まるちゃんの めざせ!快適シンプルLife

本当の幸せを見つけて・・・
  第2の人生を歩き出した
      まるちゃんの徒然日記
    
 

ようこそ

いらっしゃいませ! このブログは、まるちゃんのひとりごとを中心に テキトーに、マイペースで更新していきます。好きな読書記録や、菜園日記等もかねてます。一緒に元気になれるブログをめざしたいと思いますが、しょもないことも書いてます。ちなみに、いちおう人気ブログランキングと日本ブログ村に参加してます。遊びに来られたついでに、記事下か左サイドバーのボタンを2つポチ、ポチッとしてくださると嬉しいです。ゆっくり遊んでってくださいね。 あ、コメント・置き手紙・トラバ・ボケ・ツッコミご自由にどうぞ。

くりかえし

2018年12月02日 | お釈迦様

昨日のつづき。もうひとつ。

 

第Ⅶ篇第二章 在俗信者
   第二節 ウダヤ

ウダヤさんというバラモン(当時のインドの階級)の家にお釈迦様が托鉢に回っていた時のこと。ウダヤさんの家に3日続けて行くと「三回もくりかえしやって来て、しつこいなあ」と言われたお釈迦様は答えました。

「 いつもくりかえし種子を蒔き、

いつもくりかえし神々の王が雨を降らし、

いつもくりかえし農夫は田畑を耕し、

いつもくりかえし〔雨を降らす神々の王が〕他の国土にまでも及び、

いつもくりかえし托鉢行者が食物を乞い、

いつもくりかえし施主が施与をなす。

いつもくりかえし施主は施与をなしたあとで、

いつもくりかえし天界なる場所におもむく。

いつもくりかえし乳牛業者は乳を搾り、

いつもくりかえし仔牛は母に近づく。

いつもくりかえし人は疲れ、また苦しみ労する。

いつもくりかえし愚者は母胎に入り、〔迷いの生存をつづける〕。

いつもくりかえし生まれ、また死に、

いつもくりかえし墓場にはこぶ。

しかし智慧豊かな人は、再び迷いの生存に至ることのない道を得て、再びくりかえし生まれることはない」

 

「輪廻」のことですね。ワタシたちは無明(無知、愚か、悟ってない)からまた生まれる(輪廻する)のです。そして、苦しい生をやり直す(修行とも言える)。ウダヤさんも私たちも悟ってしまえればいいのですが。お布施の機会をもらって有り難いと思えないウダヤさんだから繰り返されたのかな?

勉強でも運動でも、なんでもそうです。わかってしまう、ちゃんと身につくまでは、繰り返し練習なり訓練なり失敗(経験)なりを繰り返す。くりかえすのは苦しかったりするけど、くりかえし励んでいればいつか楽になる。まあ、くりかえしも楽しくやってしまえばいいと思います。

善いことのくりかえしは大事だよね。
というか、アホだからくりかえすのは仕方ないよなあ

くりかえし、くりかえし、、、だなあ。

はやく賢くなりたいものです。

昨日の詩もそうだけど、声に出して音読してみてください。
心に沁みます、、、ワタシは

 

 

116 善をなすのを急げ。悪から心を退けよ。善をなすのにのろのろしたら、心は悪事を楽しむ。

117 人がもし悪いことをしたならば、それを繰り返すな。悪事を心がけるな。悪がつみ重なるのは苦しみである。

118 人がもし善いことをしたならば、それを繰り返せ。善いことを心がけよ。善いことがつみ重なるのは楽しみである。 (岩波文庫 中村元訳 ブッダの真理の言葉)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

コメント (2)

功徳を積む

2018年12月01日 | お釈迦様

11月は一度も記事をアップすることなしに過ぎていきました。有り難いことに、毎日、穏やかに元気に過ごすことができております。

久しぶりのアップは、今読んでる「ブッダ 悪魔との対話 サンユッタ・ニカーヤⅡ」(岩波文庫 中村元訳)のなかで、心に残っているところをひとつ紹介します。

これ(サンユッタ・ニカーヤ)はお釈迦様が(心で?)天界の神々とか悪魔(惑わすもの)とかと対話されたことが集められています。バラモンとか普通の人と実際に対話されたこともたくさんあって、お釈迦様の言葉(詩の形になってます)が真理の言葉(法)になっていて胸に響きます。また、お釈迦様の対話の仕方という点でも大変勉強になります。

第Ⅶ篇第2章 在俗信者
  第1節 田を耕す人

お釈迦様が托鉢に回られたところのある農夫が、自分たちは土地を耕して種をまいて苦労して育ててから食べているんだから、あなた(道の人、お釈迦様)も自分で食べ物をつくって食べたらどうか、ということを言います。

そこでお釈迦様は答えます。()は訳者の読み。〈〉はワタシの解釈。

「わたしにとっては、信仰が種子(たね)である。苦行〈学び、修行、観察瞑想などのこと?〉が雨である。智慧がわが軛と鋤である。慚(はじること)が鋤棒である。心が縛る縄である。気を落ち着けることがわが鋤先と突棒とである。身をつつしみ、ことばをつつしみ、食物を節して過食しない。わたくしは真実をまもることを草刈りとしている。柔和がわたくしにとって〔牛の〕軛を離すことである。
努力がわが〔軛をかけた牛〕であり、安穏の境地に運んでくれる。退くことなく進み、そこに至ったならば、憂えることがない。

この耕作はこのようになされ、甘露の果実(みのり)をもたらす。この耕作を行ったならば、あらゆる苦しみから脱れる。」

農夫にこのように答えて、自分も耕作者、努め励んでいるものであることを示す、、、と同時に、法を説いているのです。しかも、淡々と。
お釈迦様、すごい!!

