バンビ・わーるど

プラダー・ウィリー症候群の息子「バンビ」を愛し、その成長を見守る母・suzuのつれづれ日記(&ときどき猫だより)

就労への道⑦通勤練習でまさかの事態

2020年11月12日 | 社会的自立に向けて
 外部実習を控え、朝実際に一人で通ってみて、先方に確認印をもらってくる
という通勤練習の日。

バンビとは2回も一緒に行って
交通ルートに何も難しいところはないし、駅からの道のりも簡単だし
1時間でも楽勝で着くところを余裕見て1時間20分前に送り出したし
当然何事もなく済むものと思っていた。
ところが...

5分遅刻してきました という話で超びっくり!
あんなに 電車の時間とかいろいろ念入りに確認したのに、何でやねん!

理由を聞いても、どうにも明確な答えが返ってこない。
トイレに入っていた とか、地図を見ていて遅くなった とか...
いやいや、地図見るほどの距離ないし、ルートはわかっているはず。
しかもそれでなんでそんなに時間がかかる?

挙句の果てに、「警察がいて怖くて通れなかった。」という言い訳。
何それ???

歩きスマホしてたら捕まると思ってー ってどういうこと???

信用して一人で送り出したというのに
そんな訳の分からない理由で 信頼を裏切られて
私は呆れたのとショックでしばらく呼吸も忘れそうだった...(泣)

どうやら 目的地のビルの前にたまたまパトカーが止まってて警察官がいた。
日頃から私が ”歩きスマホしてると警察につかまる”と半ば脅しをかけて注意しているもんだから
スマホを見ていたバンビは恐くなってしまった ということらしい。

うーん...

学校に電話したら担任の先生からは
「いや、こういうのはよくあることですから 大丈夫ですよ。
 それより バンビ君が自分から
 『明日もう一度やり直しをしていいですか?』と言ってきて
 その前向きさは偉いと思うので誉めてあげてください。」
って言われたんだけどね。

で、結局 翌日は先方にはもう立ち寄らずに
スマホでビルの写真を撮ってきて、それで練習できた証明にしましょう
って話になって、リトライしたバンビ。

しかし、今度も写真の時間は定刻の1分前...
先生からは「微妙ですねぇ、もう1本早く出るとかではどうでしょう?」と
言われる始末...。

いや、時間的には十分余裕なんだけどね。
それより 本人のヘンな認知のゆがみの問題なんだよなー。
こういうのって こっちには想像もつかないところで難しいなぁ と思う。

まぁ、”悪いことをすると警察に捕まる”ってほんとのことだけど
あまりそれを強調しすぎて 本人ビビらせることになったのは私のせいだけど。

はぁ... どうなる実習
頼むよ、バンビー。

コメント   この記事についてブログを書く
« 就労への道⑥ 実習先の面談 | トップ | 就労への道⑧外部実習終了 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

社会的自立に向けて」カテゴリの最新記事