つれづれ婆ぁばの 手ぶれ野鳥と草と花と

パート2に引っ越しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お誕生日…久しぶりの良いお天気に…

2015-11-30 14:24:18 | 日記
11月30日は秋篠宮文仁親王殿下のお誕生日です。50歳になられます。
以下は宮内庁から転載させていただきました・・・
会見年月日:平成27年11月19日

会見場所:秋篠宮邸

問1 殿下にお伺いします。この1年を振り返り,印象に残っている出来事とご感想をお聞かせください。50歳を迎えられる心境や今後の抱負についてもお聞かせください。
殿下
この1年もいろいろなことがありました。その中で幾つか私自身の印象に残ったことを取り上げてみますと,今年も非常に自然災害が多かったという感じがいたします。例えば9月でしたでしょうか,台風の後,温帯低気圧に変わったところに温かい空気が入り,非常な大雨を降らせたことがあって,広い地域で被害が出ました。特に鬼怒川の堤防が決壊するなどして,大変大きな被害があったわけです。こういう,特に局地的な大雨が以前よりも多くなっているように思います。そのことは大変私も気になっています。そして,これは昨年でしたが,広島市で土砂災害があり,この4月に私もその場所に実際に行ってきました。映像などで見るよりも急峻しゅんな場所になっていて,これは実際に行かないとやっぱり分からなかったと思うのですけれども,日本はそういう所にも住宅が建っている場所がかなりあり,今後の防災についてしっかりと考えていかなければいけないなということを思いました。また,大雨でいうと,今日になるのでしょうか,八丈島でも50年に1度の大雨があったと聞いています。雨は収まっているようですけれども,土砂崩れとかがないことを願っているところです。

また,つい先日はパリで大変痛ましい事件があり,多くの人が犠牲になりました。そのことも含めて尊い人命が失われていることや,その国が誇る文化的な遺産が破壊されたりしていることも,大変残念に思っております。

一方,今年もノーベル賞の受賞という大変うれしい知らせが先月ありました。もちろん,ノーベル賞の領域に入らない分野ですばらしい業績を挙げている人も多々おられますので,一つだけ取り上げるのはよくないのかもしれませんけれども,それでもやはり,私たちにとって誠にうれしいニュースでありました。しかも,地道な研究が評価されているということを感じました。ただ,その一方で,今学術の世界でだんだん短期的な成果を求められるようになってきています。例えば論文数ですとか,インパクトファクターの高いところに掲載されるかどうかなどですね。それは非常に大事なことではあっても,それのみで学術・学問が判断されることになると,地道に長い年月かけて行われて,良い成果が出るということがだんだんに無くなってくるのではないかなと,気にかかるときもあります。

それ以外に,先日,日本とブラジルの外交関係樹立120周年の年に当たって,私にとっては27年ぶりでしょうか,ブラジルを訪問いたしましたけれども,この2週間弱の訪問も,私にとって大変印象深いものでありました。そのときの印象につきましては,今,宮内庁のホームページに私の印象をつづったものが掲載されていますので,ここでは省くことにいたします。以上がこの1年の印象に残った出来事ということになります。

その次は50歳の(感想と抱負)ですか。年齢というものは非連続的なものではなくて,連続的なものですね。ですから,私自身,50という響きについてはちょっと年を取った感じがありますけれども,それについての何か感想があるということではありません。また,抱負についても抱負自体が突然出てくるということではなく,今までどおり,以前にもお話ししたように,例えば公的な仕事の面ですと頂いたものを一つ一つ大切に務めていきたいと思っております。私的には,以前から50の手習いで何かしてみたいなと思うことがないわけではないのですけれども,それはまだ実行に移す予定もないものですから,ここではお話ししません。
問2 殿下にお伺いします。戦後70年にあたり,殿下は玉音放送の原盤の音声をお聞きになり,御文庫附属庫を視察されました。両殿下では佳子さま,悠仁さまをお連れになり戦争関連の企画展などに足を運ばれました。また,この1年は両陛下のパラオご訪問をはじめ,皇室全体として戦後70年の節目にあたってのご活動を重ねられています。これらを通じて戦争についてご自身が改めてお考えになったことや,お子さま方がどう受け止められたかをお聞かせください。
殿下

今年は戦後70年ということで,いろいろな展示があったり,それから新聞などでも様々な戦争に関する記事が掲載されたりいたしました。私も,今お話があったように玉音放送の原盤を聞く機会があり,また,御文庫附属庫も見学をいたしました。ただ,私としては,確かに70年というのはそのことをふり返る一つのきっかけになるとは思いますけれども,そうでなくても,常に,戦争があったということを記憶に残しておくことが必要だと思います。私自身は戦後20年たって生まれました。ですから,物心付いた頃に,何かその痕跡みたいなものを感じるということはほとんどなかったわけです。戦争のことをきちんと理解するためには,当時のことを知っている人から話を聞いたり,書籍で読んだりとか,そういうことを自分で意識しながら行っていくことが大事なのではないか,と考えております。

また,子どもたちでしたか。これは娘とも話したことがあるのですが,やはり娘たちの世代というのは,非常に戦争のことを知らない。そのことを彼女たちは意識しているようで,この70年という年を一つの契機として戦争のことについて知る努力をしていかなければいけない,ということを話しておりました。また,息子はまだ小さいですけれども,今年(行きました)幾つかの戦争に関連する展示,それから催し等を通じて,だんだんと理解をしていってくれればよいかと思っております。
問3 両殿下にお伺いします。3人のお子さま方の近況やご成長ぶりについてお聞かせください。中でも,成年皇族となられた佳子さまのご活動は幅広い世代から高い注目を集め,様々なメディアでも大きく取り上げられています。佳子さまに対するこうした注目のされ方について,どのように受け止めていらっしゃいますか。
殿下

まず長女についてですが,長女は昨年から今年の9月までイギリスで大学院の生活を送りました。そして,その課程を修了して戻ってきたわけですけれども,いわゆる専攻は博物館学で,取り上げたテーマが自然史とアートの両方にまたがる分野でした。それを論文にまとめたのですが,そういう自然史とアート両方の要素を含んだテーマというのが私自身にとっても興味深いところがありますので,そのことについて話をしたりすることがあります。どうでしょうか。(と,妃殿下にお答えを促される。)

妃殿下

長女は,昨年の秋から今年の9月の末まで英国の大学院に修学していましたが,1年余りの修士課程の短い期間の中で博物館学の講義を受け,博物館実習に参加するなどし,また,修士論文もまとめ,充実した日々を過ごしたようです。また,私たちが10月下旬から11月上旬にかけてブラジルを訪問した際,私たちの代わりに宮中行事や地方の式典に出席しました。一つ一つを丁寧に深く考えて務めていると感じました。一方で,留守の間,自分の弟の世話をよくしてくれ大変助かりました。

