ライブにいきてい

HR/HM、ガールポップ、ライブ好きのブログです マイブームは北欧系

BAND-MAID at Zepp Tokyo

2018-04-17 22:58:49 | live
整形外科に週一の経過診察に行ってきまして。
レントゲン写真がちょっと真っ直ぐになったように見えたので
前回よりちょっと良くなってませんか?と訊いたら
写真の角度だよと一蹴されましたw
でも引き続き落ち着いてるそうです。

さて
先週末13日の金曜日はBAND-MAIDのツアーファイナルを観にお台場に行っておりました。

4月13日(金) Zepp Tokyo
BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018【宣告】

仕事の方がなかなか忙しかったのですけどこの日に向けて頑張ってたので
15時過ぎに仕事を上がって開場20分過ぎくらいにお台場に到着してA700番台で入場。

あばら折れ中の心得として
・前に行かない
・仕切り柵の前に立たない
・どんなに高まっても強い縦バンや肩から上でメロイックやクラップしない
があったので一段目の4ブロック目2列目の中央寄りを確保して待機してたら
ライブハウスではあまり経験がない加齢臭に襲われてwこれはちょっとキビシイなと思い
1ブロック前の後方に移動。ここはライブ中も悪目立ちする人が居なくて視界もよかったです。

定刻15分過ぎくらいに暗転してオープニングSEと共にメンバーが登場。
セットリスト ありがとうございます

太字は最新アルバム収録曲
01.DOMINATION
02.Play
03.Spirit!!
04.the non-fiction days
05.モラトリアム
06.Alive-or-Dead
07.CROSS
08.Turn me on
09.Don't you tell ME
10.Daydreaming
11.One and only
12.Puzzle  ※acoustic
13.anemone ※acoustic
14.DICE
15.secret My lips
16.CLANG
17.FATE
18.instrumental楽曲
19.Carry on living
20.Alone
21.Rock in me
22.I can't live without you.
23.you.
24.FREEDOM
25.REAL EXISTENCE
26.Choose me

最新アルバムの曲、出し惜しまないあと思いながら観てたけど全部演ってたとは(゜∀゜;)
というか26曲は多過ぎだと思うの

基本的にこのバンドはMCナシなのでワンマンだとSEを挟んだりインストや短いソロで繋げたり
趣向錯誤感が否めなかったのですけど今回少なくとも前半に関しては
ハイハットのカウントでグイグイ引っ張っていくわたくしが大好きな流れだったので
初っ端からふるふるしっ放しでしたよ。
音の方は歌波さんのギターの音の切り替え時にちょっと違和感を感じたり
後半けっこうな爆音になってたりはあったけど
前回同様に分離はよくて各楽器の音がよく聴こえました。
MISAさんのベース音はやっぱいいね!

あと前回のワンマンでよかったレーザー照明も色使いやパターンが増えたのと
前半は特に曲とのシンクロ率がデフ・レパードやメシュガーに匹敵するくらい素晴らしかったので
レーザー好きとしてはこの点もふるふるポイントでした。

前アルバム以降はライブで好きになった曲含めて好きな曲が多いのでどれもうれしかったのですけど
前半だと「Spirit!!」→「the non-fiction days」の流れや
今回は集中して聴けた「CROSS」、間奏のライブアレンジに叙情性すら感じた
「Don't you tell ME」が堪らなかったです。

中盤は観るのが去年の春以来になる彩姫さんと歌波さんのアコースティックコーナーで
「Puzzle」「anemone」をしっとり演ってくれて、バンドアレンジが大好きな「Pazzle」は
ここで演っちゃうかーとも思ったけど次の日に歌波さんが意外な曲を選びたかったと書いてたので
納得したのと「anemone」はバンドアレンジよりアコギ一本の方が
彩姫さんの繊細な歌い方に合ってよかったと思いました。
(バラードでなぜか手拍子がパラパラ聴こえたけど近くには居なかったので実害なくてよかった)

後半は意図的にフロアが声を出す曲を多めにしたようで
ヘイ!ヘイ!おーおーもたくさんあっていい熱量と一体感のある盛り上がりでしたよ。

ただサビのキーが高い「I can't live without you.」は彩姫さんけっこうキツそうだったので
喉を考えるとライブで歌うのは限定した方がいいと感じたのですけど
そもそも作る時に何でこのキーにしちゃったんだよとw

終盤は「you.」とラス前の「REAL EXISTENCE」で高まって
ライブアレンジされた前奏から入ったラストの「Chose me」で
進化していく楽曲と楽しそうなメンバーの姿に感無量になって終了。


その他の今回のハイライトとしては
アココーナーでめずらしく話す歌波さんがファンへの感謝を述べてると
長さに耐えかねた彩姫さんが途中でぶった切って曲に行った。

長めのインスト曲が小鳩さんのギターリフから入るアレンジだったので
普段埋もれ気味の彼女のギター音が前に出てる事に感激してちょっとジーンとした。
リフも曲もカッコよかったですよ。

その小鳩さん恒例のおまじないタイムで今回はじめて設置されたお嬢様エリアに振ったら
萌え萌え>(・∀・)(・∀・)(・∀・)の元気なレスポンスが可愛い過ぎて小鳩さんがちょっと溶けてたw

その後に小鳩さんがソロで歌う「Rock in me」に入ろうとするも演奏メンバーが出てこず
カラオケが流れはじめて仕方なしに歌いはじめたらカラオケも止められるミニコントがあった。

