試写会帰りに。

当ブログは引っ越しさせて頂きました。
過去記事へのTB,コメントにつきましては「お知らせ」をお読み下さい。

「スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」と「隠し砦の三悪人」

2005-07-14 | スター・ウォーズ
今日「スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還」がTV放映された。
面白かった。

吹き替えでも、字幕版とは違う訳になっていて新しい発見もあったりするので、TV放映を観るのも良い経験になる。
でもすぐに、どうしても英語セリフが聞きたくなって2カ国語放送で観ていたらどちらも聞き取れなかったりして、もうなんだかよくわからなくなる。

ルークが心の中を読まれ、ダースベイダーに妹の事を悟られるシーン。
「お前がいなくても、妹をダークサイドに引き込むとしよう」と言われ、怒りに狂いダースベイダーに斬りかかるルーク。

エピソード3を観る前は、普通に観ていたシーンにも、繋がりともの凄い深みが増してきて、とても切ないシーンになった。

イウォーク達の働きとお茶目ぶりも、何度観ても楽しい。
あの容姿と声と動きには堪らないものがある。

ボバ・フェットの、ええっ!?と何度観てもびっくりする程あっけない死に方とか、R2-D2がポーンっ!ともの凄い高さの軌道でライトセーバーを投げて(放出して?)ルークに渡すシーンとか、特別版から突然最後に現れるヘイデン・クリステンセンのちょっと恥ずかしげなアナキン・スカイウォーカーが、ルークは誰だかわかるのかとか、そういう細かい突っ込みシーンも沢山あるのだが、それもSWシリーズのお楽しみ。

どうしてもこういう事に目が行ってしまう、重箱の隅を突くのもSWファンのお楽しみ。それは置いておいて。

冒頭、C-3POとR2-D2が砂漠の中を歩くシーン。
お互い(?)文句を言いながらも、運命共同体の二人。
新たな問題が生じ、敵中へ向かう道のり。
そんな二人の後ろ姿を追うカメラ。

これはそのまま、黒澤明監督作品、「隠し砦の三悪人」の冒頭シーンへのオマージュだ。
「隠し砦の三悪人」では、この二人の後ろ姿から始まり、喧嘩別れする場面から物語が始まる。
別々に敵に捕らわれ、酷い目に遭い、再び出逢って抱き合う。
太平役の千秋実と、又七役の藤原釜足の二人が、もの凄く上手い。
ほとんどが口汚いセリフのやり取りなのだが、凄く人間くさくて泥臭くて、でも
もの凄く心にストレートに響いてくる。

千秋実は、「七人の侍」の木こりのシーンがとても良かった。
「隠し砦の三悪人」でもひょうひょうとした何とも言えない人間味ある人物像を演じている。
この役も良いのだが、又七といるからこそ生きてくるような感じで、受けの人なのだと思った。

見た目で言えば、太平の千秋実がC-3POで、又七の藤原釜足がR2-D2と言う事なのだろうけれど、C-3POのあの腕のカタチ、ヒジを常に内側135度位にくの字に曲げているあの姿は、まさしくR2-D2側の又七のその姿なのでおかしくなった。

SWファンで未見の方は是非観て欲しい。
ノッポとチビのチビの方がC-3POの格好なのだから、何ともおかしくなる。

この二人のかけ合いを、ルーカス監督がC-3POだけに語らせる手法にした事、あのロボット2体は、千秋実と藤原釜足を足して2で割った、二人で一人の存在なのだなと思った。

ルーカスはスター・ウォーズにこの二人のキャラをヒントにしただけだと思っていたのだが、大筋のストーリーもほとんどそのまま使われ活かされている。

父と子の葛藤やフォースという目に見えない力を操る者たち、壮大な宇宙戦争などその拡げ方は素晴らしく、ルーカスの素晴らしい才能による物だが、この「隠し砦の三悪人」があったから、「スター・ウォーズ」が更に、もっと、面白くなった事には間違いがない。

