試写会帰りに。

当ブログは引っ越しさせて頂きました。
過去記事へのTB,コメントにつきましては「お知らせ」をお読み下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「クローサー」

2005-04-30 | 映画
スペースFS汐留。クローサー試写会。
ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、クライブ・オーウェン。マイク・ニコルズ監督。
基はイギリスの舞台劇。映画を観た後に知って、納得。
セリフのある役はこの四人だけ。出て来るのは本当に四人だけで、その四人がひたすら話している会話劇だった。

宣伝文に"ロマンティックで甘美な大人の恋愛ドラマ"というあるが、"リアルなドロドロ恋愛劇"と言う印象。
見終わって、「なんか思ってたのと全然違かったー」と言う声が聞かれた。

赤裸々なセリフで交わされる愛と嘘、嫉妬、憎しみ。

これがこのキャストでなければ、そしてフォトグラファー、小説家、ストリッパー、医師という設定でなければ、まるで「どうなってるの!?」の浮気不倫特集を見ているかと思うような下世話な話。

設定と四人の美しさ、上手さで「映画を観てる」と実感させてくれる。
でも、ジュード・ロウは役のせいか、あまり格好良くは見えなかった。


観賞後に、ジュリア・ロバーツと同じ年と言う女性から「キモイ!」と連発されていたクライブ・オーウェンの方がまだ、役に可愛げがあったし魅力的に見えたけれど。


ジュリア・ロバーツは、本当にファニーフェイス! でも、時々ハッとするほど美しく見える瞬間がある。そして上手いなあと初めて思った。
この役を選ぶあたりにも、役者としての確かな目と余裕を感じた。
ナタリー・ポートマンは、どことなくオードリー・ヘプバーンを連想させる。
小さくてキュートで、身体の内側からとてつもないパワーとエネルギーが順次爆発しているような、でも若さだけではない、特別な魅力を感じる。ストリッパーには全然見えなかったけれど、正直な生き方や恋愛に率直な女の子を見事に演じきっていたので、案外本物のストリッパーって、こんな感じかも?なんて思ってしまうほど。彼女の役にはリアリティがあった。

リアリティと言えば、登場人物四人とも、実にリアルに描かれている。
フォトグラファー、小説家、医師という誰からも憧れられるような職業に就いていても、実際は陰口をたたかれ、人の人生を盗み、意義のある仕事をしながらも愛に飢えて人肌のぬくもりを求める。
四人の描き方には誰でもどこかしらに共感出来るだろうと思う。
恋愛観にも。

ただ、あまりにもセリフがストレートで率直すぎるので、恋人と酷い喧嘩別れした直後の人や、甘い恋愛物を見に行こうと期待している人にはヘビー過ぎるかも。

ここまでストレートな喧嘩や別れ話のシーンを映画でも、ドラマでも、今までに観た事がなかったので、そこは他人の一番プライベートな部分をのぞき見しているようでとても興味深かった。そこまで言うか! と何度突っ込み入れた事か。
脚本、原作(パトリック・マーバー)は男性だけれど、映画中、男性の涙をみせてくれる。
男の涙って、あまり描かれないし、日本ではある意味タブーというか、美徳もあってか、特に恋愛に関して男が泣く姿をドラマでもあまり見た事がない。
男の涙の描かれ方がとても新鮮だった。男でも女でも、泣く時は泣くよなあ、と当たり前の事を見せられて、すっきりする!

そして、恋愛の始まる瞬間と、愛が消える瞬間を言葉で!魅せてくれる。
心の動きを言葉だけで表現しきるセリフは見事で、実際、現実の恋愛の全てが目に見えない物で、言葉でしか通じ合う事も愛し合う事も出来ないのだと痛感させられる。愛が突然生まれるのならば、愛が消えるのもまた突然。
ラストに向かう急展開の中の、妙に説得力のあるセリフで、シーンだった。