「FREEDAOM」の終盤で彩姫さんがステージから消えた挙句
小鳩さんがギター置いて一人でハモリ部分を歌ってたので
何かトラブルでもあったのかと思ってたらクールなイメージの彩姫さんがステージから降りて
お嬢様エリア前の柵に乗り上げてはしゃいでたw

わたくしの位置からは何も見えなかったけどこんな事になってた模様


そして今回も楽しそうに横揺れしながら真横にセットされたシンバルを
腕たたみ気味で叩く茜さんがとてもカワイかった。

今まではステージ上であまり動きがなかった楽器隊が他のメンバーと絡む場面が増えて微笑ましかった。

このツアーからモッシュ&ダイブが禁止になったりお嬢様エリアが新設されたり
ファン拡大に向けて動いてるようだし、終演後に海外公演や夏のシングルリリース、
5月10日(メイドの日)のイベント、7月の5周年企画開催の発表もあったので
今年の動きも楽しみにしております。

今日の1曲
最新アルバム曲の中で一番高まると思ってたら
アココーナー明けのしっとりな空気の中ではじまってしばらく「ん?」ってなってたw
BAND-MAID / DICE


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KNOCKOUT FES 2018 Spring

2018-04-13 00:20:56 | live
あばら骨折から一週間が経った土曜に経過診察に行ってきまして
まだ全然ペシっとなってるけど一応落ち着いてるという事でした。

帰宅後は下北沢サーキットイベントKNOCKOUT FESへ

タイムテーブルはコチラ

個人的に13時半からのEgw Eimiの後が15時半からの指先ノハクまでお目当てがなかったので
今回は無理せずEgw Eimiはパスしようかとも考えたけど診察が思ったより早く終わったのと
せっかくなら観たいと思い13時過ぎに下北沢に到着。
3月末に南口が閉鎖になったのではじめて南西口を使ったのですけど
CLUB251方面に行くには不便はなさそうでQueとかだと若干回り道になる感じでしたよ。

総合案内のMOSAiCでリストバンド交換してまずは近松へ

この日の会場分布図はこんな感じで、あばらおーれなわたくしの
最大の難関はSHELTER⇔BASEMENT BAR←遠っ(゜∀゜;)


13:30~ Egw Eimi :チカマツ
各バンドの持ち時間25分の中、一番好きな「エゴイスティックラブ」からはじまって
その後は今月発売のミニアルバム曲から4曲という内容でした。
ボーカルのちえさんはいい声なので少し気合抑えめで歌った方が個人的にいいかなと感じたけど
あっという間だったのでいいライブだったんだと思います。

マックで昼休憩後、トイレついでに次のお目当て指先ノハクの会場SHELTERに前のりして
ひとつ前のバンドでも観ようかと思ったら満員で入口反対側のトイレにはたどり着けそうもないのでw
近場で入口にトイレがあるLIVEHOLICへ

14:45~ 気休めとディープ :LIVEHOLIC
フロア最前線はヲタヲタしいノリだったけど女性ボーカルさんの声も楽曲もけっこう好きな感じだったので
終演後アルバム買いました。

15:30~ 指先ノハク :SHELTER
4年前に一度観た時はそんなではなかったけどわたくしが指先ノハクに追いついたようで
今回はすごく楽しめました。
数回入ったドラマーさんのカウベルもときめいたし4年空いたので程よく色気をまとってたのもよかった。
ただ後半はヒートアップした前のおっさんが時折り雄叫びながらノリ狂ってたので
あまり曲が入ってこなかったですけど(;∀;)

ライブ後に試聴してよかった曲も入ってる最新ミニアルバムを購入して
この日一回目のSHELTERからBASEMENT BARの大移動
指先ノハク「尼将軍の恋」Music Video


普段ならシャキシャキ歩いて移動してるであろう道ものっそりなスピードだと果てしなく長かった…

16:05~ The;Cutlery :BASEMENT BAR
YOUTUBEのおすすめ欄で試聴していいなと思ったらこのイベントに名前があったバンド。
移動の長さに着いてしばらくポワンとなってたのもあってか
個人的にちょっと淡々とした印象だったけど試聴した「no regret」よかったです。
あとギターさんのほんわかしたMCが面白かったのでちょっとあばら痛かった(゜∀゜;)
The;Cutlery「no regret」(from 1st mini album "water;fall" )


この曲も入ったミニアルバムを購入してMOSAiCへ
16:50~ イトデンワ :MOSAiC
数日前にベースのクサマさんの脱退が発表されてこの日が最後のライブでした。
わたくしは前日に知ったのですが2月にワンマンした同じ場所で
現体制ラストを観るのはちょっと切なかったです。

セットリスト
1.世界最終話
2.ラストシーン
3.ハルジオン
4.東京
5.signal

「ラストシーン」「ハルジオン」「東京」とオレ得な流れに高まって
Natsumiさんの別れと決意のMCからの「signal」にグッときてました。
一人になってもイトデンワの看板は下ろさず当面は弾き語りとサポート体制でつづけていくらしいです。

ただ満員のフロアを何度も客を掻き分けて往復する大柄の男性スタッフに気が散りまくりだったので
そんなに往復する用事があるならスタッフ用の動線作れよとは思いました。

ここで次のお目当てまでの時間が空いたので夕飯&休憩してmona recordへ

18:40~ WORLD WAND WOOD :mona record
ちょうど一年前くらいに吉祥寺SHUFFLFで観て今回が2回目の大阪のバンドで
姉(ドラム)、妹(ボーカル)、近所の兄ちゃんw(ベース)の3人編成。
前回観た時は妹さんがアコギを持ってたけど今回はハンドマイクで歌ってました。
ドラムとベース以外が同期音だったのでアコギか鍵盤は弾いて欲しいなとは思ったけど
美人姉妹と爽やかな楽曲にわたくしとても癒されましたよ。
WORLD WAND WOOD 『君の季節』MV