と言われても、観ていない人はえー!?と思うかもしれない。

SW好きで、まだ「隠し砦の三悪人」を観ていなくて、えー!?と思う人には、是非観てもらいたい映画だ。

写真左からレイア姫とルークあるいはハン・ソロ、C-3POとR2-D2。

最新の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tometuma)
2005-07-14 21:55:09
ボバ・フェットもそうですが、私が一番おいおい・・・Σ( ̄ロ ̄lll) ってゆ~シーンは、一番最新型であろうはずの、歩行型兵器←名前が分からない・・・(--;) がエンドアでイウォーク達の放つ木や石でやっつけられたととろでしょうか・・・(>w< )

tometumaさま (bakabros)
2005-07-14 23:45:23
そうか、最新型なんですね。

4.5.6.1.2.3.と観ていると、もう何が最新なのか古いのか、わからなくなってきます。



私は結構、イウォーク達の働きぶり、好きなのですよね。

AT-ATウォーカーは、あんな森の中を歩いていたのに、丸太攻撃にガクガクしたり、ええっ!?という場面多かったですね。



でも、イォーク達も、引きずられたり、結構やられているので、お互い様という事で。。。←イォーク好きなので大分甘い意見!?



C-3POが今までの冒険をイォーク達に話して聞かせている時に、ハン・ソロに甘えるイォークの可愛い事!!

何度観てもたまらない物があります。
Unknown (peach)
2005-07-15 00:21:20
きのう私も観ましたよ~

と言っても、シャワーした後、後半の1時間くらいからだけど、見入ってしまいました!

DVDではちゃんと通して全部観たけど、やっぱり3同様に切ないシーンにはじぃーーんとしちゃいました.....

「隠し砦の三悪人」はまだ観たことないけど、かなりの共通点があるみたいで、また違った楽しみ方ができそう!

スターウォーズって、結構日本の映画や文化に影響されてるって雑誌でも読んだことあるので、機会があったらぜひ観てみたいですっ。

また来ました~ (ミチ)
2005-07-15 06:29:11
こんにちは。

私もテレビ放映観ましたよ~。

SW好きを求めてまた遊びに来てしまいました!

何度放送されても観てしまいます。

そして重箱の隅をつつくのも大好き。

今回もボバ・フェットやAT-ATウォーカーに「おいおい」とツッコミ入れてました~。



黒沢監督へのオマージュということはよく知っています。

それ以前から黒沢作品は観ていたので、うなずけることばかりでした。

こちらで写真入りの説明をお聞きして、とっても嬉しくなってしまいました!!

SWが恋しくなったらまた遊びに来ていいですか?
コメントありがとうございます! (bakabros)
2005-07-15 17:52:51
peachさま



DVDがあるしいつでも観られるのに、放映されているとやっぱり観ちゃいますねー。

テレビ局によって声優も違うし、そういう意味でも楽しめます。

「隠し砦の三悪人」は、SWの元ネタというだけでなくても、充分に面白い映画ですので、お勧めです





ミチさま



いらっしゃいませ~!いつでもどうぞ~!!

自分とミチさんの観ている映画と結構同じ物が多くて、好みというか興味が似ているのかな?と思いました。

ニコラス・ケイジに関しては違いますけど。

私もそちらへちょくちょく寄らせて頂きますね!

これからもどうぞよろしくお願いします
TBありがとうございました^^ (トグサ特命捜査官)
2005-07-15 19:47:20
最近、変なアダルトサイトに目を着けられて、まともなTBがなかったものですから、嬉しかったです。「ジュダイの復讐」の”ジュダイ”って、時代劇の“時代”から取ったんだそうですね。
トグサ特命捜査官さま (bakabros)
2005-07-15 22:26:18
こちらこそ、TB,コメントありがとうございます!



マスターヨーダは依田先生と言う事も有名だったのに、先日ルーカス監督と筑紫さんとの対談では否定していました。

以前は肯定していたんですけどね。

こういうSWトリビア楽しいです。



是非また遊びにいらして下さいね!
TBありがとうございます (コウ)
2005-07-21 03:57:22
そう言われてみると、藤原釜足の手の格好がC-3POに似てましたねぇ。ずっと昔の映画なのに、面白くてびっくりでした。
コウさま (bakabros)
2005-07-21 13:16:05
そうなんですよ!(←チビの人の腕がC-3PO)

これは観た事がある人でないとわからないですよね。



昔の映画だけど、映画の面白さの全てがありますよね。

外国人の有名な監督達(日本人にも勿論多いと思いますが)が映画を撮る前に必ず黒澤明作品を見返すって言う話からも、映画人からの教科書的な作品であって、お手本なんだなあと思います。

コメントを投稿