これを聞いた農夫は食物を捧げようとするのですが、お釈迦様は受け取りません。なぜなら、法を説くということをしたので、受け取ればその「報酬」となってしまうから。報酬(見返り)を受け取ることはできないのです。”他の立派な人にお布施してください”と言われます。

「詩を唱えて〔報酬として〕得たものを、わたしは食うてはならない。バラモンよ、このようなことは正しく見る人々(目ざめた人々)のならわしではない。詩を唱えて得たものを、目ざめた人々(諸々のブッダ)は斥ける。バラモンよ、定めが存するのであるから、これが〔目ざめた人々〕の生活法なのである。
全き人である大仙人、煩悩の汚れをほろぼし尽くし悪い行いを消滅した人に対しては、他の飲食をささげよ。けだしそれは功徳を積もうと望む者のための(福)田であるからである。

そう、托鉢というのは、一般の人がお布施をする(功徳を積む。欲を離れるとか生命を大事にするとかの心を育てる種)機会を与えているのですね。だから、黙ってしばらく立っているだけ。功徳を積みたい(お布施したい。心を育てたい。功徳の種をまきたい)人はお布施しますが、そうでなければ他に移動する。ただご飯をもらって歩いているワケじゃない。もらってるのじゃなくて、相手のために受け取ってあげてる。

これぞ完全ボランティアですね。
相手の徳になるようにと。謙虚で思いやりのあるお釈迦様です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

コメント

四人の天使

2018年02月28日 | お釈迦様

『死後はどうなるの?』(アルボムッレ・スマナサーラ著)を再読しました。面白かったので少し紹介。

 

仏教では閻魔大王というキャラクターは成り立ちません。

すべては因果法則、自業自得(悪因悪果、善因善果)なのですから。
誰も(えんま様も。神様でも)人を裁けません。自分の心によって必ず結果が出るのです。(最後の審判も何もない。ただ結果が出る、相応のところに輪廻してしまうだけ。ちなみに、永遠の命とか魂とかもない。全ては生滅変化し寿命があって解脱しない限り輪廻する。)
(日本では法律によって裁判にはかけられます。でも裁判官が裁くのではなく、法律が裁く。人は人を裁けません。裁くのではなく、人に必要なのは慈悲の心です。)

けれど、道徳を教えるためのえんま様のストーリーがあるそうです。ちょっと紹介します。

>人が死んだ時、正義の味方である正しく法を守っている閻魔さまのもとへ行くのです。すると、「きみはなぜこちらへ来たのかね?」と問われます。「きみは何かひとつでもいいことをしたことがあるかね?」残念なことに、その人は思い出せないと答えます。

>えんま様はさらに尋ねます。
「私はね、地上に四人の天使を送っているのだよ。彼らを見たことがないのかね?」と。
死者は見たことがないと答えます。

「きみは人が生まれるのを見たことがないのかね?輪廻がたいへんな苦しみであることを見なかったのかね?善行為をするべきだと思わなかったのかね?あれが私の送った天使だったのだよ」と。

二人目の天使は病人。三人目は老人。四人目は死者でした。

「きみは死んだ人を見なかったのかね?・・・あれが天使なんだよ。きみもそうなるのだ、徳を積むのだ、悪をやめなさい」と。

えんま様は、
「私にはどうすることもできない。助けられないのだよ。すべてきみが自分で積んだ悪業なのだから。自分自身で報いを受けるだろう」
と悲しく顔を背けるのだと、仏教的なストーリ
をつくっています。(中部138天使経)

子どもに話して聞かせてあげてもいいですね。聞きやすいけど内容はふか~くてとても大事なことです。(閻魔様は裁けないのですね。それに、やさしい)

赤ちゃんはものすごく苦しんで生まれてきてるのですね。生まれること、生きることは「苦」。で、死ぬまで「苦」の連続。人間には楽もあるけど、苦の方が多いのがふつう(業による)。人生が苦なのは当たり前なんですよね。病気にもなる、老化もする、そして最後には必ず肉体は滅びて死んでしまう。愛するものとの別れは必ずある(執着、愛着の心による苦しみ)

四つの天使とは、「生老病死」なんですね。四つの苦が四つの天使。苦をきちんと見ることが大事ってことですね。

人間のこと、輪廻のこと(業、因果法則)を理解すると、輪廻してしまうのはできればやめたいと思います(輪廻から解脱したい)。そのためには、悪を犯さず、善行為をし、心を清らかにして、徳を積むしかない。生きることに「執着」するのも煩悩。

愛する人や物と離れたくないという「執着」は苦しみのもとなのです。(これがあるから人間をやっているんだとも言える。でも、執着しすぎると餓鬼界に生まれてしまう。むむむ~)

すべての煩悩をなくさないと、輪廻してしまいます。

でも、今の人生で解脱は到底無理だろうから、できればもう一度、人間に生まれればいいなあと思います。天界だと、ず~と楽しんでないといけないから解脱の修行ができないらしい(善業が尽きたり、楽しみばかりで飽きたら寿命が尽きるらしい)。修行できるのは人間の間だけ。だから、天界の神々は、寿命が尽きたら人間界に生まれたいって言うらしいですよ。

人間界でも天界でも梵天でも(ムリ無理)いいんだけど、餓鬼界や畜生界には生まれたくないなあ、キツイ。地獄だけは絶っっっっっっ対に避けたいです。やっぱり、人間界に生まれて”修行し直し”かな。人間の寿命は天界に比べたら一瞬といえるくらいに短い。今のうちに少しでも、いい人間になっておきたいです。すべては「修行」です。(でも修行はけっこう楽しいんだな

死んだ瞬間に生まれるのだそうです。肉体の縛りがなくなったら、心のエネルギーは光のようにものすごく自由に、どこへでも行けるらしい。そこで、また物質と結びつけば肉体を持つ生命になる。結びつかない場合もある・・・。(仏教って、科学的でおもしろいでしょ?)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

コメント

6.頭を使ってやり返す いじめに負けない

2017年11月30日 | お釈迦様

いじめに負けてはいけない。

お釈迦様の教えから言うと、「怒らないことで怒りに勝つ」つまり「いじめないことでいじめに勝つ」ということになるでしょうか。人はいじめても、私はいじめない。人は怒っても、私は怒らない。人は暗い気持ちに負けても、私は暗い気持ちに負けない。慈悲の気持ち(←無敵)、明るい気持ちで生きるゾ!ってね。


いじめられる子供には二つのタイプがあるそうです。

1.「いじめられてしまった」と悲観的になる子供。
  自我が強くて傲慢なタイプ。被害者意識が強い。
2.家でも気が弱い子供。
  家庭で「逆境、困難に立ち向かう勇気」を称えていない。「生きることは、日々闘いだ」と教えてない。

いじめる子供にも二つのタイプがある。

1.愛情が不足している子供。 
  不満がある。愛情が足りなくなると人間は怒りが出てくるので暴力的になる。

2.仲間で生きることを知らない子供。
  親が「お互いの関係で物事は成り立っているのだ」という当たり前のことを教えていない。「自分がいちばん大事」「自分がよければそれでいいのだ」と、協調性がなくていじめる。

攻撃されたら、「頭を使ってやり返す」「自己防衛する」こと。その技術を身につけ、安全に訓練する場が学校です。怒ったり、暗く落ち込んだりしてないで、「頭を使う」のです。やり返すのは”怒り”ではないのです。(怒ってはいけません。うまくやり返す、頭を使って対応するのです)

