四樂八樂

吹田市にあるばん呼吸器内科クリニックのブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

公開講座

2013-05-29 18:10:50 | 日記
こんにちわ。

5月23日に、吹田市保健センターで「その咳大丈夫?〰〰肺癌やCOPDなどのこと〰〰」という公開講座をさせていただきました。とりとめのない話に1時間もお付き合いくださった皆さん、ありがとうございました、そして、お疲れ様でした。
20年間肺癌と戦うことをライフワークと思ってやってきましたが、軸足を「喫煙との戦い」にうつして開業医になったので、こういった草の根のお話し会なんかはツールとしてうってつけだと思っています。これからも機会があればお話しさせていただこうと思っていますので、ご興味のある方はお付き合いください。……というか、本当は興味のない人にこそ聞いていただかないといけないのかも知れませんが……。

ばん

臨床研修

2013-05-20 17:52:05 | 日記
こんにちは

本年度から当院は、基幹型臨床研修病院である大阪市東淀川区の医誠会病院の臨床研修協力施設として、同院で臨床研修を積まれる先生方が地域の実地臨床がいかなるものであるかを勉強されるお手伝いをさせていただくことになりました。時に見慣れない若い先生が診察場に同席されることがありますが、ちゃんと医師国家試験をパスされて医師の資格を得られた先生方なので守秘義務も含めきちんとされていますから、ご安心ください。

医者に限らないでしょうが、進歩に取り残されないためにいろんな新しい知識や技術について日々常に勉強を続けていかなければならないものです。特に新人の頃にはあふれる希望とこれまで経験しなかった責任に押しつぶされそうになるものです。そんな時に、適切に情報の交通整理をしてあげ、時に折れそうになる心を支えてあげるのが先輩の役割だと思いますし、私自身そうして育てていただきました。
岡山大学第一外科学教室の中にいるときは井上文之先生や妹尾紀具先生に、教室人事を離れてからは西村嘉裕先生や安光勉先生に、呼吸器外科医として手術に限らず多くの知識や技術を与えていただき、外科医としての矜持を教わってきました。本来であればそのようにして育てていただいた恩は、次の世代に引き継ぐことで返していかなければならないところなのですが、外科医としての私の居場所はなくなってしまったので、身に着けた知識も技術も残してゆくことができず、諸先輩方には申し訳ない限りです。
そこで、せめて私が教わってきた医師としての在り様を、患者様に対する姿勢を、若い先生に伝える機会になればと思い、このたびの臨床研修のお手伝いをお引き受けした次第です。

将来の日本の明るい医療のお役にたてれば!
……大げさかもしれませんが、気概としてはそういう思いです。

ばん

休み疲れ…

2013-05-11 14:14:06 | 日記
こんにちわ

ゴールデン・ウィークは楽しく過ごされましたでしょうか?遠出された方、ゴロゴロ・ダラダラ過ごされた方、里帰りのご家族をお迎えされた方…、いろんな過ごし方があったことでしょう。
特に5月に入って気温がスッと下がったこともあり、体調を崩されて休み明けに受診された患者様も多くいらっしゃいました。そして、この不安定な天候です。
体が疲れているときは、免疫機能など身を守る力も弱っていると思った方がよいです。

楽しく過ごした後に不愉快なことになりませんよう、皆様ご自愛ください!


ばん