たまおやじの銀輪の向くまま

多摩地区を根城にする、
自称たまおやじのロード記。
自分の年齢と実力相応に楽しんでいます。

Zwiftのアバター止まる問題解決!?

2020年02月29日 07時37分57秒 | ロードバイク
コロナウイルスが大変なことになってますね。

イベントが軒並み延期、中止、無観客試合、etc, etc....

東京オリパラ大丈夫でしょうか、かなり不安です。

政府の対応が奏功することを祈ります。

影響を受けた一つに、富士ヒルのエントリー延期もありますね。

私も今年はエントリー予定でしたので、開催されるか心配です。

富士ヒルといえば、富士ヒルシミュレーションに使っているAlpe du Zwfitが楽しすぎる件について書きました。

何度か更新かけてて、成長記録みたいにしています。(よかったら読んでください)。

そのZwiftですがタイムを見ながら走っているのに、最近アバターが止まる問題が頻発してました。

どうも、その原因がケイデンスセンサーではないかということに気づきました。

というか、ちょっと調べたらZWIFTのFAQにありました。orz

というわけで、早速、昨夜Garminのケイデンスセンサーの電池を交換して試してみました。

結論から言うと、どうやら改善したようです😄 

(この子が疲れていただけのようです)

昨日は、「3R LaGuardia Loop Reverse Flat Race - 8 Laps (24.5km/15.2mi 216m) 」というレースに出てましたが、50分位問題が出ずに走ることができました。

(電池交換直後はちょっと怪しい動きをしましたが、レース始まってからは順調でした!)


実は、Garminの他にもPower Tap P2をケイデンスセンサーとしても使っていたこともあるのですが、こちらを使っていても停止問題が出ていました。

先日、(停止問題多発してから) このPower Tap P2をつけて、都民の森に行きました。

最初は問題なかったですが、都民の森手前くらいで電池残量アラームが出ました。

Zwiftが正常動作するための電池残量は、通常のサイクリングで求められる電池残量よりも多いようです。

ついでなので、昨日はPower Tapの方も電池交換しておきました。

今日からは安心して乗れます!

コメント   この記事についてブログを書く
« 運命の出会い!(シールドの曇... | トップ | 花粉がヤバい季節 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