幕末掃苔屋 公式ブログ

幕末掃苔屋のブログです。掃苔録不定期更新中。ご意見、ご感想はご自由にどうぞ。

近況報告

2010年11月12日 | その他

先週 

「幕末酒場・新選組屯所」に行きました。
現在私が執筆中の『侍たちの警視庁 改訂版』に釣先生のお言葉をいただきたく、そのお願いを
しました。
その場でご快諾いただけ、ほっと一息。
その後はおでんをいただきながら、まったり飲みました。
釣先生、どうぞよろしくお願いいたします。
先日、休刊となった歴史コミック誌『大河』が話題に。
「幕末酒場・新選組屯所」には『大河』の編集者もいらっしゃったそうなので、もし店でお会い
する機会があればぜひ伝えたいです。
「たくさんの素晴らしい作品をありがとう!桝田道也先生の『どっからみても波瀾万城』は最高です!
お疲れさまでした」と。


今週

『歴史研究』編集部にお邪魔しました。
吉成主幹より『侍たちの警視庁 改訂版』についてのアドバイスをいただきました。
おみやげに歴研オリジナルバッグをいただきました(歴研で販売しています)。
このバッグをぶら下げながらさっそうと街を歩き、歴研をPRします。

先週に続き「幕末酒場・新選組屯所」に。
釣先生と、これから行う二つの歴史イベントについて打ち合わせました。
また先週お邪魔した際に聞かせていただいた「トミー・ポルカ」をCDにしてお届けしました。

国会図書館に行き、新潟県上越市高田にある幕末史跡について調べました。
西南戦争で巡査として出征し、後に頸城自由党員となって刑死した赤井景韶という人がいます。
彼の墓が高田にあるので、掃苔したいと思っています(墓は東京都台東区の谷中霊園にもあります)。
高田に行くなら、戊辰戦争で戦死した薩摩藩士たちの合葬墓や(西郷吉二郎もこの地に埋葬されている)、
高田での謹慎生活中に亡くなった会津藩士たちが眠る墓地も訪ねたいと思い、場所を調べました。
時期はまだ決めてませんが、高田は雪深い土地なので、今年中に行くならもう残された時間はあまり
ありません。

※写真は歴研オリジナルトートバッグ

コメント