バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

金園社 詰将棋200題シリーズ 

2013-10-22 08:26:51 | 将棋

最近 念願の詰将棋集を手に入れることができました。

ずーと昔 将棋を始めた頃 この詰将棋集を町の本屋で見かけちょっと立ち読みしたがそのころは全然解けず

かと言って1冊¥450の本は、小遣いを貯めなければなかなか購入することできませんでした。

それをいまになってようやく一挙に入手することができました。個人的には、思い入れの深い一番大事な詰将棋集です。

一人200題で12人ですから2400題です。(清水さんの本を含めると2600題です)

これを1年かけて合間を見て自力で詰ませてみようと思っています。まあ気の長い話です。少しは上達するかな?

そのなかで、これはという作品があれば随時紹介したいと思います。

誰からはじめようかと迷ったのですが 手始めに加藤博二八段からにしました。

7手詰~15手詰以上までバラエティにとんでいます。 この一冊にどれくらいの時間がかかるかわかれば全体が見えてきそうですね。

年末になると仕事が多忙になるので、時間があまりとれなくなるし。

 

昨日 手始めに18問ほど解きました。19問目にちょっと手こずって急に睡魔がおそってきて寝てしまいました。 

それまでのなかで、勘違いして考え込んだ問題がありました。

7手詰とかいてあるのに5手で詰むような気がして。 

勘違いの内容は、おそまつすぎてちょっと信じられないかもしれませんが ▲4二飛△同角▲1二金△2三王▲2二飛。。まで 飛車2枚ないのになぜか気がつかずおかしいなあと数分考えてようやく錯覚に気がつき。 そこからは さすがに詰ませました。

その錯覚からヒントを得て 自作を1題創りました。

詰将棋の先生方が多く見ておられるようなので気が引けますが、載せます。11手詰みです。

とまあ掲載したら早速 とおりすがりさんから改良案がでて、それのほうが初手非限定(成、不成)も解消されて、いいので載せます。

2手のびて13手詰です。

その後 詰将棋作家の三輪さんからコメントをいただき さらに改良してくれたので皆さんで鑑賞しましょう。

詰手順は、同様に進みますが収束が1六の角をフルにいかした感じでまとめられています。

さらに手数を伸ばして飛車まで捨てて収束図が次の図です。

これは、一瞬考えました。13手目にと金を引っ張って、角切って竜も捨てて収束と結構大仕掛けになっています。

 あっという間にこれだけ改作するのはすごいというしかありません。

 

ちなみにちょっと手こずって眠ってしまった19問目 参考までに載せます。 

 

簡単ですか?

今日は、ここから詰ませて先へ進みます。

 

PS:19問目は、さすがに今日考え直すと5分くらいで詰みました。 その後33問目まで進行中。まあ今日はここまでですけど。 

 

 

コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 詰将棋一題集 | トップ | 新しい詰将棋150題をヒン... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とおりすがり)
2013-10-22 17:54:42
これヤフオクであったやつですね。結構なお値段で買う人居るのかな?と思いましたが、、思い入れがあったんですね。

詰将棋最後の○駒が非限定なのが少し味悪い?
45飛は竜がいいかも?
持ち駒金は銀がいい?(13手になる。)

M氏なら23角が不満かも(笑)
RE (バビル3世)
2013-10-22 18:28:37
そうそう結構な値段だったんですが、これだけは欲しかった。まあ競合はしなかったのでよかったのですが。
オークションアラート入れていましたので。
これで当分詰将棋に関しては欲しいものはなくなりました。

確かに最初 竜にしとけば不成と成の非限定はなくなるとは思ったのですが。
それとなるほど 銀でもいいんですね。同じ狙いで2手のびますね。
とおりすがりさん ただものではないですね(笑)
あっという間に改良してくれるんですね。
Mさん?(ああ わかりました)あの先生だと確かに2三角の配置は、言うかもしれません。
まあ詰将棋創作素人なのでゆるしてもらいましょう。
(改作の載せさせてもらいました)
詰将棋創作 (三輪 勝昭)
2013-10-22 19:26:33
僕はバビル3世さんが詰将棋を創り出すのを今か今かと待っていました。
詰将棋創作は筋の閃きが第一歩です。
詰将棋を解いている内にこがこうなっていたらこんな手順があるのでは、と閃いたらしめたもの。
僕はほとんど人の作品や自分の作品から違う筋が浮かんだら素材にしています。
この場合持駒が飛飛金だったらと浮かんだ筋、それで詰将棋を創る事が出来るのです。
問題は収束をどうまとめるかこれが難しいのです。
バビル3世さんは最初に打った42飛を最後に捨てようとする感覚はセンスありますね。
将来有望です。

この図の詰キストの不満は合駒が非限定な事ですね。
改作してみました。

持駒 飛飛銀
玉方 13歩、21桂、22玉、31銀、33歩、44歩
詰方 16角、23角、55香以上13手詰。

2手目32合は同角成、同銀、11銀、同玉、12飛で早詰。
最後ウッカリ22飛成だと34歩で不詰です。

僕は最後大駒を捨てないと気が済まないので、次の図が三輪流完成図です。

持駒 飛飛銀
玉方 13歩、21桂、22玉、31銀、33歩、44歩、53桂、62金、63歩
詰方 16角、23角、51と、66桂、71と以上21手詰。
RE 三輪さんへ (バビル3世)
2013-10-22 21:21:42
とおりすがりさんからも名前があがっていた 三輪さんどうもありがとうございました。
非常に参考になりました。
図面を掲載してみなさんに見てもらうことにしましたのでよろしくお願いします。
やっぱり収束が綺麗ですね。
改作 (さわやか風太郎)
2013-10-22 23:27:20
流石に三輪さんです。
3一銀が生きています。
大駒を捨てるだけではなく、さり気ないと金の活用も見逃せない好手となっています。
19問目 (さわやか風太郎)
2013-10-23 00:16:06
3六銀の配置が辛い。何故1四銀ではないのだろう。
RE 風太郎さんへ (バビル3世)
2013-10-23 07:51:38
三輪さん作は、収束は洗練されているなあと感じました。
それと加藤博二さんの19問目 考えてみましたら
確かに3六銀でなく 1四銀で事足りてますね。 ずっとそっちの方がすっきりしていますね。 詰ますのに頭がいってこういうのに頭が回りませんでした。

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事