先生は「何があっても、どんな子にも平等に、親切に」などではなくて、「それぞれの子供にあった対応」をしなければいけない。
この社会はどうしようもなくおかしいので、システムを変えようとしても無理ですから、それぞれが自分の仕事(役割)だけやって、そこだけはしっかりと変える。先生は先生の、親は親の、学校は学校の、警察は警察の。個人個人がしっかりやる。子供も子供でね。

この世は、何でも苦しいのです。人生はサバイバルゲームなのです。

怒りで病気になる前に、しっかり教育(トレーニング)しておくことです。

とはいえ、今困ってる人への具体的なサバイバル方法も紹介されてます。(長老、けっこうユニークですよ

※「キモい」「汚い」「臭い」と言われる
 →格好良く美しくなるように、色々やってみる。鏡でもよく見て、自分なりに気を配る。(「どこが?」と尋ねる。「言ってくれてありがとう」て言う。しつこくいう奴には「これ以上無理」「見ないで、近づかないで」と自分が離れる…これ、まるちゃんのアイデア)

※持ち物を汚物のように扱われる
 →「何も匂わないよ。あなた蓄膿症じゃないの?」などと言い返す。(人間には弁解する権利がある) 「ダサイ」「不細工」と言われたら「視覚障害ではないか」「色盲ではないか?」と言い返せばいい。相手が誰だろうと、相手と自分は1対1の対等。冗談みたいに間接的にからかって…口達者になる。

※無視される
→一人ぼっちで仲間がいないなら、やりたい放題やればいい。無視されたら、それを逆手にとって、好きにすればいいのです。一人の時間を有効に使って何か学ぶのもいい。そもそも、性格の悪い友だちなどいらない。

※「チビ」「デブ」と言われる
→(一人一人違うという)事実を認める。気にせず一緒に過ごす。デブが「チビ」と言うなら、「一緒に座るとベンチが傾くからあっちに座って」とかデブに言いながら楽しく過ごす。

※机に「死ね」と書かれた紙が入っている
→紙切れに「死ね」と書いて、みんなの机に入れて回る(みんなに同じことをして、やられた人の気持ちをわかってもらう)。先生が無視するなら先生にも渡す。わら人形を持ってきて「私に死ねと言う奴を呪ってやる」とか言う。

※友だちが一人もいないと笑われる
→「お願いされてもお前とは友だちにならない」「友だちに適した人間がいないんだ」とか言い返す。別のクラスとか下の学年の子と友だちになる。

※「お前なんか、仲間じゃない」と言われる
→無理をして仲間に入れてもらう必要はない。気が合わない人とはほどほどの付き合いで充分。気の合う友だちは一人二人で充分。

※蹴られる
→異常者です。犯罪ですから、適切な罰を受けるべき。先生も厳しく対処するべき。
そういう人間には近づかない。

※「いじめられるのは自分のせいだ」と責める
→他人が言うことをいちいち真に受けない。そもそも、性格がいい人は人をいじめたり責めたりしない。人をいじめる人間は性格が悪いのだから、そんないいかげんな人に「キモい」とか言われても「最低なあなたに嫌われてよかった」と喜べばいい。

※「いじめた人を殺したい」と考える自分は最低だと思う
→考えすぎ。下らないことを考えるのではなく、何かする。勉強でもゲームでもスポーツでも、オタクになればいいのです。子供時代はあっという間に終わります。

「いじめじゃないか?」「訴えてやる」と大声で叫ぶ、職員室に座り込む、警察に行くetc、方法は色々と考えられます。やられっぱなしではいけません。

>自分は自己防衛のサバイバルゲームをするのです。降りかかった火の粉を振り払うのであって、火を消そうと思わないことです。個人が「いじめ」という社会現象と闘ってはダメです。闘ったら負けるに決まっていますからね。

面白く、ユーモアでやればいいのです。

こういうのを考えてたら、暗くならないと思う。
みんな、元気だそう!!
 (「自殺と『いじめ』の仏教カウンセリング」より)

以上おしまい。お疲れ様でした~^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

コメント (2)

5.命の教育は事実から

2017年11月30日 | お釈迦様

>国のために死ぬとか、会社のために死ぬとか、宗教のために死ぬとかいうのは、ぜんぶごまかしです。誰かが目的を達するために洗脳しているのです。人間は、他者のために死ぬ必要はないのです。・・・この場合「自分の命は自分のものだ」と思ってかまいません。しかし同時に「自分の命は、みんなと協力しないと成り立たない」ということです。「みんなで仲良く、人を生かして自分も生きる」というのが正しい道なのです。

>誰かのために死んだら、仏教では失敗です。・・・誰も死なないほうがいいのです。

 

タコはどのように卵を守り育てるか・・・

>タコは二、三ヶ月間、飲まず食わずで卵を守るのです。その間、ずっと新鮮な水を卵に送っているのです。そこに魚がやって来て、大事な卵を食べてしまったりするのです。お母さんが一生懸命子育てをして、やっと孵化する頃には、お母さんのすべての能力と体力を使い果たして、もう、泳げない。そのタコのお母さんの身体を、魚たちがまだ生きているうちから食べ始めるのです。

こういう「事実」を、子供に見せるのが教育。「命を大切に」などの”お説教”からは学べません。子供には理解できません。

「母親が自分を育てるのに必死で、とても苦労している」ということがわかると、子供は(安心して)すくすく成長できなくなります。だから、子供が親の育てる苦しみを知るには、他の一切の生命を観察しなくてはならないのです。(動画DVDなど利用すればいい。けど、自然から学ぶのがいい)

命が何か知らないで、命を大切にすることができるわけがありません。「命とは」というより「生きるとは、どういうことなのか」と教えた方が話が早い。それには「生きること」より「死ぬこと」を教えるのが理解しやすい。

自然観察をすれば、、、生き物はちょっとしたことで死ぬ。「ちょっと間違ったら死にますよ」ということを知れば、「命がいかにもろいか」ということがわかるのです。人間も同じ。

ちょっとしたことで生命は死ぬのです。

このことを教えてあげれば、子供は危機から身を守ることを学ぶ。「どうすれば私は生きていられるのか」を考える。

死んでないから生きている。命があるとは死んでないということ。でも、生命はちょっとしたことで死んでしまうもろいもの・・・。

「自分の命は自分の勝手」にはならないという事実。
知らないうちに自分の管理できないところで生まれ、身体や社会に縛られて生きている。口に入れる物も勝手にはならない(飲み食いしないでいるわけにも、勝手に窒素だけ吸って生きるってわけにもいかない)