恋愛で右往左往する四人を観ていると、凄くくだらない気もするし、でも凄く羨ましい気もしてくる。
出逢わなければ感じる事もなかった激しい痛みや情熱は、生きる事の糧にもなる。どんなに辛くても、何にもない人生よりはそちらの方がずっと面白そう。
という結論に達したという事は、この映画の思うつぼかも!?
コメント (21)   この記事についてブログを書く
« 大相撲横審稽古総見 | トップ | STAR WARS エピソード3 JULY 9 »
最新の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (るー)
2005-05-01 01:55:38
劇場で見たら、HPのほうに(ブログと別にHP持っているので)細かい感想を載せようと思っているのですが・・・いやあ、ほんとにドロドロでしたね(笑)

「俺は真実が知りたいんだ」という言葉が、なんだかとても心につきささりました。「真実」に敏感に反応する、繊細なジュード・ロウ。そして、彼に残酷な態度を貫きとおしたクライブ・オーウェンの「対決」のシーンが忘れられません。



ではまた~。
るーさん (bakabros)
2005-05-01 03:18:22
TB,コメントありがとうございます!

対決シーン、リアルでしたね~。アンナとラリーの喧嘩シーンもリアル過ぎて痛かった。

私はクライブ・オーウェンの役、嫌いではないですけどね。

また遊びに来て下さいね!
こんばんわ (こまったちゃん)
2005-05-01 20:51:34
コメント&TBありがとうございました。



私はほぼ文字だけなので、画像を素敵に配置されているのがとても素敵だと思いました。

毎回たいへんなのでは?(余計なお世話ですよね。ごめんなさい)

また、寄らせてくださいネ(^^♪
こまったちゃんさん (bakabros)
2005-05-01 21:50:44
こちらこそ、TB,コメントありがとうございます!

私はいつも文章がやたらに長くなってしまうので、少しでも見やすく読みやすく、と思い、こういう感じになってきました。



でも素敵と言って貰えてとっても嬉しいです!

努力が報われます結構手間かかるので… 
TBありがとうございます (hiyo)
2005-05-05 23:58:18
初めまして!TB&コメントありがとうございます。

私の映画感想もちゃんと読んでいただいて、お褒めまで頂いて嬉しいです♪



bakabrosさんの感想もとても解りやすくて読みやすい。私などは、これから公開の映画の感想書くのはちょっと気を使ってしまって、ギクシャクした感じになってしまうのです。



K・オーウェン私も好きです。『ゴスフォード・パーク』未見でしたら是非。

あの役は意外な線でマッチしていて、個人的には応援したくなりましたね(笑)。

では、また立ち寄らせていただきます~~。
hiyoさん (bakabros)
2005-05-06 00:30:47
こちらこそ、TB,コメントありがとうございます!

ある程度は楽しく観た映画でも、感想記事を書くとなるとどうもダメだし気味になってしまっていつも困難しています。

「ゴスフォード・パーク」観てみたいです!



「クローサー」の予告を映画館で観たら、すごく良い出来で、また観たくなってしまいました! 映画館でなくても、ビデオで一人でじっくり観たい映画かもしれません。

また遊びに来て下さいね!
コメントありがとうございます (rika)
2005-05-09 18:54:57
>四人がひたすら話している会話劇だった。

感想を聞いていると、アメリカ映画って言うより

フランス映画とか、ヨーロッパの雰囲気を感じました。

ひとすじ縄ではいかない映画の感じですね。
こちらこそ! (bakabros)
2005-05-10 02:07:52
そうですねー。さらに、映画と言うよりも舞台劇と言った方がすんなりくるかも。

観た時は、あー、疲れた、という感じだったのに、観た後に予告編を観たらもの凄くいい映画に見えました! 何なんだろう!?

音楽のせいなのか?? もう一度観たくなった自分に驚いてます。
chikat2183@excite.co.jp (chikat)
2005-05-12 23:57:39
bakabrosさま

はじめまして。

TB&コメントたくさん送っていただいて感謝です。『ウインブルドン』だけ『ザ・インタープリター』が入っていたので削除させていただきました。もう一度送っていただけると嬉しいな。今後ともヨロシクです。
chikatさん (bakabros)
2005-05-13 00:52:25
TBミスしてしまいすみませんでした!

お言葉に甘えてまた沢山TBさせて頂きました。

結構同じ映画を観ていますね! またまた連続TBになってしまいました。

こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事