終演後は3月に出たミニアルバムを購入してSHELTERに前乗りしてHarf time Oldを観て
今回最大の被りタイムだったBray me

20:10~ Bray me :SHELTER
ほぼ同じ時間にSHELTERから二番目に離れてるReGでスモグラことSMOKY&THE SUGER GLIDERもあったので
当初はスモグラで聴きたい曲は序盤と踏んでReG→SHELTERをダッシュで移動の予定だったのですが
あばらおーれなわたくしが走れるはずもないのでサポートも数回務めたギターさんとベースさんが
正式メンバーになった新体制初ライブのBray meに20時台を捧げました。

先月はじめてギター2本の4人編成で観た時の「だから、何だって言うんだ」がめちゃくちゃカッコよかったので
この日もここでキターーー!!となったのですけど
次の「ロックスター」という曲がその上を行くドストライクなカッコよさだったので
右手でメロイックサイン掲げながら縦バンしたい衝動を抑えるのが大変でしたよw

普段はライブ中は硬派なイメージが強いギターボーカルのこたにさんも
他の3人も楽しさに溢れながら演奏してる姿がすごく印象的で終始胸がいっぱいのライブでした。
既存曲を4人で練り直して新曲も2曲披露して今年はCD、ツアー、ワンマンやる発言と
ひたすら前を向いてるのでこの先のBray meが楽しみでございます。

大満足な気持ちでラストのしなまゆを観に
この日二回目のSHELTERからBASEMENT BARの大移動

21:20~ しなまゆ :BASEMENT BAR
セットリスト
1.Regret
2.notyet
3.恋をしている目をしている
4.まだ言わない
5.チャイニーカンフーセンセーション
En.Bambi

ツイッターでキメキメセトリでお待ちしてます!と言ってた通り
わたくしが好きな「Regret」、「まだ言わない」、そしてラストにアッパーな「チャイニー」と
キメキメだったと思います。
ラストのチャイニーはどんなに上げにきてもわたくしは手首から先くらいを振るのが
精一杯のレスポンスでしたけどw

あとアンコールをしっとりにするか盛り上がって終わるかと訊かれて
盛り上がる方となったときにボーカルのモリユイさんがホントにパーティー野郎共だなあと言ったり
他にもちょいちょい笑える発言をしてたのでわたくしちょっとあばら痛かったです。
モリユイさんは歌の上手さとちょっととぼけた発言のギャップがいいね。

結局、最初から最後まで居たので長い半日だったけど
初見やお久しぶりのバンドも観れて有意義なイベントでした!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チームラン観覧とか渋谷ライブとか

2018-04-04 23:59:23 | live
手すりに右のあばらぶつけて人生初の骨折をしたブリッツです。こんばんは
打ち身程度だと思ってたので数日経ったら冷やすか温めるか確認がてら整形外科に行ったら
コルセット巻いて帰ってきました(゜∀゜;)

ではその経緯含めた先週末の話なんぞ

去年はじめて出場したメットライフドームのNACK5主催5時間耐久チームラン、
その時にパーソナリティー枠で出場して物販も行ってた橋爪ももさんと偶然出会ったので
一年祝いも兼ねて今年も出場したかったのですが、メンバーの予定が合わず見送りになったので
レアな走る橋爪さんを応援しにメットライフドームに行ってきました。

当日はスタートの11時より30分くらい遅れてドームに到着。
すでにたくさんのランナーが走ってたのでちょっとうらやましく思いながら
物販を行う場所を確認してしばらくまったりしてるとツイッターでそろそろ走るとの知らせがあったので
コースに移動して待ってるとドームから外に出る序盤で既に覇気ゼロで走る橋爪さんを確認←ちょ

後で訊いたらこの日は花粉症持ちにとてつもなく辛い環境だったらしいです。
でも一見、日差しの下も走るのも似合わないお方なのに頑張ってるのは伝わってきましたよ。

1巡終わって13時過ぎから物販に行く知らせがあったので先に並んでる人が終わるのを待ちつつ
脇の通路に立ってぼんやり周回コースを眺めてたのですが
この時に大きな段差に足を踏み外して手すりにあばらをゴリっとするアクシデントが発生!

まあこの時は打ち身くらいだと思ってたんだけどねえ…

この日はHIT'S THE TOWNの公開生放送も行われたので
久しぶりのバカボンさんと初の山口五和さんも観れました。
五和さんは花粉症が酷いみたいでキャップとマスクでお顔はあまり見えなかったけど
カワイかったですよ。
この日はゲストランナーの橋爪さんやV系バンドの皆さんもトークで出演してました。

そのまま公開生放送を眺めてたら橋爪さんの2周目を見逃したけど
帰りにお疲れ様のご挨拶をして16時前にドームを後に。


翌日の4月1日はLAZYgunsBRISKYの2マンを観に渋谷LUSHへ

LAZYは昨年末の同じLUSH以来になるのですけど、その時に対バンのつしまみれと
2マンやろうとなってこの日が実現したらしいです。

先攻だった後輩のLAZYはツイッターの予告通り攻めのセットリストで
4人の骨太な音の放ちっぷりもめちゃくちゃカッコよくてとても高まったのですけど
そんな中でスロースタートの「Dress to kill」とバラードの「The Sea」が
Lucyさんの歌や楽器隊の演奏に気持ち入ってるのが伝わってきてグッときましたよ。
この日から無料配信スタートになった「Kiss me」含めた新曲3連発も皆カッコよかった!
60分のロングセットのラストはわたくしが大好きな「Midnight Rider」で終了。
この曲をラストにしたのはこの日が初だったらしいけどわたくし高まり過ぎて
骨折れてるのも知らず右手でメロイックサイン掲げながら軽めの縦バンしてました←ちょ