「お互い様でなんとか生きている」という事実。「生きることは大変なことだ」という事実。大変だ、と”言う”のではなくただ「事実」を見せてあげればいい。

>人間は、嘘を言わず、インチキをせず、現実に即して具体的に育てるべきです。

「生きることは大変だ」という事実を教え、勇気と忍耐を教えなくてはいけない。大人は自分が楽をするために子供を「管理」する。管理するから抑えられたエネルギーがいじめになって出てくる。管理ではなく、教育をしなくてはいけないのです。

子供の自殺の原因のほとんどが「いじめ」。大人は、日本社会は、子供に事実をなにも教えてない。まともに教えられる社会でもないのです(いじめ社会・妄想社会ですからね)。子供のことはみんなの責任なのに、先生をいじめたり、誰かに責任を押しつけたり。こんなおかしな社会だから、環境が悪すぎなのです。

 

では、どうやって「いじめ」を乗り越えていけばいいのか・・・。

次回へ続く。   (「自殺と『いじめ』の仏教カウンセリング」より) 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

コメント

4.善友になりたい & 怒りを解消する方法

2017年11月29日 | お釈迦様

もうちょっと続けます

心が怒りで壊れそうになっている人は、心の中の怒りを何とかして鎮めるなり吐き出すなりするのがいい。話を聞いてくれる善友や、カウンセラーは、怒りを吐き出させて受け止めてくれます。

病気になるのは危険のサイン。サインがあるのはいいことです。ここで弱っている心を少しでも癒しておかないと、怒りが大きくなりすぎて死んでしまうこともある。でも正論や説教は危険(圧力になる)萎縮したり反発するだけ。慌てず、ゆっくり傾聴と共感(理解)してあげることです。怒りを吐き出すには、何を言っても大丈夫(共感して、わかってもらえる)という安心感(怒りを吐き出す大きな器)が必要なんですね。

根治は、元気を取り戻して理性的にものが受け止められるようになってからです。自発的に学びたいと思えるようになってからでいい。なので、この本(「自殺といじめの仏教カウンセリング」)も、現在死にたい病の人は読まない方がいいかも。読むなら病気になる前かな。(病気の人が多いのが現実)

善友に、なりたいなあ・・・。大きな器を持ちたい。まだまだ精進が足らない

 

自殺ほど割の合わない行為はありません。100%損でしかないのだから。ただ自滅するだけ。

死んだ瞬間に、生まれます。
死ぬまで(現世)の怒り、暗い絶望感など(悪因)の結果は、次の新しい人生(人間ならね)で実現されます。自殺はただの行為です。悪因悪果ですから、新しい人生で”悪果”があらわれる。死んだからといって苦しみが終わるわけではないのです。

さらに、その死が、親や家族や友人など周りの人々をどれだけ苦しませることになるか。生きてれば、まだどうにでもできる可能性があるのに、、、どん底で死んでも何もいいことはない。どん底ならはい上がればいい。というか、どん底で上がれないと思っているのは、それ、「ただの妄想」ですから

だから、自殺はやめたほうがいい。(と、冷静に受け止められる人は死にませんね

人が自殺に追い込まれなくてすむ方法があります。それは、怒り(非存在欲)を解消することです。つまり、怒りの反対である「慈悲」の心を育てること。怒りと慈悲とは両立しない。慈悲の心を強制的に何が何でも育てるしかない。これが根本治療です。

それには、「慈悲の瞑想」がいい方法です。落ち着いて何度も、心をこめて読んでみましょう。慈悲の心で怒りが次第に消えていきます。神様とかにお願いするのではなく、そういう心を育てますという瞑想トレーニング?です。


  私は幸せでありますように。私の悩み苦しみがなくなりますように。私の願い事がかなえられますように。私に”悟りの光が”(”智慧が”でも)現れますように。私は幸せでありますように…(3回)

  私の親しい人々や生命が幸せでありますように。私の親しい人々や生命の悩み苦しみがなくなりますように。私の親しい人々や生命の願い事がかなえられますように。私の親しい人々や生命に悟りの光が現れますように。私の親しい人々や生命が幸せでありますように(3回)

  生きとし生けるものが幸せでありますように。生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように。生きとし生けるものの願い事がかなえられますように。生きとし生けるものに悟りの光が現れますように。生きとし生けるものが幸せでありますように(3回)

(できれば、「私の嫌いな人々や生命」「私を嫌っている人々や生命」にまで広げてみる。嫌いな生命ががなければ、生きとし生けるものでいい)

 

これで、慈悲喜捨の心を育てます。



余談ですが、、、
品格を言うなら相撲協会は、禁酒にしたらどうでしょう。
酒は理性をなくし、煩悩を抑えきれなくなり、問題をおこす元となります。酒は麻薬と同じ。怒りも酒のようなものです。弱い人間は
一時の快感に依存し、飲み(怒り)過ぎれば吐いたり病気になったり命を落としてしまうことも。強くて品格のある横綱を目指したいなら、酒(怒り)はいらない(障害)のでは?実際、酒なんて飲まなくても(飲まない方が安心して)幸せに生きられますからね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

コメント (2)

3.期待ゼロは立派な態度 怒ると破壊してしまう

2017年11月28日 | お釈迦様

昨日の記事のコメントに「精一杯生きてたら、そんなことは考えない」という貴重な言葉を頂きました。精一杯というのは「無理をせず、自分ができる精一杯」ということ。頑張りすぎて無理をするとつい、意識が「今、ここ」の現実ではなく、将来のことや過去のこと、他所のことに行ってしまう(暇すぎてという場合もあるけど、真面目な人は頑張りすぎのことが多い)


そして、(現実から逃げたくなったりして)将来や過去、他所のことを
「考えて」、「妄想」してしまうのですね。妄想と現実のギャップに苦しむ(自分はこうあるべきなのになぜ違う、べきだったのに、とかね)。悪循環にはまりこむ。
「現実」を受け止め(腹をくくって)「現実的に」自分にできる解決策などではなく・・・。考えてもどうしようもないことは「考えない」こと。できることだけやってればいい。

妄想(無明)が、怒りという煩悩を生みます。

「怒り」はあらゆるものを「破壊」します。まずは自分(精神、身体、自殺も)、物、他人、人間関係、社会、、、戦争やテロ行為も怒りです。しかも怒りは快感を伴うので、依存症になりやすい。本当に恐ろしい、麻薬、猛毒です。


ということで、「怒り」について。

怒り(人が不幸になる否定的な心のエネルギー)には、4つのグループがあります。

「怒り」(嫌なことがあると怒ってしまう)
「嫉妬」(なんで自分じゃないのかと怒る)
「物惜しみ」(自分の物を使ったり、あげたりするのを嫌がる)
「後悔」(自分を責める、攻撃する感情)

