篠井さんは石田三成役。
'92年6月シアターコクーンの『夏の夜の夢』以来の共演。
篠井さんはタイターニア。私はパックだった。
横浜ボートシアターの遠藤啄郎さんの演出で、バリを舞台に怪しく色っぽく可笑しく展開する素敵な舞台だった。
バリのミュージシャンを中心に演奏するガムラン生演奏をバックに、バリのトップダンサーを迎えてバリの香りが深く漂う構成。
篠井さんは粘りの効いた怪しげなタイターニアを好演された。
私のパックは全身網タイツにTバックパンツのみ。猿(ハヌマン)のメイクをして飛び回る。
ボンレスハムの様だと気持ち悪がる人もいたが、ワイセツ奔放にイタズラをし、日舞とバリダンスを融合して踊り捲り、歌い、語り、爽快感を味わった♪
これを切っ掛けに私の、舞台演技に対する考え方が少し変わった。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 西郷さんの家... 信長の棺 »
 
コメント
 
 
 
楽しみです! (ゆみ)
2010-11-22 14:30:50
2006-08-28 02:17:56

はじめまして。コクーンの「夏の夜の夢」
拝見しました!当時まだ中学生でしたが、
あの幻想的な雰囲気にやられて春休みにバイト
したお金で何度もコクーンへ通いました。梅雀
さんのパックはおじ様(失礼)なのにかわいくて
素敵でした。篠井英介さんもすごくしなやかで
印象に残っています。そのお二人が今度は秀吉
と三成で共演とは・・・。今からとても楽しみです!
 
 
 
すごい!! (かつげん)
2010-11-22 14:31:26
2006-08-30 15:49:52

梅雀さんってHPやブログも作っていらっしゃるんですね~。というか役者さんだけでなく音楽もされていると初めて知りました(^^♪
すごい!!!!!
しかも篠井英介さんと共演されるんですね。いいな。美しい(*^。^*)
いやいや、梅雀さん、応援しております!!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。