「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

ごまめの歯ぎしりで済んだ自民党総裁選挙

2021-09-30 07:32:11 | 2012・1・1
菅義偉総理の後任を選ぶ自民党総裁選挙は岸田文雄前政調会長が決選投票の結果、河野太郎ワクチン担当相を破り選ばれたた。岸田氏は10月4日召集の国会で第100代目の日本の首相に選ばれる運びだ。直接、選挙権のない90歳の老生だが、終日テレビの前に座りこんだ。結果としては、岸田候補が高市、野田2人の女性候補を破り、2位の河野候補との決戦投票にも勝利した。

老生にとっては岸田氏の総裁歓迎である。女性候補については偏見からか「女の腕まくり」で反対であり、河野氏に対しては氏の公式サイト「ごまめの歯ぎしり」などの考え方からも反対である。小ブログは先日、河野候補が北朝鮮の弾道ミサイル発射に関連した発言の中での「昭和の概念」の表現を批判している。

あまり聞きなれない諺だが、「ごまめの歯ぎしり」とは手元の福音館書店のことわざ小辞典によると「力の及ばぬものが何もできず憤慨すること」同意語「女の腕まくり」とある。ちなみに、ごまめとは片口イワシの干したものだが、平成生まれの世代はご存じなのか。








コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 早く「日常」に戻りたい | トップ | 行動緩和実験 なぜ特定の道... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2012・1・1」カテゴリの最新記事