他に、「悲しみ」「悔しさ」「憎しみ」「恨み」「悩み」「執念深い感情」など、暗い感情はすべて怒りです。

人は何にでも怒っています。何もかもが怒りの対象です。どんだけ怒るねん、てくらいよく怒っている。みんな、当たり前のように怒ってますよ

見る物、触れる物など五欲の対象が「気に入らない」「手に入らない」「自分から離れる」「自分が離れなくてはいけない」といって怒ります。

自分に「体力がない」「知識がない」「才能がない」といって怒ります。

「世間(自分以外の人、社会)が自分を認めてくれない」「仕事・収入が自分の能力に合わない」「環境が自分に合わない」といって怒ります。

>本当に、何一つとして自分の思うようにはいきません。怒る原因はいくらでもあって、人間は怒らなければ生きていけないのです。

だからこそ、気をつけておかないと「怒りの奴隷」という苦しみにはまってしまうことになるのです。

>すべてに共通している点があります。それは「自分の期待がはずれると怒る」ということです。

>自分は全知全能の神様ではありません。
我々の「自分の期待はかなう」という思考は、勘違いもはなはだしいのです。希望が実現できるように着々と努力することが理性的で、正しい態度です。・・・着々と努力していても、やっぱりかなう希望よりかなわない希望のほうが、はるかに多くなるのです。

「期待ゼロ」は立派な態度なのです。

これを、理解しておくだけで、心は落ち着きます。期待しなければ、子どもが20点とって帰っても素直に喜べる(←ポジティブ思考)のです。期待は妄想

妄想するのをやめて、「期待どおり行かなくても当たり前だ」と理解しておくことで、何があっても「そりゃそうだわな。じゃ、どうするかな。」と明るく受け止めることができるようになる、てことです。(無常だからね

 

明るいでしょ?
「無常」を理解すれば悩まなくなります。
ま、日々精進ですな。(「自殺と『いじめ』の仏教カウンセリング」より)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

コメント (2)

2 満たされない心で怒り(非存在欲)を溜め込むと死にたくなる

2017年11月27日 | お釈迦様

なぜ自殺したくなるのか、を仏教の立場で見てみれば、それはそういう本能があるから、ということになります。本能とは煩悩です。誰にでもある。ワタシは大丈夫、なんて他人事ではありません。

もう少し詳しく説明すれば、

「一切は無常であるという真理を理解しない無知な心」”無明”といい、無明から”渇愛”「尽きることのない欲望」が生まれる。
(”渇愛”により、”煩悩”が生まれ、”煩悩”によって生命は”輪廻”を繰り返してしまう。無明→渇愛→煩悩→輪廻

「無常」を理解している人は、自殺しません。煩悩のまま死んでも、問題は解決しないし、苦しみから解放されることもないのですから。そもそも、無常を理解してれば、自殺するような生き方にならない。

「満たされない心、乾いた状態」(渇愛)から苦しみは生まれます。

「五欲」・・・見たり、聞いたり、嗅いだり、味わったり、触れたりしたい、という欲。
「存在欲」・・・生き続けたい、死にたくない、という衝動。
「非存在欲」・・・破壊意欲。怒りです。

これら三種類の「渇愛」は誰でも感じることで、当たり前のことです。しかも、この渇愛のエネルギーが「生きるエネルギー」になっているのです。でも渇愛が大きくなると苦しくなるし、不幸になる。なのでこれを「理性」でうまくコントロールできるかどうかです。

死にたい(苦しい)人は、根本の解決にはならないけれど、
とりあえず美味しい物を食べたり、いい音楽を聴いたり、”五欲”を満たすことでエネルギーを補充した方がいい。とりあえず・・・。

または、心の中にある怒りを、書いたりしゃべったりして吐き出した方がいい。怒りは一種”快感”でもあるので、生きるエネルギーにもなりますが、ためてしまうと自分を破壊(自殺)してしまいます。死にたくなる人は、思い切り怒ればいいのです。そして、怒りをためないこと、出すことです。

怒りは快感でもありますが、とんでもない猛毒なのです。溜めてはいけません。
一番いいのは、怒りのない人間になる、明るく楽しく気楽な人格をつくることですが。それには、よき仲間(善友)をつくるといい・・・。

恐ろしい怒りについては、次回。

(「自殺といじめの仏教カウンセリング」より)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

コメント (2)

『自殺と「いじめ」の仏教カウンセリング』アルボムッレ・スマナサーラ その1

2017年11月27日 | お釈迦様

仏教というと、「死を観察する」とか、「三毒(欲、怒り、無知)」や「執着」をなくすとか、そんなの楽しくもないし暗いし年寄りの生き方だ、、、と思われる方がおられるかもしれませんが、それは仏教を知らない人の大きな誤解。実はまったく正反対。仏教を学ぶと、心が晴れやかに明るくなります。死ぬまで明るく元気に生きることができるようになります。

なので、ここらでちょっと「自殺」「いじめ」問題について明るく考えてみたいと思います。暗くないよ~。

【自殺願望の正体を明らかにし、自殺が罪になる論理を示し、タコのお母さんから子供が学ぶことを教え、「キモイ」といじめられる子供の悩みに答える。仏教本来の智慧が冴えわたる抜本的なカウンセリング。】

帯にはこうあります。
>仏教では、自殺願望を当然と考えます。しかし、つらいから、いじめられたからと自殺する人を「腰抜け」ともいうのです。人生をサバイバルするために、ブッダの智慧を借りましょう。

人間には、本能として「五欲」「生存欲」「非生存欲」(三つ合わせて「渇愛」といいます)がある。誰でもみんな「非生存欲」をもっているのだから、自殺したくなるのは当たり前のことなのです。

といって、自殺をすすめるわけではなく、心を奮い立たせて生きる方がいいのです。自殺を美化してはいけません(自殺する人はただ気の毒です)。長老は、本能に負けた自殺者を「腰抜け」と、ちょっと過激な表現をしてますが、要は心のエネルギーが弱くなってしまっている、だから「腰抜け」のままじゃいけない、元気を出そうよ、ということなのですね。よい、悪いの話ではない。(心が弱くなって今にも死にそうな人に、どういう言葉かけがいいかは個人によって違うでしょうから、気をつけなくてはいけません)

日本人は「死ねばすべて解決する」とどこかで思っていたり、「死んだら善人も悪人も成仏だ」と思っていたりする。だから、(自殺すれば永遠に地獄だと考える西洋文化の人より)簡単に自殺する傾向がある。けれど、どちらも間違いなのです。死んでも解決しないし、解脱してない人が自殺すればまず成仏できないでしょう(可能性はゼロとは言えないけど)。

「自殺すれば永遠に地獄」は西洋の考えです(永遠はない)。
仏教では「人それぞれ、違いがある」と言います。そして、解脱しない限り輪廻を繰り返すのですから、「生きるのが苦しい」といって自殺しても、次の生でもまた苦しむことになります。終わりません。

苦しみをなくしたいなら、今のこの世で苦しみから脱するよりないのです。

では、この世で苦しみから逃れるにはどうすればいいのか。
ご安心ください、ちゃあんと、教えてくれてます。
仏教は幸福学ですからね。自殺なんてしなくても幸福になれます。幸福になれるのに自殺するなんて、もったいなさすぎる!