殿下

次に次女についてですけれども,次女は今年の春から大学1年生をしているところになります。結構忙しい日々を送っているようで,大学からの課題などもかなりあるみたいで,それに夜遅くまで一所懸命取り組む日々を過ごしております。少なくとも父親が学生だったときよりは,かなりまじめな学生生活を送っているようです。

妃殿下

そうでございますか。(と,殿下のお答えの「少なくとも父親が学生だったときより」の部分に,笑顔で応じられる。)

次女は昨年の12月の誕生日に成年を迎え,幾つかの公的活動に携わる一方で,今年の4月から大学生としての新たな生活が始まりました。学業に励みつつ,公的な活動では,初めて式典で挨拶し,また一人で地方の行事に出席し,手話で挨拶するなど,慣れないことや緊張することもあったと思いますが,頂いた務めを大事に果たそうとするけなげさが伝わってきました。

殿下

次に長男のことですけれども,昆虫好きは相変わらず続いています。ただ少し昨年までと違うのかなと思うのは,虫そのものもそうなのですが,それが生息している環境に興味を持つようになってきています。例えば,どういう環境のところで,自分の関心がある種類が生息しているのかとか,そういう環境を,自宅の庭で再現できないかとかですね,これはビオトープ的なことだと思うのですが,そういうことを考えるようになったりしています。長男は自分の水槽を持っていまして,これは虫ではありませんけれども,そこに川とか池で捕った魚を入れているのですが,それが棲すんでいる雰囲気,水の中の様子を再現しようといろいろと試みているようです。そういうところは少し去年から変化してきたかなと思います。

妃殿下

1年をふり返りますと,長男は以前からの興味が更に広がり,また新たな興味も加わってきました。田んぼの生き物などにも興味を持つようになり,そのほかでは,今まで興味を持っていました昆虫の採集や飼育をするだけではなく,今,宮様が話されましたように,生き物が暮らす環境にも関心を向けています。例えば,トンボやホタルなどが棲すみやすい場所,好む環境を作りたいと,自分の家の庭や御用地内を歩いて植生などを確かめ,また小川のところでは,水の流れを止めないように枯れ葉や小さな枝を取り除いています。

ほかに興味を持っているものの一つに文字があります。旅行先などで地図を見るのが好きで,書かれている漢字の地名や,調べ学習で使う漢字辞書に載っている旧漢字を覚えることもあります。また,世界の文字の絵本を見ながら,まねて書いたりもします。このように長男は,知らない文字が分かるようになり,書けるようになることが面白いようです。

また,学校のことについてですが,3年生になりましてからも様々な活動に参加しています。今年の春は遠足があり,また,公園探検や学校での宿泊もありました。そこでは子どもたちがグループに分かれて,自分たちで計画を立て,係を決め,協力して行動していますが,その後に,達成できたことや計画どおりいかなかったことなど活動の内容をふり返り,次の活動へつなげていく大切さを,友達と一緒に学んだようです。

なかなかすぐにできるようになるのは難しいことですが,友達と一緒に長男は,早めに行動するよう心がけることに取り組んだようです。これは学校でのお話ですが,家庭でも見られることがありまして,それは朝学校に出かける時間を,余裕を持って守ろうとする様子が見られ,こういう意識を持つことによって,日頃の生活の中でできるようになることの大切さをつくづくと感じました。

明日は小学校の音楽会が開かれる予定で,3年生のミュージカル劇を始め,各学年が練習に励んでいるようで,子どもたちの発表を楽しみにしています。

記者

佳子さまの注目のされ方についてはどのように受け止めていらっしゃいますか。

殿下

メディア等で写真や記事等が頻繁に掲載されていることは承知しています。実際にどれくらい注目をされているのかということは,私は知りませんけれども,どのように受け止めているかといえば,メディア等に掲載される機会が多いということをそのまま私としては受け止めております。

妃殿下

私もそのように思っております。次女を含めて子どもたちの公的な活動の報道が,その分野の大事な事柄に対して理解を深めていただく機会になればと思っております。
問4 両殿下にお伺いします。両陛下は傘寿を迎えられて以降も積極的に公務に臨まれ,お忙しい日々を送られています。このような状況の中,皇后さまに心筋虚血の症状が確認されました。要因の一つとして宮内庁は「強いストレス」を挙げていますが,このことについてどうお考えでしょうか。敬老の日にちなんだ施設訪問を,高齢を理由に両陛下から引き継がれたご感想も併せて教えてください。
殿下

ストレスについて,普段,例えば御所等で一緒に話をしている時に,話題になったことはほとんどありません。ですから,私として推測できるのは,例えばこの何年かで天皇陛下が2回大きな手術をされています。前立腺がんと心臓の冠動脈のバイパス手術ですね。特に後者については,その後の回復がそれほど早くなかったということもあると思いますが,恐らくそれらの陛下のご病気というのが,ストレスの要因の一つにあるのではないかと思います。もちろん非常に重い立場で日々過ごされていますので,その他のストレスに関わることも幾つもあるとは思いますけれども,それを今私が忖そん度をしてお話しするのは控えることにいたします。

ただ,普段非常に制約の多い中で生活をされているわけですけれども,不思議なほど自由,そして,豊かな心というか精神の領域を持っておられるのではないか,と私には見受けられます。これからそういう領域の中でより多くご自身が過ごせる,若しくはその中で自分自身を遊ばせるという言い方がいいのでしょうか,そういう機会が増えていったらいいのではないかと思います。

妃殿下

皇后さまが心臓の検査を受けられることを伺い,私たちも大分心配いたしましたが,検査の結果,様子がお分かりになり皇后さまもかえって安心されたようで,私たちも安堵どいたしました。両陛下には,どうぞお身体からだを大切に遊ばされますよう,お健やかな日々をお過ごしになりますよう,心から願っております。

殿下

もう一つは。(と,記者に質問を確認される。)

記者

敬老の日にちなんだ施設訪問に行かれたご感想について。

殿下

「敬老の日」の施設訪問,これは「こどもの日」の施設訪問と共に,両陛下が非常に大切にされてきた活動だと私は考えております。今年は私たちが「敬老の日」にちなんだ施設の訪問をしました。来年も「敬老の日」にちなんだ施設になるのか,それとも「こどもの日」にちなんだ施設に行くことになるのか,これはまた皇太子殿下とも話合いをしながら決めていきたいと思います。

私たち自身この秋に施設を訪問して感じたのは,例えば地方で何かの行事が行われるときに,その地域の特別養護老人ホームなどに行く機会は今までもかなり多かったです。ところが,私たちが住んでいるこの東京都内でそのような施設を訪れたことは,あまりなかったように思うのですね。そこでふと各地のそういう施設,特別養護老人ホーム等に行ってはいたけれども,すぐ自分の身近な所のことがちょっとおろそかになっていたのかな,と思いました。(と,妃殿下の方を向かれ,お答えを促される。)