昨年末以来2度目になる後攻のつしまみれ先輩は、ギター音が高め中心だったので
低めの歪み好きとしては好みとちょっと違ったけど
LAZYの曲を1曲カバーしたり、月毎に季節の曲を披露する粋なはからいのあるバンドで
とても好印象でしたよ。ちなみにこの日は花見をテーマにしたハッピーな曲でした。
後半はギターボーカルさんがフロアに攻め入る定でお客さんにサーフされて
フロア中央の丸テーブルの上に立って歌ったり、フロアでお客さんにマイク持たせて
ギターボーカルしたりしてたので笑い過ぎてあばらが痛かったです(゜∀゜;)

基本的にフロアに降りるバンドとかあまり好きではないんだけどラミーのマザーさんや
つしまみれのギターボーカルさんは嫌な気がしないから不思議。

終演後は節目の5月12日に行けない代わりにせめてTシャツを着ようと思い物販に行ったら
黒のサイズがなかったので使い勝手よさげなトートバッグを購入。
ちょうど物販に来たYukoさんと少し話す時間があったので
ギターの鳴りが抜群だった事を伝られてよかったです。

解散の時も復活の時もその後も欠かさず足を運んでた5月12日は今年は行けないけど
今のLAZYはすごくカッコいいしバンドもいい状態に感じたのでまたライブに行けたらと思います。

今日の1曲+1曲

ライブで聴くのは3度目くらいだけど今回ですごく好きになった
Dress to kill / LAZYgunsBRISKY


The Sea / LAZYgunsBRISKY



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HELLOWEEN at Zepp Tokyo 3/24

2018-03-27 22:30:14 | live
先週末の土曜はHELLOWEENを観にお台場に行っておりました。

3月24日(土) Zepp Tokyo
HELLOWEEN "PUMPKINS UNITED WORLD TOUR 2018"

わたくしハロウィンは昔1枚アルバム買ったのと
ラウパ12の予習で当時の最新アルバムを借りたくらいの超にわかなのですけど
カイさんとキスクさんをゲストに迎えてのツアーと聞いて行く事に

グッズも特に欲しいのがなかったので開場くらいに到着して500番台で入場。
適度な距離感のある3ブロック目を確保してスマホで時間潰そうかと思ったら
docomo圏外って何なの(;∀;)

地下でもないのに電波届かないとかホントやめて欲しい。

仕方ないのでほげ~っと時間を潰して定刻ちょい過ぎに暗転。
前方ブロックはそれなりに前に押し寄せてわたくしの周りもやや人が動いたのですけど
激しいライブでも最前ブロックでもないのにおっさんが物凄い勢いで突っ込んできて
わたくしの前に無理やり割り込んできたので
肘に体重かけておもっくそ肩に圧し掛かっておきました。

いい歳ぶっこいたおっさんが強く当たっといてスタンディングだからさーとか言ってんじゃねーよ!

開演するとおっさんは柵を潜って更に前に行ったので気を取り直そうと思った直後に
真後ろのおっさんがフルコーラス大熱唱をはじめるという事態が発生(;∀;)

もうキスクさんの歌声が全く聴こえない状態でこの後3時間おっさんの熱唱聴かされるとか地獄なので
ややスペースに余裕があった1段目の上手側端の最後方に移動。

この後は途中から来た人とかでそこそこ視界は悪くなったけど比較的平和な環境で観れました。

ただ前日のZeppでほぼ切れてたらしい空調はこの日も同じで
アドバイスに習ってドリンクチケを水と交換しておいたにも関わらず
暑さにもうろうとしてライブの印象がぼんやりしております。

基本的にあまり曲知らなくても外人さんの笑顔とハードな演奏音があれば問題ナシのわたくしも
この劣悪な環境に加えて曲毎にバックモニターにショートアニメが流れるブツ切り進行での
3時間弱はなかなか長かったのですけど
キスクさんの歌声や変な動き、カイさんの笑顔やアーライも堪能出来たし
現ボーカルのアンディさんは体調崩してるらしく歌声も高音がちょっと弱かったけど
メンバーの楽しそうな笑顔やじゃれ合う姿もたくさん観れたので行っておいてよかったと思いましたよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来日情報もろもろ

2018-03-11 00:24:45 | live
3月の時点で上半期の来日が盛りだくさんになってるので
行きそうなのを一覧してみますよ。

太字はチケット確保済

4/22(日) 
Orphaned Land、Myrath、Ithilien、Darliada etc.   代官山SPACE ODD
4月にして今年3度目のフォークメタルイベントとかしあわせだけど
ハコがHOLIDAY新宿と代官山SPACE ODDとキャパ400クラスで甲乙つけがたいクソ箱なのが残念…

4/27(金) 
Eclipse TSUTYA O-WEST
まだチケは買ってないけど前回行って一体感のある盛り上がりが楽しかったので行く予定

5/25(金) 
Mocoma、TALBOT 代官山SPACE ODD
先日発表になったライブでMokoma再来日キター!となったけどハコがまたもやSPACE ODD(;∀;)

6/13(水) 
amorphis  渋谷CLUB QUATTRO
サブステの低音上げ過ぎ極悪音響で美しい旋律が台無だったLOUD PARK 16のリベンジを果たすのだ。

6/16(土) 
Dark Funeral、Naglfar
こちらも先日発表になったライブ。
2バンド共にLOUD PARKで観たブラックメタルバンドで
Naglfarはボーカルさんのキャラが立っていて楽しかったし
Dark Funeralはamorphisと同じくサブステの音が悪かったのでリベンジなのだ。

6/26(火) 
THE DEAD DAISIES  恵比寿LIQUID ROOM
去年の単独も楽しかったし今月アルバムも発売されるので今回も楽しみ!