しばらく、このテーマでいってみようかな。

つづく・・・

 

にほんブログ村 本ブログへ

コメント

「善に達するチカラ 忍耐・堪忍の本当の意味」アルボムッレ・スマナサーラ

2017年11月16日 | お釈迦様

俗世間に生きていると、様々な人間の問題に遭遇します。そこで、三毒(貪・瞋・癡とんじんち)を乗り越えていない俗世間の人間は、その欲や怒りや無知で自分の心を汚してしまう。何があっても、欲や怒りで汚れて丸々大損なのは、自分の心です。

人間関係で、相手に対して腹を立てても相手には関係ない、自分の心が汚れるだけ、意味がありません。自分に対して嫌な気持ちになるということは、自分の心を汚しているというだけのこと、意味がありません。どうしたら、お互いが幸せでいられるか、考えることはそれだけでいい。

何で嫌な気持ちになってしまうんだろう、と悩む必要もありません。人間なんだから当たり前、本能ですから。乗り越えるべく日々気をつけていればいいだけ。繰り返し繰り返しです。

社会や政治の問題は大きすぎて、一人の人間の小さな力では解決できません。当たり前です。なので、常に落ち着いて、冷静に、自分の心を磨くことです。自分を磨くことなしに、人生も社会もよくなるということはありえません(社会とは人間の集まり)。無力だとあきらめるのではなく(あきらめて努力をやめたらよくなることはない)、小さなことから(でもそれが大事)こつこつと、、、です。

と、前置きがヒジョーに長くなりましたが、久しぶりに仏教の本(kindle)。

[アルボムッレ・スマナサーラ]の善に達するチカラ: 忍耐・堪忍の本当の意味

 

183 一切の悪を犯さないこと。善にいたること。自らの心を清めること。これは諸仏の教えである。

184 忍耐・堪忍は最上の修行である。涅槃は最高のものであると、仏陀たちは説きたもう。他人を害する人は出家者ではない。他人を悩ます人は沙門(道の人)ではない。(ダンマパダより)



ひとが真理を発見して、生きる苦しみを最終的に乗り越えたならば、ブッダといいます。ブッダとは、真理を発見した人、覚った人、という意味です。論理的には、真理を発見する人は誰でもブッダと呼ばなくてはいけなくなります。
テーラワーダ仏教では一般的に、最初に真理を発見した先駆者たる釈尊に「ブッダ」という言葉を使います。弟子たちが真理を発見したら、アラハン(阿羅漢)という敬称で呼びます。これは、師匠と弟子を区別するために工夫したのです。しかし、お釈迦さまもアラハンの一人であることに変わりありません。アラハンとは、聖者、尊敬に値する人、人格を完成した人を意味します。

人格を完成した方、智慧を開発した方、真理を発見した方(ブッダ)のメッセージに、みな耳を傾けるべきでしょう。では、ブッダは我々にどのようなメッセージを伝えたいのでしょうか? (本文より)】

目次
第一章 ブッダが教えた「善に達する方法」
 『諸仏の教え』のキーワード
 一切の悪を犯さないこと
 善に至ること
 自らの心を清めること
 平和の実現
 実践の仕方を詳しく
第二章 忍耐とは我慢ではなく「落ち着きの心」
 Khanti(kṣānti)・忍耐
 苦行は無意味
 最上の修行
 ハードルを乗り越える人は成長する
 ハードルとは何か?
 生きることも楽ではない
 俗世間のトラブル
 「こうすればよかった」は悪魔の誘惑
 正しく生きる道
 諸問題を根こそぎ解決する
 高度な目標・目的を目指す
 Khantī・忍耐は必需品
第三章 堪忍とは障害・邪魔を巧みに避けること
 Titikkhā・堪忍で障害を避ける
 堪忍がなければ人生に負ける
 忍耐があれば堪忍もついてくる
第四章 忍耐と解脱
 忍耐の活用法
 勘違いの続き
 Khantīとtitikkhāのまとめ
 Khantīとは解脱の智慧です
 随順忍耐

”悪を犯すことなかれ”ではない。これは命令ではないのです。
仏弟子には”一切の”と厳しく言われますが、俗世間の私たちは「これは善いこと?悪いこと?」といつでも自分に聞くことです。そうやって用心することですね。

”善行為”さえすればいいのではなく、”善にいたる”ことです。
善の心が大切なのです。心を清らかにして善行為をしながら、善に達すること。
悪い思考は心を汚します。すると、善行為も善行為でなくなります。

我慢=怒り(瞋)ですからなくした方がいい。
我慢ではなく、忍耐(落ち着き)と堪忍(障害を巧みに避ける)こと。

これは仏陀のメッセージであり、幸福への道なのです。

簡単?当たり前? そうですね。^^

当たり前のこととして、心がけたいですね。
すぐに効果が実感できるようになります。
実践すればするほど実感します。

読むだけでも、心が洗われる。(深いわ~

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

コメント (2)

口は災いの元 口の四善業 

2017年09月17日 | お釈迦様

口は災いの元。口は慎み、言葉をよく選んで使いたいものです。

仏教には口の四つの善業(口の四善業くのしぜんごう)の教えがあります。
人間関係をよくするために大切なことです。

 

①不妄語(ふもうご)・・・嘘や偽りを言わない。正直に、真実を語る。

②不両舌(ふりょうぜつ)・・・人の仲を裂いてしまうような言葉は使わない。仲たがいしている人たち(自分と相手の関係も含む)が仲直りするような言葉を語る。

③不悪口(ふあっく)・・・粗野でぞんざいな言葉を使わず、上品でやさしい言葉で話す。

④不綺語(ふきご)・・・無駄話をしない。理にかなった、実のある話を、時と場所にふさわしく語る。

 

嘘はいけません。嘘をつかなくていいように心を磨き、賢くなることです。ありのままの真実を受け入れなければ、自分勝手に解釈すれば、問題はこじれます。嘘をつかれると困るのです。問題をどう解決すればいいか分からなくなるからです。