妃殿下

両陛下が長く大切に遊ばされてきました施設訪問を,私たちも心をこめて引き継いでまいりたいと考えております。
問5 殿下にお伺いします。イルカの追い込み漁問題で注目された5月の日本動物園水族館協会の通常総会で,殿下が総裁としてなさったあいさつは,賛否が分かれる話題に言及したもので,驚きを持って受け止められました。また,銀婚式の際に公表された文書は,両殿下の対談形式という異例の試みでした。殿下は皇族の発言や情報発信のあり方についてどのようなお考えをお持ちでしょうか。
殿下

皇族の発言について言えば,一つは政治的なことの発言をしない。これは,私は基本にあることだと思っています。今質問にありましたイルカの追い込み漁について,私は本年の日本動物園水族館協会の総会の折に言及したわけです。これは,あくまでも日本動物園水族館協会は世界の動物園水族館協会に加盟している一つの組織であり,日本動物園水族館協会に加盟している動物園,水族館が行っていく,若しくは果たしていく使命の一つである種の保存活動を世界動物園水族館協会の一員として果たしていくことが私は大事であると考えたわけです。したがって,イルカの追い込み漁それ自体について,私は何か言ったつもりはなく,あくまでも,文化の問題と組織の問題を分けて考えるべきではないかと,そう思って話をしました。

また,皇族の情報発信といった場合,構成しているそれぞれの人たちによって考え方が異なると私は思います。私自身,ブログもツイッターもしていません。私は,自分のことを自分から発信していくというタイプの人間でもありませんし,恐らく今後も自分から例えばSNSを利用して,何か情報発信をするということは,しないだろうと思います。ただ,情報発信というのは,やはり大事なことでもありますし,それからもう一つは,皇族の情報発信と皇室全体としての情報発信とはまた別のことですので,どういう形が一番好ましいのかということについて,これからよく考えていく必要があると思います。
関連質問1 先ほど戦後70年のことで質問でも玉音盤の原盤のことと,御文庫附属室の質問をさせていただきましたが,殿下は実際に両陛下,皇太子殿下と共に玉音盤を聞かれ,また,御文庫附属室にも足を踏み入れられたと伺っておりますけれども,改めてその時のご感想を,それから実際に,特に御文庫附属室は私たちも映像でしか見ておりませんが,そこで感じられた,見て感じられたことを改めてお教えいただければと思います。
殿下

玉音盤,私も聞かせていただきました。今までよく映像で流れてきた玉音放送とは時間,長さなども少し異なるわけです。今回この機会に貴重な玉音盤の再生ができたというのは,大変価値があると私は考えています。そして,玉音盤と共に御文庫附属庫の方も映像が公開されたということは,やはり,昭和の歴史の一端を知る一つの機会であると思います。私自身,玉音盤と御文庫附属庫の見学を通して感じたのは,感じたという表現は適切かどうか分かりませんけれども,その時の昭和天皇がどのような気持ちでマイクの前に立たれ,若しくは終戦を決める時にどのような気持ちで話をしたのか,そのことに思いをはせていました。
関連質問2 先ほどの質問との関連なんですけれども,常に,戦争があったことを記憶に残しておくことが必要だというふうにおっしゃいましたけれども,その関係で,両陛下のパラオ訪問がありましたが,戦没者慰霊の姿をどのように受け止めていらっしゃいますでしょうか。
殿下

両陛下は,相当以前から戦没者への慰霊を,強く常に念頭に置かれていました。今回戦後70年の機会にパラオの慰霊をされたわけです。ずっと遡ると沖縄,一番最初は多分海洋博のときですから1975年,私はまだ小学生の子どもでしたけれども,沖縄戦のことと共に,戦没者を慰霊することについての話を折々に伺いました。そういう中で私も私の兄妹だいも育ちましたので,そのことの大事さ,これからも慰霊していくことの大切さは常に頭の中に入れていますし,そういう機会に,私自身も実際に慰霊祭とかですることがありますけれども,慰霊する行為と共に戦争で亡くなった人たちのことに思いをはせる,そのことの大切さを感じています。

よろしいでしょうか。
関連質問3 来月には眞子さまがホンジュラスとエルサルバドルをご訪問されますけれども,両殿下としてはどのようなことを経験され,期待されているのか,教えていただけるでしょうか。
殿下

彼女にとって初めての海外の公式訪問になるわけですけれども,私の最初の海外公式訪問がブラジルだったのです。当時22歳ぐらいで,もうちょっと若かったですね。海外の公式訪問を通して,私自身も様々なことを学ぶことができました。私自身はエルサルバドルもホンジュラスも行ったことがないので,どういう感じなのかは分かりませんけれども,やはり公式訪問を通して得ることは非常に大きいと思いますので,様々な経験をしてきてくれたらいいな,と思います。

あなたは。(と,妃殿下にお答えを促される。)

妃殿下

はい。12月の外国訪問は宮様がお話しされましたように,長女にとりまして初めての公式訪問となります。今まで国内で,都内そして地方の公的行事に出席する経験をしていますが,今回は初めて日本を離れて遠く海外でのお務めをさせていただきます。私たちはこの前ブラジルから帰国しましたが,その留守中にも関係者から話を聞き,自分でも本を読んでいたようです。そのような準備をしながら,訪問の日を迎えることになると思いますが,体調を整えて,訪問先でも元気に務めることができるようにと願っております。

お言葉の重複や助詞など,わかりにくい表現の箇所は,若干の修正をしてありますが,ご発言の内容は変更しておりません。
・・・転載ここまで・・・

殿下はハッキリと政治的発言はしないと仰っていらっしゃいます。
両陛下のストレスに対しての質問に
ただ,普段非常に制約の多い中で生活をされているわけですけれども,不思議なほど自由,そして,豊かな心というか精神の領域を持っておられるのではないか,と私には見受けられます。これからそういう領域の中でより多くご自身が過ごせる,若しくはその中で自分自身を遊ばせるという言い方がいいのでしょうか,そういう機会が増えていったらいいのではないかと思います。
上記のようにお答えに成っています。両陛下は「不思議なほど自由」だそうです。そして、「自分自身を遊ばせる機会が増えると良い」とお応えです。
皇后さまから随分気難しく言われているのでは…とか、遠慮しなさいとか言われているのではとお察ししています。ですのに、
両陛下に対してお優しい心遣いをなさっていらっしゃる。鳶が鷹を生むとはこのことでしょうか。
鳶には悪いけれど…。