7/2(月) 
MACHINE HEAD  TSUTAYA O-EAST
前回が圧巻だったのでとても楽しみにしてたのですけど
チケが先週発売してたり今月発売だと思ってたアルバムが先月発売されてたり
いろいろ出遅れてしまいました(゜∀゜;)

11/28(水) 
KAMELOT  TSUTAYA O-EAST
11月とか遠いけどw前回とても楽しかったので行く予定 

あと5/9のDEAH ANGELと5/29のAT THE GATESは検討中。

今日の1曲
LOUD PARKの時にボーカルさんのキャラの立ちっぷりが楽しかった
Naglfar - Rock Hard Festival (2013)



        
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ARCH ENEMY 東京2日目

2018-02-27 23:25:15 | live
東京初日の20日に参戦したARCH ENEMYですが
終演後マジックで会場でチケット購入して2連戦してきました。

2月21日(水) EX THEATER ROPPONGI
ARCH ENEMY JAPAN TOUR 2018

前日は半休で開演ちょい前に到着したけどこの日は定時後に向かって
六本木駅からダッシュで入場。
足早にエスカレーターを降りて前日空きまくってたB3のロッカーに直行するとまさかの空きナシだったのでw
もう一度B1に上がっていくつか空いてたロッカーに荷物を入れて再びB3に降りてフロアへ

大急ぎで移動中に音漏れで「元気ですかー!」とか日本語が聞こえたので
何が起こってるのかと思ったらライブ中断して雑誌BURRN!のトロフィー授与式が行われてました←ちょ
出てきてたBURRN!のおっさんは満足だろうけどライブに水差された客は正直迷惑だよねえ…
というかわたくしのダッシュを返せ!

そんな2日目のセットリスト ありがとうございます
01.The World Is Yours
02.Ravenous
03.Stolen Life
04.The Race
05.War Eternal
06.My Apocalypse
07.Blood On Your Hands
08.You Will Know My Name
09.Bloodstained Cross
10.Intermezzo Liberté
11.Dead Eyes See No Future
12.The Eagle Flies Alone
13.Reason to Believe
14.As The Pages Burn
15.Dead Bury Their Dead
16.We Will Rise
-----アンコール-----
17.Heart Of Darkness
18.Snow Bound
19.Nemesis
20.Fields of Desolation

茶番も終わってライブが観れたのは9曲目から。
この日はシャーリーさんの定位置の下手側の一段目最後方に入ったら
2日目にして下手側がモッシュ&サークルが盛んだった事に気づいてヤベっとなったのですけど
アモット兄とシャーリーさんが仲良く並んで弾く姿やお揃いの動きに(゜∀゜*)となったり
サークルのちょい後ろは比較的視界が開けていてなかなかよいものでした。
あと後ろ気味だった分、前方端に居た前日はシンバルで全く見えなかった
ダニエルさんのお顔もけっこう見えてうれしかったです。

前日同様に「Dead Eyes See No Future」の入りでヲイヲイしたり
「The Eagle Flies Alone」のリフとリズム、その他の曲でもアモット兄の泣きのギターや
楽器隊の鉄壁な演奏とアリッサさんのグロウル、バラードでのクリーンを堪能して
ラストの「Nemasis」へ

下手側がサークルで空間があったのと2連戦の締めという事でわたくし下手側の最前線に入って
熊みたいなシャーリーさんが顔の横で両手広げてお道化る姿にギャップ萌えしたり
間近で観るメンバーを推しつつ最前線で盛り上がってライブは終了となりました。

クロージング曲の「Fields of Desolation」ではまだモッシュ&サーフやんのかよと思いつつ
下手側に最後のご挨拶に来てくれたアリッサさんの指差しレスを間近で観れてしあわせでしたよ。

明日の大阪で一週間越えのJAPANツアーも終わってしまうので
ラスト公演、盛大に締めくくってくれたらと思います。

今日の1曲
入りのヲイヲイからのイントロとアモット兄とシャーリーさんのお揃いの動き(1:40過ぎ)が堪らない
Arch Enemy Live In Tokyo, Dead eyes See No Future. 2015.


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ARCH ENEMY 東京初日

2018-02-25 20:48:22 | live
来日ツアーが東京、大阪のみな事も多くなったこのご時世に
名古屋、東京(2日)、札幌、福岡、広島、大阪と全国6ヶ所を周ってくれるARCH ENEMYの
東京公演2DAYS初日に行っておりました。

2月20日(火)EX THEATER ROPPONGI
ARCH ENEMY JAPAN TOUR 2018

2日間のどちらにしようか迷った挙句、初日観てよかったら2日目ものスタンスで
とりあえず20日のチケットを購入。

グッズ次第では先行に間に合うように行こうかと思ってたのですが
今回は個人的にイマイチだったのと仕事がそこそこ忙しかったので
開演に間に合うよう夕方で切り上げて半休で19時ちょい前に到着後、前方ブロックの上手側端を確保して
定刻ちょうどくらいにオープニングSEのMortorheadが流れて開演。

