ライブにいきてい

HR/HM、ガールポップ、ライブ好きのブログです マイブームは北欧系

第54回 青梅マラソン 30km

2020-02-22 01:16:05 | other
去年10㎞から30kmに転向した青梅マラソン、今年も30kmで参加してきました。

2月16日(日) 第54回青梅マラソン

なぜか16日だけ頑なに雨予報だったのですが朝8時頃に外を見たらまだ降ってなかったので
「これはこのまま持つんじゃね」と期待してたのですが自宅を出る9時半頃にはガッツリ降ってたので
「マジかよー(;∀;)」と思いつつ雨の中、拠点の総合体育館へ。

でも準備を終えてスタート20分前くらいに外に出たら奇跡的に雨が上がったので
前日引き換えに行って観たトークショーでQちゃんが
「走りやすい気候になると思います」と言ってたのが現実になりました!

今年はゼッケンが10300番台だったので最後方から2番目のHブロックから
澤穂希さんの号砲で11時30分にスタート!

号砲から10分近く経ってようやくスタートラインに辿り着いて
澤さん、Qちゃん、そして急遽来てくれたらしい谷川真理さんに手を振って30㎞がはじまりました。

序盤はとにかく渋滞だったので「まあ先は長いしなー」と思いつつ
沿道の声援や青梅総合高校、へそまん、コンビニの和太鼓に励まされて
往路10㎞あたりから折り返しの選手とすれ違いはじめたのですけど
先頭グループからしばらくすれ違う選手への声援や拍手で走る分の体力を使ってしまったのか
御岳を過ぎてからの折り返しまでが果てしなく長かったです笑

でも川内優輝選手や東京オリンピック代表の前田穂南選手の走りを
同じランナーの立場で観れてすごくうれしかったですよ。

折り返しで赤アミノバイタルの補給と少しストレッチしていざ後半へ。

タイム経過を見ると折り返しまでの緩やかな上り坂の疲れが出たのか
前もも伸ばそうとしたら裏もも攣りそうになってどうすればいいの状態になったのもあってか笑
15km以降はキロ7分台もちょこちょこあったけど、去年うれしかった割れ煎餅や
澤乃井前での柚子饅頭などお楽しみポイントも多々あったのでお腹はけっこう充実してました。

ただ野口みずきさんやQちゃんが走る前に食べると言ってたカステラは
走りながら食べたら口の中の水分全部持っていかれましたけど(゜∀゜;)

その他にも私設で子供、大人、お年寄りとたくさんの人達がいろいろ出してくれていて
もちろん全部は受け取れなかったけどホントありがたかったですよ。

二週間前のフル試走では案の定つぶされたので一生懸命歩くつもりだった難所の二俣尾の上り坂を
周りがけっこう走ってるのに触発されてゆっくりながらも歩かず上り切ったのが弾みになったのか
その後はおじいちゃんおばあちゃんが演奏&踊ってた琉球音楽で沖縄タイムになりそうなのを何とか堪えてw
宮ノ平の上り坂含めて6分半弱をキープしてました。

終盤は当日着てたスレイヤーTにあやかってラスト1キロあたりで
「ANGEL OF DEATH」脳内再生スパート開始するつもりが
最後の給水した時にコップ回収してた女性スタッフさんの笑顔の「あと少し頑張って下さい!」で
アラヤさんの「アーーーーー!!!!」のスイッチが入ってしまい
予定より長めのスパートになったけどラスト2kmくらいは5分台後半まで上げて
3:20:26で無事コールとなりました!
ただレース後におにぎり受け取るの楽しみにしてたミスあきたこまちさんが今年は居なかったのは
わたくしかなり悲しかったです(;∀;)

目標の20分切りまであとちょっとだったけど奇跡的に雨も上がったナイスな天候で
沿道の声援やエイドも楽しめたし難所の上り坂も歩かず走れたし
最後もペース上げて去年より4分早くゴールできたのでけっこう満足な内容でしたよ。

あと帰り支度を終えてゴール近くを通ったらちょうど制限4時間の1分前だったのですけど
30秒前からタイムアップまでの各ランナーの頑張りは間に合った人もあと少しだった人も
ちょっとグッとくるくらいドラマでした。

では今年のナイスお兄さん&おねえさん

すれ違った時は圧倒的に速かったキトニー選手とラスト1㎞で逆転優勝したらしい田口選手
オリンピック前なのに青梅まで来てくれて野口みずきさんの日本記録を塗り替えた前田穂南選手
同じく青梅まで来てくれて前日のトークショーにも参加してくれた川内優輝選手
今年はコロナ対策でハイタッチはなかったけど毎年来てくれるQちゃん
スターターで来てくれた澤穂希さん
急遽来てくれて地味にコースも走ってた谷川真理さん

空気抵抗ありそうなのに一般の中ではかなり速かった頭にデカイたいやき被ってたお兄さん
今年もかなり速くて「ルフィ頑張ってー」の声援に拳を突き上げて応えてくれたルフィのお兄さん
試合用のマスクで30km完走してライガーのまま帰っていった全身サンダーライガーのお兄さん
各所の和太鼓の皆さんとハイタッチしてくれた待機組の皆さん
ロードバイクで裏道から先回りし続けてずっとランナーに声援を送りつづけてたスタッフのおねえさん
青梅総合高校の太鼓の前で声援を送ってくれてたJKさんDKさん達
復路でカッパを回収してくれたスタッフさん
わたくしのスレイヤーTに反応してくれたサザエさんコスのお兄さん
笑顔での「あと少し頑張って下さい!」にうっかりスパートのスイッチが入ってしまった
セントラルスポーツのおねえさん

今日の1曲
うっかり予定より早めに脳内再生された
Slayer ~ Angel of Death (Lyrics)
コメント   この記事についてブログを書く
« BAND-MAID at LINE CUBE SH... | トップ | Cattle decapitation / Revoc... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

other」カテゴリの最新記事