またお子様達についても、普段から目がよく行き届いているのだなと感じましたわ。お忙しい中にも親としての御役目をしっかりと果たされていらっしゃるようです。
皇太子さま、大丈夫ですか愛子さまのこと。しっかり見ていらっしゃいますかと思いましたわ。多分、皇太子さまや雅子さんには無理なんだと思いますよ。ご自分のこともお出来にならないのに…お子様の事まで…無理ですよね。


山茶花の絨毯…

2015-11-30 11:47:26 | 日記


























理化学研究所が韓国の基礎科学研究院と業務提携の為の協定に調印したそうですわ。大丈夫でしょうかwww
また技術が盗まれますわ。
理研は昨年中国とレーザー技術の研究協力の協定を結んでいて、安全保障のリスクの甘さが指摘されています。婆は難しいことは存じませんが、レーザー技術って大切な物なんでしょう?兵器とか国防に関わりがあるのでしょう?中国や韓国は我が国の技術を欲しがっていますよ。それくらいは婆でも判ること。いずれその盗んだ技術で我が国を攻めてきますよ。恫喝に使いますわよ。
中韓はそういう国なんです。全くなんて日本は甘いのでしょうか。
理研は小保方氏の騒動のとき、韓国と随分関わりが濃そうだなと思ってみていました。反日勢力が入り込んでいるのではないですか。
あ~~~イヤダイヤダと世間の片隅で思っております。いつまでこんな心配をしないといけませんの。中韓は放っておけば良いのです。関わらないことです。ホント嫌!!

理研って研究費用がいっぱいあるそうですね。小保方氏の一件のときインサイダーと関係してるとか聞きましたわ。税金がつぎ込まれるところには、怪しい連中も集まるものなのね~~~恐ろしや…
世間の意見…以下転載・・・

オボちゃんの件もあったのに南鮮とかどんどん落ちて行くなあ。
法則発動待ったなし。

理研って税金で賄われてるんだろ?

STAP騒動どころじゃない、とんでもない災厄が理研にふりかかるぞ。Kの法則を舐めてはいけない。

こっちにメリットあんの??

非韓三原則を守らぬといずれ破滅する

助けても支援しても1000年恨む国となに協力するんだよ

反日政策、反日教育、世界に慰安婦像、こんなことしてるBAKAチョン国と理研が協力って、何でこーなるの、

他にいくらでもまともな研究機関あると思うがな
なんでわざわざとしか

チョンと組むって何の冗談だよ

オボ大量発生するのが目に浮かぶわ
これ推進した奴は死刑で良し

>IBS院長のキム・ドゥチョル氏は「韓国と日本を代表する基礎科学研究所間の協力ということに大きな意味がある」
技術関連の情報を日本から一方的に持ち出しなのに、協力とか言うな、バカチョン

反日政策、反日教育、世界に慰安婦像、こんなことしてるBAKAチョン国と理研が協力って、何でこーなるの、

これって誤ったメッセージをチョン国に送ることになる、

飛ばし記事かと思ったら簡単に裏取れちゃった件

韓国未来創造科学部Yanghee Choi長官ご一行が理化学研究所を訪問
-理化学研究所と韓国基礎科学研究院との間で包括協定を締結
2015年11月25日 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/topics/2015/20151125_1/

>>1
むしりとられて終了
馬鹿なやつ...

理研に法則フラグw

論文盗用や研究詐欺が出てくるぞ。

小保方だけでは飽き足らず悪行を繰り返す理研…

数年後には李研に改名

おいやめろ
絶対やめろ

<丶`∀´><資金と技術と研究はチョッパリの担当。成果と名声はウリの担当。これが公平でいいニダ

>>1
泥棒に追い銭

この手があったか! ノーベル賞日韓共同受賞
・・・転載ここまで・・・

ちょっと思ったこと…

2015-11-29 14:24:37 | 日記
先日の園遊会でのお写真です


以前は美智子さまのように紀子妃殿下もコンスをなさっていましたの。華子さまとの違いをご覧になってね。


それが今は…

素敵でございましょう?


そして注目の皇后さまは…

相変わらずコンスですわ…  雅子さんはいつもお腹を押さえてらっしゃるの…
                           (画像は、でれでれ草様からお借りしました)

実は皇后様の母上の富美さんのお母様…つまり皇后さまの母方の祖母のお名前が不明です。あり得ない~~と思ってしまいますわ。ド庶民でもお祖母様の名前はわかると思うんですけど。判っていても表に出せないお名前なのかな?
例えば中国風とか半島風とか…?

富美さんは「天皇陛下って偉くないと教えてきました」と仰っていたそうですから。美智子さまも当然そういうお考えだったでしょうね。
伏見顕正さまのブログから知ったのですが、美智子さまのご実家は粉屋様ですわね。その前はお醤油を作っていらしたのね。
お醤油が溢れて体にかかるとまるで返り血を浴びたようになることから、部落の方達が多く働いていらしたそうです。
正田家がそうであるという説もありますがその真実は不明としても、部落民を搾取して財を成したことは間違いないのでしょう。
いわれなき差別に苦しんできた方達が、権威の象徴である天皇を恨んでいたとして不思議ではないですわね。


美智子皇后がコンスに拘るのは、なにか半島と係わっているからなのかしら。
中国が天安門事件を起こして世界からそっぽを向かれた時、いち早くご夫妻で中国をお尋ねになったのよ。そう、美智子さまは陛下とともに助けの手を差し伸べたの。それで風向きが変わったのです。そこから中国は力を付けていきます。
中国は表向き皇室を否定しているけど、実はその価値を知っていて利用することに長けているんでしょうね。
皇室が利用されるなんて、許せないですわ。自ら利用されに行くなんてもってのほかですわ。

気分を変えて
大好きな柿




稔の秋



                でれでれ草様より

差がある今年の紅葉…

2015-11-28 09:19:34 | 公園


















このモミジは赤くない…木によって差がある今年の紅葉












風邪がちっとも良くなりません。昨夜は大婆様に何度も起こされるし…。風邪を引いても誰も介護を代わってはくれません。
「おふくろに風邪を移すなよ」と言われるだけですわwww
昼食後、お布団を敷いて休んでいましたが、眠れないので起きちゃいました(爆) こういう時は(爆)で良いのか…な

石破氏が労働力不足を補うために外国からどんどん人を入れるって仰ったそうですけど、反対です。
外国人が増え過ぎたら、日本人は住みにくくなってしまうような気がします。昔、我が国から外国に移民に行かれた方達は、日本人としての誇りを失わず真面目に働かれました。その国に馴染むように努力もし只管重労働に励まれましたよね。
でも我が国はもう充分発達しているので、そういう国に外国人が働きに来てもどうなんでしょうね。
外国人を差別しているわけではありませんが、日本に馴染むことができるでしょうか。元気なうちは働いても、動けなくなったら政府が面倒を見ないといけなくなるのでは?
ユニクロが外国人労働者を受け入れると言っていますが、そのリスクを考慮しているのでしょうか。
以下はなでしこりんさんから転載です・・・

