中国の極悪行動を忘れない

日々繰り返される中国の極悪行動を記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ソウル大生の75%「実験データ捏造しても問題ない」=韓国ネット「何か問題?」「正直に生きれば損する」

2014年11月26日 | Weblog
2014年10月29日、韓国日報によると、韓国・ソウル大学の理系学部生の10人に6人が実験実習報告書のデータを改ざん、捏造した経験があり、またその中の多くが「データの改ざん、捏造は深刻な問題でない」と考えていることがわかった。

ソウル大学の校内広報紙「月刊ソウル大ジャーナル」が今年6月に理系学部生95人を対象に実施したオンライン調査によると、全体の63%が「実験のデータに任意で手を加えたり、実際に実験を行わず、データを偽造した経験がある」と回答した。

また、回答者のうち、データの改ざんや捏造について「それほど深刻な問題ではない」「全く問題ない」と答えた学生が75%に達し、実験報告書に対する問題意識が低いことが明らかになった。
(Record Chinaより引用)

さすが韓国

blogランキングに参加しています。ポチッとクリック

http://www.youtube.com/watch?v=HxcFV7g9oQc
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
« 悪質な韓国人消費者の手口に... | トップ | 豪州で9人がA型肝炎、中国で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事