無駄話も、仲良くなるための馬鹿話とか、無駄に思えて実は無駄ではない話、元気になって心が晴れる話ならいいのです。本当に無駄な話(愚痴悪口噂話など、心を暗く汚し、為にならない話)は、時間の無駄。自分だけでなく他人の人生の貴重な時間を奪うことにもなりますからね。

凡人にはなかなか難しいですが、気をつけたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

コメント (2)

共生

2017年04月28日 | お釈迦様

ブルーベリーとキンギョソウ

 

50 他人の過失を見るなかれ。他人のしたことしなかったことを見るな。ただ自分のしたことしなかったことだけを見よ。(「ブッダの真理の言葉 ダンマパダ」)

 

このこと一つだけでも出来るなら、世の中はもっと平和になると思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ  

コメント (2)

サッレーカ・スッタ(戒め)ー「自己」の取り扱い説明書ー A.スマナサーラ

2017年04月09日 | お釈迦様

>「みんながやっているから私もやります」と、悪いことを正当化します。「誰もやってないんだから私もやりません」と、善いことをしないために言い訳をします。これが世の中の普通の生き方です。こうなると世界は一向に善くならないのです。人間のこの弱みを理解したお釈迦様は、「ほとんどの人々がやっていないからこそ正しい戒めをしなさい」と説かれているのです。

私の教えこそ正しい、あなた方の教えは間違っていると思い込んで、他人を悪人に仕立てて戦いに挑んで人類の平和をなくし、苦難のみを増大させるような生き方をしている人間に、お釈迦様は端的に正しい道を示しているのです。(A.スマナサーラ)

まったくです。一般人はともかく、影響力の大きい権力をもつ人などが自らを戒めず、好き勝手にしてしまうと社会は生きにくくなるばかりです。しかし、権力者といえどもただの人間(困ったもんだが仕方がない)他人がどうであれ自分の人生は自分のものですから、自分の人生を生きるしかない。

両方の見解があるということは、どちらも正しいわけではないということです。・・・人の諸々の意見、見解の内容は大したことではありません。人間が主観で作り上げたただの妄想に過ぎません。自分はそれに関わりを持たないで、その見解に対する執着から解放されるのです。

見解(=偏見)を持たないこと、見解がない、というのが正見(正しい見解)ということになりますね。見解に対する”執着”が問題なのです。自分の見解(=偏見)に執着せずみんなが幸福になる(よりよい)方法を見つけること、(正見、ありのままを見て)どう行動するかが大切なのではないでしょうか。どんな小さな悪(不幸)もなさないことです(…ように努力すればするほど生きるのは楽になると思うのですが)

お釈迦様の言葉「サッレーカ・スッタ(戒め)」を見てみましょう。お釈迦様は押しつけるということはされません。仏教は教えであり洗脳ではない。人それぞれの自主性・判断を尊重するのです。見解について、戒めについて、チュンダ長老に尋ねられてお釈迦様は答えます。

 

・・・それではチュンダ(長老)よ、このように戒めるべきです。

1.他人は他者に害を与えるが、我々は加害者にならないようにと戒めましょう。

(まず、いきなりここでコケてますね。相手が悪いんだ、正当な報復だ、圧力だ、指導だ、抑止力だとかなんとか言って、結局自分が加害者になる。加害者という意識もない。自分の悪行為はヤツの悪行為とは違う、などと棚に上げるのです。悪行為は悪行為にちがいないのに。人に偉そうにいう資格はないのです。資格のある人はそもそも偉そうなことを言わないですね。

悪をつぶす(加害者になる)のではなく、聞く耳持たない不幸の元からはなるべく離れる、避難する(助ける、一緒に避難する)のみ。けんかの仲裁はどっち側についても主観的になってよくないし、どっちに対しても慈悲の心で解決方法を提案するのです。どんな相手に対しても慈悲の心をなくせば不幸は終わらない。慈悲=平和。気をつけたいです…)

2.他人は殺生するが、我々は殺生しないようにと戒めましょう。

3.他人は与えられていないものを取るが、我々は与えられてないものを取らないようにと戒めましょう。

4.他人は性的な関係を持つが、我々は性的な関係を持たないようにと戒めましょう。

5.他人は嘘をつくが、我々は嘘をつかないようにと戒めましょう。

6.他人は陰口を言うが、我々は陰口を言わないようにと戒めましょう。

7.他人は暴言を吐くが、我々は暴言を吐かないようにと戒めましょう。

8.他人は無駄話をするが、我々は無駄話をしないようにと戒めましょう。

9.他人は強欲になるが、我々は強欲にならないようにと戒めましょう。

10.他人は激怒するが、我々は激怒しないようにと戒めましょう。

11.他人は邪見をもつが、我々は正見を持てるようにと戒めましょう。

12.他人は邪思惟するが、我々は正思惟を持てるようにと戒めましょう。

13.他人は邪語をするが、我々は正語を持てるようにと戒めましょう。

14.他人は邪業(罪を犯すこと)をするが、我々は正業をするようにと戒めましょう。

15.他人は邪命(罪を犯して生計を立てること)をするが、我々は正命をするようにと戒めましょう。

16.他人は邪精進(罪を犯すために努力)をするが、我々は正精進をするようにと戒めましょう。

17.他人は邪念(精神的な混乱、怒り、落ち込み、引きこもり、などを引き起こす思考、妄想)を持つが、我々は正念を持てるようにと戒めましょう。

18.他人は邪定(悪いことをする時、我を忘れて集中すること)を育むが、我々は正定を育むようにと戒めましょう。

19.他人は邪智者(生命は永遠である、全ては絶対者により創造された、生きることは極楽である、生きることは極苦である、などの本末転倒の考え)であるが、我々は正智者になれるようにと戒めましょう。

20.他人は邪解脱(天国での永遠の命を目指すこと、命は死で終了するので生きている間に手段を選ばず遊びほうけることを目指すこと、ありもしない魂の完全な浄化を目指すことなど)を目指すが、我々は正解脱を目指すようにと戒めましょう。

 

44まであって長くなるので、ここまでにしておきます。これは、長老(出家者)に話されてるので多いけど、一般のふつうの人は5つ(五戒)で大丈夫かと思います。(どんなに悟っている人でもすべて戒めているなどとはいえないと言われれます。しかし努力することが大事なのです。努力してみようかな、試してみようかな、どういうものかと知るだけでも価値があるし、自分が向上することが人のためになるのだし、幸せ・悟りへの道なのですと言われます。幸福への道はすべての生命に開かれているのです)