 ドイツ では、以前なら「移民反対デモ」自体が犯罪視されていたのですが、最近では「移民反対デモ」を妨害した連中が起訴される状況に変わってきました。流れが完全に変わり、メルケルさんも「空気を読んだ」のでしょう。「難民&移民にはテロリスト混入のリスク」があります。「ユニクロ」のバカな会長が「難民受け入れ100人」なんてことを企業イメージアップに悪用していますが、日本で難民がらみのテロが起きた時に、ユニクロ会長はどう責任を取るのでしょうか? ユニクロ柳井も空気を読むべきでしょう! By なでしこりん
・・・転載ここまで・・・

 メルケル独首相は25日、パリの大統領府でオランド仏大統領と会談し、アフリカ西部マリに独軍を追加派遣する考えを伝えた
そうですわ。
安易に外国人を受け入れるべきではないです。それより、日本人のの労働者の給与や労働環境を整備して頂きたいと思います。

移民難民受け入れるなって言いにくいんです。だけど言ったほうが良い。安易に受け入ると必ず摩擦は起きます。
・・・以下 なでしこりんさんから・・・
DPA通信などによると、仏軍などのシリアでの作戦内容に合わせ、偵察機5機前後と空中給油機を出すほか、艦船1隻を派遣し、地中海に展開した仏空母シャルルドゴールを護衛させる見通し。議会の承認を経て実行に移す。 メルケル首相は25日、パリでオランド仏大統領と会談し、対「イスラム国」共闘で一致。オランド大統領から 一層の協力を求められ、「ドイツにはさらに責任を引き受ける余地がある」と述べており、政府として速やかな対応に動いた。 【ベルリン時事】http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2015112700035
・・・転載ここまで・・・

こんなの見つけましたわ~~~
以下転載・・・

日本のイスラム教徒永眠の地は 土葬の墓、住民ら反発

日本に住むイスラム教徒の間で墓地不足が深刻だ。土葬のため、地域住民から理解を得られず、行政の許可がなかなか下りない。土葬に嫌悪感を抱く人が増えたのと2001年の9・11テロの影響でイスラム教徒への偏見が強まったためという。外国人が約10万人、日本人が約1万人と推計される国内イスラム教徒の多くが日本で永眠の地を求めている。

「新墓地建設 絶対反対!」。栃木県足利市板倉町の小高い山の入り口を看板が囲む。200メートルほど入った所に、東京都豊島区南大塚にモスク(イスラム礼拝所)を置く宗教法人日本イスラーム文化センターが墓地を作ろうとしている。同センターは2008年春、板倉町の住民に墓地建設について説明した。約990平方メートルに75区画を作る計画だ。遺体はイスラム教の教えに従って土葬する。

住民は反発した。説明から10日ほどで72人分の反対署名を集め、足利市と同センターに提出した。理由として挙げたのは、土葬であること、イスラム教であること、自然を壊すこと。住民の一人は話す。「この地域は閉鎖的な考えの住民も多く、異宗教に理解が浅い。住民の心の中を乱さないでほしい」

近くの女性(87)は「宗教のことはよくわからないけど土葬が嫌だ」という。一方で、建設予定地の近くに先祖の墓がある男性(62)は「日本人も外国に移住し、墓を作っている人はたくさんいる。反対はできない」と話す。

▽写真 山中にある墓地建設予定地の手前に立つ建設反対の看板=栃木県足利市板倉町

・・・転載ここまで・・・[朝日 2010.10.17]のものです。今はどうなっているいるのでしょうか。
http://www.asahi.com/national/update/1017/TKY201010170288.html

これはいやですね。勿論、日本の制度を守って生活している外国の方々もいらっしゃいますけどね。
移民、難民を受け入れるってきれいごとでは済みませんわね。土葬した傍の畑でお野菜作っても食べられませんし、山の中で勝手に土葬なんかされたら…考えただけでゾッとします。

・・・・・結界・・・


                            上のなまずちゃんご家族は でれでれ草さまよりお借りしています

椿…

2015-11-27 05:33:53 | 公園


































風邪は良くなりませんわwww
お昼寝しようと目論んでいましたが、大婆様がボソボソ囁くので目が覚めてしまいました。あ~~~逃げ出したい!!
…愚痴はここまで…

皇室に関心を持つようにならなかったら、今頃は介護うつとか介護放棄とかしていたかもしれませんわ。
皇后さまのことをとても尊敬申し上げていたんです。慈愛に満ちていらして努力家で知的で清楚で…
そんな風にお慕いしておりましたのに、雅子さんに疑問を感じ調べ始めたら。
なんということでしょう。対局のはずのお二人が同じでいらしたなんて…。
思わぬ展開に介護以外に目を向けることが出来たのですわ。感謝するべきなのか…どうなのかしら…複雑でございます。





以下は京都新聞から転載・・・
紀子さま「赤十字への期待高まる」 京都の大会に出席

京都府赤十字大会でお言葉を述べる秋篠宮妃紀子さま(25日午前11時10分、京都市南区・京都テルサ) 日本赤十字社京都府支部(京都市東山区)の活動を支えた個人や団体をたたえる「府赤十字大会」が25日、京都市南区の京都テルサで開かれ、名誉副総裁の秋篠宮妃紀子さまが有功章を贈られた。

 府支部が3年ぶりに開き、関係者約700人が参加した。式典では、多額の寄付をした36人と22団体に有功章が贈られた。紀子さまは、府内で相次いだ豪雨被害への支部の対応に感謝し、「赤十字に寄せられる期待は今後ますます高まります。尊い使命を胸に一層力強い活動を進められるよう願ってやみません」と話された。

 ケニアやネパールに派遣された職員による活動報告もあり、最後に地域住民の医療と健康保持、献血の推進などを盛り込んだ大会宣言を発表した。
・・・転載ここまで・・・

神戸から京都へ、連日のご公務です。お疲れのことと思います。一向に殆のマスコミで報道なしですね。
皇室に関心がなかったら、私も知り得ませんでしたわ。真に頑張っておいでの方は無視され、おさぼり妃のほうはちょっと出ただけで褒められる。可笑しな世の中です。
ご皇室は日本の全てであるように思います。ご皇室が清らかになれば世の中も清々しくなると信じとうございます。

薔薇…プリンセスミチコ…

2015-11-26 14:07:15 | 日記
プリンセス ミチコ…という薔薇の花
綺麗な薔薇ですわね。以前ならうっとりと見つめていたはずですのに…あぁ なんてことでしょうwww



