まるちゃんの めざせ!快適シンプルLife

本当の幸せを見つけて・・・
  第2の人生を歩き出した
      まるちゃんの徒然日記
    
 

ようこそ

いらっしゃいませ! このブログは、まるちゃんのひとりごとを中心に テキトーに、マイペースで更新していきます。好きな読書記録や、菜園日記等もかねてます。一緒に元気になれるブログをめざしたいと思いますが、しょもないことも書いてます。ちなみに、いちおう人気ブログランキングと日本ブログ村に参加してます。遊びに来られたついでに、記事下か左サイドバーのボタンを2つポチ、ポチッとしてくださると嬉しいです。ゆっくり遊んでってくださいね。 あ、コメント・置き手紙・トラバ・ボケ・ツッコミご自由にどうぞ。

自己責任

2018年10月28日 | ちょっと思ったこと

「自己責任」という言葉が(特にネット上で)飛び交っているようです。

みんな自業自得を生きているのだから、もちろん自分の行為の結果は受け入れるしかない。けれど、世間で言われる「自己責任だー」という言葉には「慈悲喜捨の心」が見られないように感じるのはワタシだけ?

身代金が支払われるのはもったいない??
それは”誰の”お金?預金や財布のお金が減った?

払ってくれた国に日本が払わないといけなくなる??ホントに?
国民のお金(税金?)が使われることになるのは嫌だという意味?ケチや物惜しみは怒りの煩悩です。

無いモノは払えないし、人を殺すためのお金はよくないと思うけど、助けるためのお金はいいんじゃないかなあ。ほんとに助けになるなら。(邪な考えがなければね。あと、だますよりだまされる方がまだマシ。無知だけど)

そのお金が犯罪に使われる?ホントですか??お金はただのお金で、”犯罪用”って書いたお金がある?助けるためのお金を相手が犯罪に使ったなら、犯罪に使った人の責任であって、助けるために払った人や払ってもらった人の責任にはならないと思いますが。

人はみんな自己責任で、自業自得で生きています。それでも、アナタもワタシも助け合わなければ誰一人生きていけないのです。超人でも全知全能の神でもない不完全な人間同士ですから、足りないところは補い助け合うしかない。みんな迷惑かけあって生きてるのです。お互い様です。
まあ、他人の失敗を許せない不完全な人間だから非難している(不快に思ってしまう)のかもしれませんが。ワタシにはよく分かりません。それに、他人にあれこれ言えるような立派な人間じゃないしね。色々ご迷惑をおかけしています。申し訳ございません。

ちなみに、批判は(自分ではなく)相手のことを思ってのことなら必要だと思います。批判と言うより助言、アドバイス。本人に直接言ってあげましょう。言葉には気をつけて。

とにかく、「人の苦しみを憐れみ、人の喜びを喜べる」慈悲喜捨の心を育てていきたい、精進していきたいと思っています。(今回は助かってほんとによかったです。)


 生きとし生けるものが幸せでありますように
 生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
(怒り、恐怖、軽視、物惜しみ、高慢など)
 生きとし生けるものの願い事が叶えられますように
 生きとし生けるものに悟りの光があらわれますように

 生きとし生けるものが幸せでありますように

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

コメント

自ら判断する

2018年10月12日 | ちょっと思ったこと

何事も「鵜呑みにしてはいけません」「ちゃんと自分で確かめなさい」「確かめもせず簡単に信じてはいけません」とお釈迦様は言われます。

何でも「自分で判断すること」

判断能力を高めることが大切です。そのためには、煩悩(貪瞋痴の感情)に操られないようにすること。理性(智慧)を育てること。

『言葉の偉大なる力 幸せになる言葉の使い方とは?』(アルボムッレ・スマナサーラ著)を再読しました。気になったところを少し記録しておきます。(感想かな)

 

「ひとは自然と役に立つ言葉に拒絶反応を起こしてしまう」ようになっている。
(そうだなあ。そういうもんだなあ、と感じます、、、)

善い言葉、役に立つ言葉、理性的な言葉を「ケモノの心(獣脳、原始脳)」が排除して追い出してしまうのです(「良薬は口に苦し」かな)獣の脳は貪瞋痴の「感情」を司る。そして理性の脳である大脳を支配コントロールしようとします。

ひとは「感情」を大事にします。つまり「貪瞋痴」が好きなんです。「貪瞋痴」を応援する言葉は心地よく聞こえ、「貪瞋痴」を否定する言葉に対しては自然に拒否反応が起きるようになっているんです。(甘い誘惑、詐欺、ナショナリズムなど排他的になってしまうのも貪瞋痴)

だから、獣の脳に支配されないように理性、大脳を開発しなければいけない。


「洗脳」は信じ込ませてしまう。判断能力が壊れて自分で判断ができなくなる。言いなりだけど自覚できない。

マインドコントロール」は心が外の何かによってコントロールされること。コマーシャルなどもそう。自分で判断するけど、悪人にうまく誘導されて間違った判断をしてしまうことが多い。

 洗脳もマインドコントロールも「貪瞋痴」に訴えます。人の「恐れ(怒り)」や「欲」「無知」を利用するのです。

洗脳は判断能力を壊すので大罪ですが、マインドコントロールは役に立つこともあります。しつけでごほうびを与える場合などがそうです。罰を与えたり、物で釣ることもあるでしょうが、それより「嘘をつくのは頭が悪い証拠です」などと言えば「善いマインドコントロール」になるでしょう。

学校は判断能力(理性)を育てるところです。データの取り方を学び、自分で判断できる。そのためには、わけの分からない(誰かの利益のための)”道徳”や”校則(ルール)”を押し付けるのではなく、知識を増やしデータを元に自由に話し合い、自分たちで判断する時間(ゆとり)や環境を大人は整えてあげなくてはいけないと思います。

相手の「貪瞋痴」を利用して、大人の都合を押し付け(←悪いマインドコントロール)はいけないと思います。子供たちの判断能力(理性)を育てなければいけない。色々な場面で判断する機会を与えなければ育ちません。学校が洗脳の機関にならないように、まずは教師や親、大人たち自身が洗脳されない判断能力(理性)を育てることが大事だろうと思います。 理性を育てる善いマインドコントロールは必要でしょう。


ちなみに、「慈悲喜捨の心」は(貪瞋痴の)感情ではなく、努力して理性的に育てる心です。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

コメント (2)