の生徒が体操座りの体勢で待っていた。学校は違ってもどこもだいたい同じようなパターン。

まずは僕の体験談。モンゴル事情はさらっと流して、塩を売って緑を買う男の話に入る。内容は2日前に社会人向けに講演したものとあまり変わらない。
砂漠化の話やどうやったら緑に戻るかなど小学2年生には難しいと思われるかもしれないが、これを話さなければ僕が小学校を回る意味もないと思っている。そしてそれはしっかり伝わっている。子供たちの目を見ればわかる。

でも子供たちの最大の関心事は馬頭琴であることも承知しているので30分で話を切り上げる。

あとはマンダルワさんにバトンタッチ。僕が伝えきれてない部分モンゴルの食事や学校の様子などを丁寧に説明し、お待ちかねの馬頭琴。

馬が轟くような激しい曲や物悲しい音色が校舎中を包み込む。何回聴いても心地よい。その他、モンゴル衣装の着せ替えや羊の骨を使った遊び体験など盛りだくさん。あっという間に90分の講座が終わった。

校長室でしばし歓談の後解散。マンダルワさんとはまた来週。

どこか周辺を散歩したかったが、あいにくの雨。ファミレスで昼食とパソコン作業を済ませ、サクッと家路についた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「九州の食」で講演

2020-02-10 | Weblog
2月10日(月)

博多駅からゆっくり歩いて40分。18:20に天神の定例会会場に到着。

パソコンの調子が悪くプロジェクターにつなげるに時間がかかったが、今日は時間がたっぷりある。

18:40に10分遅れでスタート。参加者は26名。バンベンのことを知っている人と知らない人が半々くらい。ちょうどいい。最近、社会人向けのプレゼンは15~20分くらいでこなさなければならない場合が多いので、あらすじだけになってしまうが、90分あればいろんな話を加えることができる。

「糧票の話」や「教え子との再会」「塩を探して3000里」など普段話すことのないエピソードを紡いでいく。これから本格化する小城での取り組みもじっくり語ることができた。気が付いたら100分。まだまだしゃべり足りないがいったん終了。

司会の若林さんとのやり取りや質疑応答など会場を出るギリギリの時間まで使って最後はばたばた終了。名刺交換を慌ただしく済ませ、交流会へ。日付が変わるころまで美酒を味わった。

この日は博多泊まり。ホテルの部屋でビール片手に一人反省会。今日の参加者にどれだけ響いたか、共感を呼ぶためにはまだまだ語りに磨きをかけなければ・・・。

それでも初対面の方との新しいつながり、仲間たちとの新しいコラボを妄想するとワクワクが止まらない。

若林さんが「犬も歩けば棒に当たる。歩かない犬は棒にも当たらない」と言っていたがまさにその通り。志を持って漂っていると不思議と出会いやチャンスがやってくる。だから「志を持った犬は望に当たる」と言い換えて今後使わせてもらおう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出前講座 in 福津市立南福間小学校

2020-02-04 | Weblog
2月4日(火)

7時起床8時チェックアウト。まだ時間があるので昨日行けなかった御船神社周辺を歩くことにした。

ここもなかなか趣がある。歩いていると「宗像四国西部第1番霊場」という看板があったので階段を登って行ってみるとズラッと仏像が並んでいた。
少し歩くと何と「馬頭観音」という仏閣が・・・。今から子供たちに馬頭琴を披露しなければならなかったので、うまく弾けますように(音が出ますように)とお祈りした。

小1時間ほど散歩を楽しんで、まだ時間があるので懐かしのなまずの郷へ。福津時代はよくここでテニスをした。ゆっくり朝の時間を使いながら10:10に福間南小学校へ。

ここは4回目くらいか。今日のパートナーのバイゲさんと合流。しばらく校長先生と歓談。ここは急激に児童数が増えていて、2年生だけで8クラス。260人を超えるという。福岡県一のマンモス校。まだまだ児童は増え続けるという。僕が福津にいた頃は学校の周りは一面の田んぼだったが、今はイオンモールができ、戸建てやマンションが溢れている。