これは韓服の髪飾り
何かに似ていると思ったら 皇后様のお帽子にそっくりだったのですわ。びっくり仰天でございます。
皇后さまは韓国にとても行きたがっていらっしゃるみたいですわ。何かシンパシーをお感じなのかしら。コンスもお出来になるし…。



これは皇后様がカトリック司祭に深くお辞儀なさっているお写真です。廻りの方をご覧になってね。「あなた皇后様よ、何してらっしゃるの?」って感じかしら。
ハッキリ言って笑われてらっしゃるの。
宗教のことは私よく存じませんの。知っていることはキリスト教は一神教。日本は八百万の神様でその長が天皇陛下。
キリスト教から見るとキリストのみが神様だから、天皇陛下が上だと困る。皇后様は司祭に深くお辞儀。自らキリストより下って言ってるようなもの。
クリスチャンには都合が良いでしょうけど、神道からみると???
皇后さまがご自分で私クリスチャンですって告白なさったようなものなのかしら。

アメリカ様の目論見は見事に成功したようですわ。

以下は伏見顕正様のブログを転載させていただきました。私には難しいことばかりです。

≪北斎寅彦氏からメールをいただきました。≫一読して、これは、私や読者の皆様にとって、極めて有用な情報だと判断しましたので、記事化の許可を頂きました。

残念なのは、私は、イスラエルについて、知識が乏しいので有効な補足説明ができないことです。ただ、読者様の中には、この分野に関しては、私より、詳しい方がいると思いますので、十分に味わってください。

前略

いつも楽しくブログを拝見しています。嘗て、外資系船会社に勤務していた頃の話です。職責が偶々上位だったので、駐日代表(外人)

や在日大使館職員(大抵は筋金入りの諜報部員)とも様々な会合で接触することが出来ました。

彼らの共通認識は、「日本は元号が平成に変わってから、皇室の朝鮮化(Koreanification)が進んでいる」とか。そして、このシナリオを描いた・描けた者

は、オバカなカルト教団の創価学会や自称共産主義者の共産党若しくは在日朝鮮人もではなく、バチカンこと「ローマ教皇庁」に他ならないと。彼らの主目的は、世界規

模の「マネーロンダリング」を理由付けして不定期的に実行することです。個人的には、あの忌まわしい狂人朝鮮一家がヤフオクで販売した「国家財産」売却の影で、か

なりの額の「マネロン」が行われているハズです。なお、そのバチカンの「しっぽ」をつかむ方法は、その盗難保険の主保険会社。必ず最初に「A」が出てきます。国籍

は勿論、ヨーロッパの某国。

では、ペンネームで失礼します。北斎寅彦 追記:先週の「パリのテロ」でも死亡者保険金による莫大なマネロンが行われているのが、この「地球の陰鬱な側面の一

つ」。だから、テロは決して終焉しませんね。

草々

ここで、記事にすることをお願いしたら、快諾して頂き、更に突っ込んだ情報を頂きました。

伏見 顕正様
早速のご返事に関し、感謝申し上げます。勿論、記事にして構いません。それから、貴殿はじめブログの読者の方々も「インテリ」が多いと思います。そこ

で、世の中の誤った「ユダヤ支配史」「陰謀史」「暗黒史」を是正すべく、真実を語ります。この地球上、セファルジー系ユダヤ人の「ロックフェラー」や「ロスチャイ

ルド」財閥が間接支配しているのではなく、下記の一族がもう一つの見えない「ピラミッド」を形成して完全支配しているのが現実です。これは、筆者が外資系船舶会

社(イスラエル系)在籍時にその事実を察して、在日イスラエル大使館職員(モサドエージェント)とイスラエル本国の外務省(こちらも筋金入りのモサドエージェン

ト)確認してから、彼らの言質を取りました。人種的には、ゲルマン系・ラテン系の混血です。従って、地球の影の支配者やプランナーには、アングロサクソン系・ユダ

ヤ系・ロシア系・アジア系・アラブ系が一切、混入していないのが大きな特徴です。



ー中世ヨーロッパ時代に郵便システムを確立した『タクシス家』

―ロスチャイルドやロックフェラーにお金を貸す『シェルバーン家』

―ダイアナ妃とエジプト人富豪暗殺でもその名を馳せた傭兵部隊の『サヴォイ家』

―彼らの手下として暗躍する『アイゼンベルグ家』と『ブロンフマン家』



そして、上記の有力一族は、下記の機構を自由自在に操ります。

(1) 国際刑事機構・インターポール(International Criminal Police)。所在地は、フランス・リオン。

(2) 国際決済銀行・BIS(Bank for International Settlement)。所在地は、スイス・バーゼル。

(3) ローマ教皇庁・バチカン(Vatican)。所在地は、バチカン市国。



従って、あの忌まわしい狂人朝鮮人一家の「国家財産」売却のシナリオを描いた者は、インターポール。その売却の際に「マネロン」で便乗したのが、バチカン。そし

て、盗難保険にはドイツの保険会社「アリアンツ社」が名を連ねているハズです。なお、最後に。最近執筆した「小説」の最後の章を添付しました。勿論、貴殿が推奨す

る『白色革命』は、成功理に終わるハズです。   北斎寅彦

≪私なりの感想≫
① 皇后さまが、バチカンのローマ法王に会うときは、常にドレスコード違反の、法王と同じ白い服を着ている。ローマカトリックの規則では、法王と同じ白を切れるのは、スペイン王妃をはじめとして数国に限られており、その中に、日本は

② 含まれていない。それをあえて無視するのは、ヤフオク事件で流した皇室の財宝の売却代金が、【バチカンのマネーロンダリング(麻薬売上金等犯罪収益の資金洗浄】に貢献しており、そのお礼として、バチカンの法王は美智子皇后に規則

③ 違反の「白」を許しているのではないか?

④ 皇室専門のブログでは、【東宮徳仁の奇怪な行動】の写真が掲載されている。「週に一回、定期的に大きなカバンを持って京都御所に通うのだ」、過去のヤフオク事件もあり、御所の財宝を物色していると思われても、仕方がないであろう。
⑤ 【危険な京都皇族人脈】京都には危険な現皇族と元皇族がいる。一人は、実の母の追放を画策した、三笠宮彬子女王、もう一人は、彬子女王の叔母で茶道裏千家16代家元、千宗室夫人の千容子(まさこ)です。

彬子女王は、物心両面(実家麻生家の援助)で髭の殿下を支えた、実母、信子妃殿下を追放クーデターをやった、人倫にもとる人。おまけに「女性宮家論者」、加えて直近では高円宮家と組み「佳子様バッシング」もやっている。【反秋篠

宮一派】この人は日本美術史の専門でオックスフォードの博士号を取った。その博士論文が「海外に流出した日本美術品の調査」(笑)★まさにヤフオク事件を臭わせる。ヤフオクで海外に流出した皇室美術品の鑑定、値決めもできるプロ

である。これから、密売する、御所の財宝の目利きもできるであろう。私は、このひとも、東宮夫婦と池田礼子の不可解な行動に一目噛んでいると思う。

次は千容子、裏千家が莫大な脱税に対する、国税局のがさ入れから逃れるために、嫁として迎え入れたというもっぱらの評判。16代家元は(27歳)年下でハンサム、恋人も多数いたと言われるが、年上(32歳)で、表現も憚る御面相

の内親王をなぜ受け入れたか?