セットリスト ありがとうございます(太字は最新アルバム曲)
SE.Set Flame to the Night
01.The World Is Yours
02.Ravenous
03.Stolen Life
04.The Race
05.War Eternal
06.My Apocalypse
07.No More Regrets
08.You Will Know My Name
09.Bloodstained Cross
10.Intermezzo Libert
11.Dead Eyes See No Future
12.The Eagle Flies Alone
13.Reason to Believe
14.As the Pages Burn
15.Dead Bury Their Dead
16.We Will Rise
------アンコール-----
17.Avalanche
18.Snow Bound
19.Nemesis
20.Fields of Desolation

メンバー登場時のジェフさんのぽっこりお腹に軽くびっくりしたり
シャーリーさんの立ち位置が逆だった事に気づいてwはじまったライブは
最新アルバムの第一弾MV曲「The World Is Yours」からの
「Ravenous」「Stolen Life」「The Race」「War Eternal」とたたみ掛けた中で
特に「The Race」をライブで聴けたのがうれしかったのですけど
「War Eternal」のイントロでアリッサさんにヲイヲイヲイヲイしてもらうの楽しみにしてたら
ステージ袖に下がってしまって出来なかったのがちょっと残念…

以前は間奏とかでも何かしら動いてた記憶があったアリッサさんは
この日はけっこう下がってる場面が多かったけど
後半で巨大フラッグ掲げて出てきた時はクソ高まりましたよw

後半はヲイ!ヲイ!ヲイヲイヲイ!を楽しみにしてた「Dead Eyes See No Future」や
ファストな曲は期待通りにカッコよかったのと音源で聴くとそんなじゃなかった
「The Eagle Flies Alone」のギターリフとリズムがライブだととても気持ちよかったのが新発見でした。
あと今回のハイライトのひとつバラード「Reason to Believe」でのアリッサさんのクリーンボイスや
グロウル以外のパワーボーカルなどアチエネでは聴けない声の使い分けもライブで聴けたてうれしかった。

アリッサさん以外のメンバーだと距離が近かったジェフさんと立ち位置は逆だったけど
けっこう上手側にも来てくれてたシャーリーさんを観てる時間が多くて
アモット兄は一度だけ上手側にも来てくれました。
多彩かつタイトなドラミングが圧巻だったダニエルさんは
角度的に要塞シンバルに隠れてお顔はほぼ拝めず(;∀;)
この日は音の分離もよかったのでドラム音に埋もれがちな印象だった
シャーリーさんのベース音もよく聴こえてたしアモット兄とジェフさんの
ツインのエモいハーモニーも堪能出来てれしかったですよ。

アンコールはラストのNemesisでやや前に入っておーおーして
前はインストだったクロージングSEの「Fields of Desolation」を生演奏で聴いて
東京初日は終了となりました。

アリッサさんが在籍してからの最近2枚からの曲が多かったけど
お目当て曲以外もライブ映えする曲が多くて楽しかったです!

終演後マジックで翌日のチケット購入して途中参戦した東京2日目はまた次回。

今日の1曲+1曲
個人的に前半のハイライトだった
ARCH ENEMY - The Race (OFFICIAL VIDEO)


ライブだとリフとリズムが気持ちよかった
ARCH ENEMY - The Eagle Flies Alone (OFFICIAL VIDEO)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第52回 青梅マラソン 10km

2018-02-20 00:14:42 | other
わたくしが初参加するはずだった前回のオリンピックイヤーの青梅マラソンは大雪で中止になったし
今年も2回積雪してるので天気の心配があったのですが今年は晴天の中、無事開催されました。

2月18日(日) 第52回 青梅マラソン

わたくしは今年も10kmに出場

例年通りちょっと早めに到着後、ゲストの加賀谷はつみさん&福島和可菜さんのミニアコライブ、
市河麻由美さんの準備運動ピラティスに参加して9時半にスタート!
今年は30kmのスターターは女子重量上げの三宅宏実さんだったのですが
1200番台だったわたくしの位置からは10㎞の号砲は誰が鳴らしたのか結局わからずw

でもスタート地点では30kmゲストランナーの谷川真理さん、ミニアコライブをしてたお二人、
準備運動をしてくれた市河麻由美さん&げんき~ずの皆さんが見送ってくれました。

沿道の応援で楽しみにしてた青梅総合高校の太鼓と
多摩高校のブラスバンド&去年から参加してくれてる軽音楽部と
並んで応援してくれる女子の生徒達さん達の華やかさに高まっての往路は
序盤6分、中盤5分半前後と去年よりスムーズに感じる流れだったので
例年は30分超えてた5km地点を29分半で通過してちょっと先で折り返し

復路は5分台前半のペースで走れて往路は見送った給水イベントと
中央寄り走ってたら貰い損ねたを女子が振る舞うアメ玉も無事貰って多摩高校前に帰ってきたのですけど
去年の往路につづいて通過時にブラスバンドの曲が終わる悲劇に見舞われて無音のまま通過(;∀;)

一昨年55分切りを目標にした時は往路が渋滞だった分、終盤がただただ辛かったので
去年と同じく60分切りを目標に雰囲気を楽しむ事を心掛けてたのですが
8km地点くらいでコレ55分切り行けんじゃねと思い4分台後半にペースアップして
手元の時計で54分半でゴール!

