まるちゃんの めざせ!快適シンプルLife

本当の幸せを見つけて・・・
  第2の人生を歩き出した
      まるちゃんの徒然日記
    
 

『メゾン刻(とき)の湯』 小野美由紀著

2020年01月20日 | 読書

”正しく”なくても ”ふつう”じゃなくても
      懸命に僕らは生きていく。
   銭湯×シェアハウスを舞台に描く、希望の青春群像劇!

どうしても就職活動をする気になれず、内定のないまま卒業式を迎えたマヒコ。
住むところも危うくなりかけたところを、東京の下町にある築100年の銭湯「刻(とき)の湯」に住もうと幼馴染の蝶子に誘われる。そこにはマヒコに負けず劣らず”正しい社会”からはみ出した、くせものばかりがいて――。


「生きていてもいいのだろうか」
「この社会に自分の居場所があるのか」
そんな寄る辺なさを抱きながらも、真摯に生きる人々を描く 確かな希望に満ちた傑作青春小説。】


久しぶりの小説。

こんな、誰もが安心して居られる場所、自由でいられる場所、自分が自分でいられる場所が(居場所、ホーム)が、もっともっといっぱいできればいいなあ。

秘密基地って今の子どもたちにあるかな? 大人がツリーハウスに夢中になる現代です。

昔はご近所だったり、神社の境内だったり、お寺だったり、野山だったり、井戸端だったりしたのかなあ。

83歳の母が子どもの頃、朝起きたら?縁側に?知らないおじさんが寝てて、おにぎりをあげたらどこかに帰っていった、てことがあったと思い出話をしていた。田舎がまだあったころ、平和だったころの話。

また、放課後がたくさんあって、子どもも家事を担っていて、水を汲んできて風呂を焚いてたそうです。どうしたらよく燃えるか。お湯加減。毎日キャンプみたいなものだね。火を見つめてると落ち着く。(母は嫌々してたって言うけど、しっかり生きてる)

 

一人一人の、個性が尊重される、自由で気楽な社会にするために、
こういう「小さなホーム」がいっぱいできるといいなあ。

私も、こんな場所をつくりたい、、、ホームになれたらいいなあ、、、

 

とてもすてきなシェアハウス&銭湯「刻の湯」でした。
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 仏道は人格の向上、脳開発 ... | トップ | 我慢してたかも、、、 (安... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事