当時巨額すぎて隠しきれなくなった、裏千家の脱税を、国税局ががさ入れを計画していた。先手を打って容子女王を嫁に取ったので、国税もがさ入れを遠慮せざるを得なくなった。【菊のカーテン】ならぬ【菊の防波堤】である。

これも【皇室利権】の一つで、かつて、田中真紀子外相が、追及して、駐米大使、外務次官以下4人を解雇した【外務省機密費流用事件】でもその頂点にいた小和田恒は、娘が皇太子妃という事で逃げ切った。これ以上の【皇室利権】はあ

ろうか?

おまけに、千容子氏は、強烈な性格で、陰湿さでは日本一の京都人の姑をいびり殺したそうだ。千代田のミテコもびっくり。姪の彬子女王に、実母を追い出すようにそそのかせたのも彼女だという。

容子氏は実働部隊ではなく、高円宮久子の様に、悪知恵を授け、司令塔の役目を果たすのだろう。

★皇室の財宝、美術品の海外流出は、女帝と東宮が生きている限り続く。警察は動けない、女帝が仕切り、海外の権力組織が絡んでいる限り。
・・・転載ここまで・・・

ヤフオクが一向に解決されようとしないのには、皇室が絡んでいるからっていうのは本当なのかなと思ってしまいます。出品物に写り込んだ姿もあるので捜査の専門家が調べれば一目瞭然でしょうに。
皇太子さまは今週末にも、また京都に行かれるそうですわ。いつぞやは大きな鞄をお持ちでしたね。お付の人に持たせもしないで。度々京都にお行きのようですわよ。

もうね、私ごとき婆には皆目検討もつきそうにない世界でございましょう。


ナマズちゃん…

2015-11-25 20:33:04 | 公園

でれでれ草様が金色ナマズの坊やを作ってくださいました。お借りします、有難うございます。
悠仁親王殿下がご誕生なさったおり、様々な瑞兆がありました。その中の一つ、黄金のナマズが発見された事にちなんで…。
ナマズグッズも購入するつもりですわ。


神戸新聞から

2015/11/25 10:40


紀子さま迎え創立記念大会 日赤兵庫県支部

有功章を授与される秋篠宮妃紀子さま=24日午後、神戸市中央区港島中町6

 秋篠宮妃紀子さまが24日、日本赤十字社名誉副総裁として、神戸・ポートアイランドで開かれた日赤兵庫県支部の創立125周年記念大会に出席された。

 関係者約1300人が出席。赤十字の活動に尽力した個人や団体が表彰され、多額の寄付や長年の事業推進活動などで貢献した日本赤十字社有功章の受章者には、紀子さまが直接授与された。

 県支部は国内外での防災や減災活動に力を注いできた。紀子さまは「阪神・淡路大震災では災害救護などに取り組まれ、20年たった今年、あらためて皆さまの活動に感謝いたします」と話された
・・・ここまで・・・

マスコミではさっぱり報道されません。何に、何方に遠慮しているのでしょうか。それとも報道してはいけないことでもあるのでしょうか。雅子さんは10分ほどのハリボテ公務でさえ「よく出来ました」と言われるのに。
真摯にご公務に励んでいる方はまるで無かったことのように無視されます。ネットがなかったら私も知ることはなく、皇室なんて雅子さんがノサバッてるだけだし、もう要らないわ・・・なんて思っていたかもしれません。
ネットがあって本当に良かったと思う今日此の頃です。



久々のカワセミ…遠いけど…

2015-11-25 12:46:07 | 公園




ジョウビタキ♂




セグロセキレイ




カワセミ






最近カワセミを見なくなっていたのです。池の淵で薔薇を写していたら何かが水の中に飛び込むのが見えました。「キキキ~」と鳴き声もして。
嬉しかったですわ。他のカメラマンもいらしたのであまり近づかないようにしましたの。逃がしちゃったら申し訳ないですからね。一人の時はちょっとずつ近づいたりしますわよ(笑)

それにしても、鳥撮りブログのはずが…。しかもせっかく写した鳥もイマイチ画像ばっかりで…。落ち込んでいますが、ブレブレブログなんだからと開き直って自己満足で行きますわ。

昨日なんだか寒いなと思っていましたら、今朝は喉が痛いです。風邪みたい。うがいで風邪に勝たなくては…!

さて
私は皇后さまが雅子さんを庇うのは、恐らく何か弱みを握られているのではないかと考えていました。例えばこれは伏見様のブログで知ったのですが、徳仁さまは学習院時代から男性とお付き合いしているということ。今でも度々お会いになっているということ。
そのことを小和田氏に知られてしまったのかなとか。

でも、でもこれはでれでれ草さまも書かれていたのですが、美智子さまの托卵説…これを握られているから雅子さんを庇っているのかなとか。
今は托卵説のほうもありですよね。あの方達は情報が回るのが速いんです。他の方は知らないことをご存知なんですね。
時には助けあったりもするし。美智子さまは一夜のアバンチュールのつもりだったのかしら。でもやりてでいらした富美様は全てお見通しで娘をけしかけた…とかそんな小説のようなことがあったりして…。怖いですわね~~~。
美智子さまは三島由紀夫ともお見合いをしたと言われていますね。ほんとなのかな?なんか凄いなと単純に思っています。
二十数回お見合いをしたそうですし、決まっていた方を蹴って明仁皇太子とご結婚あそばしたとも聞き及んでおります。今まで抱いていた美智子さま像と違ってしまいましたわ。
目をくらまされ洗脳されていたんだと気が付きました。週刊誌の記事に文句をいい時には自ら恫喝いえ抗議なさっていたし、検閲もなさって許可写真しか出せなかったそうですから…。どれだけ「お可哀想」を信じこまされていたのかと思うと、腹ただしゅうございます。
下手な私の文章よりも、伏見様やでれでれ草様をお尋ねになってくださいませね。とても納得がいきます。

              
                   (でれでれ草さまより)

