俺の日々是精進‼︎‼︎

気が付きゃなんだかアウトドア派になってた男。

「キャンプ」②

2017-03-17 23:44:28 | 稲川さん風 体験記
…テントの中で寝る準備をするわけだけども…
何せ精々二人寝るのが精一杯な広さなんですよ
そんなに自由はない…

あれやこれやと明日の支度やら、準備をしてから寝袋に入った…
私はというとねぇ…前の日にあまり眠れなかったんだ

なんでかは分かりませんがね?
大体三時間でしょうかね、そんなもんでしたよ眠れた時間は…

そんな経緯もあってか、この日の山の夜はすぐに眠れた
珍しいんですよ、山ですぐに眠れるなんてね?
いつもは気が張ったりしてなかなか寝付けないんだ…

けどもぉ、睡眠不足もあってかすぐに眠れた…

寝についてから暫く経ちましたよ
時間で言うと、そうですねぇ二、三時間は経ったでしょうかねぇ?

するとぉ…テントの外でね

ザッザッザッザッザッ…
ザッザッザッ…ザッザッ…

足音が聞こえてきた…

「なんだぁ?……ああTの奴、小便か…」
そう思ったですよ。
なにせ自分とT君しかいない状況ですからねぇ…
何も疑問に思わなかった…その時はね?

………………………

……翌朝、と言っても夜明け前に目が覚めた。
数メートル離れたT君のテントからガサガサと物音がしましてね

で、「なんだぁ?起きるのかぁ?」そう聞いたんですよ、ええ…

するとぉ…

「はい、もう目が覚めたんで…それより…昨日の夜、俺のテントの周り歩きましたよね?」

そう聞いてきた…

「いや、歩いてないよTこそ俺のテントの周り歩いてただろ?」

でもTは歩いていないと言う…

T君の話しだと、夜中にテントの周りで足音が聞こえたけども私だと思って大して気にしていなかった
しかしあまりに長いこと足音がするもんだから流石に気になってきた…

でぇ、テント越しに音がする方を見ると
その足音を立てているのは、灯りも付けずに歩いていることに気づいた…

(……………ありえない…)

灯りも無しに歩ける様な場所じゃないんだ

歩いているのが私じゃないという事を知ってしまったもんだから、そりゃあもう恐怖が来た

………その夜、T君はナイフを握りしめたまま息を殺すようにして何とか眠りについた…

明け方起きたら私も起きてきたので、もしかしたらと思って聞いてみた…

でもやはりテントの外を歩いていたのは…
私ではなかった…………

……………夜の山ってのは奇々怪界、色々と不思議な事が起きると昔から言われていますがね?
この夜の出来事もその一つ…なのかもしれませんねぇ…

…………ドーンッ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「キャンプ」① | トップ | ぶっかけラーメン! »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
熊か?‼ (つぁん。)
2017-03-23 12:37:55
熊だったのかぁΣ(´□`;)!!!?
おそらくは… (高楊枝)
2017-03-23 17:34:47
熊か鹿のどちらかでしょうなぁ。夜になると鹿がよく鳴く場所なので。
足音の前に鹿が警戒鳴きをしまくっていたので鹿の線が濃厚ですが、警戒鳴きをしていた鹿がテントの周りを歩きまわるのかという疑問もありますな〜

コメントを投稿