10:40に体育館へ。2年生260人の子どもたちが体操座りで待っていた。早速僕のいつもの話。さすがに人数が多いのでソワソワした感じがあったが、ほとんどの時間集中して聴いてくれていた。寒い寒い体育館の床に座って健気に聞いてくれている。申し訳ない気持ちになりながらも最後は透明な物体と緑の広がりで盛り上げた。

トイレ休憩を挟んで、今度はバイゲさんのモンゴル事情と遊びの時間。始める前に子供たちの身体を動かして温めていた。さすが元教師。遊びは人数が多すぎて大ごとになったが、何とか収集がついた。

そして僕の馬頭琴の紹介。僕は馬頭琴を習ったことがないのでうまく弾けませんが、音は出せるので聴いてください。と期待値を下げてから、音を出してみる。体育館という空間のせいか、思いのほかいい音が出る。そのままキラキラ星へ。音があまりずれない。体育館に物悲しい馬頭琴の音が響き渡る。
なかなかのでき。拍手喝采。馬頭観音にお参りした成果か。

続いてモンゴル服の試着。質疑応答。大人数、寒い体育館と悪条件だったがきちんと盛り上がって、引き締まった講座になった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出前講座 in 福津市立神輿小学校

2020-02-03 | Weblog
2月3日(月)

車で一路福津市へ。10時15分に神輿小学校着。今日も「スーホの白い馬」に合わせたモンゴル講座。

今日のパートナーは馬頭琴演奏者でもあるマンダルワさん。10:40に音楽室に。

2年生(約30人)以外になぜか4年生(約45人)も授業に参加。自己紹介を済ませると僕は隣の図工室へ。講師2人が分かれて授業を行うパターン。子供たちも2グループに分かれてマンダルワさんの馬頭琴演奏やモンゴルの遊び文化を中心とした講座と僕のモンゴル事情&塩を売って緑を買う男の講座を1コマずつ交互に受ける。

子供たちにとってはきめ細かく話が効けるが、講師にとっては同じことを2回しなければならないので大変。

1回35分をめどに淡々と話を進める。スライドをプロジェクターに映し出すが、カーテンがない図工室。日差しが容赦なく降り注ぐ。うっすらとしか画像が見えない残念な状況。

情景が目に浮かぶような語りで補うしかない。子供たちも想像力をフルに発揮して集中して聴いてくれている。不利な状況をお互い協力し合っていい流れができた。

ただ「透明な物体」を当てるクイズの時すぐに塩!と当ててしまうので、ちょっと拍子抜け。毎年参加している「宗像こどもまつり」で岩塩を買ったことがある子供や先生がいたことを後で聞いて納得。逆に有り難い。

最後、また音楽室に集まって質問タイム。いろんな質問が出る中で、「坂本先生はなぜモンゴルに行こうと思ったのですか?」との質問が。本当はタイとかマレーシアとか暖かい国でのんびり日本語を教えたかったんだけど・・・。まさか内モンゴルとは・・・。いやいや派遣されたところがたまたまハマってしまって現在に至るということ。縁としか言いようがない・・・。と回答。わかったかな?

