塾長のブログ

バッカーズ寺子屋の塾長のブログです。

第8期生・足立美術館研修終了

2012-12-25 12:41:55 | Weblog
第8期生の足立美術館研修が終了致しました。

解散式では、声が出なくなって大変失礼致しました。
今は、だいぶ元に戻りました。


『沈黙の春』を書いたレイチェル・カーソンは、
『センス・オブ・ワンダー』にこう書いています。

「わたしは、子どもにとっても、

どのように子どもを教育するべきか

頭を悩ませている親にとっても、

「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要でないと

固く信じています。

美しいものを美しいと感じる感覚、

新しいものや未知なものに触れたときの感激、

思いやり、憐れみ、

賛嘆や感情がひとたび呼び覚まされると、

次はその対象となるものについて

もっとよく知りたいと思うようになります。

そのようにして見つけ出した知識は、

しっかり身につきます。」


そんな思いで、

私は、塾生の皆さんを足立美術館へと引率しています。

季節としては、冬枯れの寂しい時期なので、

また、緑したたる季節や

紅葉の季節に訪ねていただけたらと思います。


今は、まだそのことの価値や意味が

わからないかも知れませんが、

それもまた良しなのです。


遠い未来への種まきなのですから。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 卒塾生の皆さんへ | トップ | 三段論法 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お加減いかがですか? (麻生里奈)
2012-12-25 23:21:47
ブログ読ませて頂きました。
足立美術館研修お疲れ様でした。学ぶことがとても多かったです。ありがとうございました。
声、大丈夫ですか?
熱は無かったですか?
インフルエンザではないかと心配していました。
お大事になさってください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事