わたくしスタート時にタイマーが一旦止まったのでw正確な時間が微妙だったのですが
先ほど結果速報を見たらグロスタイム55:00、ネットタイム54:01でした。

ゴール後はグルメフェスティバルブースで石垣牛カレーを食べて、
一旦帰宅後30km復路の応援へ

わたくしが毎年楽しみにしてる印象に残ったコスプレは 
今年も完成度高かったトランスフォーマー
逆に微妙なクオリティだったwスターウォーズ一団
数人でグー、チョキ、パーを各々に上げてたので強いのか弱いのかわからなかったサザエさん一団
声援へのリアクションがご陽気だったサービス精神旺盛な獣神サンダーライガー

ベストお兄さんは
今年もめちゃ速で声援にもしっかり応えてくれたルフィコスのお兄さん
わたくしの声援に超カッコイイGJで応えてくれた外人さんランナー
声援にニンニンポースで応えてくれた忍者コスのお兄さん

ナイスお姉さんは
10㎞スタート時に居てくれて30kmの声援にも応えてくれた谷川真理さん
今年の準備運動は各部が例年以上に伸びた気がした市河麻由美さん
女子でダントツに速かった芦麻生選手
10㎞で楽しそうに並んで走ってた二人組のお姉さん
学校前で応援してくれてたJKの皆さん
ゴール後に参加賞をくれたお姉さんとVAAMをくれたお姉さんとおにぎりをくれたお姉さん
30km応援の時に声援に満面の泣き笑い顔でありがとおおおと応えてくれて
思わず(゜∀゜*)となったドラえもんコスのお姉さん

改善された点は
HPのアナウンスの不備は変わらないけど
あずき色は個人的に微妙だったけどデザインはシンプルでよかった参加Tシャツ。
去年は穴開いてなくてボタンホルダー使うのに一苦労だった穴開きゼッケン。

今年は晴れて無風という天候にも恵まれて自分なりに満足な内容で応援も楽しかったけど
打ち上げで30km組に冗談で10㎞呼ばわりされたのがちょっと心外だったw青梅マラソンでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ELUVEITIE at duo MUSIC EXCHANGE

2018-02-18 00:38:17 | live
スラドミでスラッシュメタルを堪能した4日後はスイスのフォークメタルバンド
ELUVEITIEを観に行っておりました。

2月15日(木) 渋谷duo MUSIC EXCHANGE
ELUVEITIE JAPAN TOUR 2018

今回は3バンドが帯同のツアーという事で出演バンドは
ELUVEITIE(from SWITZERLAND)
HYPOCRAS(from SWITZERLAND)
HYBRID NIGHTMARES (from Australia)
ABINCHOVA(from SWITZERLAND)

仕事を終えて到着したのが19時半だったので2バンド目HYBRID NIGHTMARESの終わり寸前くらい。
ライブはほんのちょっとしか観れなかったけど入場した瞬間、
勇ましい衣装とブラックメタルみたいな白黒メイクに高まりましたよ。

ヴィジュアルはこんな感じ
Hybrid Nightmares - Jupiter (OFFICIAL MUSIC VIDEO)


勇ましいw

3バンド目のHYPOCRASは演奏が所々もどかしい気もしたけど
日本語サービス多めのボーカルさんと笛担当なのに吹いてない時はエアギターしてたw笛さんに和みました。

そしてお目当てのELUVEITIE
前日の公演でハーディ・ガーディという楽器担当のミハリナという方が綺麗だと好評だったので
これは近くで見なくては!と思い、立ち位置を考慮して上手側前方を確保。
4年振りの来日らしいのですが2年前くらいにこのバンドを知ったわたくしは今回が初見でした。

セットリスト ありがとうございます
01. Your Gaulish War
02. King
03. Nil
04. Omnos
05. Lvgvs
06. Epona
07. Thousandfold
08. The Call of the Mountains
09. A Rose for Epona
10. Kingdom Come Undone
11. Drum solo
12. Havoc
-----アンコール-----
13. Rebirth
14. Inis Mona

女性メンバー3人の中でハーディ・ガーディと思われる楽器を持つミハリナさんを見つけて
予想以上の美しさに一瞬で(゜∀゜*)っとなったのですが
横に付いたハンドルをぐるぐる回す楽器の演奏方と構造にしばらく頭の中が??で埋まってましたw

違うアーティストだけど演奏方はこんな感じ
"The Longing" - Patty Gurdy (Storm Seeker Song, Hurdy Gurdy Version)


わたくしが持ってる2枚のアルバムからは「Nil」「Thousandfold」「A Rose for Epona」
「Kingdom Come Undone」「Havoc」を演ってくれたのですけど
前半のハイライトだった「Nil」も躍動感のある曲調が楽しかった初聴きの「Epona」も
一番のお目当てで叙情性溢れる旋律が堪らなかった「Thousandfold」も
女性ボーカルさんに魅せられたバラードコーナーの「A Rose for Epona」もとてもよかったです。

9人編成という大所帯のメンバーは上手側のギターさんがちょいワルなイケメンで
弾き姿も白のシャーベルギターもカッコよかったので自分の立ち位置の関係もあったけど
ライブ中はミハリナさんに次いで見てる時間が多かったのに加えて
ボーカルのクリゲルさんがアコギ弾いてるのかと思ったらマンドラだったり
笛の人が長尺のバグパイプを吹く曲があったり
笛も吹くクリゲルさんとのツインで笛く場面があったり
高速バイオリンの曲があったりと見どころ満載で楽しくて仕方なかったですよ。

本編終盤はクリゲルさんが柱の間のフロア中央にサークルを作らせた「Kingdom Come Undone」と
個人的にこの日一番高まった「Havoc」で大いに盛り上がって
アンコールは下手側に移動して金髪ギターさんと笛の人と女性バイオリンさんの演奏をよく観て
最後に下手側でミハリナさんとギターさんを目に焼き付けてw大満足でライブは終了となりました。

普段は同期音で聴く事が多い北欧の民族楽器の演奏シーンが観れたり
叙情感溢れる旋律にふるふるしたりフォークメタルのライブを大いに満喫出来てとても楽しかったので
今度は4年後とは言わず2年に一度くらい来てくれたらと思います。

ちなみに終演後に勇ましかったHYBRID NIGHTMARESの最新アルバムを買ったら
物販に居たメンバーと、メイクしたまま一般の喫煙所でフツーにタバコ吸ってたwメンバーに
サインと握手してもらいましたよ!

