バドミントンが拓くあなたの未来

部活と勉強の両立が生きる力を育みます
鈍感と根気が継続の秘訣です
後はケセラセラ、チャンスを待てば良い

蚊に刺される

2021-10-14 08:09:50 | Weblog

 昨日から急に涼しくなり、今日は11月の気温です。夏から冬にひとっ飛び、秋が短くなりました。そろそろ暖房機が恋しい季節です。寒がりは電気使用量が増えますが、ホットカーペットを用意しホットして暮らします。 

  コロナの再流行もあり、体育館の4つあるドアーを開けて使用が煩くなりました。今年の夏は練習会の日に風が弱く、ドアー全開でも支障なくバドが出来ても、入口と草むらに近いドアーの付近に蚊がいます。私は困りました。

 動いていればあまり蚊に刺されません。しかし私はコートの脇の監視員。クラブ練習会の進行係。ニューシャトルを用意し羽が折れたシャトルを回収し、ノックのお手伝いです。情けないのは毎週蚊に刺されることです。

 私は身体が硬く、体育館の入口でも靴を履き替えるのに時間がかかり、時々、脛や腕を刺されます。おまけに今週の練習会に鈴木温子さんが参加。プロは違います。彼女のプレイに見とれていたため、また刺されました。

 脊柱管狭窄症のためか膝は時々痛み、足首は痺れています。散歩し過ぎたのか明け方にこむら返り。脛にロキソニン軟膏を、膝にファイテンのメタックスクリームを塗り、痛みや痺れに効きますが、蚊が好きなのか困ります。

 公園や通りで犬仲間に出会います。久し振りだと四方山話をします。蚊はシップ薬や血行を良くするクリームが好きなのか、薬を塗った所の皮膚の温度が高いのか、私たちに蚊が集まり、気が付かない内に刺されています。

 炭酸ガスと汗の匂いを蚊は好きなのか、年期物の私のラケバに集まってきます。蚊に好かれています。私は足が悪く、力を入れて歩きます。愛犬を散歩させ、汗をかきます。蚊に好かれる条件が揃っています。

 蚊よけスプレーを持っていますが、度々スプレーしては愛犬と私たちへの影響が心配です。スプレーしないで出かけることも多く、蚊に刺されます。家に帰ると痒みバイバイとキンカンを塗りますが、効き目は微々たるものです。

 窓を閉めた部屋で電気蚊取り線香を長時間使うのも心配なため、2、3時間程度で止めます。油断すると寝ている時に刺されます。毎週2か所ほど蚊に刺さ、痒い所が増え、毎日、痒み止めを塗ってもなかなか効きません。

 今年は蚊に刺されると真っ赤に腫れます。患部に痒み止めを毎朝晩塗りますが、なかなか治りません。刺されると1週間ほど赤いままです。身体全体では痒い所が増えます。刺された場所に2週間ほど跡ができます。

 数年前までほとんど湿布薬を使っていませんでした。痒みは3日ほどで消えていたと思います。今年は10日以上痒いままです。湿布薬は痛み止めに効果がありますが、蚊を集め、刺されると赤く腫れ、余計に痒くなると思います。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 中流は絶滅危惧種 | トップ | ダニの被害 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。