12:15終了。しばらく校長室に待機。12:30から給食交流。節分ということもあって海苔に酢飯と具を巻いて恵方巻のようにして食べる。そして子どもたちとの他愛もない会話。楽しいひと時。13:30終了。

明日も福津で講座があるので今日は近くの安ホテルで宿泊。時間はある。どこか神社周辺を歩きたい。だけど宮地嶽神社や宗像大社は何度も言っているので、行ったことがないところ。御船神社周辺が良さそうとナビに頼ってたどり着いたところは普通の集落。

ちょっと離れたところに八所宮という神社があったので、そこまでふらふら歩いて行った。行ってみたらなかなか立派で由緒ある神社。いい空気が流れている。ナビの操作ミスでたまたまたどり着いたところ。何かに導かれたのかもしれない。

周辺も含めてぐるっと1時間半。気持ちよく歩けた。今日も1万歩越え。ホテルの部屋ではパソコン作業や明日の準備など。

ビールをチビチビ飲んで早めの就寝。明日の講座も楽しみだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出前講座in 小郡市立大原小学校

2020-01-29 | Weblog
1月29日(水)

前日福岡市内のホテルに泊まって、飲み会もなかったので体調万全。

10:20に大原小学校到着。確か数年前にもお邪魔したような・・・。中庭にウッドデッキがあり、廊下が広い特徴のある校舎。思い出した。間違いない。

しばらく担当の先生と歓談し。10:40に音楽室へ。小学2年生約50人が床に体操座りの状態で待っていた。ここまでは昨日の青山小学校と同じ。昨日は1コマを3人で担当して少々窮屈だったが、今回は2コマを1人で担当しなければならない。小学2年生を90分一人で飽きさせないで講座をするのは至難の業。

いつものようにスライドをスクリーンに映しながら、淡々と語り始めた。モンゴル事情は少めに。自分の体験談は物語を紡いでいくようにたっぷりと。

初めての授業。水が貴重な生活、草原はどこへ?砂の恐怖・・・。話しているとあっという間に時間が流れていく。5分休憩を挟んで、透明な物体。砂漠がだんだん草原や森になっていくハイライト。〇を売って〇を買う〇でおしまい。

最後までざわついたり寝たりする子供がいなかったので、気持ちよく話を進めることができた。

残り15分。ここで馬頭琴の登場。演奏はできないが、音だけでも聴いてほしいということで、独学で弾くきらきら星を披露。だいぶ音がずれていたが、拍手喝采。2人の子どもに少し弾いてもらった。質疑応答も楽しくこなし12:15終了。

いつもより大変だったが、会心の授業。

サクッと小城に戻って月末の業務に取り掛かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出前講座 in 北九州市立青山小学校

2020-01-27 | Weblog
1月28日

9時起床。やや二日酔い気味。ゆっくり準備して10時にチェックアウト。用事を済ませながら北九州方面へ。

出前講座の嵐第2弾。13時半に北九州市立青山小学校到着。今日は馬頭琴のマンダルワさん、モンゴル人留学生のデボさんと3人で授業を行う。3人講師がいるのに時間は45分。いつもより凝縮してやらなければならない。

音楽室に通されると小学2年生約50人の子どもたちが待っていた。

13:50スタート。まずは僕のお話。いつものようにスライドを見せながら淡々と話を進める。今回はエピソードなしで飛ばしながら話をしていく。僕としてはモンゴルでの体験談を中心に話したいのだが、モンゴル事情も欠かせない。10分で終わらせようと思ったが、15分ほどかかってしまった。

続いてデボさんのモンゴル事情とモンゴルの遊びのコーナー。話は僕が話さなかった食事や季節などについての話。そして羊の骨を使った遊びを披露。子供たちも参加して大盛り上がり。

最後にマンダルワさんの馬頭琴。今回は特別にマンダルワさんの妹さんがモンゴル舞踊を披露する豪華バージョン。曲はその名も「スーホの白い馬」。馬頭琴のメロディーに合わせたモンゴル舞踊。見ごたえがある。

残念なのは時間が押してしまい。馬頭琴の他の曲の演奏や馬頭琴音出し体験をしてもらう時間がなかったこと。やはり3人で45分は短すぎる。もったいない。

授業が終わって、しばし校長室で歓談。デボさんは4月から熊本に行く。修士課程で都市計画などを研究するとのこと。ウランバートルに人口が集中するモンゴルでは必須の課題。将来有望な好青年。