最後にELUVEITIEで特に印象に残った曲
ELUVEITIE- Epona- Live at Summer Breeze 2017- (PRO-SHOT-HD)

ELUVEITIE- Thousandfold- Live at Summer Breeze 2017- (PRO-SHOT-HD)

ELUVEITIE- A Rose for Epona- Live at Summer Breeze 2017- (PRO-SHOT-HD)

ELUVEITIE- Havoc- Live at Summer Breeze 2017- (PRO-SHOT-HD)


ちなみに上手側のギターさんはこの動画だとそんなにイケメンじゃない気がするけど
先日はもうちょっと髪が伸びてたのも含めて実物はイケメンでしたよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

THRASH DOMINATION 2018

2018-02-14 23:48:38 | live
平昌オリンピックで通常の録画番組が消化できてないブリッツです。
わたくしモーグルやスノーボード競技を観るのが好きなのですけど
屋外は劣悪な状況が多いみたいで気の毒だなあと思います。

そんなオリンピック序盤の日曜は2年振りの開催になる
スラドミことTHRASH DOMINATIONに行っておりました。

2月11日(日) CLUB CITTA'
~CLUB CITTA' 30TH ANNIVERSARY SPECIAL~
THRASH DOMINATION 2018

EXODUS / TESTAMENT / WARBRINGER

わたくしが参戦したのは今までと同じく土日の二日目で
開場ちょい前に到着して入場後に友人二人と合流して16時に開演。

1バンド目のWARBRINGERは若手だと勝手に思い込んでたらそこそこのおじさん達でちょっとびっくり(゜∀゜;)
予習がてら買った最新アルバムを通しで聴くとやや一辺倒な印象だったのでライブはどうかなと思ったら
ボーカルや曲調にやや一辺倒さを感じたけど、フロアはいい感じに盛り上がってたし
曲紹介毎の力みっぷりやスラッシュビートの王道さは楽しくて最後のこの曲とかけっこう好みでした。
Warbringer - Living Weapon


前日はトリだったTESTAMENTはスラドミでもラウパでも轟音過ぎてドラムとボーカル以外は
何演ってんだかわからない思い出しかないのであまり期待してなかったのですけど
この日は音強過ぎだったツーバスの高速ドコドコの時以外はまあいい感じの音でした。

なので今までで一番演奏音は楽しめたのですけど
中盤以降は1曲置きに各パートのソロコーナーがあったりの90分は個人的にちょっとダレたので
ソロ少なめで70分くらいだったらよかったかなと思いましたよ。

あとボーカルのチャックさんがギターさんが中央でソロ弾いてる隙に
マイクスタンドのピックを惜しげもなくフロアに飛ばしまくったり
ステッキみたいなマイクスタンドを頭上でグルグル回してサークル煽ったと思ったら
サークルに向かってグルグル掻き混ぜてたのはだいぶ笑いましたw

序盤でカッコよかった
TESTAMENT - Rise Up (OFFICIAL LIVE VIDEO)


トリはお目当てのEXODUS
お目当てなのでセットリスト ありがとうございます

01.Bonded by Blood
02.Iconoclasm
03.Brain Dead
04.Blood In, Blood Out
05.Metal Command
06.Piranha
07.Pleasures of the Flesh
08.No Love
09.Deliver Us to Evil
10.The Last Act of Defiance
11.A Lesson in Violence
12.Blacklist
13.War Is My Shepherd
14.The Toxic Waltz
15.Strike of the Beast

ラウパの時に前方に突っ込んたら端でも圧死しそうになった思い出があったしw
後方は程よいスペースだったので前の2バンドと同じく下手側後方から平和に観てたのですけど
後方でも全体的に音がボワついて分離もイマイチな気がしたので
ザックザクのクランチリフとトムさんの跳ねるリズムがややぼやけて聴こえたのがちょっと残念…

そうは言ってもライブの方はファスト、ミドル曲共に超絶楽しめました!
最新前の2枚のアルバムしか持ってないわたくしは知らない曲も多かったけど
初聴きかもしれない中だとトムさんのドラミングにふるふるした「Pleasures of the Flesh」と
アコギを弾くゲイリーさんがレアだった「No Love」が印象的だったかな。

ライブ終盤はわたくしが一番好きな「The Toxic Waltz」の途中で結局前に突っ込んで(゜∀゜;)
「Strike of the Beast」はトムさんのドラミングと下手側に来るメンバーにがっつきつつ
お約束のウォール・オブ・デスを端から笑って眺めて
最後はリーさんのギターを10歳に満たないくらいの娘さんと一緒に鳴らし
笑顔でメロイックサインしてる光景にほのぼのして今年のスラドミは終了となりました。

今年はピットを広げ過ぎて普通に観たい客が隅に追いやられる事もなく
少なくとも自分の居た端寄りはいい感じで住み分け出来てたので
盛り上がりつつも平和なスラドミでよかったと思います。

何だかんだで毎回スイッチが入る
Exodus - The Toxic Waltz



コメント
この記事をはてなブックマークに追加