ワタシはこれを読むと、そうだなあ、まずは自分の人格や徳、能力を高めることだよなあ、できるだけはがんばりたいなあ(人間に生まれたこのチャンスを無駄に過ごすのはもったいない。今のうちにできるだけ…)と思いますが、感じ方は人それぞれでしょうね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ 

コメント

「お布施ってなに?経典に学ぶお布施の話」藤本晃

2017年03月25日 | お釈迦様

【「あげる」「してあげる」お布施は人生の修行です。「お布施」についてお釈迦さまから学ぶ。】

お寺に対して、個人的にお布施をしたことはありませんが、母が、お勤め?をしてくださったお坊さんにお布施?お礼?をしたり、お寺を改築するとかで寄付みたいなのが回ってきてるのを見たことがあります。でも、お布施は、お礼や金を出すこと(何かの対価)をいうのではないのですね。つまり、商売になってはいけないのですね。

お布施とは、人に「あげる」「してあげる」行為そのもの。喜んで捨てる、喜捨。人のためになるもの(食べ物、着る物、薬、座るところなど)や事(愛語、笑顔、手助けなど)を、ただ「あげる」「してあげる」。それが、自分の心を育てることにもなる、功徳になる。

お寺へのお布施はしたことはないけど(母がしてる)、身近な人へのお布施はしてます。

お布施をするときの心の状態・動機は8つに分類されるそうです。みんながやってるから…(母はこれ?)ではなく、きちんと意味を知って自発的に、自分の心をよりよくするためにする方がよいですね。

お布施を受ける側の有り様によって、
(立派なお坊様か、徳の高い人か、普通に道徳を守ってるいい人か、戒を破ってる凡夫か、動物かなど…個人は14種に、団体は7種に)
つまり相手の徳の高さ・大きさによって、功徳の大きさが違ってくるし、相手のためにならない行為(欲を助長して不幸になるとか)にならないように気をつけることも必要だとか。

でも、お布施はお布施する人の心だから、もし、ダマされてもダマした行為の結果はダマした人が受けるだけで、純粋にお布施した人には功徳があるそうです。ダマされないだけの智慧がある方が功徳は大きいけどね。(ダマされてるかも?などと思いながらとか、嫌々お布施すれば功徳は小さい)

家のお寺のお坊さんが、遊び人の破戒者(ただの凡夫だね)であれば、これはお寺(仏教)を守るためにお寺にお布施します、と言って(という心で)お布施すればよいそうです。

お布施で大事なのは、智慧と慈悲・喜捨の心。

お布施するものは、お金(本来お坊様はお金を受け取ってはいけないのだけど、日本社会ではお金がないと何もできないし、お坊様が戒を破り懺悔しつつ受け取っているらしい。でも、”お布施としてお金を要求”するのはお坊様としてはできないらしい)だけでなく、相手が必要としていて役に立つもの、喜んでもらえるもの、戒を破らないもの(酒とか違法なものとか)を選ぶこと。

見栄を張ったり(エゴ)、無理をしたりしないこと。自分でお布施できなくても、人がお布施(寄付)したことを一緒に喜ぶ(随喜)のもいいとか。

日本の仏教で腑に落ちないことでも、本来のお釈迦様の教えを勉強すれば問題なくなります。大事なのは、自分の心なのですね。

詳しく、きっちり説明されててすごく勉強になりました。(Q&Aあり)
気持ちよくお布施していきたいと思います。

世のためすべての生きとし生けるもののため、ですね。 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ 

コメント (2)

「初期仏教経典 現代語訳と解説 餓鬼事経 死者たちの物語」藤本晃

2017年03月21日 | お釈迦様

餓鬼道に堕ちた者たちが繰り広げる51の物語。『スッタニパータ』や『ダンマパダ』などと同等の経典として大事に伝えられてきた初期仏教経典『餓鬼事経』を、解説付きの現代語訳で読む!】

幽霊のお話は、子どもの頃からテレビなどでよく聞きましたが、こんなにきちんと解説され学ぶことがなかったので、何となく怖い話というイメージがありました。できるなら会いたくない見たくない…と。

しかし、この経典の物語(現代語訳と解説。事例集みたいですね)を読んで、幽霊(餓鬼界に生まれかわった方)とは怖い存在ではなく慈しみを向けるべき気の毒な方たちなんだと見方が変わりました。さらに、餓鬼(幽霊)に生まれかわらないように、つまり、悪因苦果とならないように気をつけたいと思いました。

悪因を作らないように、善い心でしっかり生きたい。そう思わせる経典です。

実際この話のまんまではないにしても(ワタシにはわかりません)、こんな感じなのねとイメージはできます。どんな悪因によってどんな苦果が生まれるのか、餓鬼に生まれ苦しんでいる方がどのように救われるのか、餓鬼の方たちのために人間には何ができるのか等がよくわかります。子供だましの作り話とはちょっと違います。子どもにも理解できると思いますが、大人はきちんと理性的に補足説明してあげるといいと思います。(気楽に読めますが^^)

餓鬼に生まれたら(自分の心次第だけど)そりゃあ大変、むちゃくちゃ苦しい。一遍読んでみてください、ひょえ~~です。ごめんなさい、カンベンしてくださいです。(地獄は餓鬼よりもっとスゴイらしいから、よくよくよ~~~く気をつけて、お利口にしてなきゃ!!!)

そのまま信じることもないですが(出会ったことがないし、自分の目で見て経験したわけじゃないので)、嘘だ非科学的だ、とは言えません(そろそろ最新の科学なら説明できるかな)。ワタシは、きっとそういう感じなんだろうと思っています。

とにかく、悪いこと(無慈悲、悪口、不倫、殺生、盗み、強欲、等々不幸につながる行為)はしない、善いこと(慈悲喜捨、布施、親切、等々徳を高め幸福につながる行為)をすることですね。


116 善をなすのを急げ。悪を心から退けよ。善をなすのにのろのろしたら、心は悪事をたのしむ。

117 人がもし悪いことをしたならば、それを繰り返すな。悪事を心がけるな。悪がつみ重なるのは苦しみである。

119 まだ悪の報いが熟しないあいだは、悪人でも幸運に遭うことがある。しかし悪の報いが熟したときには、悪人はわざわいに遭う。

121 「その報いはわたしには来ないだろう」とおもって、悪を軽んずるな。水が一滴ずつ滴り落ちるならば、水瓶でもみたされるのである。(「ブッダの真理の言葉感興のことば」中村元訳より)

過ちはこの世のうちに懺悔し償っておかなければ、餓鬼に生まれてしまうとこの世の何倍もの苦しみを味わうことになってしまう
正直に、誠実に・・・どんな悪も為さないこと
安らかな、充実した心を確立できたらいいな~。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ 

コメント