マンダルワさんとはまた来週。ということでそれぞれ学校を出た。

僕は福岡市内でホテル泊。明日も出前授業。お酒はほどほどに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アーヤ藍さんトークとsigns from Nature上映会

2020-01-27 | Weblog
1月27日(月)

午後から車で福岡市内まで。用事を済ませ、清川のホテルにチェックインして、ホテルの部屋でしばし事務仕事。

19時に出発。雨の中、傘をさして歩いて20分。イベント会場のComo es cinemaまで。19時半から「アーヤ藍さんトークとsigns from Nature上映会」スタート。北海道の漁師、長野のスキー場、岡山の西日本豪雨被災者、沖縄の観光従事者などがそれぞれの立場で気候変動によってもたらされた生活の変化について淡々と語っていく。

学者や活動家ではなくあくまでも生活者の立場から語られているので、かえって心惹かれるものがある。もっといろんな事例を知りたいと思ったところで映画終了。

20分。もう終わったの?といった感じだが、ここからのトークショーや意見交換が面白かった。プロデューサーのアーヤ藍さんの想いや撮影秘話。
環境問題ということで僕もオルドスや小城での取り組みの話をさせてもらった。

参加者それぞれの感想や取り組みなど聞けて刺激を受けた。環境問題に関心のある人、行動を起こしている人は確実に増えていると実感。

今日はホテル泊なので安心して飲める、ということで2次会にも参加させてもらった。イタリア料理に赤ワインが進む。こういった場合は後で何を話したか覚えていないことが多い。

小城でなんかやろう!とか言っていたような・・・。

24時前にホテル。誰もいない大浴場でゆっくり。

とにかく楽しく、希望が持てる夜だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出前講座in福岡市立和白東小学校

2020-01-21 | Weblog
1月21日(火)

7時過ぎに車で出発。三瀬峠を越えて博多まで。博多で1件仕事を済ませて、10時過ぎに東区にある和白東小学校に到着。

この時期は小学2年生を対象に出前講座の依頼が殺到する。スーホの白い馬を学習するタイミングでモンゴルについて理解を深めたいということのようだ。

この日のパートナーはバイゲさん。

10:30スタート。音楽室には100名を超える子供たちが座って待っていた。インフルエンザの影響はまだないのか、マスク姿はゼロ。

まずは僕の話から。大草原やゲルや羊などモンゴル関係の写真をさらっと見せるが、詳しくはバイゲさんに任せて、僕の体験談に移っていく。

28年前に初めてモンゴルに行って日本語の授業を行った時の様子。砂漠化の恐怖。木を植える人たち・・・。

そして「透明な塊」を見て、触って、舐めて・・・。今回も素晴らしいリアクション。緑化の様子とこれからの話をして終了。

トイレ休憩を挟んでバイゲさんのモンゴル事情。衣食住や学校の様子などスライドを交えてわかりやすく伝えていた。また羊の踝を使った遊びも盛り上がった。

最後に馬頭琴。音を出す程度しかできないが、みんな独特の音色に聞き入っていた。何人かに弾いてもらって、質疑応答。12時に終了。

まずますの出来。これでスーホの白い馬の学習もバッチリ?

後8回。北九州やら福津やら遠くまで足を運ぶのは大変だが、モンゴルのことや自分の活動を伝えることができ、子供たちの笑顔を見れるのでやめられない。

インフルエンザに気を付けながらやり切ろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2019秋オルドス植林のアルバム

2020-01-12 | Weblog
中国内モンゴル・オルドスでの砂漠緑化活動と交流の旅をアルバムにまとめました。お時間のある時にご覧ください。

https://www.facebook.com/pg/banben.ordos/photos/?tab=album&album_id=3122481304448386&


https://www.facebook.com/pg/banben.ordos/photos/?tab=album&album_id=3126870710676112&
コメント
この記事をはてなブックマークに追加