「老人タイムス」私説

昭和の一ケタ世代も高齢になりました。この世代が現在の世相をどう見て、考えているかーそのひとり言。

老人を惑わす小池百合子都知事のカタカナ言葉

2016-10-10 05:47:41 | 2012・1・1
小池百合子都知事のカタカナ言葉の多用が批判を浴びている。確かに多すぎる。ゴロ合わせなのだろう。.東京都を"セーフ.シティ””スマート.シティ””ダイバー.シティ”と提案されたが、最初の二つは皆、理解できる。しかし”ダイバーシテイィ”(多様性)という英語はあっても、”ダイバー.シティ”(潜水夫の町?)はなんのことだか解からない。

学校で英文学を専攻し、社会にでてからも「英語」でロクをはんできた僕だが、小池知事のカタカナ言葉には悩まされる。恥ずかしながら本当の話である。僕は小池知事が使った”イケボス宣言”が解からず、ネットのお世話になったら、人事労務用語で”経営者や職場の上司が男性社員の育児に理解を示す”こととあった。それでも僕は”イケボス”が”イケメン”と同じ俗語なことを知らず、欧米の学者の名前と勘違いしていた。

老妻が、小池知事が当たり前のように使っている”レガシ―”の意味が解らず僕に聞いてきた。小池知事だけでなく、マスコミも当たり前のように使用しているが、日本語には「遺産」というキチンンとした言葉がある。”都民ファースト”とか”ワイズ.スペンサー”なら、なんとはなく解るが、”ホイッスル.ブロウワー”となると、どの程度の都民が理解できるか。手元にあった英和中辞典(旺文社)にとると、”Whistle Blower"は、米国の俗語で、密告者、内部告発者とある。時には外来語でなければ、言い替えが難しいこともあるが、出来るだけ解かりやすい日本語を使って頂きたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 神保町 周恩来学びの地が煙... | トップ | ”一貫三百はどうでもよい” ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
漢字嫌い? (chobimame)
2016-10-11 09:02:52
この世代からもう少し下の世代は、カタカナ表記や平仮名表記が好きなんだそうです。
漢字表記出来る言葉は、お硬く感じて通じ難いという発想からだそうです。
なぜそんな発想を持つのでしょうね?
カタカナで表記出来ることばにインテリジェンスを感じるのでしょうか?
それだけ日本語が使えなくなっているのでしょうね。
いづれ公用語が英語になるかもしれませんね。

コメントを投稿

2012・1・1」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事