バドミントンが拓くあなたの未来

部活と勉強の両立が生きる力を育みます
鈍感と根気が継続の秘訣です
後はケセラセラ、チャンスを待てば良い

お任せで最後の合宿

2019-07-29 04:23:05 | Weblog

 学生も参加したクラブ合宿を3回主宰し、東大駒場の女子と男子の10名以上と仲良くなりました。うちのクラブの年配者も一緒に夕食会に参加し色々な話題で話しました。優秀な学生がしているアルバイトや希望の職業を私は知りました。

 当時息子は大学院、娘は産後の休暇中でした。私は4回目をするか迷っていました。新入生が参加希望とクラブに来た本郷の上級生から聞き、彼らに幹事をお願いしました。彼らは御殿場演習場近くのこざる(小申学)の合宿を計画してくれました。

 8月の最後の土日、妻と一緒に新宿から高速バスで御殿場に行きました。東名高速経由でした。御殿場のアウトレットが開業し、東名のアウトレット出口から側道が渋滞していました。駐車場にもう車がたくさん停まっていました。

 息子はバド仲間と御殿場駅まで電車。駅で旅館の送迎バスに乗りました。私たちが着替えようと思ったら、中学生が片付けている最中でした。彼らの一部は人を待たせているのにぐずぐず荷物作り。予定時刻をオーバーし平気な引率顧問に呆れました。

 久保田監督は何時も車です。今でも大学の合宿も大阪の年齢別大会も車です。この合宿ではシャトルケースを運んでくれました。私たちはラケバだけを1つずつ持って行きました。1時少し回り、近くの須走中学校の体育館に徒歩で出発しました。

 体育館は須走中学校、年代物でした。コートの白線が消えかけていました。鹿島の体育館に用意した白線テープを消えた白線部分の上に貼り、雑巾がけ。3面使えました。駒場女子は初対面3人。棚倉世代より3学年下。2人が下働きをしてくれました。

 棚倉に来た女子と須走の女子は印象が違いました。棚倉は優しくて芯がしっかり、今回は見るからにしっかりでした。一方、男子は3学年下も変わらずボンボン、子供気分が抜けていない人と感じました。世代の違いかたまたまかは分かりません。

 翌日、宿のおにぎりと漬物を食べ、1時前に解散しました。私と妻は久保田監督の車で帰りました。中央高速、首都高に渋滞が無く楽に帰れました。息子は仲間と宿の送迎バスから御殿場線経由。横浜で打ち上げ会をし、帰ってきたのは夜遅くでした。

 私は未経験の事をするのが好き。3年で4回も合宿。行き易い国への旅行で慣れたら、世界の名勝地に年3回は行きたいと思いました。当て事と褌は先から外れます。東南アジアを堪能し、次はナイヤガラかと言う時、妻が大病し外国旅行は無理でした。今は愛犬が全てです。

 15年以上前の合宿の記事はこれで終わります。創造性のブログに戻り、偏見含みの臍曲がりのヨイヨイの思いを書きたくなりました。このブログはしばらくお休みし、秋になり、温泉旅行に行った折に再開します。宜しくお願いいたします。


コメント   この記事についてブログを書く
« バド好きが好きな都の部長 | トップ | 雨にも負けず風にも負けず »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。