ウメダ・タローのエンタメな人々

だから、エンタメな話はやめられない。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

当世おネエキャラ列伝 その4

2011-03-21 13:53:14 | エンタメ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

山咲トオル
 そう言えば、最近オネエキャラのタレントで、お茶の間からすっかり姿を見せなくなった人がいる。そう、山咲トオルである。山咲の本職は漫画家だが、少年の頃はアイドル歌手志望であったらしく、カラオケのイメージビデオに出演したり、オーディションにも数々挑戦したようだ。
 山咲は、アイドルの中でも特に松田聖子の大ファンであり、松田の振り付けや物まねを得意としていたという。また、岡田有希子の熱烈なファンであったため、岡田の自殺報道の直後は学校を数日休むほどショックを受けたと言う。
 実姉の中沢初絵も元アイドル歌手で、ヒット曲などは無かったが、近頃は故郷沖縄でテレビやラジオのレギュラーを抱えているらしい。恐らく、山咲はそんな姉からの影響を強く受けたに違いない。
 そんな山咲だが、自らオカマと名乗るも恋愛対象はあくまで女性であり、異性愛者であると主張しているから摩訶不思議である…。

東日本巨大地震の発生につきまして…

2011-03-14 10:22:13 | エンタメ
東日本巨大地震の発生につきまして…
被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、
被災地の皆様のご無事と一日も早い復興をお祈り申し上げます。

ウメダ・タロー

当世おネエキャラ列伝 その3

2011-03-06 12:57:09 | エンタメ

にほんブログ村 芸能ブログへにほんブログ村


人気ブログランキングへ

楽しんご
 楽しんごは子どもの頃、なよっぽくて女の子みたいだったため、不良グループからよくイジメに会っていたという。時には傷害行為さえ受けたらしく、心傷つけられた日々を送っていたみたいだ。
 しかし、高校生になってからは様々なオーディションを受けるなどして活発だったが、卒業後は石油会社に就職。夜になると女性になりすましてキャバクラなどで働いたのだという。
 今や「ラブ注入~♡」でお茶の間の人気者になってはいるが、ここに至るまでには涙無しでは語れないエピソードが数多くあるようだ。
 そんな楽しんごが、芸能活動以外に整体師としての肩書きを持っていて、予約が殺到していると言うから繁盛しているのが伺える。
 一説によると芸能活動でのギャラは月十数万円ぐらいで、整体の仕事でン百万円あるのだから、“楽しんご”を本職の広告にしていると思えば戦略的には成功しているのではないだろうか?実業家としても中々の強者であると言えるだろう…。

当世おネエキャラ列伝 その2

2011-03-04 14:56:15 | エンタメ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

KABAちゃん
 KABAちゃんは熊本県の高校を中退した後、ニューヨークに単身で渡米してハリウッドスターが通うダンス教室で学んだそうだ。現在は振付け師として活躍しているが、96年に三人組のダンスユニット・dosのメンバーとして『ASAYAN』(テレビ東京)からデビュー。ちょうどその頃、話せばオネエ言葉と女っぽい態度になるため、事務所から度々注意されていたという。しかし、02年にバラエティ番組で自分がゲイであることをカミングアウト。それ以降はバラエティのレギュラーとして仕事が増え、お茶の間に登場することになった。
 そんなKABAちゃんだが、最近あまりTVに出なくなっているので調べてみると、どうやら事務所を度々移籍するのが原因らしい。それとオネエキャラのタレントが増えているために仕事が減っていると考えられる。しかし、KABAちゃんこそがオネエキャラの草分け的存在なのだから、もう一花咲かせてほしいものである…。

当世おネエキャラ列伝 その1

2011-03-02 14:29:32 | エンタメ

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

クリス松村
 フィットネス・インストラクターを本職に持ち、おネエキャラでタレント活動をしているクリス松村。見た目はどちらかというと筋肉モリモリの厳ついおっさん(失礼!)だが、心は好きな男性にひたすらつくす従順なタイプなのだとか。ちょっとパンツェッタ・ジローラモに似ていると思うのだが、私の気のせいだろうか?
 サイトで調べてみると、クリスがゲイに目覚めたきっかけは小5のとき。同級生の父で俳優の故・田宮二郎と握手をしてからだという。その時から、長身で手の大きな白シャツの似合う男に胸がときめくようになったらしい。
 そんなクリスは良家の出らしく、祖父が元代議士を務め、父は外交官なのだそうだ。その影響のためなのか、出身がオランダのハーグで、子どもの時から海外での生活が多かったようだ。
 お茶の間に登場するきっかけとなったのは、03年、ピンク・レディーの再結成時に追っかけとして、「キラキラ隊」を結成。功を奏してTV出演のチャンスに恵まれ、本格的にタレント活動を行っている。
 顔や身体だけを見ると、ホントに男っぽいのだが、以外といえば意外だ…