感謝を込めて…

2015-11-24 15:00:00 | 公園























BB様がブログを休止されました。これからは時々更新はされるということです。
今まで様々なことを教えていただきました。私のような婆でもとてもわかりやすく読ませていただき感謝の気持ちで一杯でございます。恐らく執拗で陰湿な嫌がらせも多くあったことでしょう。しかし、力強く根気よく書いてくださいました。
端っこの拙ブログからではございますが、ありがとうございましたと言わせていただきます。
また、莫大なコメントにも教えていただくことがありました。私が靖国神社にお参りするきっかけは、実はBB様へのコメントのなかの動画だったのですわ。
これからの更新も首を長くしてお待ちしております。

・・・以下は伏見様のブログから一部転載させていただきす・・・

≪甲状腺障害が怪我の功名となった女帝≫

甲状腺を患ってから、痩せとやつれが目立つようになりました。しかし、「お花畑の人」特に私のような、皇室情報が入らない、地方居住者にとっては、それが、反射的に「美智子妃」への同情と根拠のない共感に変わったのです。

何故かというと、入内後数年は、美智子妃と懇意な皇室ジャーナリスト達がフレームアップ(捏造)した【美智子妃いじめ伝説】がマスメディアや商業雑誌の成長とともに、嘘が事実となって国民の共通認識となって下地となっていたからで

す。事実は、皇室の伝統を無視して、どんどん露骨に破壊してゆく美智子さんに、周囲の皇族たちが呆れ、勝気な美智子さんにてこずり、最終的に無視するようになったのだと思います。「無視」を「いじめ」と取らえて【美智子さまいじめ

の妄想】を事実を知らない一般国民の常識にしてしまったんですよ。その時悪役にされるのは、決まって、入内に反対した学習院常磐会と古手の女官たち。

聖心女子大では、大きな顔と態度をしていた自称優等生が、お茶の水女子大に編入したら、成績不振、大きな態度取らせてくれない。そのうち女学生たちから「何あの子」と言われて無視されるようになる。それを「苛めだ!」と叫んで、フ

ィクション小説を書き始めるようなものです。

嗜好が朝鮮人に似ていますね。上司から、ミスを指摘され注意されたら、「差別ニダ!」と叫ぶ。実際はこんな程度のものだと思います。

当時高校生の私も騙されて「美智子さま、また皇室内で苛められているんだ、可愛そうにな~」と見事に騙されました。
・・・ここまで・・・

私もある時テレビで美智子皇后の激ヤセ姿を拝見して「なんて御苦労なさって…」と思い込んでいたのでした。
すっかり騙されておりましたわwww
なにしろ15歳の時からGHQと関係ある人のパーティーに出ていたそうですから。当然アルコールなんかも出ていたでしょうし。
ある記者がタバコを吸っていたら美智子さまがさり気なく灰皿を出してくれて恐縮したとか…。中には記者のタバコに火をつけてくれたとかいうのも読みましたね。タバコに火をつけるなんて…。素人さんじゃないみたい…。
美智子さまが英語が堪能なのはGHQと話していたからともいわれてますね。

GHQは中から日本を壊そうと企んだのではないですか。昭和の陛下をキリスト教に改宗させたかったけれど上手く行かなかったので明仁皇太子のお嫁さんにどういう人が相応しいか考えたのでしょうね。アメリカにとって都合の良い人を選んだのではないですか。まずクリスチャンであること。そして平民になった方。最下層から平民になった方。粉屋の娘さんだから余ったアメリカの小麦を買わせるのに都合も良い。だから美智子さまが選ばれたのだと思います。

・・・以下も伏見様のブログからお借りしています・・・
http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/4b9df6f38bc5d1c0edf1dfcf9360d4c7

★正田家の本家が、粉屋ではなく、群馬県館林市目車町の【正田醤油】であることを、上手に隠ぺいした。醤油業は千葉県野田市のキッコーマンと同じく、「部落民産業」である。醤油製造工程は物凄い汚れ仕事で部落民を主要労働者としていた。

普通、部落民は、屠畜、解体をやるが、その際に返り血を被る。作業中、醤油を頭から被るのは血を被るのを連想させる。それで、平民がやりたがらず、部落民が従事したのである。

本家【正田醤油】の所在地は、部落出身の大宅壮一賞、受賞ルポライターの、上原善広が現地を踏査し、著作「日本の路地を巡って」で明言している。現地には部落地区を証明する白山神社などが確認できたそうである。

そして、上原が調べたところ、館林市は同地区を【部落地区】に指定していない。理由は「かつて、この地から皇太子妃が出たから」だそうである。現地は今でも如何にも醤油工場の裏らしく、雑然として陰気な地域らしいが、住民を不便にしたのは、皇太子妃が出たからである。

【部落地区】に指定されなければ【同和対策法】が施行されず、道路等のインフラの整備をやってくれない。住民ほどいい迷惑だ。女帝と正田家の「キモ」はここに有るのである。
・・・転載ここまで・・・詳しくは伏見様のブログをお尋ねになってくださいませ…

なんだか奥が深いですわ。

そして雅子さんのこと。美智子さまが雅子さんを気に入っていらしたそうです。日本では清原級のキャリアの外交官と書き立てられましたが、実際はハリボテでした。お父様の引きで外務省に入ったものの仕事はできず、コピー番長と呼ばれ結婚が決まって退社した時は皆様ホッとなさったそうですから。ヨーロッパのマスコミには「日本の皇太子 最下層の女と結婚」って書かれたんですって。美智子さまも雅子さんも貴賤結婚だったのですわね。

でも皇室に入ってからしっかりと祭祀に励み真に国民のことを思い、とにかく上手く書けませんが皇族として相応しいお方になってくださっていたら、貴賤結婚でも国民は尊敬したと思うんですけどね。
政治的なご発言を繰り返したり、精神病を適応障害だなんて言い換えておさぼり妃になってしまっては尊敬なんて出来ませんわ。
美智子皇后は愛子さまを天皇にしたくてたまらないのです。これが究極のお望みです。雅子さんもそれが望み。皇太子さまはあんまり判っていらっしゃらないのかも。ま・雅子が機嫌良く居てくれたらそれで良い…とだけお望みなのかな。
それでは、国民は困ります。我が国の終わりです。喜ぶのは中韓…。

ですから私も次代は秋篠宮様にと願ってやまないのです。


紅葉…

2015-11-23 12:33:44 | 公園












ヤマガラ







エナガ









昨夜は久しぶりの外食でワインも頂いて帰宅は10時頃になっていました。こんなことは久しぶりです。
夜景がとても綺麗で、カメラを持って行かなかったことを後悔しました。
こういうふうに息抜きができるのも大婆様がショートに行ってくれるお陰ですわ。
今日は元気に帰ってきてくれるかしら。

大婆様の留守の間遊んでばかりではいけないと思い、庭の木を切り草抜きをしました。小さく切ってゴミ袋に入れたら5袋もできましたわ。まだ途中です。年末までに綺麗にしてスッキリさせたいものです。大掃除しないと…。
でも、鳥撮りには行きたいですわ。