中国の極悪行動を忘れない

日々繰り返される中国の極悪行動を記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

17歳韓国人天才少年の国際学術誌発表論文は盗作、掲載撤回へ

2015年11月26日 | Weblog
「天才少年」として知られるソン・ユグン君(17)=写真=が国際学術誌『天体物理学ジャーナル』に発表した論文が、盗作と判定された。

米国天文学会は25日(現地時間)にウェブサイトで、先月10日に天体物理学ジャーナルに発表されたソン君とソン君の指導教授であるパク・ソクチェ韓国天文研究院研究委員のブラックホールに関する共同研究論文について、パク委員の2002年の論文を盗作したものと判断し、論文を撤回すると発表した。

同学会は論文の学術的意味よりも形式を問題視した。02年にパク委員が発表した論文と内容がかなり一致するにもかかわらず、引用表記をしておらず「自己盗作」に該当するということだ。

論文が盗作と判断されたことで、ソン君は在学中の科学技術連合大学院大(UST)で来年2月に予定通り博士学位を取得することが難しくなった。USTは博士学位授与の条件として、学位論文とは別に国際学術誌に1本以上の論文を発表することを挙げている。ソン君は18日、USTの博士学位論文審査に合格した。

天体物理学ジャーナルの編集者は「いかなる場合でも、論文の著者は論文の作成に用いた文献を正確に引用表記すべきだ」と指摘している。

これについて、パク委員は「02年の論文は学会の発表集に掲載されたもので正式な論文ではないため、引用表記をしなくても構わないと思った。今回の盗作の件は100パーセント私の落ち度だ」と釈明した。USTは研究倫理委員会を構成し、盗作の経緯と責任の所在を突き止める方針だ。

5歳で掛け算をマスターし、7歳で微分積分を解くなど優れた数学の才能を見せたソン君は、中学・高校課程を検定試験で修了し、8歳で仁荷大に入学して世間の注目を集めた。その後、大学生活になじめず中退し、11歳でUSTに入学、パク委員の指導の下で航空宇宙学の修士・博士課程を履修してきた。
(朝鮮日報/朝鮮日報日本語版より引用)

韓国にとっては氷山の一角でしょう
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
« 訪日中国人のあきれるマナー... | トップ | 日本 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事